路地裏単語

ロジウラ
2.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

路地裏とは、建物の間のロマンある風景である。

裏路地と呼ばれる場合もある。

概要

路地裏とは…

  • 表通りから入り込んだ(路地)をさらに入り込んだもの。
  • 通り抜けられるが、幅が狭いものをす場合が多い。
    • 自動車はすれ違いはおろか、通行する事すらままならない幅もしくない。
    • バイク自転車においても、転回する事が難しい場合もある。
  • 都心部においても、繁の裏などによく見られる。
  • 古い並みや、再開発や区画整理されていない地域や時代においてはよくある。
  • 民家や店の裏口や雑多な配管、室外機、普段使わない物品が置かれている場合も多い。
  • お店が出ている場合もある。既に潰れている場合もあるが。
  • あまり行政の管理のが行き届かない環境
    • 汚れていたり、時代に置き去りにされたような風景が残っている場合も多い。
    • 整列や整然がなく、傾いていたり倒れていたり雑多に置かれた物品や構造。
  • 海外ではスラム貧民街)の徴として映されたり、付近の住宅街が同様の状態になっていたりする。

※他にもあれば追加してください

「店が沢山ある路地裏もあるよね?」と思った方
幅の狭いものは、次項の 横丁 と一緒にされる場合もある。

似ているもの

  • 路地
    • 建物建物の間の狭い
    • 一般的な住宅街など。が通れる場所も多い。
    • 場所によってはが通れず、路地裏のように狭い地区もある。
    • 路地裏はこれのさらに裏、一本入ったところといった意味合いが大きい。
  • 横丁
    • 表通りからひとつ横に入ったもの。
    • 人通りがあったり店などが並んでいる場合も多い。
    • 施設においては居酒屋や専門店などを集めた通路をす場合もある。
    • が通れない幅の場合、路地裏と一緒にされる場合もある。
      • 通りに面した路地裏もあるため、あまり神経質に区別する必要はないかもしれない。
問題点

よくある(?)もの

民家
店舗・業種

※他にもあれば追加してください

魅力

※他にもあれば追加してください、ってください

フィクションにおける路地裏

アウトローな雰囲気も併せ持つため、様々なシチュエーションに用いられる。
現実、時代、ファンタジーといった世界観を問わず登場させやすい汎用性がある。

  • 要人物の出身、居住地。
  • 秘密の場所。
  • 近隣の子供の遊び場。
  • に付きづらい環境を利用した展開。
  • 狭所での環境を利用した展開。
    • 不意打ち、待ちせ、近接戦闘(→CQB)など。
  • 路地裏にて出会う不思議な人物や出来事、人間模様。
  • 興味本位に立ち寄る変な店、隠れた名店。

※他にもあれば追加してください

関連動画

路地裏に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

路地裏

1 ななしのよっしん
2022/09/24(土) 03:22:44 ID: osH9W9Akm+
路地裏路地表
👍
高評価
0
👎
低評価
0