今注目のニュース
異臭! 危険ガスで全校避難? 原因はあの食べものだった
輪っかになったヘビ、餌と間違えて自分の尾を飲み込む(米)<動画あり>
ホラー漫画を読みたいけど怖い→代わりに兄に読んでもらう 犠牲になってくれた兄の優しさに心温まる漫画

重甲ビーファイター単語

ジュウコウビーファイター

掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

重甲ビーファイターとは、誰だ
1995年1996年テレビ朝日系で放映された特撮ヒーロー番組、および作中に登場するヒーローの名称である。

概要

メタルヒーローシリーズの14作
前番組の『ブルースワット』が異様に重い展開で子供受けしなかったため、その反から「異次元からの侵略VS正義ヒーロー」というシンプルかつ正統派ヒーローものとなった。

変身アイテムコミカルネーミングの敵怪人スーパー戦隊シリーズ)、戦闘シーンで展開される異次元間『ガオームゾーン』(宇宙刑事シリーズ)、昆虫モチーフとしたデザイン仮面ライダーシリーズ)など、東映特撮ある意味集大成といえる要素を多分に含んでいる。

そのためか子供受けも良く、特撮ファンからの評価も高い。

最終回スペシャルではメタルヒーローの先人、ジャンパーソンブルースワットゲスト参戦するというお祭り的な展開となったことも話題になった。

2012年12月17日より、youtube東映特撮チャンネルにて、2話ずつ週替わりでの公式配信が行われた。
2013年3月1日より、東映特撮ニコニコオフシャルにて劇場版のみだが公式配信開始。

ストーリー

世界各地で起きた昆虫の大量発生。それについて調していた昆虫学者甲斐拓也ジャングルにある洞窟昆虫界の長老・老師グルと出会う。

老師グルから世界中で起きている昆虫の大量発生は侵略者が現れる前兆と聞いた拓也は向井博士にそのことを伝える。向井博士侵略者の存在を政府に伝えるが全く相手にされず、仕方なく自分たちだけでも戦うことを決める。

そして老師グルの予言通り、異次元軍団『ジャマール』が地球に襲来。昆虫たちはジャマールに挑むが戦の差はいかんともしがたく、次々と倒されていった。

一方、侵略者への備えとして開発していたアーマーがうまく起動せず苛立っていた向井博士と拓也。彼らの元へやって来た老師グルがアーマーへ昆虫を注ぎ込み、強化インセクトアーマー』を完成させる。

その適合者として選ばれたのが拓也と、ジャマールへ反抗の意志を見せた2人の若者・片大作と羽山麗であった。

彼ら3人は人類の最先端科学昆虫族のを併せ持つ正義戦士ビーファイターとなってジャマールに戦いを挑む!!

主な登場人物

甲斐拓也/ブルービート/スーパーブルービート(演:土屋大輔スーツアクター岡元次郎日下秀昭アップ)、高岩成二アクション))
主人公の1人で、昆虫学者インセクトアーマーはカブトムシで、パワーに優れるタイプ。知性かつ温厚な性格で、自然をこよなくする優しい心の持ち。しかし悪に対しては強い闘志を見せ、自己犠牲すらも厭わないヒーローらしさも持ち合わせる。後半でカブトから渡されたビートイングラムスーパーブルービートへと重甲進化メタルフォーゼ)するを得た。 
終盤近く、ブラックビートシャドーの正体を見たことで「シャドーを生んだ原因は自分にある」という自責の念から戦意喪失、戦線離脱してしまう。やがて大作の「自分でまいた種は自分でケリをつけなきゃ」という言葉に、シャドーとの宿命を終わらせることができるのは自分だと気づき戦意を取り戻す。第51話ではブラックビートとの決戦にて勝利したと思われたが、最期のを振り絞ったブラックビートの不意打ちを食らい相討ちとなって死亡した。しかし自分よりも地球の多くの命を優先する志に感動したセントパピリアに命を与えられ生き返った。
必殺技は専用武器・スティンガーブレードを使った『ビートルブレイク』、スティンガードリルを使った『ストライクブラスト』、スーパーブルービート時の必殺技ビートイングラムから強破壊光線を放つ『スーパーファイナルブロー』。
 
大作/ジースタッグ(演:金井茂スーツアクター的場耕二(アップ)、今井アクション))
主人公の1人で、木医。インセクトアーマーはクワガタムシで、スピードに優れるタイプ。拓也とは逆の快な性格をした熱血で、そのため拓也と対立することもしばしば。しかし拓也をリーダーとして認めており、彼の理解者でもある。実は出同然の身。漁師の息子だがが苦手でカナヅチと意外な一面も。
必殺技は専用武器・スティンガークローを使った『レイジングスラッシュ』。
 
羽山麗/レッド(初代)(演:葉月レイナ、スーツアクター今井美子アップ)、宮崎剛(アクション))
主人公の1人で、水族館インストクター動物学者。インセクトアーマーはカブトムシ(メス)で、索敵に優れるタイプ。聡明な女性だったが、中盤に戦線離脱し南立つ(実際には役者さんの怪により降)。
必殺技は専用武器・スティンガープラズマーを使った『トルネードスパーク』。
 
取舞/レッド2代目)(演:
麗の後にビーファイターメンバーになった女子大生。麗とは逆の気で明るい性格だが、たとえ相手が敵であろうと分け隔てなく接しようとするなど気さくな面を持つ。敵にも命や心がある事を拓也達に認識させており、ストーリーが進むに従い少女から大人へ、そして一人前の戦士へと成長し続けた。
 
向井健三(演:野高史)
地球科学研究所アースアカミア日本部長で、年齢は43歳。インセクトアーマーの原であるプロトタイプアーマーを開発した。ビーファイターアドバイスを与えようとしたりするものの、ほとんど相手にされないことが多い。その後も様々な装備の開発・良に務めており、1度だけ自作のアーマーで「ムカイダーK3」となって戦ったこともあり、敵との相性もあって意外と善戦した他、自ら戦線に出向いて活躍する事もある。グルとはプライベートでも親しくしており、将棋したり一緒に風呂に入って愚痴した彼にアドバイスを与えたりしている。
 
老師グル田中康郎)
巨大なカブトムシの姿をした昆虫族の長老。当初は人間に対して警心を持っていたが拓也との出会いを経て協を決意しアースアカミアで開発されたプロトタイプアーマーに昆虫の精を吹き込み、インセクトアーマーを誕生させた。長老として厳粛な物とは裏に、向井との将棋で負けそうになって将棋盤を引っ繰り返したり、息子のことで向井愚痴すなど私生活では意外な印を見せる。また終盤で拓也がブラックビートとの決戦死亡した際には涙を流していた。自らの生命の危機にさらされると巨大カブトムシそのものの姿になるが、その際に意識は封印された状態になるため復活には時間がかかる。ビーファイターの窮地には度々戦線に出向き支援する。
将棋盤をひっくり返した以降はアースアカデミーには来ないでの中でインセクトアーマーを通じアドバイスをしただけで18話まで長らく出番がかった。
 
カブト吉水孝宏
老師グル息子に反抗して100年前に地球を飛び出し、商人として次元を流れ歩いていた。しかし、商人としての生活は彼なりに見聞を広め、グルの跡を継ぐために出た行動だった。初登場時はビーファイターを認知しておらず、悪者と誤解して襲い掛かってしまう。しかし拓也を次元覇者と認め、最強ビートイングラムを託した。関西弁を喋る。歴戦のヒーローを招集するほどの行動を持つ。戦闘もかなりの物で特別篇では他のメタルヒーローと共に怪人たちと互に戦っていた。因みに母親レッドルに似ているらしく、レッドルに重甲する舞をちゃん付けしていた。

シャドー/ブラックビート(演:岡元次郎(初登場-43話)、高岩成二(29話)、土屋圭輔(43話以降)、ブラックビート咲野俊介スーツアクター岡元次郎
ガオームがビーファイターと戦った成果からジャマール科学によって生み出された昆虫戦士、いわば悪のビーファイターシャドーがブラックコマンダーによって「邪甲(じゃこう)!!」の掛けカミキリムシインセクトアーマーをった姿である。その正体はジャグールが拓也の遺伝子を採取したカミキリムシから作り出したクローン。自分自身のアイデンティティと闇の宿命ともいうべき因縁から、もうひとりの自分である拓也を執拗につけ狙う。時には自らが倒すことにこだわり、拓也を窮地から救うこともあった。
武器はジャミングマグナムスティンガービュートメインカラーメタリックブラックビーファイター3人をまとめて圧倒するなど戦闘力は非常に高い。対ビーファイターの刺客としてガオームからの信頼は厚く、ブルービート殺に固執するが、そのために侵略・征活動を展開しようとする三幹部とは折り合いが悪く、彼自身もまた三幹部を無能扱いしているが度々三幹部に新兵器実験台として酷使される事もあった。当初はガオームから寵されていたが、ブルービート打倒に固執して独断専行が立つようになってから次第に疎まれるようになる。クローンゆえに短命であり、ガオームがそれを承知で自分を利用していたことを知るに至ってジャマールを脱退。
同じくジャマールから離反したジェラと同行するようになり、暴走したシュヴァルツがジェラを殺そうとした際は自身の寿命みず助ける等、彼女仲間としての感情を抱くようになる。共に、永遠の命を授けるセントパピリアを追い、同じく永遠の命をめるガオームに先んじて手に入れようとする。その後拓也と最終決戦を挑み、一度は敗れたかにみえたが執念で拓也に致命傷を与える。しかしその直後自身の限界が訪れ、拓也に看取られながら消滅した。
シャドーの正体を演じる土屋圭輔氏は拓也役の土屋大輔氏とは実の兄弟双子)である。五星戦隊ダイレンジャーキリンレンジャー・知(カズ)」を演じていた。
 
セントパピリア(演:富永アミナ)
次元の裂けから現れた生命体。永遠の命を持つためガオームやシャドーに狙われることに。
滅びの間その世界に現れるが、滅びから救うのではなく滅びた生命をらせる存在なので、その世界が一度滅びる事がを使う前提となる。
シャドーという異質な生命、そして拓也とシャドーが持つ宿命に興味を抱く。
その後ブラックビートとの戦いで死亡した拓也をらせた。続編の『ビーファイターカブト』にて、の意思が闇の意思との壮絶なる戦いを決着させた後に、滅びた生命を甦らせるために生み出された生命であることが判明する。

ビーファイターの戦力(装備・メカニック)

共通装備

ビーコマンダー
ビーファイターの3人が持つ、甲の体をモチーフとした変身アイテム。内部にはインセクトアーマーが圧縮されて入っており、「重甲!!」のかけとともに開いて掲げると中のアーマーが分解された状態で射出され、全身を覆い変身する。戦闘後は内部でアーマーを自動修復する。耐久性があり、しい攻撃を受けるとアーマーから危険信号が鳴り、強制的に解除されメンテに入る。
ちなみに通信機としても使える。
インセクトアーマー
向井博士アースアカミアにて開発していたアーマーに老師グル昆虫の精を注ぎ込んで完成させた強化スーツで、端的に言えば「生きている」。アーマーそのものが意志を持っており、適合者を自ら選ぶ。
外装はキチン質ベース擬似甲殻細胞に大気中の金属イオンチタンタングステンなど)を吸着させ、特殊硬化した「インセクタイト」という物質で出来ている。
機械ではいため機械を操る電波の影を受けないが、昆虫の弱点である寒さや食虫植物花粉には弱い。
インプトマグナム
ビーファイターの3人が共通して持つ多機光線銃。側面にテンキーがついており、ここで3桁のコードを入することでさまざまな機を使用出来る。な機は以下の通り。
パルセイバー
アースアカミア支部で開発された共通装備の短ヘラクレスオオカブトが備わっており、危機するとる自己防衛機が付いている。
使用者の感情が高ぶるとそれに応じて切れ味がアップし、「パルスラッシュ」という技が使えるようになる。
ビートマシンメガヘラクレス」の起動キーでもある。
インプトマグナムにセットし「セイバーマグナム」という強化形態にすることも可。各機が強化され、『マキシム○○モード』と呼称されるようになる。
ソニックラップ
全員が共通して使える機昆虫羽ばたき音に似た超音波で攻撃する。

専用装備

スティンガーウェポン
各自がそれぞれ持つ専用武器。
スティンガーブレード
ブルービート専用の武器で、ドリルのように高速回転するが付いた
スティンガードリル
中盤から追加されたブルービートのもう一つの専用武器。こちらは全なドリルである。対ブラックビート用に開発されたが、攻撃が高い分、スティンガーブレード以上に重くて使いにくいため、劇中での使用回数は少なかった。
スティンガークロー
ジースタッグ専用の武器で、クワガタムシを模したクローアームが付いている。アームは回転させることが出来、これを利用して掴んだ相手を遠心力をつけて投げ飛ばすといったことも可
他にもアームをはずしてブーメランとしても使用可
スティンガープラズマ
レッドル専用の武器で、触を模した4連装イオンエネルギー発生装置が付いている。これも回転させることが可で、敵を捕らえる網状のビームなどを射出する。
ビートイングラム
次元商人カブトからブルービートへと託されたカブト次元覇者たる戦士にしか扱うことが出来ないとのこと。そのためか持ちであるブルービート以外は全く使えない(クローンであるブラックビートに対しては反応だけしたが)。
パルセイバー合体させることで通常の20倍の威がある「ファイナルモード」にすることが出来る。
次回作「ビーファイターカブト」にてかつて『の意思』に味方した昆虫次元戦士が使っていた武器と判明する。

その他

電子熱線
怪人イカリボンバの起爆装置を遠距離から破壊する際に使用。
カイダーK3
ビーファイター危機を救うため向井博士自身が自作のアーマーを装着した姿。武器はムカイダーマグナム。得意技はムカイダーパンチ、ムカイダーキック、ムカイダーフェイント死んだフリ)。
攻撃は高いが耐久性が低いのが弱点。昆虫パワーを持っていないが、合成ラズベルガ戦ではむしろそれが有利に働いた。
爆弾
ビーファイターマークが付いた爆弾。ジャマール戦士の養成所や昆虫エネルギーを封じ込めた装置を破壊する際に使用した。

ビートマシン

昆虫の研究から作り出された巨大メカアースアカミア日本支部内の重甲基地から発進する。

ビートルーダー
ブルービートが搭乗するカブトムシ装甲車。最高時速500キロ。パワーは大戦車5台分。
装備はビートキャノンビートレイザー、ビートクターレスキューザイール。
スタッガータンク内に格納されているマグネアタッチメントも使用可
スタッガータンク
ジースタッグが搭乗するクワガタムシ戦車。最高時速200キロ。
装備はスタッガーシザース、スタッガーキャノン、スタッグバスター
ビートルーダー内に格納されているドリルタッチメントを使用し、地中に潜ることも可
レッドジャイロ
レッドルが搭乗するジャイロジェット機。最高時速は通常時は280キロ、ブースター使用時はマッハ1.2。
装備はレッドパルサージャイロタイフーンレッドキャノン
機体下部から伸びるワイヤーハンドにマグネアタッチメントを取り付けることで他の2機を輸可
また、スタッガータンクと合体して「アタックフォーメーション」になり、強破壊光線ファイヤークラッシュ」を使用可
メガヘラクレス稲葉実
後半から登場した6脚歩行のヘラクレスオオカブト巨大マシン。最高時速150キロ。
他のマシンべると3倍以上の大きさを持つことから「メガビートマシン」とも呼ばれる。インセクトアーマー同様に昆虫の精を吹き込まれているので、自と命を持つ。
パルセイバーが起動キーとなっているが、良によってオートパイロットモードが搭載されて以降はパルセイバーしでも起動可となった(その際、人間の言葉も話せるように)。
飛行マシンジェットヘラクレス」、地上用マシンランドヘラクレス」の2機に分離可
装備はメガキャノンビームバルカン、反磁波。さらに3機のビートマシンを搭載することで最強形態「メガビートフォーメーション」になる。このときに最強武器「メガビートキャノン」を使用可。その威は「一撃で日本本土が壊滅する」というジャマール兵器デスガオーム」に打ち勝ったほど。

ジャマール

ガオーム率いる異次元からの侵略者。一つの組織に複数の怪人軍団が存在するというスタイルは『超人機メタルダー』のネロ帝国や『仮面ライダーBLACK RX』のクライシス帝国に似ている。

ガオーム(渡部猛スーツアクター日下秀昭
ジャマールボス。部下を手駒としか思っておらず、利用するだけ利用する冷酷非情な性格。ガオームゾーンと呼ばれる異間を作り出すことができる。また手から放つ電流を武器とし、作戦失敗した部下への制裁などに使用する。一度ビーファイターに倒されるがより悪な姿になって復活。
しかしどの姿も幻であり、その正体は次元歪みから生まれた邪悪な生命体である。
そのままの体では宇宙空間環境に適合できないため、セントパピリアから永遠の命を手に入れようとした。
続編の「ビーファイターカブト」では『闇の意思』が自らの遺志を継ぐ破壊の存在として生み出した子孫の一人であると判明。
 
ギガロ(演:高橋
合成軍団の軍団長大剣と遺伝子採取光線銃ギガローダーが武器。
元はガロア次元からやって来た脆弱な生物で、狩りの獲物にされて瀕死の重傷を負いその際に抱いた憎悪をガオームに見込まれて部下になり、その後自らに改造を施して今の姿になった。
そのためガオームに対する忠心も高い。終盤では「ファイナルギガロ」へパワーアップビーファイターを窮地に追い込んだ。しかしガオームに裏切られ、ジャマールホール拡大のためにエネルギーを吸い取られ死亡した。
 
シュヴァルツ(千葉繁スーツアクター石垣広文)
戦闘ロボット軍団の軍団長。ジャマールコンピュータに取り付いたウイルス増殖して生まれた機械生命体。
常時ハイテンションな性格で、製造する武器やロボットにも奇抜なネーミングをする。
戦闘力は低いが、戦車形態「シュヴァルツタンク」へと変形したり、頭を分離させて生物へと合体するを持つ。機械至上義であり、ジャマールに所属するのも「機械」を作るためである。地球を滅ぼした後ジャマールを脱退して機械の王になろうとしていた。
生物を「生臭い」と見下していたが、宇宙をさまよい続ける末路を迎え、機械ゆえ死にたくても死ねない自分を嘆くような台詞を口にした。
 
ジェラ/ジーラ(演:伊藤祐子シェリースウェニー(素顔時)、恵子
傭兵軍団団長。あちこちの次元で打ち負かした戦士を支配下におき傭兵として率いる女戦士。時には部下の傭兵ですら然と見捨てる冷な性格だが、自身が認めた相手によっては情け深さを見せることもあり、ギガロやシュヴァルツのことも仲間として憎からず思っている。電磁が武器。ジーラと呼ばれる逞しい格闘女性人間体に変装することもある。
実は自身もジャマールに滅ぼされた種族の生き残りであり、滅びるより滅ぼす側になろうとジャマールに加わるが、終盤にてブラックビートからガオームの本心を聞かされ、執念で立ち上がったギガロを残な形でジャマールホール完成への材料にしたガオームを見限り、以降シャドーと同行しながらガオーム打倒の機会を伺うこととなる。後に単身ジャマール要塞に戻りガオームと対決するも敗北ビーファイターと影ながら見守るシャドー達に看取られながら尽きる、そのマスクの裏にはジーラとも異なるの素顔が隠されていた。
 
魔道師ジャグール京田尚子
ジャマール祭。異次元界でも屈呪術師で、邪悪な魔ブラックビートを生み出した。
一度ブラックビートに倒されたと思われたが、最終回スペシャルで復活。「ブルースワット」のクイーンや「特捜ロボジャンパーソン」のビルゴルディを初めとする悪を再生、もしくは自身と融合させ『究極の悪』となってビーファイターブルースワットジャンパーソンに戦いを挑んだ。
合体怪人デスマルト(平井一)
17話に登場した怪人傭兵デスマルトをベースに、合成戦闘ロボットの要素をあわせ、ジャマール三幹部それぞれの軍団要素を結集して生み出された。ビーファイター絶体絶命の窮地に追い込んだが、三幹部が「止めを刺すなら自分の軍団の武器を使え」と勝手な示を出して内輪もめをはじめ、そのせいでデスマルトは混乱し、その隙を突いたビーファイター敗北した。

主題歌

いずれも歌は石原慎一

オープニング

「重甲ビーファイター」

作詞木燿子
作曲
編曲石田勝範

拓也がブルービート変身し、ビル(横浜ランドマークタワー)の上で3人がインプトマグナムを構えている。

エンディング

地球孝行」

作詞木燿子
作曲
編曲石田勝範

歌とは裏にガオームや幹部を初めとするジャマール軍団がビーファイターを攻める。最後はガオームゾーンへとガオームの腕がビーファイター伸びる

関連動画

公式配信

無料視聴期間は72時間(2013年3月4日15時まで)であった。

その他

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

メタルヒーローシリーズ
前作 今作 次作
ブルースワット 重甲ビーファイター ビーファイターカブト

掲示板

  • 62ななしのよっしん

    2016/10/14(金) 11:49:25 ID: 7FVcP/5flh

    拓也がメインの話って大作や舞にべると印が残りにくくて話が広げにくいキャラなのかなって感じる
    その対応策がブラックビートなのかな

  • 63ななしのよっしん

    2017/06/22(木) 03:35:30 ID: aPWuaMPR0F

    OP格好良いけどほとんど棒立ちしてるブルービート達を空撮してるだけなのが残念

  • 64ななしのよっしん

    2018/01/31(水) 15:24:24 ID: LodHxCHo4w

    甲斐拓也の記事ができてるのかと思って飛んだらですよ

急上昇ワード

最終更新:2019/08/17(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/17(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP