カエンタケ単語

カエンタケ

カエンタケとは…

  1. (火焔地獄の業火を体現したような毒キノコである。
  2. (火焔筍)タケノコガイ科の

本記事では1について説明する。

概要

ニコニコ大百科菌類
カエンタケ

分類 ボタンタケボタンタケ科トリコデルマ
学名 Trichoderma cornu-damae

cornu-damae鹿
核菌綱 Pyrenomycetes

カエンタケ- タケリタケ - 冬虫夏草

このテンプレートについて

ボタンタケ科。学名Trichoderma cornu-damae
かつてはニクザキン科ツノタケ属(Podostroma~)だったが、種の特徴を正確に表していないという反論からボタンタケ属(Hypocrea~)に変更され、その後ボタンタケ属がトリコデルマ属に統合されたため分類が変更されて現学名になった。

汁を触るだけで皮膚がただれ、僅か一口[1]で人が死ぬこともある。

カエンタケは希少種で、江戸時代の文献には「大ありといへり」(「猛であるとのことだ」)と記述されていたものの、現実に猛毒きのことして一般に知られるようになったのはごく最近のことである(後述)。

を持たない棍棒状の独特の形状を持ち、その柄は時に1-2回枝分かれし、手状とも形容される。その鮮やかな赤色とあいまってまさに、「火炎の如し」である。近年ではい色のカエンタケも発見された。ちなみに、中国語ではカエンタケの仲間は「肉棒菌」とよばれる。肉棒…。

中毒

な中症状を発生させることから、本種は時に殺人キノコとも形容される。

普通、どんな猛毒きのこでも(たとえドクツルタケでも)触るだけなら問題ないとされているが、このカエンタケだけは例外で、皮膚刺があるので汁を触るだけでも危ないといわれている。しかし、触った間にただれるというわけではなく、汁に触れなければ問題ないともいわれている。実際に「触ってただれた」という例は報告されていないようだ(吐瀉物に触れたことが原因と見られる皮膚の炎症は報告されている)。

味は非常に苦い。口に含んでしまうと口の中がひどい口内炎になるといわれており、一口かじっただけで「後頭部を鈍器で殴られたようなショック」を受けたという体験談がある。

不幸にも食べてしまうと、嘔吐腹痛下痢などの消化器症状に次いで、全身の皮膚の糜爛(びらん)呼吸困難血球と血小板の減少造血機多臓器不全といったきわめて多かつ致命的な中症状が発生する。その多さから「数え厄満」と揶揄されることもある。当然、致死率は高い。致死量は3~10gであるとされる。

僅か2-3日で死に至り、そうならない場合でもこれらの症状は1かほども続く。その上、回復してもの萎縮による運動脱皮脱毛などの後遺症が残ることが多いというから、最毒きのこにカエンタケを推すがあるのも頷ける。

そもそもこんな警色丸出しのきのこをなぜ口にしようと思ったか、という点であるが、ニナギナタタケとの誤食や、おそらくカエンタケの存在を知らなかった人による事故が起こっている。食用のベニナギナタタケとは、それを実際に見たことがあればまず混同しないほどの違いがあるが、初心者が図鑑の写真だけで判断したら間違えることもあるのかもしれない。とりあえず、カエンタケの質がベニナギナタタケよりずっと硬いことで簡単に見分けられる(が、これにしてもベニナギナタタケの固さを知らなければ判別の材料にはならないであろう)。
本種が有であることが発覚した実際の誤食事故は、ある館に物しさから飾られていた本種を、酔った宿泊客が勝手に浸しにして摂取したというものであったという。摂取した5名はキノコ本体を摂取した訳ではないにも関わらずな中症状に見舞われ、うち1名は治療の甲斐なく死亡した。2016年現在、分かっているだけで日本では6例の誤食事故が起きており、10名が中を発症、うち2名が犠牲になっているという(実際には本図譜の記述から、過去にさらに犠牲者が出ているものと考えられる)。

成分としてはトリコテセン類を6種類(ロリジンE、ベルカリンJ(=ムコノマシンB)、サトラトキシンHとそのエステル3種)含んでいることが判明し[2]、これらに致死的な生理活性があると考えられている。トリコテセン類というと、にフザリウムというカビが含むことで知られているが、フザリウムのにもカエンタケを思わせる情け容赦のない性質がえるので納得である。例えば、F・スポロトリコデスが産生するトリコテセン類のT-2トキシンATA症(食中毒血球症)を引き起こすが、髄の造血機底的に破壊されて致死率は30-80%である。カエンタケの中症状にも造血機がある。

発生傾向

このようにな中症状を発生させ、その強すぎる性で半ば都市伝説になっている本種であるが、その性の強さに反して中例はさほど多くない(上記の通り誤食事故6例、中者のべ10名)。論その見たの禍々しさから口にすることをっている人間も少なくないと思われるが、どちらかと言えば本種自体の発生が稀であることが理由としては大きいであろう。

しかしながらレア種であるからと言って安心は出来ない。
近年、レア種であるの本種が大発生する事例が見られるという。その原因として、木が大量に枯死する「ナラ枯れ」の発生が摘されている。ナラ枯れは「カシノガキクイムシ」という寄生虫木に寄生することで媒介されるが、このナラ枯れで枯死した木に、本種が好んで発生する傾向があるという(カシノガキクイムシが本種を媒介している訳ではない)。実際にナラ枯れの発生が確認された地域と、本種の発生が確認された地域を地図で重ね合わせると、しばしば重なりあうことが分かっている。

シノガキクイムシの大発生の原因については諸説あるが、木を燃料として使わなくなったことや、管理を行う人間が居なくなったこと等による里山の荒が原因である、とする説が有であるという。森林はある程度人によって整理された方が健全な状態を保てる場合がある。闇矢と伐採することや、過剰に管理することを推奨する訳ではないが、ナラ枯れとカエンタケの大発生は、人と里山との付き合い方というものを再考すべきである、とする、自然からの警告であるのかも知れない。

なお、最新の研究によれば、どうも木材腐朽菌等ではなく、他の菌の菌糸に寄生して栄養を一方的に奪う菌寄生菌であるらしいことが判ってきている(ボタンタケ属のキノコに多い特徴であるという)。前出のナラ枯れとの関連にしても、ナラ枯れ菌(ラファレアクエルキボーラ)に対して寄生するキノコであるのなら説明がつくと言えよう。

自生発見時の対処法

もし自らの所有している敷地や山などでカエンタケが自生しているのを発見した場合、決して触らず、速やかに最寄りの保健所などに連絡するのが望ましい。

素手で触らずに分厚い手袋で摘み取り、地中に埋めるという方法も存在するが、これで全に対処出来る訳ではなく、直ぐにまた生えて来る事がどなのだという(キノコは土中や木中に蔓延る菌糸こそが本体であるため、地上に出てきている部分=子実体を除去しても焼け石にである)。
危険なので、決して自分一人で解決しようとは思わないように。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *2-3cmを食べた死亡例があり、重さにして約10gが致死量といわれている。
  2. *Yoko Saikawa et al. (2001). "Toxic principles of a poisonous mushroom Podostroma cornu-damae" Tetrahedron 57:39 http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6THR-43T2NJG-4&_user=10&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=9a851b9f250c57886d634b0d38d7467fexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カエンタケ

272 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 01:39:08 ID: tHa2jprdb5
マンマミーア
273 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 01:58:13 ID: /ihkxlbBYp
>>264
ここまでくると人類含む地球上のあらゆる生物を根絶やしにする宇宙からの侵略者、もしくはそれがもたらした生物兵器だと言っても不思議じゃない。
274 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 18:03:37 ID: SjcOeUU5OS
これは全くの想像で根拠は0なんだけど、カエンタケは菌糸に寄生する寄生菌糸らしいから、他の動物に食べられる事で菌糸が拡散する他の菌糸にべて、自身の生存戦略を重視してるのかも。
つまり、自身と自身の餌場(他の菌糸)を同時に守るための、警色、猛ゲロマズのトリプルコンボ。
ちょっと踏んづけただけで皮膚が爛れるとなれば、狙いの動物も近づがなくなる。死亡までの期間の短さも、栄養、菌糸を他に逃がさない為の工夫と見れば妥当。
個体数が少なく、発生条件も限られ、動くことの出来ないレア菌糸の戦略としては合理的な気がする。
275 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 12:50:12 ID: 2Aw+R9SMKT
合理的すぎて他の生物がやばい
276 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 19:21:07 ID: O1M6fhtEMs
逆に、合理的だから他の生物はやばくない
性に反して見たが良かったり、味が美味しかったりしたら、やばい
を食ったら死ぬぞ」って事前に警告してくれてる非常に良心的なやつ
277 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 23:26:11 ID: s4eoGz9SaX
食用菌にそっくりなのとか、味自体は美味なのとかあるもんねえ
278 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 06:39:47 ID: k2V615xQC0
味自体は美味なのって物そのものが旨味成分としての一面を持つとか言う確実に殺しに来てるヤツが存在するからなぁ
279 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 13:10:41 ID: ytbPeNEVbs
>>276
同感
ドクツルタケのように本当に質の悪い毒キノコは自分は安全なキノコのように振る舞って人を殺すことを、殺戮を楽しんでる
でもカエンタケさんの容姿は明らかに危険な容姿は自分のへの警告なんだ
果汁に触れるだけで手が爛れる程の性も決して口に含んではいけないと教えてくれてる
これらの特徴は致死量のを持ちながらも本当はも殺したくないカエンタケさんの優しさの現れだと思う
280 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 01:53:43 ID: 2wUuLYhcu3
>>272
いきなりファイアマリオか。
281 ななしのよっしん
2019/10/03(木) 17:07:50 ID: gbUfcHqVmj
最近オーストラリアで発見されたらしいな
東南アジア経由で渡ったんだろうか

急上昇ワード