禁術と呼ばれる術単語

キンジュツトヨバレルジュツ

禁術と呼ばれる術とは、ガソン・ワホ氏がRPGツクール95にて制作されたRPGである。1998年開された。

作者Webサイトは存在しないが、Vectorexitからバージョン2.0をダウンロードすることができる。

※本作に限らず、RPGツクール制作された作品全般にいえることだが、MIDIファイルが再生されなかったり、動作しないといった不具合が生じることがある。これについてはRPGツクール95作品を最近のOS(Windows 2000/XP以降)で起動する際の覚書exitを参考にしてみてほしい。

目次

概要

主人公榊原修次郎は、「封印迷宮」と呼ばれる迷宮にて意識を取り戻すも、自分の本名以外は何一つ覚えておらず、自分が記憶喪失の状態であることに気がついた。

修次郎はを続ける中で、同じく記憶喪失である神楽バルドゥス、そして人間なのかよく分からない存在・ゴレムに出会う。

失われた記憶を取り戻すため、4人(3人+1体)でを続けることを決心する。

一方、ガイムと呼ばれる謎の男は、「禁術」というの術を発動しようとしており……。

特徴

本作の最大の特徴は、キャラが歩行グラフィックとしてフィールド上に可視化されている点であろう。フィールド上を歩くキャラと衝突すれば強制的に戦闘……という「シンボルエンカウント」のスタイルをとっている。

つまり、RPGにありがちなランダムエンカウントがほとんど存在せず、敵と積極的に戦いたければ敵に当たってゆくもよし、戦闘を避けたければ敵を避けて進む……というように、プレイヤーの方針にあわせてプレイを進めることができる。

また、敵の歩行グラフィックにはE~Sの文字が表示されており(Eに近づくほど弱く、Sに近づくほど強い)ランクを見ることで敵の強さを事前に知ることができる。これによって、弱い敵だけを集中的に倒し、強い敵は後回し、といったプレイも可である。もちろん、序盤から積極的に強い敵と戦ってゆくのもよい。

また、ストーリーとは関係のないダンジョンアイテムが豊富に存在するので、アイテムコンプリートしたり、(後述する)ある敵との戦いを楽しむといった遊び要素も用意されている。

古いゲームでありながら、上記のような濃い内容を盛りこんだ作品であることから、現在でも根強いファンが存在する。

登場人物

修次郎

本作の主人公フルネームは「榊原修次郎」。封印迷宮にて記憶喪失の状態で意識を取り戻した。覚えているのは自分の名前だけで、他の情報は何一つ思い出せない。

(以下、ネタバレ

彼の正体は、ゲーム冒頭にて自転車に乗って遅刻ぎみに急いでいる学生。召喚対である神楽の近くにいたため、本来召喚されるはずではないのに、ガイムによって偶然召喚された(彼に召喚の「印」がついていないのは、彼が正規の召喚対でないためである)。

封印迷宮地下三階における神楽との会話を見る限り、楽天的な性格である。一方、人のの本棚やタンスからアイテムを盗んだり、兵士然となぎ倒したりと、非情な一面も持っている。ネタバレここまで)


神楽

若い女の子。本名は「神楽」。修次郎と同様、記憶喪失の状態で封印迷宮にいたが、フォースに助けられ、今は彼女で働いている。

(以下、ネタバレ

彼女の正体は、ゲーム冒頭にて修次郎に衝突されそうになった女の子である。ガイムによって異世界から召喚された。召喚の「印」がついていることから、彼女こそが本来召喚されるべき人間であったことが分かる。

修次郎の盗みを諫めたり、兵士をなぎ倒すのに呆れたりと、常識的な人物である。ネタバレここまで)

バルドゥス

記憶喪失男性。修次郎が作動させた魔方陣の中から、ゴレムとともに出現した。

バルドゥスという名前の由来は、今のところ不明。の生えた兜とをつけた魔王のような姿がユグドラ・ユニオンバルドゥスに似ているが、ユグドラ・ユニオンの発売は2006年なので、これを元に命名したということはありえない

実在の人物では「バルドゥス・デー・ウバルディス」「ペトルス・ロンバルドゥス」などがいるが、彼らを元に命名したのかは、筆者の知識では判断できない。

(以下、ネタバレ

彼の正体は、400年前にフィフスによって異世界から召喚された人間である。フィフスらが「異界のを取り込む術」を発動するために召喚され、に隔離された。

の中でツァラトゥースのを聞き、フィフスらを滅ぼすことを条件に、相棒レム魔王を付与される。何日間も戦い続けたが、やがて体が尽き、不利になってきたところでフォースが現れ、彼とゴレムを救い出した。

その後、彼とゴレムは封印迷宮400年間封印され、400年後に修次郎によって復活することになる。を続ける中で、にてフォースによって400年前の記憶を取り戻した。

なお、ゲーム冒頭では彼の姿は確認されないが、エンディングにて、修次郎と神楽の側にバルドゥスもいたことが確認できる。

ちなみに、エンディングで「BARUDUS. K」と紹介されているが、彼のフルネームは作中では明かされていない。ネタバレここまで)

ゴレム

バルドゥスにつき従う石の巨人のような存在。意志を持つものの、言葉を話すことができない。名前の由来は「ゴーレム」。

(以下、ネタバレ

彼(?)は、ツァラトゥースが実験に成功したゴーレムである。400年前、ツァラトゥースの命でバルドゥスに同行し、フィフスらと戦った。その後、フォースによって封印迷宮に封印された。ネタバレここまで)

ケイシー

ジャヴェールとともに大陸で名の通った男性の冒険者。の大臣が呼んだらしい。女の子と間違われるのを嫌う。

(以下、ネタバレ

彼は800年前に災厄を受けた魔導師の末裔であり、禁術の恐ろしさを教わっている。禁術について調べるうちに召喚系の魔法をほとんど覚えてしまったらしく、修次郎たちが元の世界に戻る術を唱えることを約束する。

ちなみに、エンディングで彼は「CASEY. J」と紹介されているが、彼のフルネームは作中では明かされていない。ネタバレここまで)

ジャヴェール

ジャヴェールとともに大陸で名の通った冒険者。大臣が呼んだらしい。ケイシー魔導師であるのに対し、ジャヴェールは士である。由来はレ・ミゼラブル』のジャベール警部だと思われるが、特に共通点は見当たらない。

(以下、ネタバレ

禁術について積極的に、あるときは謀に調べようとするケイシーに対し、ついてゆけていないところがある。彼自身は禁術とは関係なので、率直にいって物語の核心とはほとんど関係のない人間である。

ちなみに、エンディングで彼は「JAVEERU. C」と紹介されているが、彼のフルネームは作中では明かされていない。ネタバレここまで)

ツァラトゥース

自らをと称する存在。かつての魔導文明の名残である「」に眠っていた。名前の由来は「ツァラトゥストラ」。

(以下、ネタバレ

800年前に活躍した魔術師であり、本作の題名にもなっている「禁術と呼ばれる術」を発見した、すべての始まりといえる人物である。

800年前に「異界のを取り込む術」を発見し、それを書物に書き表した。ところが自身が病にかかってしまい、病の治癒のために間違った方法で術を発動させ、当時の魔導文明を壊滅に追いやってしまう。フォースによれば、そのときにの影を中途半端に受けたために、精がおかしくなってしまったとのこと。

最終的には、フォースによって精をゴレム体に移され、修次郎たちを元の世界に送り届けた。ネタバレここまで)

ファースト

に居座る異形の存在。セカンドサードらと関わりがあるようである。名前の由来は序数「first」。

(以下、ネタバレ

彼の正体は、800年前に「未知の」が拡散して誕生した「」の結晶体。セカンドサード人間の姿を装っているのに対し、彼は結晶体の姿のままである。なので、恐らく務には携わっていないと考えられる。ガイムの様子を偵察したり、ツァラトゥースの気配を察したりと、偵察や裏方の仕事をすることが多い。

人間の姿であるセカンドサードに対し「らも人に染まってきたな」という言葉を吐くあたり、彼は人間に対する着などはないように見える。ネタバレここまで)

セカンド

将軍である。名前の由来は序数「second」。

(以下、ネタバレ

800年前に「未知の」から生まれた結晶体。400年前にフィフスらとともに禁術を発動させたが失敗に終わり、に甚大な災厄をもたらしてしまう。その償いのために、400年間サードとともにに仕えてきた。

なお、国王が「極めて有能」と評価していることから、将軍としての評価は高いようである。住民区のおばさんによれば、「想だけど兵士から人気があるそうだよ」とのこと。ネタバレここまで)

サード

の大臣である。名前の由来は序数「third」。

(以下、ネタバレ

ファーストセカンドと同様、800年前に「未知の」から生まれた結晶体。400年前の禁術の償いのため、セカンドとともにに仕えてきた。

セカンドど同様、国王からは「極めて有能」、住民区のおばさんからは「想だけど兵士から人気があるそうだよ」という評価を受けている。ネタバレここまで)

フォース

封印迷宮の近くに住居を構える人物。封印迷宮にて倒れていた神楽を救ったという。名前の由来は英語の序数「fourth」。

(以下、ネタバレ

彼女の正体は、800年前にツァラトゥースの助手を務めていた人間である。拡散した「未知の」の影を受け、人間でありながら異形の姿を持つことになった。

400年前のフィフスらとバルドゥス・ゴレムの戦いに介入し、バルドゥス・ゴレムを逃がすことに成功、2人を400年間封印した。400年後には再び禁術を発動しようとしたサードらを説得し、「全ての解決」、すなわちを本来の状態に戻すことを提案する。ネタバレここまで)

フィフス

(以下、ネタバレ

ファーストセカンドサードと同様、800年前に「未知の」が拡散して誕生した結晶体。名前の由来は序数「fifth」。

400年前に「異界のを取り込む術」を詠唱するため、ガイムという人間融合した。最初は意識を保っていたものの、やがてガイムに体を乗っ取られることになった。ネタバレここまで)

ガイム

ゲーム冒頭に登場し、しばしば物語に関わってくる謎の男。「禁術」と呼ばれる術を発動したそうだが……。

(以下、ネタバレ

彼の正体は、400年前のリトルの七代国王ガイム王である(フォースの歴史書と、封印迷宮画から分かる)。「禁術」を発動させるため、フィフスと融合を果たした。やがてフィフスの体を乗っ取り、自らの野心のために行動し始める。

サードによれば、「恐ろしいまでの野心」を持ち、「を引き出す」ことが的らしい。

フィフスについては「人間融合しなければ禁術を発動できない」という理由があるものの、ガイムが融合を承諾した理由は作中では触れられていない。

なお、由来は不明。アンドレガイムという物理学者がいるものの、関係はなさそうである。ネタバレここまで)

???

封印迷宮一階にて修次郎にりかけてきたの存在。「私を解き放して」とるが……?

(以下、ネタバレ

彼の正体は、かつてのツァラトゥースの助手ズィーロウである。名前の由来は序数「zero」。

ツァラトゥースが800年前に「禁術」を発動させる際、異世界の者を召喚することができず、ズィーロウの同意の下に、彼を実験に使うことにした。結果は失敗に終わったが、実験後も放出し続けていた彼は、やがて強大な魔物となった。ネタバレここまで)

「禁術」

(以下、ネタバレ注意

「禁術」とは、800年前の魔導師・ツァラトゥースが発見した術である。仮名称は「異界のを取り込む術」。

この術は、異界に漂う「未知の」を取り込むための術である。

「未知の」とは火力風力といった物理的なではなく、と似た精的なでありながら、魔とは較にならぬほどの大なである(伝説巨神イデオンの「イデ」のような、と捉えると分かりやすいだろうか)。

当然、そのようなを取り扱うには細心の注意が必要であり、扱い方を間違えれば、大きな災厄は免れない。そこで、「未知の」をいかにして異界から取り込み、扱うかを記したのが、「異界のを取り込む術」である。

「異界のを取り込む術」の手順は、

  1. 異世界の生命体をこの世界に召喚する
  2. 異世界から召喚された生命体に「未知の」を注入する

の二つである。

800年前はズィーロウ異世界の生命体ではなかったために「未知の」が暴走400年前と今回は、召喚には成功したものの、「」の注入が実現しなかった。ネタバレここまで)

未知の存在

(以下、ネタバレ

本作における最強の敵であり、物語の核心であり、やりこみ要素の一つである。

HP10000、攻撃・防御・素さは1000と、ほとんどのステータスが最大値を誇る。この敵は本来倒される敵ではない(倒さなくても物語は進む)ので、このような極端なステータスに設定されている。

ただし、この敵は物理攻撃と全体攻撃魔法しか使ってこないので、回復のタイミングを間違わなければ、倒すことは十分に可である。そこで、この敵を倒すために様々な試みがなされた。インターネット上では、「未知の存在」攻略ページが色々作られているので、参考にしてみていただきたい。

※「未知の存在」は二体存在する。一体は封印の間にいる未知の存在(ズィーロウ)であり、もう一体は存在の間にいる未知の存在(制作者からのプレゼント)である。

前者を倒すと、正規のエンディングとは異なるエンドを見ることができる。後者は、大量のアイテムと、最強の敵を倒した明を貰える。ネタバレここまで)

関連動画

2010年の頃からアップロードされていた「禁術と呼ばれる術」最古の動画2012年に続きの動画アップロードされ、一年近く間をけて、2013年エンディングまでの動画アップロードされた。

最初の動画とは別の方がアップロードされている動画である。神楽バルドゥス・ゴレムの3人を戦闘不能の状態にしておき、修次郎1人でプレイを進めるという縛りプレイである。

バルドゥス1人の縛りプレイ動画アップロード者は、上の修次郎縛りプレイと同じ方である。

00:29~02:58に「禁術」に関する説明がある。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A6%81%E8%A1%93%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%A1%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

禁術と呼ばれる術

4 記事作成者
2013/07/07(日) 21:53:04 ID: IqueYOUucV
>>1
ダウンロードの件とMIDIの件について、冒頭に追記しておきました。
これでいかがでしょうか。
5 ななしのよっしん
2013/07/08(月) 14:18:41 ID: i/gm56tmN4
隠しボスや隠し魔法を探すのが楽しかったなぁ
6 動画うpしてる人
2013/07/09(火) 19:17:41 ID: hFhq9EjMBm
>>4
速の対応ありがとうございます
禁術動画もっと増えるといいなあ
7 ななしのよっしん
2013/10/08(火) 22:46:05 ID: gHU3yH+Gy4
みんなでやってたなあ。懐かしい。
8 ななしのよっしん
2016/04/26(火) 15:04:10 ID: Jr7EfTqSpc
記事が作られているとは!
なつかしいな、楽しかった
またやりたくなってくる
9 ななしのよっしん
2016/09/04(日) 00:01:29 ID: gHU3yH+Gy4
Win8.1では起動できないっぽい
10 動画うpしてた人
2016/09/29(木) 17:32:45 ID: hFhq9EjMBm
Windows10にupdateして数ヶ
久々に起動してみたらスクリーンモードで操作できませんね
十字キーだけ入を受け付けていて、他のキー操作とクリック
(起動時のフルスクリーンなら問題なく操作可
ただ、自分の場合録画はアマレココ使ってるんですがフルスク非対応で……

上げた動画コメントもらったりもしてるので次の制限プレイもやらなければとは思うんですが、プレイ環境が整うまで今しばらくお待ちください……
11 動画うpしてた人
2017/01/19(木) 09:28:47 ID: hFhq9EjMBm
……と思ったんですがサービスいじってたら治りました
ただのおま環だったようです
デマ流してすいません
動画シリーズはそのうち再開します
12 動画うpしてた人
2017/01/19(木) 12:18:01 ID: hFhq9EjMBm
あとAmareccoフルスク非対応ってのも自分の勘違いでした
ウィンドウ左上に設定すればフルスク撮れるんですね……
ガセ流してすいません
13 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 02:04:10 ID: gHU3yH+Gy4
最少戦闘回数クリアプレイ動画作ろうと思ってテストプレイしたら、で詰んでしまった……

急上昇ワード