ヘスティア(ダンまち)単語

チイサクテオオキイイロリノカミサマ

3.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

ヘスティアとは、大森藤ノ小説ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の登場人物である。

アニメ版の担当声優水瀬いのり

概要

プロフィール
性別
年齢 ン億歳
種族
職業 ファミリア
アルバイト
ステイタス -
二つ名 -
所属 ヘスティアファミリア

本作のヒロインの一人。主人公ベル・クラネルが所属する【ヘスティアファミリア】の黒髪ツインテールで幼気な少女の姿をしているが、れっきとした女神様。
その幼い容姿から他の々から「ロリ」扱いされており、またその容姿に似つかわしくない作中でもトップクラス巨乳の持ちであることから「ロリ巨乳」などとも呼ばれている(ちなみに身長140で、現実でいうと10歳女児身長)。彼女がこれほど幼い容姿なのは、元ネタであるギリシャ神話女神るからなのだとか。

一人称は「ボク」のいわゆる「僕っ娘」。下界のこどもたちのことは男女種族問わず「◯◯君」と呼ぶ。
怠慢な性格でだらしないところがあるが、善であることからベル同様に人が良く、どっかの駄女神様と違ってベルが連れてきた仲間を見極め、家族としてし示す厳しさと寛容さを兼ね備える。正義感も強く、やはりベルのにふさわしい神様だといえる。

彼女る事物の徴であり、称号であり、界でのもう一つの名前は燃え続ける炎を意味する「ウェスタ」。

地上に降りてきてからしばらくは友のヘファイストスの【ファミリア】に厄介になっていたが、いつまでも自分のファミリアを作ろうともせず自堕落な生活を続けていた為、堪袋の緒が切れたヘファイストスからとうとう追い出されてしまった。

その後、なんだかんだで面倒見の良いヘファイストスから与えられた「教会の隠し部屋」を拠点とし、団員の勧誘に励んでいたが、団員数がゼロの新ファミリアということもあり成果は芳しくなかった。
しかし偶然、どのファミリアからも門前払いを食らっていた少年ベル・クラネルと出会い、ここぞとばかりに彼を勧誘し、ついに念願の一人の団員を獲得することに成功した。

神物

自分の属であるベルのことを溺愛しており、彼の寝床び込んだり、ベルに近づく女性にはしい嫉妬心を見せることもある。また「ベル君の為ならばどこへでも付いていく」と発言しており、相思相愛となってずっと彼の隣にいることを望んでいる。
その為以前は自堕落な生活を送っていたにも関わらず、細なファミリアと駆け出し冒険者のベルを支える為にアルバイトにも精を出している。

ジャガ丸くん」という食べ物を売っている店でバイトとして働いており、少女のような可らしい容姿と嬌の良さから客からも気に入られている。おかげで店の売上げも上々の模様。(その為別の店でバイトをしているタケミカヅチは、ヘスティアを引き合いに店長から小言を言われている。)

ベルのためならガチで何でもする勢いであり、彼の武器となるヘスティアナイフをヘファイストスに製作してもらった際には2億ヴァリス(35年ローン)という途方もない借を作ってしまった。そのため【ヘファイストス・ファミリア】でただ働きをする羽になったが、それでも、彼女は全く後悔はしておらず、度が過ぎる献身さでベルを支えている。

そんな感じでベルのことが大好きなヘスティアだが、時折真剣になり、普段の様子からは想像も付かないとしての格を見せることもある。(…といっても基本的にベルになす者に対してだが)
作中に登場する々の中では分け隔てなく等に人々に接する格者であり、人の善性を引き出す事を得意としている。そのため、正義感が強く、どこまでもお人好しなベルとの相性は最高といえよう。彼女格の高さは他の々からも一を置かれている。

界で居た頃は、知アテナ)や純潔アルテミス)と並ぶ三大処女の一人として名を馳せており、並いる男性を断っていた。自らの故郷において最高の栄誉とされる「十二」に選ばれたこともあったが、その座を他のに譲っている。(ロキには「殿に引き籠もってグータラしたかっただけやろ」と摘されている)

人間関係

界時代の交友関係はそれなりに広かったらしく、ヘファイストス、ミアハ、タケミカヅチとは友の間柄にあり、何かと協し合える間柄にある。
ただし最強ファミリアを率いるロキとはの仲で、顔を合わせると「どチビ!」貧乳!」と罵り合っている。

また【ロキファミリア】に所属するアイズ・ヴァレンシュタインはベルの憧れということもあり、彼女のことを「ヴァレン何某なにがし」君と呼んでおり、しく嫉妬している。ベルに【憧憬一途リアリス・フレーゼ】が発現した際もアイズへの嫉妬からベルにこのスキルの事を伝えていない。ただし、アイズの人柄や冒険者としての実そのものは認めており、ベルがアイズから特訓を受けることも反対していない。

ベルのサポーターを自認するリリルカ・アーデともライバルであることから何かといがみ合い、口喧嘩となっている。また、浪費を咎められ、再三説教もされている。ただし、リリが犯した罪を赦し、ファミリア内で搾取・虐待されていたリリを身請けする為に、彼女が酷い仕打ちをされているのを知っていながら関心であったソーマとの直談判すら行っている。

自分と逆の性に奔放な女神であるフレイヤのことは苦手としており、彼女がベルの事を気に入っていることから警心を強めている。

何かと暗躍してベルの事を振り回し、時には女性たちの浴びの覗きや遊郭に誘うなど悪い遊びを教えようとするヘルメスには、毎回ドロップキックにより制裁を与えている。

【ヘスティア・ファミリア】

物語開始当初は団員は駆け出し冒険者のベルしかおらず、住まいも小さな古い教会の隠し部屋で、であるヘスティアアルバイトをして生計を稼ぐという最低ランクファミリアだった。

本編7巻で他ファミリアヴェルフ・クロッゾリリルカ・アーデヤマト・命が宗しファミリアに加わる。このとき、最初から属だったベルがファミリア団長となる。また、【アポロンファミリア】との戦争遊戯ウォーゲーム勝利した際に得た「竈火かまどの館」を拠点に構えるようになる。さらに、8巻でベルが【イシュタルファミリア】から救い出したサンジウノ春姫も加わり、少数ながらもファミリアとしての体裁が整うようになる。

また、正式な団員というわけではないが、異端ゼノウィーネは一時期拠点でかくまわれる形で家族として一緒に暮らし、「豊饒の女人」の店員であるリュー・リオンはたびたび助っ人として幾度となく冒険に加わっており実質準メンバーのような立ち位置になっている。

ただし、ベル以外のメンバーは特にヘスティア属になりたかったわけではなく、あくまでベルの仲間となって助けたかったからである。そのため、他のファミリアと違いヘスティアに対する崇拝は薄く、どちらかといえば「マスコット」のような扱いになっている。とはいえ、【ヘスティアファミリア】の仲間を思う気持ちはどこのファミリアよりも強く、これはヘスティアの人徳もとい徳も一因しているだろう。

前述したとおり、ヘスティアには「ヘスティアナイフ」作成の際に2億ヴァリスという巨額の借があり、そのことが発覚したことで集まった入団希望者たち全員逃げられた挙句、「極貧ファミリア」というレッテルを貼られてしまう。ヘスティアの浪費も災いしてなかなか借を返済できないのが現状である。

とはいえ、団長であるベルの急な成長やそれに触発された団員たちの奮闘もあって数々の試練に打ち勝ち、ファミリアランクも「D」となり、ギルドから「強制任務ミッション」を与えられるくらいのファミリアには成長している。

なお、ファミリアのエンブレムは「重なり合った炎と鐘」であり、「炎」がヘスティアで「鐘」が団長のベルという意味が込められている。

例の紐

説明不要、彼女が身に付けている紐の事。二の腕と胸の下を通して体を一周するように身に付けており、
これによって彼女の豊満な胸が強調されるだけではなく、腕を動かせば胸が動くわ、谷間に紐というシチュや上のイラストのような事だって・・・もうとにかくエロい素晴らしい
そういった要因から、イラストコスプレなど創作に一大ブームを巻き起こした。 

詳細は『例の紐』を参照。

関連静画

静画検索

関連動画

関連立体

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP