凌統単語

リョウトウ

凌統とは、三国志に登場する人物である。生没年には諸説あるが、本項では189年生まれ、217年没を採用する。

血気盛んな呉の若武者

字は績。県(浙江)の出身。操は孫策孫権に仕えた武将だったが、203年(建安8年)の黄祖征伐で流れ矢に当たり討ち死にすると若年での跡を継ぎ孫権に取り立てられる。

206年(建安11年)の山越征伐の時、督である陳勤の好き勝手な振る舞いを凌統は咎めた。陳勤は怒り凌統やその操を罵り、凌統は涙を流しながら堪えていたがその悪口が帰り道にまで及ぶや凌統は慢できなくなり陳勤をりつける。
陳勤は数日後その傷が元で死亡。凌統はこうなったら死んでお詫びするしかないと敵軍に猛に突撃、敵軍をさんざんに打ち破った。凌統は自首するが、孫権はこの話を壮快に思い、功績を立てて罪を贖えるようにした。

208年(建安13年)の黄祖征伐では董襲と共に先鋒を務め敵将の碩の首を取り、赤壁の戦い周瑜の南攻撃にも従軍。甘寧が包囲された時、他の武将が救援に行っている間本を守備した。214年(建安19年)には呂蒙と共に皖を攻めた。

215年(建安20年)、合肥の戦いで張遼の攻撃で窮地に追い込まれた孫権を、部下300名と共に救出、孫権を脱出させると自分らは敵軍に攻撃を仕掛け数十人を討ち取った。自軍の地へのが壊されていたのでを着たまま泳いで帰還、満身創痍の状態だったので孫権は凌統を手当させた。
凌統は自分の部下300名が戻らないのに落胆する。孫権は彼の流す涙を手で拭うと「績、亡くなった者は戻らない。だが私にはあなたがいる、それで十分だ」とをかけ、彼の配下をそれまでの倍付けてやった。

没年について

三国志』には山越征伐から帰還してすぐ49歳で没したとあるが、『建康実録』には217年(建安22年)29歳で没したとある。217年前後から凌統の記録が途絶えること、彼の配下の軍の揮は駱統(228年没)が継いだと記録にあることから、後者のほうが正しいと思われる。

凌統が死んだ時、2人の子がいたが孫権は宮中で自分の子のように養った。が成長すると駱統からかつてのの配下を返されたが、は罪を犯して爵位を取り上げられたため、封が後を継いだ。

甘寧との関係

凌統は軍中にあっても「雖在軍、親賢接士、軽財重義、有士之」と記録されるほど優れた義の持ちだった。士卒の支持も厚く、万余の兵を率いて故郷を通りがかった時も官吏に恭しく接し、旧知に親しくをかけたという。
また、留賛という人物の評判を聞くやこれを孫権に推挙している。留賛は後に左将軍まで出世した。

凌統の操は黄祖征伐の時に討ち死にしているが、当時黄祖の配下だった甘寧に射殺されたともいわれている。合肥の戦いで曹操配下の楽進との一騎打ちで窮地に陥った凌統を矢で甘寧が救ったため、それ以降二人は堅い親交を結んだ…のは三国志演義の話。

正史では甘寧は凌統の討ちを恐れ凌統に会おうとせず、孫権も凌統に自重するようめていた。こんな話が記されている。呂蒙が宴会を開いた時、凌統が舞を舞うことになった。その時甘寧が戟を取ったため、呂蒙がその間に割って入りその場はそれで済んだが、孫権甘寧に半州に駐屯させた(つまり凌統と引き離した)という。

各メディアにおける凌統

三国志演義

操が孫策に従軍した時一緒に付いてきて、甘寧に射殺された時は必死でその亡骸を奪い返した。そんな甘寧孫呉に降り黄祖を討った時の宴会で、凌統はいきなり甘寧りかかっている。その後も舞事件を経て、ようやく仲直りするのは上に書いた通り。

真・三國無双

屋。として甘寧を恨んでおりよく喧をするが、のちに仲間として彼を信頼するようになる。
ヌンチャクっぽい両節昆という武器を扱う。 口の戦いは彼の初陣であり見せ場。
どうやら49歳没を採用しているらしい。ソース真・三國無双6 猛将伝の石亭の戦いより。
無双OROCHIでは異世界女性と絡む。阿国、三蔵法師が該当する。
女性人気が高く、人気投票は8位。10位以上にランクインしているキャラクター陸遜と彼だけである。

真・三國無双7では「三節棍」に得意武器が変更された。

無双乱舞(6以降)

  • 鎖縛:「逃がすと思うかい?」
    相手を足でつかみ、そのまま叩きつける投げ技タイプ。 
  • 炎舞脚:「火傷するぜ?」
    炎をまとった三連サマーソルト待ちガイル 
  • 炎槌脚:「いいんじゃないの?」
    7で追加された無双乱舞。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%87%8C%E7%B5%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

凌統

12 ななしのよっしん
2013/03/27(水) 15:01:41 ID: QaPL07XMQ5
>>11
師を侮辱した14歳にしてぶっ殺した、
さんみたいな人もいるのだし…。

そんな彼も、徳さんに別格扱いされていますw
13 ななしのよっしん
2013/04/15(月) 02:47:53 ID: UcbKnES3kn
まあ結果だけなら甘寧と同じような事やってるが、
凌統の場合は最後の最後まで必死に耐えた上にまだ侮辱されて…ですし、
あと当時の中国人にとって親は、切支丹にとってのイエス同然ですからね。
むしろヤッてしまった後の心意気を、孫権は買ったんじゃないでしょうか。
14 ななしのよっしん
2013/04/16(火) 09:41:21 ID: F7nLPIaRyv
なんつーか、甘寧は単に敵だから操殺したわけだし、それはしょうがないことなんだけど、凌統が親のを恨むのもまたしょうがないというか。どっちが悪いということじゃないのが、戦の業だろうね。

だいぶ前に「無双でもっと別な掘り下げ方を」って言ったのは、甘寧との絡みを否定したかったのではなく、例の君救出→リアル無双一帰還をやってくれないかなーって思っただけだ。言葉が足りなくてすまなかった。
15 ななしのよっしん
2013/04/18(木) 01:14:56 ID: knh0/gMEsv
>>14
君救出→リアル無双一帰還

このシーンが見たいと思っているファンは沢山いると思う
自分もそう
8でこそやってくれないなー
16 ななしのよっしん
2013/12/12(木) 17:40:20 ID: UJ8zBII6Ab
>>14
>>15
呂蒙甘寧凌統蒋欽を蹴散らして孫権に迫る張遼が前提だから、必ずしもファンが喜ぶとは限らんのが敗戦・殿での活躍の悲しいところだなw
17 ななしのよっしん
2014/09/08(月) 07:28:16 ID: nq8Qt50UtU
あそこ凌統は物凄くかっこいいけど、あれをやると多分史実通りにあのときの傷がもとで数年後に死去して孫権が泣くところまでついてくるぞ
18 ななしのよっしん
2014/11/14(金) 22:44:39 ID: 6KNmvjduWG
編集GJ
仲良しは流石に...て思ってた

>>17
凌統って合肥の傷が元で死んだのか?
それでも今のままだとパッとしないから全然構わないわ
趙雲が長阿斗を助けないようなもんだし
でも後期の武将不足で結局やらなそうだなー
19 ななしのよっしん
2014/11/15(土) 11:59:15 ID: N0mCUww/6m
傷ヌードの衣装DLC
20 ななしのよっしん
2016/10/02(日) 14:24:15 ID: XcmcSyYz1W
三国志13では武に置いて堅策親子と甘寧太史慈に次ぎ5位になる89という数値を持つ。
え?89で5位ということは堅策太史慈死が3人も居て90台実質甘寧だけじゃん?
まぁは演義補正薄くて低め(高バランスは多い)だから・・・

しかし、猛将でありながら有用特技の奮戦を持たず、適正も最高が騎A止まり
孫策亡き後のは騎調練持ちの武将が居ないのであたりから引き抜かなければ騎Sにはできない。
それでも重な騎要員として活躍はできるだろう。神速レベルも高めだし。

なお、太史慈亡き後は甘寧に次ぐ2位の武を持つとは言え五虎将軍と一騎討ちを起こすと結構な割合で討ち死にする。ムリはさせないように
21 ななしのよっしん
2018/04/12(木) 19:54:37 ID: Qo0rtBoqRo
無双8でも合肥のあれはかったよ
どころか何もかもがアッサリと終わってたわ

凌統甘寧も好きなキャラだし仲良くすんのもいいけどさ、
なんかれ合いみたいな会話や掛け合いがしつこいっていうか…プレイしてれば分かるけどホモ臭くてうんざりしてくるんだよなぁ
まぁ自分が過剰反応してるだけかもしらんが
そんなことしてるくらいだったらもっと格好いいイベント作ってくれと言いたい