キョウエイボーガン単語

キョウエイボーガン

  • 23
  • 0
掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(23)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キョウエイボーガンとは、1989年まれの日本の元競走馬である。
たった一日、"あの日"に大勢の人間感情論に翻弄され、紆余曲折の末数奇な運命を辿ったとして知られている。

な勝ち神戸新聞杯GII)、中日スポーツ賞4歳ステークス(現ファルコンステークスGIII)
齢は全て旧表記)

概要

生まれてから"あの日"まで

1989年4月27日、この世に生を受ける。はテュデナム、テスコボーイ母親であるインターマドンナはキョウエイボーガンの出産を最後に用途変更・用となり、キョウエイボーガンは生まれてすぐを失った。彼自身の血統は三流ではないが決して一流でもない、地味で小柄な調教を見るものがく、1991年11月の新戦でデビューするも人気の3頭からやや離された4番人気であった。だが、キョウエイボーガンは躍動した。スタート直後あっという間に先頭につくと、そのままあっさりと1400mを逃げ切ってみせた。

その後2戦を走るも控える競馬で大敗を喫し、更に膜炎を発症する不運に見舞われる。だが4ヶ後の1992年5月に復帰すると、あれよあれよという間に条件戦から中日スポーツ賞4歳ステークス神戸新聞杯まで一気に逃げ切り4連勝、晴れ重賞仲間入りを果たした。この快進撃でキョウエイボーガンは本格的にクラシックGI・菊花賞すことになり、それを見据えてもう1戦、京都新聞杯GII)にも挑戦する事になった。だがこのレースはとんでもない強敵の出走が決まっていた。

ミホノブルボン

彼は坂路によって鍛え上げた脚を活かした逃げで、追いすがる他をことごとく叩き潰して敗のまま皐月賞日本ダービーを制した。そして彼もキョウエイボーガンと同じく菊花賞に出ようとしていた。三冠敗の二冠と、重賞2勝と急成長中の上がり。同じ逃げの両者が突した京都新聞杯は――あっけなくミホノブルボン逃げ切り勝ちで終わった。キョウエイボーガンが最初から2番手に控えたからだ。もちろん菊花賞に向けての実験的な作戦であった事に間違いはないのだが、あまりにもキョウエイボーガンが脆かった。調子が狂ったのか々と行き脚が鈍り、10頭中9着という大敗を喫してしまった。

キョウエイボーガンは、逃げであった。
後ろに控えると走る気をくしてしまう。
逃げなければ勝負にならない。
京都新聞杯の結果を見て、営のは決まった。
ブルボンに先頭は譲らない」
レース前から、そう宣言した。

そして、"あの日"はやってきた。

"あの日"

1992年11月8日菊花賞(GI)。
この日京都競馬場は、ミホノブルボン敗での三冠達成を見届けようと多くの競馬ファンが詰めかけていた。単勝は1.8倍の圧倒的1番人気。2番人気は着々と実を付けてきたライスシャワー。キョウエイボーガンは……大きく離された11番人気であった。4連勝はあったにしろ前走での大敗が尾を引いていた。ゲートが開き、18頭が一斉に飛び出した。ミホノブルボンが先頭に出ようとした時、外側からにも留まらぬスピードで追い抜いていくがいた。

キョウエイボーガンだった。

キョウエイボーガンが後続を引き離して逃げる形になり、一週スタンド前を通り過ぎようとしていた。だがここで異変が起きた。ミホノブルボンがおかしい。いつも冷静なレース運びをしていたミホノブルボンが、果敢に前を逃げるキョウエイボーガンを見て掛かってしまい、猛に追いかけ始めたのだ。2頭がハイペース逃げ続け、縦長の展開のまま向こう正面を過ぎ坂を下り始めたところで、先にキョウエイボーガンの脚が鈍った。ミホノブルボンに追い抜かれたキョウエイボーガンは、そのまま群の中に沈んでいった。

レースの結末はというと、逃げミホノブルボンゴール手前でライスシャワーが急襲しそのまま先頭で駆け抜けた。ミホノブルボンは掛かって冷静さを欠いたことで最後は明らかに脚色が鈍り、ゴール直前でマチカネタンホイザにもかわされ辛うじて差し返したものの2着がやっと。キョウエイボーガンは……16着に沈んだ。その直後の京都競馬場の異様な空気は(ミホノブルボンライスシャワーの項でさんざん説明されているが)相当なもので、悲鳴、罵、落胆、嘆息、全てが入り交じったどよめきに包まれていた。

ミホノブルボン敗での3冠を楽しみにしていた競馬ファンからっ先にやり玉に挙がったのは菊花賞を勝ったライスシャワーだった。しかし皐月賞から菊花賞までに徐々にミホノブルボンに詰め寄っていった彼の実は決して伏兵などではなく実の一頭であったし、事実快に差し切ってレコード叩き出した競馬は圧倒的であった。『強い競馬で勝った純然たる菊花賞』であるライスシャワーはその後世間のブーイングを受けつつも「刺客」「悪役」として人気が出ることになるが、その一方でファンマスコミに大々的にし上げられたのが……

……キョウエイボーガンだった。

ブルボンの先を行き、逃げ潰れたばかりに「ブルボン逃げさせなかった」「勝ちがないのに妨した」等と散々に批難され、競馬評論家には「ブルボン明らかな不利があった、だらない逃げたばっかりに……」とまで吐き捨てられた。

『くだらない』。
ミホノブルボン三冠を邪魔した』。
"あの日"、キョウエイボーガンに不名誉なレッテルが貼られた。
真剣勝負のレース
逃げが、勝つために逃げた。
ただそれだけだったはずなのに――。

"あの日"のあと

キョウエイボーガンは菊花賞の1ヶ後、芝のマイル戦・ポートアイランドステークスで1番人気に支持され2着にり、実のあるところを見せつけた。だが次のレースで惨敗後、脚の具合が悪くなり約2年も休養する羽になってしまう。ようやく1994年に復帰したが、かつてのスピードは戻らず2戦走ってまったくいいところく大敗。

その直後――世間がナリタブライアン三冠達成に沸く中、キョウエイボーガンはひっそりと引退した。その頃同期ミホノブルボンは既に種になっており、ライスシャワーは(スランプの時期ではあったものの)菊花賞春の天皇賞を制したGIステイヤーとして名を上げていた。

キョウエイボーガンは重賞を2勝しているにもかかわらず、種にも乗にもなれず、生まれ育った牧場に戻る事もく、そのまま用処分と決まった。用のを大量に預かる兵庫県牧場に移送され、あとは出荷されるのを待つだけ……重賞を2勝し、菊花賞で懸命に先頭を走っていたキョウエイボーガンの命はもうすぐ消えようとしていた。







……先に結論から言おう。

キョウエイボーガンは、現在も生きている。

"あの日"の小さな奇跡

ある日、出荷を待つキョウエイボーガンがいる牧場に一人の主婦が現れた。
岡山県から来たというその主婦は言った。

『キョウエイボーガンを買い取りたい』と。

彼女競馬にあまり詳しくないごく普通主婦だった。ただ、たまたま雑誌で読んだ菊花賞特集の「母親を失ったキョウエイボーガン」が頭から離れず、"あの日"はテレビで先頭を走る彼を応援していたのだ。そんなキョウエイボーガンの姿を見ながら、唐突に彼女『このを飼ってみたい』と思うようになったという。

を飼うという行為はとても大変な事である。を飼うのとは訳が違う。世話は毎日欠かせない。運動毎日しなければ体調が悪化する。飼い葉(食料の)も毎単位お金がかかる。動き回れるぐらいの広い敷地が必要だ。例え邸だとしても都会では々に飼えない。かといって地方牧場に置くにも預託料(要するに預かり料)がかかる。とにかく膨大な手間とお金がかかる事この上ない。

しかし彼女はそんなこともお構いなしに、ただひたすらにキョウエイボーガンを飼う事だけを考えていたのである。引退の報を聞いて彼女は即座に情報を集め牧場へすっ飛んでいき、代の10万円を支払いその場でキョウエイボーガンを購入したのだった。

それから

キョウエイボーガンの新しいおうちは、高知県にある引退の養老牧場・土佐黒潮牧場に決まった。その主婦もただ買い取るだけでなく、彼に「坊」という称を付け、パートで稼いだおで預託料や発生する経費をその都度支払っている。その後は群馬県の乗クラブにお引っ越し。デビュー前のキョウエイボーガンを世話していた小島茂之現調教師が会いに行く様子が動画ニュースにもなった(現在Youtubeで視聴できる)。またNPO法人引退協会のフォスターホースとして選ばれたためそちらからも支援が受けられるようになり、キョウエイボーガンは30歳をえる現在も乗クラブに所属。高齢のため時折体調を崩すこともあるものの、インターネット企画ソフト競馬」に出演するなど元気な様子を見せている。




"あの日"、日本中から罵られたキョウエイボーガン。
"あの日"一緒に走ったライバルはみんな、天国立った。
だが、"あの日"レースを見ていたたった一人の主婦されて、
キョウエイボーガンは今もなお、生きている。


関連動画

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/18(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/18(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP