編集  

動物虐待単語

ドウブツギャクタイ

動物虐待とは、に人間が快楽を的として動物に危を加える行為のことである。
動物愛護法などといった法律でも禁止されている犯罪行為でもある。 

概要

や危険排除のための駆除など、正当な理由・大義なく、動物に対して暴力を振るったり危を加える行為のことである。虐待と言うのだから基本的には良いで見られる行為でないことは言うまでもない。

ただし、一部では動物を可がっているのにも関わらず、冗談で「虐待」としてペットと遊んだり、相手は嫌がってはいるものの生活上仕方なくやっている(ブラシングなど)動画なども存在する。

動物虐待の問題点

この手の話題が出て批判されると、必ずと言ってよいほど「お前らだって食ってんだろwww」「動物愛護www」などのコメントが飛び交うのが2ちゃんねる、及びニコニコ動画である。

しかし、少し考えればそんな単純な問題でないことは言うまでもない話である。

  1. 倫理的な問題
    あくまで一般論として、抵抗・動物昆虫を痛めつける、殺する行為は倫理的な観点から言って問題であるとされている。人間でも、例え人の命の奪い合いの戦争であっても、抵抗の捕虜を特に理由なく快楽で殺する行為は良しとされていない(条約で禁止されていることが)。動物法律上人間と同じような権利を与えられていないとはいえ、権利がなくてもやっていいことと悪いことはある。近所の野良ネコの胴体を切断して回っている人間が隣に住んでるなどと聞いて、良い気分になる人間はそれほど多くないはずである。
  2. 安全上の問題
    動物虐待をいつまでも繰り返す人間は、やがて行動がエスカレートして物言わぬ動物だけに飽きたらず、人に対して危を加える可性が高いと言われており、悪事件の犯人が以前から行っていた行為として、実例も多くあがっている。例えるなら「1回・2回でやめれば麻薬をやっても大丈夫」と言っている人間がドツボにハマっていくのと似ている。
  3. 法律的な問題
    冒頭でも記したように、動物虐待犯罪である。例え個人的に「動物を守る法律など必要がない」、「動物法律で守るなんで馬鹿馬鹿しい・間違っている」という信念があったとて、法律上禁止されていることなのであるからして、動物虐待は触法行為であり、客観的に間違った行為とされているのである。それを変えたいのであれば政治家となって、法律を撤させるほかない。近しい家族を泣かせたくない、自分の将来の経歴に傷をつけたくないのであれば、動物虐待などという別に手を染める必要がない犯罪行為には、手を染めるべきではない。

動物の過剰愛護に対する問題点

一方で、そういった虐待論を炊きつけているのは過剰な動物愛護も相まってのことだということを忘れてはならない。

いわば、過剰な動物愛護に気分をした人が、虐待に走る可性もあるということである。2ちゃんねるにおける「生き物苦手板」に集まる人の中にも、動物愛護が嫌いという人は多い。

  1. 虐待との差別
    人間は雑食性である。健康に生きるためには動物から栄養を摂取しなくてはいけない。野生動物もまた例外を除けば、その環境で生きていくために必要だからこそ食を行っているのである。
    にも関わらず、動物の命を奪うということだけに着して、その行為そのものを批判するものがいる。それはつまり人に対して逆に「死んでしまえ」「苦しみ抜け」と言っていることと変わらない。また、そうする者に限って菜食でないことがあるため、批判の対となっている。
    もっとも「あとで食べるから」ということを理由に、動物に過剰な苦痛を与える行為、不必要に残虐な手段を用いることが一般論として肯定出来るかどうかはまた別の問題である。屠殺は基本的に「動物に対する苦しみを少なく済ませる」とされている方法がとられている(自己満足でしかないという意見もある)。
  2. 害獣駆除との差別
    自分に危を加える生き物を除外、または殺することもまた、生命が安全に生きていくためには必要な行為である。人に迫る危険の排除が必要なのにも関わらず、「可哀想」という理由だけで抗議をする者達がいる。
    例えば北海道で「ヒグマ民家に出て、危険なので民家に進出したクマを殺しました」として、それに抗議電話をかけてくるということがよくある。つまりそれは、北海道の人間に対して「お前達がヒグマに殺されれば済む話だ!」と言っているのと変わらない。
    もっとも、先と同じように害獣だからという理由で不必要な暴力や攻撃をすることは良い行為とはいえない。ヒグマの場合、民家に降りてこないように地元の人達がエアガンで脅かして威嚇をしているのに過ぎない。素人が趣味でやって良いことではない。 
  3. 感情論が強すぎる
    古今東西、行き過ぎた感情論議論において意味をなさないことが多い。感情論に左右される政治家はいても、個人が「動物可愛いからイジメちゃダメ」などと言っても、それは独りよがりであり、説得に欠ける。感情論全撤するのは、感情のある々にとって難しいことであるが、客観的な視点を頑って組み込むことは可なはずである。
  4. 動物にかまけて人を思いやることを忘れている
    動物嫌いの人間に動物を押し付ける行為、マナーの悪い飼い、これらが生き物嫌いをさらに助長する原因となっていることを忘れてはいけない。

つまるところ……

どちらのや行為も過剰であるため、お互いを刺しあってしまうのである。

生き物が嫌いな人もいれば、生き物が好きで仕方ない人もいる。お互いの思考を理解出来なくても慮ることで、用な争いや騒動は避けられるということを忘れてはならない。

主な動物虐待事件

犯人特定しづらく、未解決事件が多い。

関連動画

動画をあげなくても、ニコニコ動画の住民であれば、恐らくこれらの諸問題については、理解してくれるはずです。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8B%95%E7%89%A9%E8%99%90%E5%BE%85
ページ番号: 5225819 リビジョン番号: 2533897
読み:ドウブツギャクタイ
初版作成日: 14/05/01 09:41 ◆ 最終更新日: 17/10/20 03:02
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に動物愛護、社会問題を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

動物虐待について語るスレ

724 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 10:18:53 ID: s3jH02HKYJ
>>722
その論法は、ある伝統の歴史性をに行為を全面的に擁護するもので、動物への苦痛を伴う儀礼に正当性を与えるものではありません
そもそも歴史的に行われてきたことならば許されるとするのはいわゆる「伝統に訴える論証」と呼ばれるタイプ詭弁でしょう
実際にはその文化の検証や内容の変更など、検討すべき点は多数ありますし、仮に動物への過度な苦痛が避けられないならば、止が行われる合理性は十分あると言えます
725 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 21:48:06 ID: GdwPVa7KrE
なんで動物に苦痛を与えちゃいけないの?
人間が楽しんでるんだからいいでしょ

不愉快に思う人がいるのは分かるよ
でもその人たちも苦痛を感じるわけじゃないし、不幸になるわけでもない
むしろ楽しんでいる人がいて、人類全体の幸福が最大化されてるんだから、止するなんて合理性欠片もないじゃん

理性を訴えるなら、例えば環境保護論みたいに、自然を保護することが巡り巡って人類の幸福最大化に繋がるとか言えないとダメ
726 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 21:52:17 ID: KYw9j0rHvS
一体何なんだこの記事は…
誰か説明してくれよ!
727 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 22:40:55 ID: k0g2v1icEJ
人々の楽しみを奪ってまで祭り狩りを禁止するのは明らかに人類にとってマイナスだよね
動物が苦痛を感じるからアウトで禁止しちゃうと、ゴルフ場の建設もアウトになっちゃう
アメリカではゴルフの楽しみのためにプレーリードッグの駆除をしてるからね

社会秩序の維持のために必要というならまだ分かるけど、「動物が苦しむから」は明らかに不合理
728 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 00:08:37 ID: s3jH02HKYJ
>>725
不快に思う人間がいることをお認めになるのなら、その人間が感じる精的な苦痛を最大幸福原則上の負の項として計上しないのは不適当でしょう
ある方向へ快の増進をめた時、それに反発して減少していくファクターがあるとすれば、幸福の最大化のためにはその追及行動への批判的な見直しが必要です

