今注目のニュース
天皇即位祝賀パレード、延期決定 11月10日に
網タイツをあえて封印した生脚仕様!『冴えカノ』加藤恵がメタリック仕様のバニースーツ姿でフィギュア化!Amazonで予約受付中
美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気

日笠淳単語

ヒカサジュン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日笠淳とは、東映所属の映画テレビドラマのシニアプロデューサーテレビ第二営業部長である。

概要

1958年8月8日生まれ。東京大学卒業後、1982年東映に入社。
1984年に、『星雲仮面マシンマン』のプロデューサー補として参加。
1987年、『超人機メタルダー』でプロデューサーに昇格するもヒーロー作品からは離れ、東映不思議コメディシリーズに異動し、『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』でチーフプロデューサーに昇格。以降は、シリーズ最終作の『有言実行三姉妹シュシュトリアン』までプロデューサーを務めた。
1995年の『重甲ビーファイター』にて、久々メタルヒーローシリーズへ復帰。以後は『テツワン探偵ロボタック』 まで、同シリーズチーフプロデューサーを担当する。
 
1999年の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でスーパー戦隊シリーズに初参加。結果的に『爆竜戦隊アバレンジャー』まで、5年連続でスーパー戦隊シリーズに携わる。
2000年の『未来戦隊タイムレンジャー』では、同時期の『仮面ライダークウガ』と共にイケメンヒーローブームを巻き起こした。
2004年、『仮面ライダー剣』のチーフプロデューサーを務めるも以降、仮面ライダーシリーズの担当はしていない。
2006年には、再びスーパー戦隊シリーズへと復帰。シリーズ30作記念の『轟轟戦隊ボウケンジャー』をプロデュースし、2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』でもプロデューサーを担当。
2010年の『天装戦隊ゴセイジャー』では、若松と供に中盤までプロデュースを担当。2011年にはテレビ第二営業部長へ昇格し、東映キャラクター作品へ全般的に関与した。
2012年、『非公認戦隊アキバレンジャー』、『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』のプロデューサーを務める。
2013年は『アキバレンジャー痛』、『シージェッター海斗』、『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』を手掛けるなど、営業部長に昇格した現在でも、スーパーヒーロータイム以外の東映特撮作品をプロデュースする機会は多い。

作風

基本的にストーリーの内容は脚本家監督に任せる傾向があり、日自身はそれらの意見をめる役している為、脚本家の個性によって作品の出来が左右される事が多い。その為、特撮ファンから「日は放任義」などと理不尽なかれ方をする事もあるが、日は他のプロデューサーよりも会議の時間が長く、製作スタッフらと入念にストーリーを練り上げるタイププロデューサーであり決して放任義ではない。

脚本家では會川昇浦沢義雄武上純希宮下隼一小林靖子荒川稔久と言ったアクの強い脚本家と組むことが多く、監督では坂本太郎諸田敏渡辺勝也、竹本昇らと仕事をする機会が多い。

その他

プロデュース作品

プロデューサー補作品

サブプロデューサー作品

チーフプロデューサー作品

関連商品

関連コミュニティ

日笠淳に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP