今注目のニュース
台風被災でタワマン住民に「トイレ控えて」 現場の情報を独自入手
「魔神英雄伝ワタル」新作アニメ始動 サンライズによる1980年代の名作が令和に復活
神戸・東須磨小学校イジメ教師は後輩男女教諭に性行為を強要した

第一駆逐隊単語

ダイイチクチクタイ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

第一駆逐隊(だいいちくちくたい)とは、旧大日本帝国海軍の部隊の一つ。初代以降は横須賀鎮守府に所属する1番駆逐隊である。日露戦争時のほかに歴代は3度編成されており、三代目以外は転属による番号変更を繰り返している。

 第一駆逐隊(日露戦争)

所属駆逐艦

艦名 転入・転出・損失
駆逐艦 [I] 日本海戦前に転出
駆逐艦 朝潮 [I] 日本海戦前に転出
駆逐艦 [I] 日本海戦前に転出
駆逐艦 [I] 1904年(明治37年)5月17日沈没
春雨駆逐艦 春雨 [I] 日本海戦前に編入
春雨駆逐艦 吹雪 [I] 日本海戦前に編入
春雨駆逐艦 [I] 日本海戦前に編入
山彦駆逐艦 [II] (山彦 日本海戦前に編入
春雨駆逐艦 有明 [I] 日本海戦後に編入

概要

日露戦争時の第一駆逐隊は、第二・第三駆逐隊らと共に連合艦隊第一艦隊に所属し、日本海戦などに参加した。

開戦時は日本海軍初の駆逐艦である東雲ともいえる2隻と、東雲と同じく日本海軍初の駆逐艦とされるである2隻で構成された、新鋭の駆逐艦による部隊であった。開戦時の駆逐艦である。しかし、1904年5月順港閉塞作戦中、老山南東駆逐艦の初代が触沈没してしまう。

その後再編により、朝潮第四駆逐隊に、を第三駆逐隊に転出。変わりに第四駆逐隊から春雨を、工した吹雪を相次いで編入したため、日本海戦時には当時最新鋭となる初の駆逐艦春雨3隻と、後述するロシア鹵獲艦である山彦1隻での編成となった。日本海戦時の駆逐艦春雨である。

1904年8月、山東の芝において、ロシア軍のソーコル級駆逐艦シーテリヌイ(Решительный)が降伏したため、これを捕獲して整備し、日本海軍へ編入した。前述の駆逐艦の初代の沈没がロシア側には気づかれていないと判断されたため、レシーテリヌイをと命名し、初代が沈没したことと、ロシア駆逐艦を使用していることを悟られないように欺瞞した。

二代日本海戦において、見たからロシア側のものと誤認させ、敵の前方に連繋機一号)を撒く作戦が立案されたものの、悪のため実行はされなかった。終戦後、初代の除籍と同時に山彦名された。

1905年(明治38年)12月12日の新編成では、吹雪有明は第一駆逐隊に、春雨山彦は第三駆逐隊に編入された。よって以降はそれぞれの駆逐隊の項を参照。

駆逐隊司令

時期 役職 名前 備考
開戦時 浅井正次郎大佐兵7期)
日本海戦時 藤本秀四郎大佐兵11期)

年表

日付 出来事
1901年(明治34年) 12月14日 イギリス・ヤーロー社にて [I] 工。)
1902年(明治35年) 2月13日 イギリス・ソーニクロフト社にて工。)
2月14日 イギリス・ヤーロー社にて工。)
5月4日 イギリス・ソーニクロフト社にて朝潮工。)
5月7日 [I] が横須賀に到着。)
5月30日 に到着。)
6月15日 横須賀に到着。)
11月20日 朝潮横須賀に到着。)
1903年(明治36年) 6月14日 (レシーテリヌィ就役。)
6月26日 横須賀造船にて春雨工。)
12月28日 常備艦隊を分割し、大本営揮下に二代連合艦隊
および第一艦隊を新編(旗艦:戦艦三笠)。
配下に朝潮 [I] で第一駆逐隊を新編?
1904年(明治37年) 2月8日 日露戦争開戦。)
5月17日 [I] 触沈没。
8月12日 (降伏した露駆逐艦シーテリヌィを捕獲。)
1905年(明治38年) 1月17日 (レシーテリヌィの整備を了し、 [II] と命名。)
2月28日 軍工にて吹雪工。)
5月10日 軍工にて工。)
5月27日
28
春雨吹雪 [II] の第一駆逐隊で日本海戦に参加。
6月1日 [I] 喪失表。
6月14日 第一艦隊を再編成(旗艦:戦艦三笠)。
7月30日 横須賀造船にて有明工。)
9月5日 日露戦争終戦。)
10月19日 [I] 除籍。 [II] を山彦名。)

 第一駆逐隊 [I] →第四駆逐隊 [II] →第七駆逐隊 [II]

1905年(明治38年)12月12日〜1917年(大正6年)3月31日(〜1919年(大正8年)12月1日

所属駆逐艦

艦名 転入・転出・損失
春雨駆逐艦 有明 [I]
春雨駆逐艦 吹雪 [I]
春雨駆逐艦 [I] 1917年(大正6年)4月1日転出
神風型駆逐艦 [I] 弥生 [I] 1917年(大正6年)4月1日転出

概要

初代第一駆逐隊は横須賀鎮守府所属で、春雨3隻と、準同艦である初代神風型1隻により編成された。神風型が混ざっているのは春雨が全7隻であったため。日露戦争終戦時に第一駆逐隊であった3隻を基に編成されているが、日本海戦時に駆逐艦であった春雨は第三駆逐隊に移っている。

新編時は最新鋭の駆逐艦による部隊として第一艦隊に所属し、第一次世界大戦時の対独臨戦編制では第二・第十六・第十七駆逐隊と共に第一水雷戦隊に所属した。

最後の2年は有明吹雪の2隻だけとなり、最初の年は大要港部にて二代第四駆逐隊となる。翌年横鎮へ帰り二代第七駆逐隊称され、1919年に三等駆逐艦整理のため第八駆逐隊に編入され消滅した。

駆逐隊司令

時期 役職 名前 備考
1905年(明治38年)12月12日 - 不詳
1908年(明治41年)11月20日 永田泰次郎中佐兵15期) 12月10日より兼第二駆逐隊
1909年(明治42年)5月25日 - 不詳
1912年(大正元年)12月1日 大内田盛繁中佐21期)
1914年(大正3年)12月1日 - 不詳
1914年(大正3年)8月18日 長沢太郎中佐兵26期)

年表

日付 出来事
1905年(明治38年) 9月23日 横須賀軍工にて弥生工。)
12月12日 有明吹雪弥生で第一駆逐隊を新編。
12月20日 二代連合艦隊解隊により、
揮下に第一艦隊を再編成(旗艦:戦艦富士)。
1906年(明治39年) 6月1日 第一艦隊(旗艦:装甲巡洋艦日進)。
1912年(大正元年) 8月28日 三等駆逐艦に類別。
1914年(大正3年) 8月18日 第一艦隊(旗艦:戦艦摂津)配下に
第一水雷戦隊を新編(旗艦:防護巡洋艦音羽)。
8月23日 日本第一次世界大戦に参戦。)
1915年(大正4年) 12月13日 第一艦隊(旗艦:戦艦扶桑第一水雷戦隊(旗艦:装甲巡洋艦日進)。
1916年(大正5年) 12月1日 横須賀鎮守府予備艦?
1917年(大正6年) 4月1日 要港部部隊となり?第四駆逐隊称。
第九駆逐隊弥生第十四駆逐隊に編入。
1918年(大正7年) 4月1日 第七駆逐隊称。横須賀鎮守府予備艦?
11月11日 第一次世界大戦終戦。)
1919年(大正8年) 12月1日 解隊。有明吹雪第八駆逐隊に編入。
1924年(大正13年) 4月1日 が除籍。)
12月1日 有明吹雪弥生が除籍。弥生は雑役船に編入。)
1925年(大正14年) 4月10日 有明船認許。)
11月12日 有明が内務に移管、東京水上警察署取締船となる。)
1926年(大正15年) 5月-- 吹雪船処分となり解体。)
8月10日 弥生船。豊後で、標的船として撃沈処分。)

 第一駆逐隊 [II] →第三十三駆逐隊→第十八駆逐隊 [II]

1917年(大正6年)4月1日〜1920年(大正9年)10月12日(〜1935年(昭和10年)4月1日

所属駆逐艦

艦名 転入・転出・損失
磯風駆逐艦 磯風 [I]
磯風駆逐艦 浜風 [I]
磯風駆逐艦 天津風 [I]
磯風駆逐艦 [I] 時津風 [I] 1918年(大正7年)3月25日沈没
1920年(大正9年)2月17日代艦編入

概要

二代第一駆逐隊は横須賀鎮守府所属で、磯風の一等駆逐艦全4隻で編成され、最新鋭の駆逐艦として最初から二戦に配属された。しかしわずか1年後、宮崎県の折生迫時津風が座礁大破し、3隻編成となってしまう。

結局、時津風は兵装と備品をはずし放棄され、その兵装と備品を使用して代艦が建造された。新造なので実際には別の艦だが、名上は大規模修理とされ同一の艦として扱われた。そのため二代はあくまでも陽炎型駆逐艦時津風である。

また、八丈島東方域での大演習時には、駆逐艦浜風の艦が波浪により圧壊し、が殉職している。

その後、新生時が合流するも、8ヶ後に二戦の任を解かれ、3年間の横鎮生活から舞鎮へ転出し、一代限りの第三十三駆逐隊を名乗る。2年後、鎮へ転出して二代第十八駆逐隊となって残りの13年を過ごし、全艦退役により解散となった。

駆逐隊司令

時期 役職 名前 備考
1917年(大正6年)4月1日 中佐兵26期)
1917年(大正6年)11月14日 堅蔵中佐兵26期) 第十七駆逐隊
12月1日より大佐
1918年(大正7年)6月19日 - 不詳
1918年(大正7年)12月1日 中佐28期) 1919年(大正8年)11月20日殉職
1919年(大正8年)11月20日 心得 高橋中佐28期) 12月1日大佐進級と同時に
1920年(大正9年)8月23日 - 不詳
1924年(大正13年)12月1日 田尻敏郎(兵33期)
1925年(大正14年)12月1日 小籏巍(兵33期)
1927年昭和2年)11月15日 - 不詳
1930年(昭和5年)11月20日 吉田兵36期)
1931年(昭和6年)4月10日 - 不詳

年表

日付 出来事
1914年(大正3年) 8月23日 日本第一次世界大戦に参戦。)
1917年(大正6年) 2月28日 軍工にて磯風川崎造船所にて時津風工。
3月28日 三菱長崎造船所にて浜風工。
4月1日 磯風浜風天津風時津風で第二艦隊(旗艦:巡洋戦艦榛名
第二水雷戦隊(旗艦:装甲巡洋艦吾妻)配下に第一駆逐隊を新編。
4月14日 軍工にて天津風工し、編成完成
12月1日 第二艦隊(旗艦:巡洋戦艦金剛第二水雷戦隊(旗艦:装甲巡洋艦吾妻)。
1918年(大正7年) 3月25日 時津風が座礁大破、放棄。
11月11日 第一次世界大戦終戦。)
12月1日 第二艦隊(旗艦:巡洋戦艦榛名第二水雷戦隊(旗艦:装甲巡洋艦戸)。
1919年(大正8年) 11月20日 演習中、艦圧壊事故によりが殉職、高橋心得就任。
12月1日 第二艦隊(旗艦:巡洋戦艦榛名第二水雷戦隊(旗艦:軽巡洋艦天龍)。
1920年(大正9年) 2月17日 工した時津風代艦を編入。
10月13日 舞鶴鎮守府籍(予備艦?)となり第三十三駆逐隊称。
1922年(大正11年) ---- 呉鎮守府籍となり第十八駆逐隊称。
1935年(昭和10年) 4月1日 解隊。全艦除籍。

 第一駆逐隊 [III]

1922年(大正11年)7月31日1945年昭和20年8月26日

所属駆逐艦

艦名 転入・転出・損失
駆逐艦 1945年昭和20年2月20日沈没
駆逐艦 1945年昭和20年2月5日転出
駆逐艦 1943年(昭和18年)12月18日沈没
神風型駆逐艦 [II] [II]
駆逐艦 1945年昭和20年2月15日転入
駆逐艦 朝顔 1945年昭和20年2月15日転入

概要

三代目横須賀鎮守府所属で、峯の後期である(野)の全艦である3隻と、準同艦である二代神風型1隻によって編成された。当初は最新鋭の駆逐艦として二戦所属であったが、その後は大要港部所属となり北方漁場保護活動のための警備駆逐隊として、長らく漁場監視を勤めた。

日中戦争では華北中の沿作戦に参加。太平洋戦争開戦時は大要港部所属のまま、に本土周辺の警備や北方方面の船団護衛任務に従事するようになった。ただし、護衛任務を受け持つ上護衛総部などが設立されたときも所属することはなく、最終的には連合艦隊付属となった。

戦況が悪化してくると順次南方戦線に転換され、まず駆逐艦であった沼沖縄潜水艦グレイバック撃により戦没し、渡辺が戦死。翌年には波択捉島南方潜水艦シール撃を受け大破。舞修理を行うと同時に回天搭載艦へ改造され、連合艦隊付属に転出。以後、回天の訓練のため瀬戸内で活動し、第一駆逐隊に復帰することはなかった。

残った野1945年昭和20年)に南方進出が命じられ、1月10日、大を出港。南方に向かう最後の船団の護衛に就く。2月11日台湾・基を出港しシンガポールに向かうが、野印カムラン湾で潜水艦パーゴの撃により戦没。一方で1月15日に解隊した第三十駆逐隊よりを、第一護衛艦隊より朝顔を編入するが、燃料不足のため瀬戸内を動くことはできず、南方にいる野と合流することはなかった。そのためは第五戦隊附属として単艦で戦い続けるが、重巡洋艦羽黒足柄を相次いで失ったため第五戦隊も解隊。シンガポールにいる高雄妙高も大破していたため、6月以降現地で行動可であった艦はただ1隻であった。

終戦時にはシンガポールにて、朝顔にて、また転出した波も前線に復帰することなくにて残存していた。しかし、終戦のわずか7日後、98回の護衛活動を事生き抜いた朝顔が関門峡六連灯台で触し大破着底。1947年(昭和22年)から1948年(昭和23年)にかけて日本サルヴェージにより浮揚解体された。

・波は特別輸送艦定を受け復員輸送に従事する。南方戦線をほぼ傷で生き抜いたも1946年(昭和21年)6月4日に御前崎にて座礁した海防艦後を救出作業中に、自らも座礁。1947年に解体された。事復員輸送を終え解体。船体は福島県・小名一号埠頭先端の防砂防波として埋設された。波は特別保管艦(賠償艦)に定されて中華民国に引き渡され、中華民国軍に編入後「瀋陽」(シェンヤン) と名。1960年昭和35年)に退役、除籍され解体となった。

駆逐隊司令

時期 役職 名前 備考
1922年(大正11年)7月31日 岡本郁男中佐30期) 第五駆逐隊
1922年(大正11年)9月1日 竹内大佐30期)
1923年(大正12年)5月10日 市村久雄中佐31期)
1923年(大正12年)12月1日 後藤大佐31期)
1924年(大正13年)12月1日 岩村兼言大佐31期)
1925年(大正14年)12月1日 - 不詳
1926年(大正15年)12月1日 田尻敏郎大佐兵33期) 1927年昭和2年)5月1日より9月15日まで兼第三駆逐隊
1928年(昭和3年)1月15日 石川哲四郎大佐兵33期)
1928年(昭和3年)12月10日 - 不詳
1929年(昭和4年)11月30日 石戸勇三中佐兵36期)
1931年(昭和6年)1月31日 原顕三郎中佐37期)
1931年(昭和6年)10月31日 阿部中佐39期)
1932年(昭和7年)12月1日 小林大佐兵38期) 1933年(昭和8年)4月1日より5月19日まで兼艦長
1934年(昭和9年)11月1日 高間中佐41期)
1935年(昭和10年)11月15日 - 不詳
1936年(昭和11年)11月16日 橋本中佐兵43期)
1937年(昭和12年)12月1日 中川中佐兵42期)
1938年(昭和13年)10月3日 杉本雄大佐(41期)
1938年(昭和13年)11月15日 - 不詳
1939年昭和14年10月20日 荒木中佐45期) 11月15日より大佐
1940年(昭和15年)11月15日 貝塚武男大佐兵46期)
1941年(昭和16年)10月10日 香川清登中佐兵46期) 10月15日より大佐
1943年(昭和18年)5月1日 脇田喜一郎大佐48期) 5月17日より6月1日まで兼沼艦長
1943年(昭和18年)8月20日 渡辺保正大佐49期) 12月18日戦死
1943年(昭和18年)12月20日 春日少佐59期) 艦長

年表

日付 出来事
1921年(大正10年) 7月29日 (舞軍工にて工。横須賀鎮守府籍に編入。)
1922年(大正11年) 3月31日 (舞軍工にて野工。横須賀鎮守府籍に編入。)
7月31日 軍工にて沼工。野、沼で第一駆逐隊を新編。
9月30日 石川造船所にて第十駆逐艦工。)
11月11日 軍工にて波工。
11月15日 を編入。
12月1日 揮下に三代目連合艦隊を新編(旗艦:戦艦長門)。
第二艦隊(旗艦:戦艦金剛第二水雷戦隊(旗艦:軽巡洋艦北上)。
12月28日 三菱長崎造船所にて工した第一駆逐艦を編入。編成完成
1923年(大正12年) 12月1日 第二艦隊(旗艦:戦艦金剛第二水雷戦隊(旗艦:軽巡洋艦北上)。
1924年(大正13年) 4月1日 第一駆逐艦を第一号駆逐艦、(第十駆逐艦を第十号駆逐艦)と名。
12月1日 第二艦隊(旗艦:戦艦金剛第二水雷戦隊(旗艦:軽巡洋艦五十鈴)。
1925年(大正14年) 12月1日 横須賀鎮守府予備艦。
1928年(昭和3年) 8月1日 一号駆逐艦、(第十号駆逐艦朝顔)と名。
12月10日 要港部部隊。
1929年(昭和4年) 11月30日 横須賀鎮守府予備艦。
1933年(昭和8年) 11月15日 要港部部隊。以後、北方警備に従事。
1937年(昭和12年) 7月7日 事件勃発。日中戦争に突入。)
1938年(昭和13年) 8月25日 離脱。
12月15日 復帰。
1941年(昭和16年) 12月8日 太平洋戦争開戦。)
1943年(昭和18年) 12月18日 沈没、渡辺戦死。
1944年昭和19年 2月5日 除籍。
9月18日 損傷、修理改造のため離脱。
1945年昭和20年 2月1日 修理了。
2月5日 連合艦隊付属に転出。
2月15日 第三十駆逐隊よりを、第一護衛艦隊より朝顔を編入。
2月20日 沈没。
3月1日 連合艦隊付属。
4月10日 除籍。
4月25日 軍総隊を新編。連合艦隊付属。
6月1日 軍総隊連合艦隊付属。
8月15日 太平洋戦争終戦
シンガポール)、)、朝顔)残存。(転出した波)も残存。)
8月22日 朝顔着底、放棄。
8月26日 解隊。
10月5日 除籍。)
10月10日 軍総隊、三代目連合艦隊解隊。)
11月30日 朝顔除籍。)
12月1日 、波が特別輸送艦定。)
1946年(昭和21年) 6月7日 座礁、放棄。)
1947年(昭和22年) 10月3日 (波中華民国に引き渡し。後に瀋陽と名。)
10月31日 解体終了。)
1948年(昭和23年) ---- 朝顔解体終了。)
1960年昭和35年 ---- (瀋陽が中華民国軍を除籍、解体。)

 関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP