バールーフ・デ・スピノザ単語

バールーフデスピノザ

バールーフ・デ・スピノザ(1632~1677)とは、オランダ学者・哲学者である。汎哲学を唱え、存命中は「無神論者」と非難されたが、ドイツ観念論やフランス現代思想など後世の思想に大きな影を与えた。

概要

1633年にアムステルダムユダヤ人貿易商の庭に生まれる。

当時のユダヤ教の教えに批判的な立場をとったことから、ユダヤ人共同体からの破門、暗殺未遂などの憂きに遭っている。追放後はハーグに移住、執筆活動を行った。

1673年にハイデルベルク大学教授に招聘されるが、辞退した。

1674年には『学・政治論』が禁書となったことから、翌年に1675年に完成した『エチカ』の出版を断念している。

1677年に死去。

著作

スピノザの思想

汎神論

スピノザは、デカルトに端を発する大陸理論者の一人と呼ばれる。確かにその通りだが、デカルトが心身二元論を唱えたのに対し、スピノザは「汎論」と呼ばれる一元論の一つを唱えたという違いがある。

  • デカルトは、世界には精と物質という二つの実体が存在すると考えた。
  • しかし、精も物質も、元々は「」という一つの実体の現れであり、精と物質はその中で「行」の関係にあるのである。

これを元に「すべては必然的な因果関係からなり、偶然などは存在しない」「自由意思は存在しない」といったこともいっている。

倫理学

上記のような汎論、自由意思の否定から、スピノザは『エチカ』で以下のようなことを述べている。

  • らぎと最高の幸福を教え、正しい生き方がおのずとできるようになる効果をもたらす。
  • 運命に振り回されないを与えてくれる。
  • 人々との社会生活に寄与する。
  • 共同社会のために寄与する。

彼の著『エチカ』が「倫理学」を意味するように、彼は自分の思想が倫理社会にもよい影をもたらすと述べている。これを元に、彼は政治国家についても論じている。

スピノザにおける「神」について

スピノザは「」という言葉を使っているが、彼が伝統的なユダヤキリスト教の人格唯一神を想定しているわけではないことに注意する必要がある。彼はむしろ、は「人格」でも「創造者」でもないといっており、彼が「無神論者」と非難された理由はここにある。

自然」という言葉にあるように、彼は自然世界のあり方そのものが「」なのだと述べている。

すべてのものにが宿っているというアニミズムと較されることもあるが、そういった秘的・宗教的な「」とは一線を画すると考えるべきである。

後世への影響

カント

デカルトやスピノザが唱えた合理論は、ヒュームロックの唱えた経験論とともに、カントによって統合された。

ヘーゲル

ヘーゲルはスピノザを高く評価しており、「スピノザ哲学か、さもなければ哲学ではない」とすらいっている。

ただ、ヘーゲルはスピノザ哲学批判視線をも向けてもいて、スピノザ『エチカ』のように、いきなり定義や定理から始めるような哲学には「意識の経験の学」が欠けているともいっている。

ドイツ観念論

カント以降、や絶対者、理性といった観念的なものを世界の原理と見る学者が登場した。彼らがシェリング・フィヒテ・ヘーゲルなどであり、「ドイツ観念論」と総称されるが、そこにはスピノザの汎論の影を見ることができる。

生の哲学

倫理学」の項で述べたような自己肯定・世界肯定の思想は、後のニーチェドゥルーズなどにも影を与えている。ドゥルーズは『スピノザ』という書物を書き、スピノザについて論じている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%82%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バールーフ・デ・スピノザ

10 ななしのよっしん
2015/09/20(日) 03:05:29 ID: 41y0mRCioN
自由意志があると思うのは間違いと言うなら、スピノザの理屈だとその間違いを引き起こしてるのは璧なはずのということになる。おかしくないか?

上野修氏の入門書「スピノザ世界」を読むとその辺よくわかる。まあ一解釈だけど
というと勘違いするので自然と言おう。自然は間違いを起こさない。だって自然は実際そうなってるから
じゃあなんで人間は間違った観念を持つのか。人間自然の一部にすぎないから
一部にすぎないから認識に欠落がある。それが間違いの原因
自然界全体」と自然界全体のごく一部でしかない「人間」を、あなたは混同してる

例えば、自由意志の間違いはこう起きてる。人間内現を認識できない
その欠落のせいで「自分の意志は自分だけが原因となって生み出している」と感じる間違いが起こる
や身体や環境物理法則に従う以上、精もそれに行して起こる。自由意志はない
11 ななしのよっしん
2015/09/20(日) 03:20:20 ID: 41y0mRCioN
ちなみに、自由意志があると思うのは間違いと言うと、「虚無的な人間観じゃないか」と思われるがそれは誤解。

これほど人間を救う考えはない。
人間かに与えられた苦痛に苦しむのは、その人間への憎悪や悔しさにとらわれるからでもある。

けれど、あなたがつまづいた石ころに怒っても意味なのと同じで、憎らしい彼も彼女も、自然全体から強制されてそのように動かされただけ、石ころとまったく同じ。
それはあなた自身もおなじで、あなたもただ自然全体から強制的に動かされ続けているだけ。憎らしい人を軽蔑することもない。憎むこともない。恨む必要もない。彼らも、あなたも、みな自然自覚に突き動かされ続けているだけ。それを知ると楽になるという話。

自然には悪意善意もない。的に法則に従って必然的に動き続けるのみ。だから自然を恨むこともない。自然全体にさえ、好き勝手するい。
12 ななしのよっしん
2015/09/20(日) 11:36:14 ID: eBrfyDEUUs
>>9 >>10
中立一元論は知ってるけど、あれは単なる二元論を上手く誤魔化しただけにすぎないと思うよ
スピノザ自身が人間は延長と思惟しか認識しないと言ってるんだからそれを構成している実体なんて何の役にも立たないことは明らか
それに人間自然の一部に過ぎないから、間違いを引き起こすけど、「自然全体」は間違いを引き起こさいなんていうのも誤った推論だと思うよ。
全なものから構成された「自然全体」が全なものであるわけがない。幾何学に例えるなら定義が間違いだらけなのに、幾何学全体が璧な体系になるわけがないのと同じ。

残念だけど、スピノザ哲学はもう認識論と形上学的な価値はいと思う。この後に続くバークリー、ヒュームのほうがかに重要な議論をしてると思うわ。
13 ななしのよっしん
2015/09/20(日) 12:06:00 ID: eBrfyDEUUs
>>11
あと哲学者とか科学者とかの自由意志とか実体とかについてもそうだけど形上学的議論いちいち鼻につくのは、いかにも自分はそれを知ることができる特別な存在であるみたいな思い上がりが透けて見えることだな。
14 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 02:02:18 ID: 41y0mRCioN
>>12
あなたは現実は複数あると考えているの?それならわかるけど

もし、この自然界がただ一つの現実を持っており、
それを確定していくのが科学哲学なのだとしたら、
その現実全な真実ってことになる。
スピノザの言う「自然」の全体が間違いないってのはそれだけの事

あと、何か勘違いしているけど、スピノザ価値になるほど彼を全面的に乗り越える哲学があるなら嬉しいよ
バークリは名前しか知らないんだけど、ヒュームは本当にすごいスピノザを全面的に塗り替える内容ではない
例えばの定義一つとっても、スピノザえた人は一人もいない…それこそ残念なこと

たぶん欧州の現代思想からスピノザを知ったんじゃない?自分はあくまで理系としてスピノザに注してるんだ
15 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 02:14:56 ID: 41y0mRCioN
ちなみにの定義→「とは外部の原因の観念を伴った喜びである」
ここから、なぜする人や物の存続を願うか、他人が同じものを愛することはなぜ嬉しいか、などの結構身近な話の原因が導き出される

本当言うと、形上学っていうより、神経心理学者のダマシオが言うとおり、生物学者的なのかもしれない
ただ、哲学というか世界の構造を論じる上でも有益。最近もこの人の論文の書籍版が出てるが興味深い
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/135542exit

>>13
気持ちはわかるけど、その姿勢を続けるのなら学問は向かない。好き嫌いと偽の話は別だよ
心理学者の本とか読んでみ?立つから。哲学なんか、ましてスピノザなんか可愛いもんだ
何よりも、あなたの態度がまさにあなたの嫌う鼻につくタイプになってしまっている
16 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 02:21:56 ID: 41y0mRCioN
繰り返しになるけど、スピノザどうでもいいんだ。
だから彼のわりとこだわっている自然全体つまり世界存在証明も、自分は切って捨てている。興味ないんでね
ソクラテスプラトン死後の世界を「明」しててスピリチュアル系はこれのパクリだが、そういう部分は視だ

哲学科学も自分の関心にとって最もダイレクトに有益な部分だけ取っていけばいい
人生は短い。つまらない哲学に延々と関わっている暇などいし、彼らも大いに間違える
別に俺らは本を読んだり過去の遺物を称えるために生きてるわけじゃない
17 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 02:42:14 ID: 41y0mRCioN
たくさんレスして申し訳ない。どうせ過疎スレなんで許してくれ
鼻につくのが嫌いってのは本当によく分かる

だから、東洋思想をすすめる。東洋は人格と学問的探究を分断する発想でやってはいない
老子、非子、孔子、荻生徂、本居宣長、二宮尊徳西田幾多郎なんかは、現代でも鮮く内容を含んでる

もちろん仏陀も面い。矢の喩などは、重要な考え方だと思う。
死後の世界世界の構造もどうでもいい、そんなの研究してたら年老いて死んでしまう、
それよりも現実の苦しみを制圧する方法をはっきりさせることが大事だと言い切った仏陀にしびれる

これが仏教だよなあと。念仏唱えればよいとした法然は、ある意味スピノザ学・政治論と同じ考えでもある
だからって説一切有部とかとかのしたことは意味だとはまったく思わないけど
18 ななしのよっしん
2016/02/02(火) 19:28:23 ID: 9wB7otF7Wt
最近スピノザを勉強しているんだが、エチカは天文学とかと相性が良さそうやな。ビックバンとか。
自分としてはエチカよりも国家論が好きだが
19 ななしのよっしん
2017/03/19(日) 22:44:28 ID: ess6gmy+HX
いいよね。君主制貴族制も民主政のどれも否定せずに、
それぞれなりのより良い運営方法を考えてくところがとっても素敵

急上昇ワード

2019/08/25(日)21時更新