>>727
私が以前述べたことですが、動物虐待事案により警察が捜をせざるを得ないことや、地域の住民に防犯活動を強いることなどは実際に生じていることです
これらが社会不安を増大させ秩序に影を与えることは避けられませんよ
先の人間に動物虐待児童虐待の潜在的な拠として見られるとの見解を示す者もいましたが、前述の理由にさらにこのような社会的に視できない理由が加われば、社会秩序の安定化のために動物虐待に対し厳しく接することはなおさら必要になってくるでしょうね

また、自然環境の保護という別の理念の追及が重要になっている昨今では、ゴルフ場の建設も問題視されるようになっています

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
729 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 00:28:02 ID: k0g2v1icEJ
>>728
的な苦痛なんて大層なもんじゃないでしょ
不愉快さなだけで幸福最大化が崩れるわけがない
だって嫌なら「見ない」「関わらない」
これだけで幸福度のマイナスゼロにできるんだからさ

祭りのせいでPTSDになる人が多発するならともかく
軽微な不愉快さ程度では、実際にレクリエーションを楽しんでいる人々を止めるだけの不幸は発生しないよ

あと、祭り社会不安が発生してるともいえないし、地域住民全員犯罪者予備軍なんてのは差別もいいところだ

ゴルフ場の件は単なる例示でしょ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
730 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 00:39:19 ID: dza1SCabjT
なるほど
不愉快だからといってエロ同人が集まるコミケ閉鎖させられないのと同じか
だって行かなきゃ済む話だし楽しんでいる人のほうが大事だもんな

コミケのせいで男性恐怖症になる女性が増えたり強姦発生件数が増えたりするなら規制の根拠もありそうだけど
731 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 01:05:41 ID: pGHQvJcUPh
現実的な話、武に訴える以外だと動物を育てれば育てるほど利益が生まれる社会を作ればいいよ
こうなると動物に危が出るサービスは得を得るために死滅せざるを得ない
ペット程度の地位で満足してはいけない
732 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 01:07:57 ID: s3jH02HKYJ
>>729
ある地域で動物虐待が顕在化したのであれば、近隣住民はは否が応でもその事件に向き合わねばならず、「見ない」「関わらない」ということは不可能になります
>>730の喩えを援用すれば、これはいきなり衆の面前で過な性的描写も含む同人誌即売会を開催するようなもので、それをコミックマーケットと同等なものと見做すことはできないでしょう

祭り狩りの例を持ち出すのなら、そもそも日本海外のある地域社会における差異を事細かに考察しなければ、海外の事例を以て日本動物虐待正当化することはできませんよ
その部分を考慮せずに動物の犠牲が必要な文化を全面的に禁止しようとする勢がいますが、あなたのように差異への検討も半ばにして日本海外同一視し擁護する態度もこれと同じと言えます

最後にゴルフ場の喩えについてですが、そうであるのならゴルフ場の建設に動物虐待論理を持ち出すのは不適当ということに言及しただけで、楽しみのための動物虐待を肯定する論拠にはなり得ないと思いますが
733 : ななしのよっしん :2018/12/13(木) 08:20:18 ID: dza1SCabjT
>>732
近隣住民が参加している祭りとかで、なぜ動物虐待の当事者である近隣住民が「見ない」「関わらない」必要があるの?
https://www.youtube.com/watch?v=Bpd3_8unlKM
偏屈な住民1人が嫌がってたとしても、その他圧倒的多数の住民が喜んでるんだから、その住民が期間中に旅行に行ったりすれば済む話だ

日本の文化に限定したいなら、静岡県の闘とかでもいいよ
動物虐待を楽しむ文化は世界各地に点在しているから
これも闘ファンが楽しんでるんなら、あえてクローズアップして禁止する必要はない
http://animalive.me/thoughtful/touken-chushi

>そうであるのならゴルフ場の建設に動物虐待論理を持ち出すのは不適当ということに言及しただけで、楽しみのための動物虐待を肯定する論拠にはなり得ないと思いますが
なんで?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス