編集  

M14単語

エムイチヨン

M14とは、

  1. 14番の製品や発見物に付けられる品番、コード
  2. アメリカ合衆国のスプリングフィールド造兵が開発した自動小銃。スプリングフィールドM14。本稿で記述する。

概要

 1950年代後半、アメリカ合衆国軍がそれまで小銃としていたM1ガーランド自動小銃を置き換える為、アサルトライフルとして開発された自動小銃である。また、当時のアメリカ軍における標準的な歩兵用小火器であった、M1カービンM3サブマシンガン、ブローニングM1918等を統合する役もあった。

 精度、威、信頼性、耐久性には定評のあったM1ガーランドベースに、弱点であった8発クリップの給弾機構を20発の弾倉に置き換え、使用弾薬30-06(7.62×63mm)から若干弱装化した.308ウィンチェスター弾薬(7.62×51mm・7.62mmNATO弾)に変更し、フルオート機構が搭載されている。

運用(~ベトナム戦争)

 アサルトライフルとして開発、生産、配備が行われた本であるが、使用する.308ウィンチェスターは、ベース30-06とべ10mm以上莢が短縮されているとはいえ、非常に強弾薬を使用し、絶大なストッピングパワーを生み出していたが、下方向に曲がった床(曲床)もあいまって従来の小銃と変わらない強反動を産み、手数を増やす事はできず、フルオートに至っては使い物にならないレベルの物であった。また、全長、重量もM1ガーランドに準拠した長く重い物であり、取り回しも進歩していなかった。

 特に初の大量投入先であったベトナム戦争において、「較的コンパクトで取り回しが効き、十分装減らした弾を使用しておりピストルグリップとかついててそれなりに連射できる」本格的アサルトライフルであるAK-47を装備した北ベトナム軍との戦闘でその弱点が顕著に現れ、長所であるストッピングパワーも、ジャングルでの戦闘には不要のものであった。その為、アサルトライフルとしての運用は不可能と判断され、配備々にしてM16小銃の座を渡す事となった。

 M16に交換された、M14の多くは解体、破棄され、未使用のものも一部狙撃用や、行事用に使用されたが、大部分が解体又は友好へ払い下げられ、倉庫に死蔵されることになった。

運用(~アフガニスタン戦争)

 時はおよそ30年が過ぎ、東西冷戦はすでに終焉を迎え、アメリカ軍は相手にするのは、アフガニスタンイラク等となった。

 上記のような地域で攻撃し合うのは砂漠の上が多くなり、ジャングルとは違い遮蔽物も少なく見通しが良いため、長距離で攻撃しあうケースが増えることになった。相手が持っているのはもちろんAK-47。装填しているのは短くなっているとはいえ「7.62mm弾」。M16が装填している「5.56mm弾」では長距離では不利であった。また、複雑な動作方式で精密機械であったM16砂漠の砂には耐えられなかった。

 精度、威、信頼性、耐久性があって、7.62mm弾が発射できるがあればなぁ…。と考えたら倉庫にあったんですよ。倉庫に死蔵されていたM14が。

 そんな感じかどうかは定かではいが、アフガニスタン戦場M14は送られることになり、そのストッピングパワーで有用な働きを見せることになった。M14は再び戦場に姿を見せたのである。

その後

 M14の信頼性と7.62mm弾のパワーを再評価したアメリカ軍ですが、さすがに30年以上前のをそのまま使用するわけにはいかず、近代修計画を行い、M14に様々な修を施したモデルが実戦に投入される事となりました。

 M14は、アサルトライフルとしての運用は不可能ではあったが、大口セミオートライフルとしては優秀な性を持っており、マークスマンライフルスナイパーライフル)や射撃熟練者や特殊部隊向けの装備として運用されており、各仕様や任務にあわせた専用のカスタムモデルパーツも開発されている。
 現在では、解散したスプリングフィールド造兵ブランドを引き継いだスプリングフィールド・アーモリー社が、民間向けセミオート限定モデルM1A」の製造を続けている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/m14
ページ番号: 4781536 リビジョン番号: 2499689
読み:エムイチヨン
初版作成日: 11/12/12 02:42 ◆ 最終更新日: 17/06/15 12:36
編集内容についての説明/コメント: 関連項目「銃器関連項目の一覧」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

M14について語るスレ

41 : ななしのよっしん :2015/06/27(土) 03:48:30 ID: xIoX9NdT/Z
>>28
http://www.ar15.com/ammo/project/Misc_Images/DocGKR/40052-MilitaryAssaultRifleWPcopy.jpg
ついでにロシアの5.45mmや7.62mmなんかは距離によっては
>>28が言ってた現が実際におきてて威不足が問題になってるみたいだぞ5.45mmなんかは特に
42 : ななしのよっしん :2015/08/10(月) 19:41:35 ID: RmtGA30xcH
>>39
セミオートでしか(まともに)撃てない」って意味じゃね?
まあ実際FPSゲームではM14セミオート限定なのも多いけど
43 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 16:25:01 ID: gjsvvXZZDB
マークスマンライフルとして採用されたm14は大体セミオートオンリーだぞ。
44 : ななしのよっしん :2016/09/05(月) 20:17:34 ID: T+G/9ZrtKr
まぁフルオートはあっていようなもんやし
45 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 10:18:29 ID: gjsvvXZZDB
ベトナム「最近の戦闘って600mでの交戦とかあんまりないよね。大体200mぐらいだし、の有効射程も200mでいいよな!」

アフガン「やべぇ! 猟銃持ち出されたらこっちのが届かねぇ! 200mじゃ足りねぇ!」

アメリカの思い切りの良さが裏に出た一例。
46 : ななしのよっしん :2017/03/06(月) 01:32:06 ID: ooKBSaIKr1
>>45
残念ながら5.56mmに限らず5.45mmとかの現在使われている小口径弾は200mじゃなくて500mから600mぐらいまではある。
というかベトナムで使われた5.56mmであるM193弾と後にNATO標準弾薬になったM855はかなり性質が違うし、そもそも5.56mm等の弾薬は近距離だけを想定したものではなく遠い距離では弾道から狙って撃てて、近距離では小さい反動を生かしてばら撒く事のできる弾薬でして。
5.56mm自体の問題でなくアサルトライフル弾薬自体が問題としか。
そもそもその情報すら出所不明という…
47 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 15:24:10 ID: gjsvvXZZDB
>>46
小さい反動を活かしてばらまく近距離ってどんな距離だよ。戦経験者の中には「フルオート? 一度も使ったことがないぜ」って人間もおるんやで。

狙える距離と殺せる距離は全く別。5.56mmは200mも離れると弾頭が砕けなくなって殺傷がガタ落ちする。じっくりゆっくり急所を狙い撃てる状況ならともかく、この距離での撃ち合いには向かん。
48 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 02:43:36 ID: lenfoC9Euj
デイライツエンドって映画ではえらく快調に作動してたなぁ。
ちょうど東京マルイ電動ガンM14SOCOMみたいな長さの身とフロントサイトの位置で、身にはショートサイズサプレッサーつけてフレーム上にはエイムポイントM2らしきドットサイト
マガジンにもマグプルと近代化されまくってんのに普通の木製ストックピストルグリップバーチカルフォアグリップなんて付いてやしない男臭いスタイルが近頃の映画では見ない迫があって・・・
EBRいらねーな!?とか勝手に思った(笑)
49 : ななしのよっしん :2018/08/05(日) 15:24:47 ID: 8A/WOjK0DP
M14って、FN-FALG3べて劣っていたんだろうか?
50 : ななしのよっしん :2018/09/03(月) 17:41:15 ID: wZ/ahsFWmJ
そんな明確に劣ってはないと思うけどな
機関部はのちに制式採用狙撃銃に使われてるくらい良精度だし
連発時における非ピストルグリップの制御の難しさぐらいじゃない
重い重い言われてる重量もFALより200g、G3より100g程度重いだけだし
ただライフルトックだと同じ重さでも重く感じるのは電動ガン持ってると思ったかな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス