日経平均株価単語

ニッケイヘイキンカブカ

日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)とは、日本経済新聞社が算出、開している数の一つである。
日経225均」「Nikkei 225」などとも呼ばれる。

概要

1950年9月7日に算出開始(1949年5月16日まで遡及して算出)。以降、日本を代表する数として世界中で用いられている。外為替情報とともにニュースの終わりなどで知らされることも多いため、何なのかはよく知らなくても聞いたことはあるという人も多いだろう。

現在東京券取引所の取引時間中(立会日の9:00~11:30、12:3015:00)に5ごとに算出されている(2017年7月17日までは15ごとの算出だった)。

算出方法

東京券取引所第1部に上場する銘柄の中から日本経済新聞社が選定した225銘柄の価を基に算出する。

といっても、単純に225銘柄の価を足して225で割るわけではなく、各銘柄に設定された「みなし額面」を「除数」で割って算出する。

「みなし額面」を用いるのは、額面が異なることによって銘柄の間で数に与える影に極端な差が出るのを避けるためである。また、225ではなく「除数」で割るのは、分割などで見かけ上の価のみが変動し、実質的な価変動がない場合に数の連続性を確保するためである。

当初225だった「除数」は算出開始以来毎日調整が続けられており、2018年12月28日現在は27.003である。

銘柄の入れ替え

毎年1回、定期的に構成銘柄の見直しが行われ、必要に応じ銘柄の入れ替えが行われる。入れ替えの基準は当初「ある銘柄が何らかの理由で消滅した場合のみ補充する」というものだったが、券取引の多様化に伴い様々な問題が生じ始めこれ以外の理由で入れ替えも行われ始めた。

2000年4月30銘柄を一挙に入れ替えた際、市場に大混乱をもたらしたため最近は大規模な銘柄入れ替えは行われていない。

注意点

日経平均株価は市場全体ではなく一部の銘柄のみの価変動をとらえる数であるため、必ずしも市場全体の動きを反映しない。東1部全体をカバーする数としては東数(TOPIX)が挙げられる。これは東京券取引所が算出する数で、1968年1月4日の東1部の時価総額を100としている。

また価が大きい銘柄(値がさ)の影を受けやすく、現在特に影が大きいのがファーストリテイリングソフトバンクファナックである。ちなみにファーストリテイリングユニクロ下に持つ持株会社である。

日経平均への影響が大きい銘柄

2018年12月28日現在1位ファーストリテイリングだけで約10%、上位10銘柄だけで約33を占めている。

  1. ファーストリテイリング(9983)
  2. ソフトバンクグループ(9984)
  3. ファナック(6954)
  4. KDDI9433)
  5. ユニーファミリーマートホールディングス8028
  6. 東京エレクトロン8035
  7. テルモ(4543)
  8. ダイキン工業(6367
  9. 京セラ(6971)
  10. セコム(9735

最高値・最安値

終値ベースは一日の取引が終了した時点での値、ざら場ベースは取引時間中につけた全ての値を対にする。

終値ベース

史上最高値
38915円87銭(1989年12月28日
史上最安値
8525銭(1950年7月6日
バブル崩壊後最安値
705498銭(2009年3月10日

ざら場ベース 

史上最高値
3895744銭(1989年12月28日
史上最安値
???(1985年3月23日までは終値のみの算出でざら場ベースデータがない)
バブル崩壊後最安値
699490銭(2008年10月28日

日経平均株価の大まかな歴史

黎明期

1950年9月7日、日経平均株価算出開始。当日の終値は11082銭だった。

朝鮮戦争の特需による好気で価はしばらく上昇を続けていたが、次第に実体経済とかけ離れていき、スターリン死去(スターリンショック)によって日本は暴落、戦後初のブームは終息した。

かしこの時代はなんやかんやありながらも高度経済成長期。東京五輪が開かれた1964年には日経平均は1300円台を付けた。その後の昭和40年不況で一時的に1000円割れ寸前の準にまで下げるが、すぐに切り返して価は順調に上昇していった。

ドル・ショックと石油危機 

1971年アメリカはドルとの交換を停止。これによりブレトンウッズ体制が崩壊し、1ドルは360円から308円と大幅な円高となって価は暴落した。
しかし円高となっても企業の収益は衰えず、だぶついた資は投機へと向かった。価もバブル的な上昇を見せ、71年末には2713円だった日経平均が72年末には5207円まで上昇、最終的に5334円69銭(1973年2月20日)と、1年ちょっとで2倍に膨れ上がった。

しかし、やはりその後の固定相場制の終焉、石油危機によって価は逆V字を描く。1974年10月9日には3355円13銭まで下落した。

2度の石油危機を乗り越えた日本はこのあと安定成長期に入り、価も大きな暴落を見せることなく伸びていった。

バブル経済へ

1985年、プラザ合意。これは先進国が協調してドル安介入を行うというものであり、円相場は大幅に値上がり。現在よりも輸出に頼っていた日本経済は大打撃を受けた。
これを見た政府共投資を拡大、定歩合も引き下げ、インフレ率の低下もあいまって利は低下した。これが土地や式への投資を呼び、日本バブル経済へと向かってゆく。

1987年10月20日、前日のアメリカで発生した大暴落をきっかけに日本もつられて大暴落(ブラック・マンデー)。前日までに25746円まで上昇していた日経平均は一気に21910円まで3836円も下落した。この下落幅は現在でも史上最大である。
しかし1988年に入ると、ますます加速していた好気に乗って価もすぐに切り返し、ものの3ヶほどでブラック・マンデーによる下落を取り返した。その後も価はぐんぐん上昇し、年末には遂に3万円を突破する。翌1989年には年初に昭和天皇崩御、消費税スタートなどのマイナス材料があったが、それらをものともしない絶好調の日本経済価も天井知らずの上昇を続け、年末には38915円87銭という伝説的な値をつけた。市場では翌1990年が始まってすぐにも日経平均は4万円を突破するだろうという観測が大勢だった。

バブル崩壊

しかし翌1990年初から行きが怪しくなり始めた。年初の取引は下落で始まり、その後も前年とは一転してさえない動きを見せた。

そして3月に大蔵から通達された総量規制をはじめとするいくつかの融引き締め政策がとられ、市場は大混乱。1日に1000円以上の乱高下を繰り返した挙句、10月11日には1989年末のほぼ半値の20221円まで下落した。その後いったん持ち直し1991年は2万円台半ばで推移したが、1992年になると気低迷が明確になり日経平均は約5年ぶりに2万円を割り、8月には1万4000円台まで転げ落ちた。

失われた10年

その後の気回復の足取りは重く、バブル期のツケがまわった銀行などがつぎつぎ倒れていった。

日経平均株価は底堅く、銀行への的資注入もありしばらくは大崩れは避けていた。
2000年にかけてはいわゆるITバブルの影で日経平均も2万円台に乗せていたこともあった。しかし2000年4月17日1426円下落して2万円を割り、ITバブル崩壊、9.11テロイラク戦争など悪材料が重なって日経平均は2001年9月12日バブル崩壊後初めて1万円を割り、2002年はいったん持ち直すものの2003年には8000円を割ってしまった。

景気回復とリーマンショック・震災

2004年以降は気回復の流れが広がっていった。日経平均も徐々に値を戻し、2007年7月には1万8000円台に乗せた。

だが、今度はサブライムローン問題が表出し価は下げに転じた。そして、2008年10月にそのサブライムローンが原因となりアメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズ」が経営破綻。世界経済は大混乱に陥り、日経平均は7023円(2009年3月10日)まで暴落した(リーマン・ショック)。

その後はいったん落ち着きを取り戻し一時1万円台を回復するが、2010年ギリシャショック2011年東北地方太平洋沖地震といいところなく、日経平均は2011年3月14日から15日にかけて1600円以上下落し、再び1万円台を割り込んだ。

アベノミクス相場(2012年末以降)

2012年

2012年に入っても日本経済円高などに苦しみ、1万円近辺でさえない動きをしていた日経平均だったが、年末にいわゆる「アベノミクス」が発表されると状況は一変。2012年12月安倍政権が誕生し、円安気回復期待により日経平均は1万円を回復した。

2013年~2014年

2013年に入ると本格的な価の上昇が始まり、5月には1万5000円台まで回復。5月23日には1143円の急降下(5.23ショック)を見せ、アベノミクス相場はくも終焉かとも思われたが、その後しばらく乱高下した後11月ごろから再び上昇基調に戻り、年末には16291円まで上昇。2014年ウクライナ問題などで若干値を崩すが上昇基調は続き、終わってみれば17450円と前年の終値を上回った。

2015年

そして2015年企業業績の善や原油安によって日本には更なる追いが吹き、3月には1万9000円台を回復。そして4月10日の取引時間中には約15年ぶりに2万円台を突破、4月22日には終値が20133円となり、終値として約15年ぶり、今世紀としては初めて2万円台をつけた。
その後8月下旬に中国経済の先行きが不安視され世界的に価が下落(チャイナショック)、日経平均は一時1万6000円台まで下落するも持ち直し、19033円で2015年の取引を終えた。これで年末の終値は4年連続で上昇、1996年以来19年ぶりの1万9000円台となっている。

2016年

2016年は年初に中国経済の不安や原油安などで世界同時安となり、16000円前後で停滞していることが多かったが、トランプ大統領の就任による政策期待で年末にかけ上昇し(トランプラリー)終値は19114円とわずかながら5年連続での上昇となった。

2017年

2017年は、企業業績の善により高値をキープ6月には再び2万円台に到達、さらに10月には衆院選での与党優勢(勝利)や経済の好調もあって、新記録となる16日連続での上昇を達成しアベノミクス後の高値を更新している。年の終値は22764円で、1991年以来26年ぶりに2万円をえて大納会を迎えた。

2018年

その後2018年1月ごろまで上昇相場が続き1月23日には24124円をつける。しかし2月上旬にはアメリカ利上昇によるNY市場の暴落(VIXショック)や中貿易戦争により日経平均は2万円割れ寸前まで下落する。その後は不安定な値動きながらも反発し10月上旬には再び高値をつける場面もあったが、12月後半頃になると世界経済の減速懸念から世界同時安となり、一時2万円を下回った。結局年の終値は20014円となり、2万円は保ったものの年ベースでは2011年以来7年ぶりに下落となった。

2019年

新年アップルショックで2万円を割り込んだものの、その後は大きな波乱もなく徐々に値を上げ平成最後の取引は22258円で終えた。平成全体では約27の下落となった。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%A0%AA%E4%BE%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日経平均株価

34 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 17:11:53 ID: ghwtAU+sWS
ホントってわからんわ
35 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 00:02:38 ID: xN1a/rn1QO
おー、ガツンと来たね。
ただ、もう少し落ちるまで様子を見たいな。
36 削除しました
削除しました ID: eGUgeEHC00
削除しました
37 削除しました
削除しました ID: D334KrLu6m
削除しました
38 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 23:34:26 ID: bGdzfJj+/l
買い煽っておいて実はショートしていた説
39 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 18:41:24 ID: xN1a/rn1QO
予想通り下がったね。
今後はFRBやECBの利上げ、消費税増税と悪材料ばかりで、良い材料がほとんどいから、しばらく買い戻しせずに持っておこう。
40 削除しました
削除しました ID: kemowU6wcz
削除しました
41 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 21:06:46 ID: xN1a/rn1QO
>>40
日経平均マイナス1倍で動くETFをひたすら積み立てていた。

損切りは一切せず、利益が出るまで何年でも買い増し続けるという方針だから、そもそも損失は出ない。
初めから長期戦を予測していたので、積み立て額は少額にとどめたが、期間もあったので、それなりの額には積み上がった。

日経平均の値上がりにより損益分岐点を下げられたのは大きかったな。
42 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 19:08:44 ID: bGdzfJj+/l
>>41
インバースETFは長期的に減価するから、ほどほどのところで利確したほうがいいんじゃないかな
43 高度に抽象化された(ry
2019/05/08(水) 00:22:07 ID: U6zmplWw8e
日経平均株価ローソク足 昭和平成
タイトル:
Twitterで紹介する

急上昇ワード