単語記事: 宇宙戦争

編集

宇宙戦争とは、

  1. H・G・ウェルズによるSF小説。本項で解説。
  2. 1.を原作とした映画。2作存在。本項で解説。
  3. 宇宙空間をまたいだ、もしくは宇宙を舞台にした戦争全般。
  4. beatmaniaIIDXの楽曲「恋する☆宇宙戦争っ!!」の略称
  5. beatmaniaIIDX 20 tricoroイベントぼくらの宇宙戦争」の略称
  6. beatmaniaIIDX 20 tricoropop'n music Sunny Park・REFLEC BEAT coletteの連動イベントクプロ・ミミニャミ・パステルくんのみんなで宇宙戦争!!」の略称

概要

1898年発表。SFH・G・ウェルズの代表作であり、SF界の古典傑作として広く知られる。

原題は"The War Of The Worlds"。「宇宙戦争」という邦題はファインプレーであろう。ちなみに、日本語翻訳された当初は、「火星戦争」という題名だった。

宇宙人地球移住のため侵略攻撃を仕掛けてくる」という、SFパターンの一つを確立した。
また、タコ」という宇宙人へのイメージを固定したのもこの作品。以降、宇宙人の典として現在まで広く用いられる。

執筆された年代が年代であるので、現在では否定されている学説(「説」など)に立脚している部分も少なくはいが、その魅は未だ色褪せず、世界中のSFファンを魅了している。

あらすじ

舞台はイギリス
物語は、火星人の襲来に翻弄される、「わたし」の回想で描かれる。

地球現在の、生物に適した環境に落ち着くはるか昔、先に惑星として誕生した火星も、そのような時代を経ていた。動植物などの豊かな生態系、そして人類と同じ知的生命体の出現。人類の祖先すらも誕生していない時代に、彼らは文明を作り上げ、謳歌していた。
しかし、灼熱のとして誕生してから徐々に冷えていった火星は、やがて生命の繁栄に適した温度を過ぎ、彼らが生き延びることが不可能なまでに”冷え”はじめた。火星の知的生命体=火星人は、他のへの移住を決意した。すなわち、現在も多様な生物がわが世の謳歌し、人類が(彼らから見れば)原始的な文明を築いている、地球である。

火星人は、人類が気づかぬうちに彼らを観察し、侵略の計画を長年にわたり練った。そして、人類にとっての19世紀末、とうとう計画を実行に移した。

火星を発った彼らの乗り物は、緑色流れ星になって、ロンドン南西のウォーキングに落下した。
近くに住んでいた「わたし」は、落下してきたそれを撃した。
それは、直径30ヤードの円筒だった。「わたし」を含む人間達は、それが火星から来たことはおろか、乗り物であることなど知る由もい。彼らが見物している中で、やがてそれは開き、中から火星人が姿を現した。
彼らは、異様な姿をしていた。直径1m以上の円盤のような頭から、16本の触手だけがタコのように生えていた。開ききった口から唾液を垂らし、えるようにのた打ち回っている。
まもなく彼らは、円筒の中に姿を消した。 

敵意のいことを伝えようとする人々。しかし、円筒の中から次に出てきた”皿のついた柱”から、緑色の煙のようなビームが迸る。次の間、それを浴びた彼らはもだえ苦しみ、やがて体から炎を上げて焼け死んでいった。
彼らだけではない。木々も炎上した。円筒の周りはたちまち炎に包まれ、「わたし」は慌てて逃げ出した。

の高熱ビームの射程はどんどん広がり、自宅に逃げ帰った「わたし」をも脅かした。やがて軍隊が出動し、「わたし」は妻を連れてロンドン南部のレザーヘッドに逃げた。
一人自宅へ戻る途中、「わたし」は新たに落下した円筒から出現した、3本足の巨大な移動兵器――「トラポッド」に遭遇する。宇宙人の新たな兵器だった。

トラポッドは、の高熱ビームと、液体のように広がるガス弾を使い、周囲をして行く。
軍隊も抵抗するが、彼らの兵器の前にはであり、やがてその数は3つ、4つと増え、ロンドンし始めた。

英国政府は崩壊し、ロンドン市民600万人は一斉に逃げ惑う。地球人は火星人にとって食料でしかなく、彼らは思うがままにイギリスする。
地球の運命はどうなるのか。そして、成すがままにそれに翻弄される「わたし」は……。

登場人物

兵器

火星人

人類が文明を発達させるよりはるか昔に、火星で文明を築き上げていた種族。

身体

作中である科学者が提唱した「消化の良い合成食料だけを食べるようになったため、消化器官が退化している機械の発達によって運動しなくなったため、手を残して足が退化するだけが膨れ上がる」という未来地球人像に重なる特徴を持つ。

いわゆる典的なタコ。全体的にい。
頭部の直径は1.2メートル程で、巨大な2つのと口が、人間のそれと同じようについている。
もっとも口については、咀嚼が退化しているためかと呼べるものがく、だらんと開いたから唾液をたらし続けている醜悪な部位となっている。
も、暖色は判別できるが、の寒色を識別できないらしく、これらが全てに見える。
嗅覚に至ってはもともといのか、鼻そのものがい。
ティーポットの掴み手」のようなが2つある。が、彼らは実は聴覚をも失っており、後頭部に太鼓の膜のような聴覚器官の名残が残っているのみである。

このが果たすのは精的な交信であり、彼らはテレパシーで互いに会話している。
したがって彼らには、聴覚・嗅覚(・味覚)がい代わりに、ある種の第六感が備わっていると言える。

基本的に食料は液体であり、他の生物の体液を抽出し、飲み込んで吸収する。
後に円筒内部からは、体液を吸い取られてミイラのようになった別の生物が発見されており、これは彼らにとって惑星間移動のための食料だったと考えられる。
人間に対しても同様であり、トラポッドは人間の殺戮を直接の的とはせず、捕獲して食料にしている。 

頭部の下には、16本の触手が生えており、作業の際にはより合わせて器用な動きを実現する。一方で、人間のように直立してのしい運動には向いていないらしく、特に地球上(下述)では、地面を這いずり回るようにしか移動できなかった。
地球の気圧・重力に対応できるほどの運動く、侵略行為のどを機械に任せている。
地球環境に対応できないのか、機械があくせく働いている横で、ぐったりして横たわっているところなどが「わたし」に撃されている。

それ以上に深刻な欠点は、火星に細菌がいなかったために細菌に対する免疫の一切がないことである。
最終的に、彼らは武で人類を圧倒したものの、もっとも下等な地球の細菌によって全滅することになった。

知識

火星-地球間の飛行を苦もく行うことから、科学技術は非常に発達していると思われる。

特に数学的なことに対する思考が高く、地球への移住計画は、彼らの”ほぼ全員”で考えられたと言う。よって、少なくとも科学に関しては、知識的な格差は小さいと思われる。

細菌のいない火星で発達した文明のためか、細菌に関する一切の知識が
そのため、仲間が細菌感染で死亡しても、何故死亡したのか理解できなかったらしく視して侵略を続けると言う行動をとり、最終的に全滅することになった。 

文化については一切不明。
人間に対しては、人間がアリを観察するような視点と同じように見ており、食料と見なしている。 

映画・ラジオドラマ

ラジオドラマ版

1938年、ハロウィン特別企画としてオーソン・ウェルズ(アメリカ俳優映画監督原作者とは別人)の手により放送。名称については『火星人襲来』とも言われている。
通常のラジオドラマではなく、原作侵略が実際に起こった場合の仮想ニュース放送という形で流された。

もちろんフィクションである旨の断りは入れたものの、本物のニュースだと信じた聴衆が大パニックに陥り、放送局に問い合わせが殺到し、ついにはオーソン・ウェルズ自らが謝罪するまでに至った騒ぎとなった。この時の聴衆の行動が後にメディアに関する研究の転換点の一つとなった。

余談だが荒木飛呂彦は、このときのウェルズについて「頭を下げながらも、きっと舌を出していたに違いない!」と推測している。
もちろんこれはあくまで荒木の推測でしかないが、実際のウェルズ本人は、この騒動が起こったことについてある程度満足していたという。

1953年の映画 

ジョージ・パル製作

舞台をアメリカカリフォルニア州に移し、時代設定も、原作とは違い開年に合わせられた。
トラポッド円盤として描かれ、宇宙人に対して原子爆弾による攻撃が試みられるなど、原作にはい部分が追加されている。が、大筋は原作と変わっていない。

アカデミー賞特殊効果賞受賞。 

2005年の映画 

スティーヴン・スピルバーグ監督トム・クルーズ演。

1億3000万ドルという、スピルバーグ作品の中でも過去最高(現在は『インディ』4作に次いで2位)の制作費を投じて、最新鋭のVFX技術をふんだんに用いて作られた。
世界で2億3000万ドルの行収入を達成した。

舞台は現代のアメリカ(及び世界)に変えられており、主人公は乗用を使うし、アメリカ軍が現代武器を使用して宇宙人に立ち向かうなど、それぞれの要素の描写は大きく変わっているが、やはり大筋は変わっていない。

自分の映画を全てトム味にしてしまうトム・クルーズ演に据えられているものの、宇宙人侵略から家族を守るためにひたすら逃げ惑うという役どころを演じて、原作を知らない客に驚きを与えた。 
が、トム宇宙人相手に麗に立ち回って撃退する、というようなストーリーを想像していた客にはこたえたのか、賛否両論しく、スピルバーグの最高傑作だと評する向きもあれば、逆に最大の失敗作と批難する向きもある。

ちなみに今作中では、大阪で人類がトラポッドを何体か撃破したという話が出る。これは「大混乱の最中で出回る根拠不明な噂話の一つ」として出てきたにすぎないが、スピルバーグによると、日本人アニメゲームで、ロボット宇宙人に慣れっこだかららしい。 

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E4%BA%89
ページ番号: 4474127 リビジョン番号: 2053481
読み:ウチュウセンソウ
初版作成日: 10/09/30 20:01 ◆ 最終更新日: 14/07/13 20:58
編集内容についての説明/コメント: HMSサンダーチャイルドの艦種と2体目撃破の様子を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙戦争について語るスレ

33 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 12:38:49 ID: ytmuPc++Np
自分は宇宙戦争といえば、レダ域会戦を思い出す。あれは本当にスゴカッタ。またああいうのが見たいなぁ。


34 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 15:26:38 ID: nwXg4WwTm4
火星人あれだけテクノロジー発達してんのに細菌に気付かず死にましたとか馬鹿すぎだろ
来る前にもうちょっと調べとけや無能
35 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 01:23:04 ID: hUcRabt3y0
自分達が認識できないもの、そもそも存在すら理解していないものなんだから対応出来なくて当然だろう、それこそ身を以って体験するしかない
火星人たちの運命は逆に言えばどんどん生息圏を拡大しようとしている人類への警告だったのかもね
36 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 01:26:05 ID: Epplxo9hfE
もっともロンドンを襲った部隊は使い捨て実験部隊で二度は対策を施していたがな
37 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 22:11:49 ID: hnv06BIWFu
>>36
それウェルズじゃなくて「宇宙戦争1943」での設定ですよ。後、「火星人類の逆襲」というSFでも火星人は細菌対策をとっていましたね。
38 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 21:36:27 ID: OIrF+sCUKB
火星人の使う兵器映画ビームみたいなのよりも小説のほうがえげつない感じがして好き
もし本当に使われるなら一になるビーム兵器よりも、当たり方によっては生焼けになる熱線だったり地を這うように進んでくる猛ガスのほうが恐怖感があると思う
39 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 21:01:58 ID: jPmxYqv66D
>>36 >>37
原作でも、ラストのあたりに金星降下作戦が行われたかもしれないって記述があったな。
それが本当なら地球降下は火星人にとって取りうる戦略の一つにすぎず、結局地球は敵に四方を囲まれたままという救いがない話に・・・・。

あの世界、地球人は本当に上陸第一段階を撃退できたにすぎなくて、その後相手も対策をとると考えるとそれなりに詰んでいる。



40 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 00:20:17 ID: hnv06BIWFu
>>39
原作金星に行った所で終わっているのでその後はわからないけど、「シャーロック・ホームズ宇宙戦争」では金星の移住にも失敗しているよ。
また「名被者・一条(仮名)の事件簿」では、地球侵略に失敗して火星に戻った為に地球の細菌により火星人は全滅したそうだから多分なんとかなるのでは?
41 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 16:58:55 ID: 8YmNL6nyCH
スピルバーグ版はトム・クルーズ宇宙人と戦うSFアクションではなく、ヒューマンドラマ家族に重点を置いているとこがすき。
ラストで泣きそうになった。

もちろん1953年版もすき。
42 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 22:57:19 ID: EBzvbs0dDP
トラポッドが人間を襲う場面を定期的に観たくなる……
分かるか?分かるよね?
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829