支那単語

シナ

支那シナ)とは、中国(おおむね現在中華人民共和国にあたる地域)の通時的呼称。その地位は非常に複雑なので詳細はWikipediaの当該項目exitなども併せて参照されたい。

概要

語源

古代インド中国す「シーナ」と言う漢字に音訳したもののがはじまりとされる。「シーナ」の由来には諸説あるが、一つの説としてに由来すると言う説がある。
英語の「チャイナ / China」やフランス語の「シーヌ / Chine」など、ヨーロッパでの当該地域を表す表現も「支那」と同じと考えられている。

第二次世界大戦以前の日本では、「支那」は概ね現在中国にあたる地域をす名称として普通に用いられていた。
現在でも後述の事情からとしての中国す意味での用いられ方はしなくなったが、「東シナ(東支那)」や「インドシナ半島印度支那半島)」のように地理的呼称、更には「支那メンマ)」「支那そば(中華そば ラーメン)」のようにその地域の産物を表す呼称には用いられることがある。

「支那」呼称の日本での扱われ方

現在では「支那」の呼称は日本においては差別とされることが一般的である。

日本中国中華民国)の関係が悪化し、戦争状態に突入した時期においては支那のが戦時プロパガンダスローガンにしばしば登場したため、これをして「支那」そのものが差別蔑称である(「支那」を使用すること≒「帝国義」「軍義」)とされることがある(外部リンク:「シナ」ということばが差別的とは?exit)。

ちなみに差別とは、その言の話者において広く「差別的」と認識されているのことである。ある句が差別であるかどうかは衆人にどのように認識されているかによって決まる慣習であって、そのや字義によって決まるものではないということに注意が必要である。

また漢字的意味の「支那」は「邦を支える」「本邦の支部」とされ(この場合「邦・本邦」は「日本」を表す)、「日本よりも下に見ている」とされる。またヨーロッパでは「」「清」から音が転しただけであり、侮蔑的意味は含まれない。しかし日本語では、表音文字ひらがなカタカナ「しな」のみではなく、漢字で「支那」とも表現されたために、侮蔑的意味を含む単となった、というもある。

「相手の嫌がる名称で呼称すべきでない」「自の名前はそのが決めるべき」「々が『Jap』『倭』『小日本』などと呼ばれて嬉しいか」(「支那」と同じく、「Jap」はは単なる「Japan」の略称だが、日本への蔑称として使われることがある)といった倫理的観点からの意見もある。

こうしたに対し、「支那」とは別に中国及び中国人に対する蔑称は存在しており、上述の通り「支那」のそのものは以前から中立的に使用されてきたとする意見がある。また「中国」では中華思想中華民族による支配を表し、そちらの方が差別的であるとする見方がある。

「支那」呼称に関する戦前から戦後にかけての政府・民間の動き

的に支那のを使用しないことは、戦前1930年10月に「支那号ノ呼称ニ関スル件」として浜口内閣が閣議決定した。
支那ナル呼称ハ当初ヨリ側ノ好マサリシ所ニシ殊ニ最近官民ノ之ニ対シ不満ヲ表示スルモノ多キヲ加ヘタルアリ」(支那という呼称はもとより同において好まれず、特に最近はの役人や民間人にもこの呼称に対し不満を表明する者が多くなっているように見える)という理由に基づくもので、これ以降の政府公式文書では従来用いられてきた「支那」「支那共和」に代わり「中華民国」が用いられるようになった。

戦後の1946年6月外務省岡崎次官から各新聞社宛に「支那の呼称を避ける事に関する件」としてめて通達が出された。
この通達文において、「支那」呼称を避ける理由については「支那という文字中華民国として極度に嫌うものであり、 現に終戦代表者が公式非公式にこの字の使用をやめて貰いたいとの要があったので今後は理屈を抜きにして先方の嫌がる文字を使わぬ様にしたい」と言及されている。中華民国は連合の一員で当時の日本占領の一つとなっており、この通達に影を及ぼしたと考えられている。

この通達が広く適用された結果、公文書や放送・出版のみならず、「支那そば」「支那」と言った食品まで呼び換えが進められた(現在は「ラーメン」「メンマ」と呼ばれている)。雁屋哲原作の「美味しんぼ」の単行本第76巻第4話においても「支那そば」を題材に「支那」の呼称問題について言及している。

戦後の長い期間、「支那」と言うの使用は的な言論間では禁止(自主規制)されており、現在でも報道各社では、原則として「支那」を使用しない(先述の東シナインドシナ半島などは別)。しかし、最近では様々な理由からあえて支那のを使用する人々も出てきている。この場合、前記の通り「"支"の字そのものに辺地方といった差別的なニュアンスがある」との非難を避けるためにカナ表記で「シナ」とすることがある。

「支那」呼称の現状

上記の通り日本機関マスメディアが使用中止したことで、今日日本で「支那」(シナ)は一般的な単の地位を失っている。

現代の「中華人民共和国」ないし「中華民国」をす用法として「支那」を共の場面で呼称した場合、他人にで見られる可性がある。「差別的である」と追求され、場合によっては立場を追われることも考えられる。TPOを考え、発言には慎重を期すべきである。特に中国中華民国関係の人物・事物について、意図的に挑発・罵倒し反感を買いたい場合を除き、使用するべきではない。

もちろん現在の一般的な名称や過去の名称、歴史的事物の検(例「シナチベット族」「支那派遣軍」)などと用いる事には問題なく、マスメディア日本機関も使用している。先述の通り「東シナ」など地域名称についても同様である。

なお中国Twitter「weibo(ウェイボー)」の正式名称は「sinaweibo」であるが、これは漢字で「新浪微博」。「支那微博」ではなく、差別との摘は間違いである。

因みにMS-IMEATOKなどで「しな」と打っても変換補に「支那」の文字が出ない事から、何らかの政治的介入があったのではとの噂も聞かれる事がある(MacOSでは変換可)。なおこういった「差別と認識されている言葉」の変換補が出ないケースは他にも身体障者関連の言葉などで多数あり、「支那」に限った問題ではない。頻繁に使用する場合は、辞書登録しておく方法がある。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%94%AF%E9%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

支那

660 削除しました
削除しました ID: G9SeEu7H4N
削除しました
661 削除しました
削除しました ID: MsybOOclSd
削除しました
662 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 21:02:56 ID: 7IXj6Vb6Fw
差別というか単純に時代遅れなだけでしょ
インドシナもそうだし歴史学で言えば支那派遣軍やコーチシナなんかも差別とは捉えられないしあと支那そばなんかも普通に店名とかで使われるね
固有名詞の一部に使うのはその意義があるからで意義を失った単は存在価値がいから消えた、く新しい単に置き換える為に差別という言葉を使った
まあ言うなればまだ使える旧品をく取り替えさせる為にカスタマサポートを切り上げるようなもんやな
態々言い換えがあるのに使い続けるなんてよっぽどの頑固老人なんだろう(差別義者並感)
663 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 22:18:43 ID: M+5lAs+P4W
とりあえず中国という表記は内にすでにあって紛らわしいから中華民国略称になった経緯がある。
なぜ中華人民共和国中国という名前を使わされなければならないのか、というのが大きな不満点。
歴史的な地名をす際にはシナ(あるいはチャイナ)と呼んだほうが都合がいいことだってある。

現在中華人民共和国シナと呼ばれるのがイヤらしいので、「中華」あるいは「チャイナ」と呼んでやればいいのではないだろうか。
ちなみに他の日本がどう呼ばれていようが問題ないだろう。
なぜなら翻訳の過程で結局「日本」になるわけだから
664 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 19:16:40 ID: AkWlwy4yWn
>>663
中華」「チャイナ」なんて「中国」よりも日本で使われた歴史がないものでしょう
しかも「中華」ってあれほど自尊の意味があるから問題だって言われてた呼称じゃないですか
多分「中国」よりも余計尊称に近くなってますよ、それでいいんですか?
また、一度地名についての呼称を変更するとなれば、公文書や行政システムなどの更新が必要になりますから、外交面での密接な関係を鑑みるに相当のコストがかかることが予想されます
その変更をめる理由が中華人民共和国中国と呼ぶことに感情的な抵抗があるからでは、とてもこれだけの大きな修正を要できるほどの合理性があるとは思えません
665 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 22:03:51 ID: UEjOWU40wk
そういや、ペルシアイランに直したし、
支那共和中華民国中華人民共和国に直したし、
グルジアジョージアに直したのに、
なんで今だに教皇庁は法王庁なのか

本家の法王と紛らわしいのになぁ

ああいうのって、どういう力学が働くのかね
666 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 19:11:04 ID: 3d6Uv9WjS8
美味しんぼのあの話は、支那という呼称の使用者への批判としてなら、一意見としてまあアリかなとは思うが、店の名前変えさせるまでやるのが厭らしいってかキチガイすぎる
667 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 14:45:15 ID: o+P1B7fYPy
>>659
正直私は今でもグルジアって呼んでるけどな・・・
個人的に英語式表現はあまり好まないし、今更日本人にとってロシア語英語より不都合があるとも思えない

結局残るはグルジア人が「グルジア」という表現を嫌うって理由だけなんだけど
ラテンGeorgiaに基づいた名前に変えるとしてもわざわざ地名が被るという問題を生み出してまで
発音を英語に合わせる必要はあったか?という問題が出てくる、普通ラテン語読みでゲオルギアかジェオルジアでも良かったのでは?とも思える

例えばギニア湾あたりにリベリアというがあるが、その米国出身の人が中心となったなのだがラテン語読みの「リベリア」が日本語での呼称になっている。しかも公用語英語で、英語の発音をカナで現せば
「ライビリア」に近い表記になるにも関わらず

逆に「スペイン」の場合昔から使われた「イスパニヤ」という和名があるにも関わらず英語読みの「スペイン」に取って代わってしまった。この場合「スペイン」のほうが常用され
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
668 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 15:13:29 ID: o+P1B7fYPy
そもそもGruziyaもGeorgiaも外名だから何もない状態でグルジア人がGeorgiaと名乗ったわけじゃない
で自Georgiaと通じてるから乗じただけ。あとGruziyaとGeorgiaはどっちも古代ペルシアの同じ単から来た言葉で、Georgiaが人名Georgiusと似てるのは単なる偶然と勘違いが入り混じった結果。最初から人名から作られたアメリカGeorgiaとはが違う

また日本における旧名として「ジョルジア」なる単があったらしく
ならジョージアなどではなくそっちにすればよかったのではと考えざるを得ない

でもまあ「スペイン」「リベリア」の件と対照してわかるように外務省による外名の基準は相手の同意以外はガバガバなので考えるだけ駄な気がするが
669 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 23:05:51 ID: m9L6Ddfiqs
しな だと一発で出ないけど
しなそば だと出る
どういうことなの…

急上昇ワード