今注目のニュース
かっぱ寿司の「幻ネタ」知ってる? 100円なのにお得感すごい!
ローソンにショコラスイーツが続々登場 「CUPKE」「ホボクリム」「どらもっち」が“バレンタイン仕様”に
ハムスターが食べた後の「煮干し」に称賛! 「人間よりも綺麗」「お上品」

キョウエイマーチ単語

キョウエイマーチ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キョウエイマーチとは、1994年まれの競走馬である。その豊かなスピード桜花賞を制し、その後も短距離マイル路線を長く沸かせた女傑。

ダンシングブレーヴインターシャルマンブレイヴストローマンという血統。松岡正雄氏→松岡留枝氏。生産者は松岡氏が経営するインターナショナル牧場(門別)。東・野村厩舎所属。騎手松永幹夫秋山一郎。

概要

キョウエイマーチは生まれつき端症という病気で脚部不安を持ち、デビューさえも危ぶまれていたのだが牧場スタッフの懸命な治療でどうにかデビューに漕ぎ着けた。そしてデビューすると戦と3戦ダート距離で大差の逃げ切り大楽勝。芝のマイルでも4戦エルフィンステークスで勝利を挙げ、この時点でメジロドーベル一強のムードだったクラシックの有補と呼ばれる。そして次走の4歳特別では、阪神3歳牝馬ステークス2着のシープリンセスを7身差とちぎり捨てる圧勝。一方のメジロドーベルチューリップ賞で3着に敗れており、ここで二頭の評価は逆転する。

本番の桜花賞不良馬場となり、ダートで強さを見せる逃げキョウエイマーチにとってはもってこいの馬場。単勝人気はキョウエイマーチが2.6倍、メジロドーベルが3.4倍と二強ムード。勝ちっぷりの割りに人気が意外と落ち着いたのは、大外18番を引いてしまったこと、そして1400m以下でのあまりの圧勝ぶりにどうもマイルでも長いのではないかと見られたからであろう。マイルでは3着・1着(半身差)だったし。そんな不安をあざ笑うかのように、レースでは2番手から直線入口で先頭に立つと後は突き放す一方でメジロドーベルに4身差をつける快勝。野村厩舎とインターナショナル牧場に初GIをプレゼントした。またダンシングブレーヴにとってもこれが日本での初GIであった。しかし次走のオークスでは2.2倍の1番人気に押されたものの、さすがに距離が長すぎ逃げ潰れて11着と大敗。これを覚えておけばキングヘイローもさっさとマイル路線に行けたのに……。

休み明けのローズステークスでは、NHKマイルカップを制したマル外の怪物シーキングザパール突。キョウエイマーチには距離が長いと見られ(当時は芝2000m)、シーキングザパールが単勝1.4倍と断然の人気を集めるものの、レースは前半を627とスローに持ち込んだキョウエイマーチがシーキングザパールが伸び切れないのをに脚を伸ばし逃げ切りで快勝。シーキングザパールは直線でノド鳴りを発症していたようで、秋華賞を回避してしまった。こうなると秋華賞は古を相手にオールカマーを制したメジロドーベルとの三たびの二強対決。しかしやはり微妙距離が長かったか、直線でメジロドーベルに差し切られ2着。これを見た営は、本来の適性である短距離マイル路線へ向かうことを決意し、次走をマイルチャンピオンシップに定めた。

この年のマイルCSはキョウエイマーチと同世代の強が多く出てきていた。安田記念3着のなぜか1番人気スピードワールド。前戦スワンステークスを制したなぜか2番人気タイキシャトル。同じく前アイルランドトロフィータイム制した3番人気トーヨーレインボー。とにかくこの世代は短距離マイル戦線で強い世代だったのである。そんな中で5番人気に押されたキョウエイマーチは、6番人気のこれまた同世代サイレンススズカと並んでスタートからぶっ飛ばす。600mが332、800mが446というハイペースで、サイレンススズカはこのスピードについて行けず直線入口で脱落(体調も悪かったらしい)。というか他のも直線で全く伸びない。あまりのハイペースで後方待機のすらも中で脚をなくしてしまう、それほどのハイペースだった。タイキシャトルにはさすがに捉えられ2着となったものの、トーヨーレインボー以下は抑えきっており、めてこのの強さを見せつけたレースであった。

その後もキョウエイマーチは桜花賞としてはしく長く現役を続けた。1999年阪急杯でブロードアピール(これも同世代)を抑えて勝ち、2000年になっても京都杯を圧勝。ダート戦線にも顔を出すなど、「桜花賞」という単につきまとう線の細いイメージを一新する活躍を長く見せ続けた。2000年マイラーズカップ同期のGIイネルマックスの4年振りの重賞制覇を見届け引退。通算成績は28戦8勝、うち重賞5勝。当時にヴィクトリアマイルがあったらGIもあと1勝くらいはできたんではないだろうか。なんせ調教師がマイラーだと言うGI5メジロドーベルマイルで4身差をつけて勝ったんだし。

繁殖としては2007年インペリアルマーチ出産した際に大腸変位で死亡してしまい、4頭しかターフに送り出せなかったのだが、その中でトライアンフマーチ皐月賞を2着、忘れ形見インペリアルマーチも中央で5勝するなど活躍を見せた。はヴィートマルシェ一頭しかいないのだが、そのヴィートマルシェも出しがなかなか良く、サンブルエミューズやアヴニールマルシェがGI出走を果たしている。系がつながっていくこと、そして子孫の重賞制覇・GI制覇もいずれ期待したいところである。

関連動画

20世紀の名馬100 キョウエイマーチ(YouTube)exit

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/23(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/23(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP