テーザー銃単語

テーザージュウ

テーザー銃(Taser)とはスタンガンの一種で、有線の電極が空気圧で射出されるもの。商品名。非致死性武器の一つ。アメリカで開発され、各警察刑務所で使用されている。

概要

法執行機関向けの電子機器やソフトウェアを開発するTaser International(現・AXON)が開発したスタンガンの一つ。外観は拳銃の様だが、スタンガンなので実弾を発射する機はない。通常のスタンガンと異なるのは、電極が射出されて相手に刺さること。電極と本体とは数メートルワイヤーで繋がっており、本体で発生させた電流はそのワイヤーを伝って電極に流れる。よって数メートル離れたところから電撃を加えられるので、通常のスタンガンのように相手の体に直接接触させる必要はなく、安全に制圧しやすいのが特徴。法執行官にとっては、と素手の間を埋める装備と言えるだろう。

従来であればこのような場合は警棒が使われていたが、1991年ロドニーキング事件(ロス警の警察官が、ロドニーキングを殴打した事件)で打撃武器の加性が問題となり、より加性の低いテーザー銃も使われるようになった。

警察官が任務においてテーザーを携帯・使用するにあたっては、各州が定める術科講習を修了しなければならない[1]。他の武器もそうであるが、修了しに任務で携帯・使用を行うことは、各機関規則や法令で禁止されている。

機能・構造

構造は大きく分けると、前端部の電極カートリッジと、電流を発生させる本体部からなる。カートリッジが通常の拳銃における実包に相当し、使用後は使用済みカートリッジを外し新しいものを付ける。普通拳銃の様にグリップトリガーがついており、トリガーを引くことで電極が射出され、電流が流れる。トリガーを離すと電流は止まる。射程は約10m。カートリッジを装着しない場合は、通常のスタンガンとしても使用できる。

効果

強い電流が流れることで、一時的に筋肉が硬直したようになり行動不能になる。電流を止めると、直ぐに回復する。非致死性武器であるので、一般的には死亡することはない。ただし稀にだが、電流に起因すると思われる死亡事案が発生している。

テーザー銃使用訓練の様子

上記の動画ではテーザーの効果も確認できる。電極を通じて体に電流が流れると、全身の筋肉が硬直したようになって身動きが取れなくなる。電流を止めると直ぐに動けるようになる。これがテーザー銃の特徴と言えるだろう。

使用

最も知られているのは、アメリカ警察官など法執行官によって使用されるもの。

法執行官は拳銃の使用に関しては厳しい規定があり、致死性武器を携えていたり、警察官や他者を殺傷する恐れが高い場合を除きで制圧することはできない。敵対的態度をとる者が警察官の言葉による制止を聞き入れない場合は、有形をもって制止する必要性が生じるが、こういったことから相手が素手では拳銃は使えない。しかし素手であるように見えてもナイフを隠し持っている場合もあり、格闘で対応するのが危険な状況もある。よって、なるべく安全な距離を保った状態で拳銃などを使わずに、相手の行動を制止するのが望ましい。また警察官が相手を押さえつけたとしても、手錠をかけさせないように抵抗する事例は多々見られる。

そのような場合に用いられるのがテーザー銃となる。

実際の使用例:職務執行中に脅威と捉えられる行動をする素手の者

動画に登場する運転手の男は警察官に停を命じられ、これには従った。だが警察官がパトカーの方へ戻ろうとすると、勝手に降して警察官に詰め寄る態度を見せた。これは警察官に対する敵対的態度と捉えられる。警察官は"Put your hands behind your back"(手を後ろに回せ)と示し、テーザー銃を構えた。示は安全を確保する的で一時的に男に手錠をかけるために行われており、示に従わなければテーザー銃で撃つぞ」という警告も兼ねる。示に素直に従う場合はテーザー銃を使用してはならない。手錠をかけるのは安全のためであり、逮捕ではない。調べの後、逮捕すべき違法行為がなければ解放される性質のものである。
男はこの示には従わず、そのままへ戻ろうとした。には銃器が隠されている場合もあり、また上記のような敵対的行動を既に取っていることから、警察官は示を視したことを確認してテーザー銃を使用している。これは適切な使用例であり、違法性は認められない。

上記のような状況で相手の行動を制止できなかった場合、以下のような事案が起きる恐れがある。

この事例では、から降りた男は当初は武器の携帯を確認できていない。警察官は右手拳銃にかけてはいるが、手ぶらで踊っているだけなのでは使用できない。警察官の示に従わず"Fuck you !"など攻撃的言動を行ったり、詰め寄ろうとするなど、敵対的態度をとる点では先述の事例と類似している。安全な距離を置いて男の行動を制御し、安全を確保しようと試みているが、男は全く示に従わない。

先述の事例と決定的に違う点は、男がに戻っを取り出し、警察官へ向けて発したところ。このように拳銃が使えない状況から撃に急転するのは、十分に想定されることである。状況の急転を防ぎ、被疑者を安全に制止することが可なのは、相手の行動を安全に制止できる非致死性武器となるだろう。

不適切な使用例

テーザー銃を使用する場合は、基本的に警告をすることが定められている。警告なしに使用するのは規則違反、又は違法となる州が多い。実際に警告なしでテーザー銃を使用したために、警察官が懲免職となった事例もある。

新型のテーザー銃

時代を経てテーザー銃も進化し、最近では良されたものも登場している。

TASER XREP

ショットガンから発射できる弾丸状に良したもの。通常のショットシェルやスラグ弾と同様に、ショットガンに装てんして使う。先端に電極がある弾丸状で、それに電流発生装置や電池、スイッチなどが全てめられている。ショットガンから発射するため射程は一気に30mまで伸びた。

人権侵害の指摘

テーザーは非致死性武器ではあるが、効果の項で示したとおり絶対に死なないとは言い切れない。またと素手との間を埋める器具であることから、かえって警察官がテーザー銃を安易に使用しているのではないかという懸念も示されている。これらのことは人権であるとして、人権団体などから度々摘されている。

一方の法執行機関側としては、を使用できない状況における執行官の安全確保と確実な制圧のために、テーザー銃は必要であるとしている。安全性をアピールする狙いから、警察官が実験台となり電流を受けるデモンストレーション過去に何度か行われた。

テーザーが効かない?

テーザーは必ずしも効果が得られるわけではない。むしろ少なくない確率で、その効果が得られないという報告もある。

Tasers fail Fort Collins police in 30% of uses (Pacific Daily News)exit

この記事はコロラド州のフォーコリンズ警察の発表に基づいて書かれた新聞記事。記事によれば、同警のテーザー使用件数のうち、約30%で効果がかったと言う。記事では、酔ってナイフを振りかざす男に対してテーザーを使用したものの効果が得られず、3人の警官が計9発の実弾射撃を行った事例も紹介されている。またフォーコリンズ以外でも同様の話がでている[2]今日ではありふれた装備であり多くの警察で使用されているが、過信は禁物ということだろう。

尚、先の記事にはフォーコリンズ警のボディカムの動画があるが、これに映っている警官らの執行は模範的とも言うべきもの。警官は「停まれ、ナイフを捨てるんだ」と数度呼びかけ、被疑者が示に従わないことを確認してテーザーを使用。残念ながら効果はかったわけだが、それからも呼びかけを続け、被疑者が示に従わず接近してきてから射撃を行っている。被疑者が倒れた後は再び動き出す可性を考慮し、を構え密集隊形で接近、武器を取り上げ手錠をかけ、安全を確保した後で速やかに救命処置を行っている[3]。訓練が行き届いており士気も高そうなので、きっと予算のある警察なんだろう。

日本での扱い

テーザー銃が発売された頃は、コンバットマガジンなどにテーザー銃の広告が掲載された。「エアテーサー」として紹介され、全く新しいタイプスタンガンであると宣伝された。しかしその後、電極の発射機構が銃刀法で既定された空気に該当するとし、規制となる。以後、日本での販売は行われていない。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

脚注

  1. *ELECTRONIC WEAPONS UPDATE - 23093exit 左記はカリフォルニア州が定めた電気武器(≒テーザー)術科講習の日程一覧警察官は講習を行う機関に受講を申し込み、その修了明の発行ををもって携帯・使用資格を得られる。その上で、各警察機関の運用方針に基づいて、技従事者として任務の割り当てを受ける。
  2. *TOP NEWS Tasers often don’t work, review of LAPD incidents findsexit こちらはロサンゼルス警察の報告に基づくもの。
  3. *死亡宣告ができるのは医師、又は医師からテレメトリー(遠隔監督)で死亡宣告を許可された救急救命士である。警察官はどちらの資格もないので、死亡宣告が出るまでは生存している前提で対処する。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E9%8A%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テーザー銃

53 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 17:54:46 ID: kspfO3GjNM
アメリカ旅行中にBARの喧に巻き込まれて止めてたらとばっちりで撃たれた事あるわ。
頭打って7針縫った思い出ww
54 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 22:45:51 ID: OSrsQspu9K
海外警察普通バンバン打つしそれで関係ない人死んでるんだから非殺傷武器以前の問題
55 ななしのよっしん
2018/08/31(金) 00:40:06 ID: wvd0W1Zbpa
相手を麻痺させるような武器は>>53の言う危険とセットなんだよな
悪犯なんて飛びかかってきたり何かを乗り越えて逃げようとしたりする可性が高い
そこを麻痺させれば手に転倒したり頭から落下したりすることは避けられず場合によってはそれで死亡する事もありうる
結局非殺傷武器の最大のメリットは法的にも使用者の心理的にも
「これは不可抗」という言い訳ができる事でしかないんだろう
56 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 22:30:58 ID: 1zZ7uDdpm0
の流れ弾だったら頭7針くらいじゃ済まんし別に言い訳ができるだけではないだろう
もちろん怪死亡の危険性はあるが本当の殺傷武器にべればずいぶんと小さいものだ
57 ななしのよっしん
2019/05/29(水) 15:26:01 ID: PejrMw4Y3j
最初から悪犯を殺すために武装してるんだから
>>54は言い訳になってない
58 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 22:07:39 ID: JZJKxiHNr8
結局は、非殺傷武器の進化の過程の一つなんだろうな未来になるとどんな画期的なものが生まれてるのか気になる

まあ当分はゴム弾やテーザーが最善なんだろうな
マイクロウェーブとか実用できたら、致死率ももっと下がるだろうけど
59 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 00:26:01 ID: SYdcknzmkD
世界まる見えでよく見る
60 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 01:04:29 ID: esAs5BRLu1
未だに非致死性と低致死性の違いが分からんおるよな
61 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 01:32:44 ID: sv/4EVWum9
スタンとは言わないのにテーザー銃とは言う
まぁライフルと言うこともあるけど…
62 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 12:45:24 ID: hb3uEfr/uw
玉に何発喰らったら赤ちゃんできなくなるかな