GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動単語

グラヴィティデイズジュウリョクテキメマイジョウソウヘノキカンニオイテカノジョノナイウチュウニショウジタセツドウ

少女は、に落ちる。”



GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』(『GRAVITY RUSH』)とは、重力アクションアドベンチャーゲームである。

2012年2月9日PSVITA専用ソフトとして税抜5,695円(ダウンロード版:4,900円)で発売開始。
2015年12月10日にはグラフィックが大幅に強化され60fps対応となり全DLCを収録したPS4版が税抜5,900円(ダウンロード版:5,292円)で販売されている。

2017年1月19日には続編『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』がPS4専用ソフトとして発売された。

概要

SCEジャパンスタジオによって開発された新感覚のアクションアドベンチャーゲーム

重力を自在に操る少女「キトゥン」を主人公として、フレンチコミックの独特のタッチを持つ世界を冒険する。
オープンワールド形式を採用しており、に見える範囲はシーレスにどこへでも行くことが可

最大の魅は“重力操作”。天井やビルの外を地面にして走ったりと、横の広さだけでなく縦にも広がったステージキャッチコピーの通り「に落ちる」といった感覚で縦横尽に駆け巡ることが出来る。

VITA初期に発売されたオリジナルタイトルであり、細かな粗はあるもののゲームとしての完成度は高く、
ジャイロセンサーフル活用した新なアクション性、有機ELディスプレイで描写される美しいグラフィック
主人公キトゥンのらしいキャラクターなどは内外で好評を得ている。

そしてVITA版発売から3年経過後、続編の開発も視野に入れPS4版が発売された。
新要素はギャラリーモードの追加程度であるがVITA版で配信された全DLCを収録しており、
PS4ならではの高精度なグラフィックと向上した操作性、ロード時間の短縮などによりこちらも評価は高い。

難航した開発 ~据置機から携帯機へ~

本作はかなり難産だったタイトルでもある。

元々PS3用に開発が進められていたタイトルだったが、急遽社命により新携帯機への開発移行が決定。
当時はまだVITAという名称すら決まってない時期であり、ハードの影も形もないまま開発を進めていかなければならず、プログラマー横川く「をつかむような状態」だったという。

更に体制を立て直すため開発チームが縮小。先述の横川氏含めてプログラマーが2人しかいないという危機的な状況に陥ったことさえあるという。(最終的には15人に持ち直した模様)

先の読めないスケジュール、新携帯機の基礎研究と同時進行で行われるソフト開発、不安定な開発環境など問題は山積みであった。…が、それでも本作が完成度の高いタイトルとして世に送り出された背景には、部門毎でを作らず積極的に意見交換を重ね高いパフォーマンスを発揮したスタッフ達の尽があった、とプロデューサー五十峯氏は話している。

ストーリー

巨大な円柱を取り囲むように築かれた都市“ヘキサヴィル”。

この都市は「重力」の脅威により、壊滅の危機していた。

そんなある時、ヘキサヴィルの旧“オルドノワ”にて一人の少女「キトゥン」がを覚ます。

重力「ダスティ」との出会いを経て「重力使い」となったキトゥンは、を守るために奔走する。

様々な困難や敵との戦いを経て、やがてキトゥンは強く成長し、世界を取り巻くの核心に迫っていく…。

登場人物

ラビティ・キトゥン
本作の主人公
ヘキサヴィルに着く以前の記憶を失っている。重力「ダスティ」のにより重力を操るを手に入れる。
CV小林沙苗
ラビティクロウ
もう一人の重力使い。
の人々を助けようとするキトゥンの前に立ちはだかる。重力「クスィ」を伴い圧倒的なを見せつける。
CV木下
シドー
ヘキサヴィル警務隊に所属する警務官。
調子者でキトゥンを様々な事件に巻き込むトラブルメーカー
CV四宮豪
エイリア
ヘキサヴィルで暗躍している怪盗
冷酷かつ狡猾な手口で警務隊とキトゥンを翻弄し、その絶望を楽しむような余裕を見せる謎の男
ゲイ
「創造」を自称する老人。
キトゥンに重力み込まれたの奪還という使命を与える。
CV高岡瓶々
アキ
の一に住む占い師。
託のによって、記憶を失っているキトゥンの未来に助言を与える
CV野潤子
ユニカ
対ネヴィを的とした特殊部隊機械化兵。
体内に重力微子機関を搭載しており、あらゆる軍用機器を圧倒する力を持つ。
CV場沙織

他ゲームとの関連

続編『GRAVITY DAZE 2』について

2013年9月19日に開催された東京ゲームショウにてメッセージトレーラーが上映され、後にプレコミュディレクター外山氏によりこの映像が『GRAVITY DAZE』の続編であることが明かされた。

2015年9月15日シリーズ完結編『GRAVITY DAZE 2』が正式に発表。
当初は2016年12月1日に発売を予定していたが、延期となり2017年1月19日に変更されている。

スタッフ

受賞歴

関連動画

<PSVITA版>

<PS4版>

関連静画

関連商品

関連チャンネル

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/gravity%20daze%2F%E9%87%8D%E5%8A%9B%E7%9A%84%E7%9C%A9%E6%9A%88%3A%E4%B8%8A%E5%B1%A4%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%B8%B0%E9%82%84%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%81%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%98%E3%81%9F%E6%91%82%E5%8B%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

307 ななしのよっしん
2017/02/23(木) 02:03:39 ID: SN17QP1RR1
うわーサントラにキトゥン版のリンゴの唄が入ってないってマジかよー。
あれをフルで聞くこと当てに買おうと思ってたのに。
うーんどうするか…
308 ななしのよっしん
2017/02/27(月) 12:48:56 ID: L/EJa5fAOV
やっと2の記事ができた…。遅れて申し訳ない。
309 ななしのよっしん
2017/02/27(月) 20:26:18 ID: SN17QP1RR1
>>308
いやいやマジでした。
分かりやすいし見やすかったです。
310 ななしのよっしん
2017/07/21(金) 18:19:51 ID: BA0+GD68k0
飛んでるんじゃない、落ちてるだけだ。
311 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 14:07:26 ID: FWIk+SNlzd
最近プレイしたけどエンドオブエタニティの続編も出してほしくなってくる
BGMとか、下の方がすぎる世界観とか、ちょっとおバカノリとか
両方とも重力自在に操ってるし?
312 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 20:04:05 ID: iymkmqgWSl
外山圭一郎ウィキペディアまだ〜?
313 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 19:06:20 ID: vZkjvcoD+t
360度に落ちる変態もとい少女
314 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 12:01:40 ID: iK5TvmxmgY
いが異次元バイタルゲットレースにこのゲームの不愉快な要素が凝縮されてる気がする
315 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 19:08:34 ID: ZSPYyZv8IC
最初の公園の行き方がわからない・・・
316 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 19:34:58 ID: kwi3REVffF
1クリアしたので記念カキコ
伏線散らしまくりの続編作る気満々エンディングワロタ
伏線未回収に関しては何が何でも続編にこじつけるっていう意図もあったのかもしれないが難産タイトルだったこともあるのかな
2では綺麗に完結してるらしいからとりあえず1のやりこみをある程度やってから続編プレイする

急上昇ワード