J-10単語

ジェイジュウ

J-10(中国側名称『殲撃10』)とは、中国人民解放軍が所有する戦闘機である。

歴史

「なんかF-16っぽい」「イスラエルの試作戦闘機ラビっぽい」とよく言われるが実はこれらの戦闘機劣化コピーパクったということはなく、少なくとも外見はオリジナル中国独自技術による戦闘機

開発の歴史を紐解くとなんと1965年開発開始の『J-9』(中国側名称『殲撃9』)から始まる。

1960年代にソ連と仲が悪くなった中国はそれまでのソ連飛行機ノックダウン生産やOEM生産ができなくなり、自オリジナル飛行機の開発を余儀なくされてしまう。 中国は製造に際し一部部品を輸入に頼っていたMig-21全自国生産するべく部品の内製化に務める一方、そのMig-21の後継機の開発を決定する。こうして計画されたのがJ-9で、このときの計画で既に先尾翼デルタの原が作られていた(ただし空気取り入れ口は胴体横)。J-9は何度か中断しちゃ開発を繰り返し1970年代後半まで開発を続けていたが、結局エンジン開発に失敗し頓挫した。

もうひとつ、1970年代より開発が始まった『J-13』(中国側名称『殲撃13』)が存在する。Mig-19の後継として開発が進められ、形状はF-16そっくりのプランサイドインテークプランが検討されたが、こちらもエンジン開発に失敗。また当時Mig-21を双発エンジンにする計画(後のJ-8とJ-8II)が進んでおりそちらの開発を優先するためこの計画も破棄された。

言うまでもなく、この開発の際得られたデータこそ後のJ-10開発に生かされるのである。

1984年。さすがにMig-21や19ではフランカーやらファルクラムやらイーグルやらに勝てないと考えた中国は何度かの新戦闘機の開発を示する。中国開発は上記のJ-9やJ-13の開発データを元に開発を始めるが、やっぱりエンジン技術がネックとなってきた上第4世代戦闘機の肝であるフライバイワイヤの技術が中国には全くなかったのである。そしてお約束の頓挫……になるはずだったのだが転機が訪れたのは1990年代ソ連が崩壊しエンジンロシアから売ってもらえるようになった事。そしてアメリカチャチャ入れのせいで開発が中止したイスラエル戦闘機ラビ』の技術者の招聘に成功[1]したことにより一気に開発が進んだのである。 こうして1998年、J-10は初飛行。2003年ついに実戦配備にこぎつけた。

概要

サイズ的にはF-16と同等の第4世代戦闘機。武装搭載量は5.5トンとこちらもF-16と同等。但し航続距離は3,000kmといわれており、ずいぶん短い。お値段は2,800万ドル(約25億円)でF-16(1,800万ドル)より高め。現在人民解放軍軍及び航空隊に配備されている。

初期F-16Aと同等らしい……え゛?日本韓国にいるのは最新F-16C/Dですよ?

( `ハ´)<わ、わかってるアル! だからレーダーエンジンを強化したJ-10Bを鋭意開発中ある!

…というわけで、くも2009年頃にはであるJ-10Bの飛行試験が始まっている。

J-10B

J-10とJ-10Bの外見上の最大の相違点は空気取り入れ口のDSIダイバータレススーパーソニックインレット)化である。DSIアメリカF-35などにも採用されている技術であるが、界層分離をなくして空気取り入れ口を固定化し、音速域での高速性をやや犠牲にする代わりにシステムの軽量化、高信頼性化及びRCSの軽減を図るものである。中国はこのDSI技術を輸出用戦闘機の開発を通じて独自に取得したと考えられている。

その他、電子学/赤外線による捜索追尾装置の搭載、電子戦機材の追加に伴う垂直尾翼の形状変更、レーダー更新などが行われていると考えられるが、具体的な搭載レーダーとその性などはまだ不明である。エンジンに関しては試作5号機からロシア製のAL-31FNに換えて産のWA-10Aエンジンを搭載しての試験が行われている。なお、試作5号機ではエンジンの換装に合わせてかエアフレームにも若干の変更が加えられている模様。

今後の配備状況は今のところまだ不透明だが、人民解放軍が急ピッチで技術の産化を進めていることは明らかであり、今後もJ-10Bの開発状況は注されるであろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *公式には否定している。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/j-10

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

J-10

30 ななしのよっしん
2018/11/08(木) 22:56:27 ID: 4tbXQtDfMB
エアショーTVCノズル搭載機が見事なポストトール機動を見せてくれましたね
31 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 10:23:12 ID: Pvnx+dNLpV
記事はJ-10B配備手前で止まってるけど今はJ-10Cの配備が始まってから随分経ってるしJ-10Dの話もある
32 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 06:07:53 ID: GDs3593pFz
元々はJ-7(ラor中国産MiG-21)修案として、瀋陽飛機設計研究所で双発案のJ-8原案とサイドインテーク案のJ-9原案(この時は単発J-8的なの)が出て、単なる双発化のが現実的だとして64年くらいに没ったほう。
ただその後も研究自体は進められて尾翼デルタ(J-9Ⅴ案)になったりして60年代末期には案と呼ばれるエンテになった。

また、同時期に瀋陽がJ-8の設計開発で忙しくなったので1970年に成都飛機設計研究所(J-10J-20作ったとこ)に移管される。

60年代末~70年頃はJ-7の生産停滞(文革のせい)や旧式化したJ-6/MiG-15の後継なんかあって
・瀋陽J-11と南J-12(Su27ではない/共に69年開始)
・少し遅れて二号任務(MiG-23の固定verみたいなの、1980年にJ-13と称)
ターボファンエンジンWS-6
なんかも計画や開発がされるんだが、1970年以降文化大革命(1966-76+1)の影がこれらの開発にも及ぶようになり軒並み停滞。かろうじてJ-12だけが中華人民共和国初の純産開発ジェット戦闘機として70年の年末に初飛行するも性は芳しくなく、「エリアルールの採用が資本主義的であるとの批判がされた」という噂まである有様。
結局J-11共々文革終息後に普通近代化されたJ-7作れるようになったり10年越しにJ-8を全化して量産できたのでお払い…。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
33 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 07:11:19 ID: GDs3593pFz
またJ-9やJ-13への搭載をして開発されていた実機製造まで漕ぎつけていたWS-6エンジン84年に開発中止となった。(同時期にレーダーミサイルも同様)


と一旦命脈を絶たれたかのように見えたJ-9だったが、鄧小平革開放期の1982年中央軍事委員会は新しい戦闘機(新歼?)についてMiG-23やJ-8以上、F-16に追いつくことをすことを針とする等の方針を示し、成都J-9と瀋陽J-13(81年に同様に休止していた)が復活。
84年には通常方式を瀋陽・エンテを成都・可変後退を南にそれぞれ案を出させ、この時のコンペの勝者となったのが後の成都J-10となるJ-9J01方案と呼ばれるものだった。
82年に出されたJ01方案はこれまでのJ-9-3案までに共通していたサイドインテーク部にショックコーン(?)を備えたインテークを配置したものである。(J-13もインテーク部配置に変更し、よりF-16らしい外観に)
J01方案(後にJ05)はインテーク配置の変化により全高が増し胴体形状は大きく変化したものの、形状や動など随所に中止以前のJ-9から引き継いだ特徴が見られ、ベントラルフィンの有を除けば今日J-10に非常に近いものであった。

1986年1月、この機体を第10号行程、即ち歼(殲)ナンバー10番の機体とすることが正式に決定された。
またこのような経緯から成都飛機にはエンテ機設計開発に関する研究と蓄積があり、後のステルス戦闘機J-XXコンペにおいても瀋陽がJ-8ACT(カナード搭載CCV試験機)同様の3サーフェス方式案を出したのに対し成都はエンテ案を出し採用。
後に巡り巡ってJ-20として開発・制式採用されることとなった。
(J-31はJ-XX提出案を見直し小化した元々内導入予定のない社内開発機)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
34 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 16:08:01 ID: kl8R4uDCEo
ラヴィでぱくったのはフライバイワイヤの基本のみといわれてるのに、なまじ似てるだけにパクリパクリ言われる不憫戦闘機
重要なのはこの戦闘機パクリでも何でも『実戦配備』したことだというのに。
35 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 03:07:44 ID: 4tbXQtDfMB
そもそもラビのカナードは制御カナード、J-10は揚カナードで機体の重心設計からしてかなり違うし、ひと回りかふた回りほど機体規模も異なるので、基本レイアウト以外はかなり別物なんですよね
その上B型、Cへの変更点も加えると、仮にラビベースだとしたらF-16F-2どころじゃないレベル魔改造っぷりという事に
36 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 16:49:23 ID: vDIcWnkWw3
イスラエルで没ったラビの設計者を中国が呼んで作った機体
と長らく覚えてたので、ラビベースじゃないというというのに
ちょっと衝撃を受けた。
まぁ、コピーじゃなくて、良とかされてるんだろうな
見たF-16というよりタイフーンぽいしという
感じだったんだけど、そもそも土台じゃないんだ……
37 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 16:42:32 ID: VSiHN2jF72
西側という言葉が古いかもしれないけどこっち側の情報べてあっち側の情報は予想が、いつのまにかマニアの間で事実みたいになっていることが多々
原因の1つが中国兵器コピーばかりという偏見が専門の間でも多いこと
似た事は過去内、外では現代も続く、自衛隊兵器に対する評価
一部の技術や機材の出所が実際にコピー元とされてしまう兵器だったりするのが複雑な錯綜を生む
J-10戦闘機でも誤情報に一部の正しさが混じっている話が多い
38 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 19:23:00 ID: qHvaT8T7kz
エンジン単発だけどタイフーンそっくりですよね。
中国は進歩がどうなってるんだと思うぐらいい。
39 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 11:51:00 ID: kl8R4uDCEo
>>38
デザインそのものは1970年代にはもう確定してたんやで。エンジンの問題でずっと漬けになってたけどな。
1990年代になってロシアイスラエルに技術が入ってようやく実現できたんや。

急上昇ワード