プライマス単語

プライマス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

プライマスとは、『トランスフォーマーシリーズに登場すると秩序の

宇宙ユニクロンから守るためトランスフォーマーを作った創造である。

概要

トランスフォーマーの誕生以来、伝説の中の存在と思われていた全てのトランスフォーマーの創造にして事実上の神様的存在で、その多くは未だに包まれているが、混沌の化身であるユニクロンとは正反対に宇宙穏と秩序をする善とされている。

過去宇宙において、混沌の徴たるユニクロンは一にして宇宙間ごと破壊し尽くした。しかし、わずかに残された宇宙の断片が互いに反応、現在宇宙を産んだビッグバンが起こった。宇宙は自己防衛のため、ユニクロンと対になる存在を産みだした。それがプライマスである。

マーベルコミック

突如誕生したユニクロンによって滅ぼされたある宇宙のわずかに残った破片が再結集して新たな宇宙が誕生した際にいつの日か再び襲い来るであろうユニクロンに対抗するべく生み出された存在である。

懸念通りユニクロンはまたしてもその宇宙を滅ぼさんと出現し、プライマスは異間にてユニクロンしい戦いを繰り広げるが、その戦いの果てにプライマスは傷つき現実宇宙へ退避するとそこにある一つの金属惑星(後のサイバトロン)に融合し、それを追ってきたユニクロンもまたプライマスと同じように別の金属惑星融合して双方ともに二度とそこから出られない状態となり、この時の争いは終結した。

やがてユニクロンはその金属惑星を自身のボディへと作り変えて再び動き出し、一方のプライマスはサイバトロンにてユニクロンと戦うための戦士として“トランスフォーマー”を生み出すと同時に自身の命の輝きであるマトリクを作り出してそれをトランスフォーマーリーダーとなるべき人物に与えている。

しかし、トランスフォーマー達はオートボットディセプティコンに分かれて大規模な戦争を始め、さらにユニクロンの干渉やマトリクスの邪悪化などの予想外の事態もあって争いは混迷を極める事となり、ユニクロンサイバトロン襲撃時にはプライマスもまた依代としたTFの姿でユニクロンに挑んだがあえなく返り討ちにあってしまった。

紆余曲折の末、最終的にオプティマス・プライムがマトリクスの善なるを引き出した事でユニクロンは殲滅されたが、その際オプティマスに「神話の時代は終わった。方もユニクロンと共に滅びるのだ」と決別の言葉を送られ、プライマスとユニクロンの因縁はここに終止符が打たれる事となった。
も、プライマスは自身もいつか滅びる事は承知の上であり、その後の世界トランスフォーマー達に託すつもりであったとされている)

ちなみにプライマスの精体はロディマスコンボイホットロディマス)に酷似した姿を持っており、これが『ザ・ムービー』にてマトリクスがロディマスを新たな継承者として選んだ理由とされているウルトラマグナスェ・・・

なお、プライマスが最初に生み出したトランスフォーマーは約13体で、彼らの事は“オリジナル13”と呼称されている。
ただし、アニメではプライマスの話はほとんど出て来ず、トランスフォーマー達の創造は『2010』に登場したクインテッサ人という事になっている。

ビーストウォーズ~カーロボット

登場も言及もされず、『II』および『ネオ』、そして『カーロボット』においてトランスフォーマーとされるのはスーパーコンピューターベクターシグマになっている。

一『ビーストウォーズリターンズ』にて「プライマスの誓約」と呼ばれる預言書が登場している。

スーパーリンク

本作にて映像作品に初登場。日本語版のコンボイ玄田哲章海外版ではロンハルダー。

セイバートロン深くに眠る意思を持つエネルギー体で、地球人のキッカーという少年により発見された。

復活してからは冷静で思慮深き精を持った偉大な存在としてサイバトロンを導くようになり、グランドコンボイサイバトロン戦士スーパーリンクを与えたり瀕死の重傷を負ったウイングダガーインフェルノを新たなを与えてらせたりと彼らを全面的に支援している。

その後、ユニクロンオメガコンボイに戦いの際にそのを貸し与え、その果てにを使い果たして休眠状態になってしまうがオムニコン達よりスーパーエネルゴンを注がれて再覚醒ユニクロンスパーク欠片を壊そうとするキッカー達を制止して自身はスーパーエネルゴンと共にそのユニクロン欠片融合し、アルファQの宇宙を照らす新たな太陽へと変化した。

ギャラクシーフォース

プラネットフォースの作り手にしてセイバートロン星そのものが変形した巨大トランスフォーマーとして登場。
日本語版のスーパーリンクに引き続き玄田哲章海外版ではマイケル・ドノヴァン。

物語開始直後よりセイバートロン星グランドブラックホールに飲み込まれてしまい、セイバートロン星はその中の亜空間に浮かぶ事になる。プライマス自体は当初はベクターライムの話から伝説的な存在としてられる程度であったが、次第にマイクロンのホップを通じてサイバトロン達にりかけるようになった。

物語中盤、サイバトロンが手に入れたプラネットフォース3つとチップクエアをセイバートロン星の台座に差し込んで見た所、惑星が変形して遂にプライマスとしての姿をサイバトロン達の前に表した。

その後、とりあえずプラネットフォースとプライマスのを利用してのグランドブラックホール脱出計画が図られるが、そこにスーパースタースクリームが襲来、そのために使う予定だったエネルギーを吸収したスタスクはプライマスと同等にまで巨大化し、プライマスに襲い掛かった。サイバトロンはどうにかプラネットフォースのをプライマス始動のために回してプライマスの起動に成功する。この時のプライマスはプラネットフォース3つだけの極めて不全な状態でありながら衛星武器にしての圧倒的な戦闘を持ってスタスクを一蹴してみせた。

サイバトロンデストロンの争いが終結し、全てのプラネットフォースがった後は地球アトランティス、スピーディアのムー、アニマトロスのレムリアギガニアパンゲアを合体させた大砲ノアグランドブラックホールを消し飛ばして宇宙を消滅の危機から救った。

劇中では見せていないが、プライマスはスペースシップモードに変形しての亜空間飛行が可とされている。
以下はキット解説にて紹介されているな武装。

プラネットキャノン:肩に装備されてる武器、威惑星を跡形もなく吹き飛ばす

プラネイスショット:腕に装備されてる武器、威惑星を切断する

余談だが、『マイクロン伝説ARMADA)』『スーパーリンクENERGON)』『ギャラクシーフォースCYBERTRON)』の三作は海外ではどちらもユニクロンが深く関わっているという設定になっており、その事からユニクロン三部作(トリロジー)として扱われている。

超ロボット生命体 トランスフォーマープライム

こちらも直接的な登場はしないが、設定自体はほぼマーベル版のそれに準じたものになっている。

オプティマスの話よりかつてユニクロン宇宙覇権をかけて争い合い、その末にプライマスは“オリジナル13”と呼ばれる13人のプライムを創り出して彼らと共にユニクロン宇宙の果てに追放し、その後プライマスはサイバトロンコアとなってトランスフォーマーを生み出したとされている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

プライマスに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2018/01/02(火) 11:26:42 ID: E/au/lNxtw

    ビーストウォーズで登場も言及もされていないってお前
    キャラクターが言及したり本が登場したりしただろ




    英語版では

  • 7ななしのよっしん

    2018/04/09(月) 14:42:43 ID: BZq86KCO0f

    インテッサきもすぎるからあんなのが創設者だと頭にくる

  • 8ななしのよっしん

    2019/01/20(日) 17:07:35 ID: m7PU3v+31t

    LostLightとかの終盤で、結局モデルはいたけど大半が作られた話ってオチだったらしいし。
    しかもその正体が

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/30(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/30(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP