単語記事: 神通(艦これ)

編集

『あの……軽巡洋艦神通です。どうか、よろしくお願い致します……』

神通(じんつう)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する、大日本帝国海軍川内軽巡洋艦2番艦「神通(じんつう)」をモデルとしたキャラクター艦娘)である。イラストbobCV佐倉綾音

概要、行きます!

 第3艦隊開放に必要な艦娘である川内三姉妹の二番艦である。装はの「川内」との「那珂」と共通で、橙色セーラー服スカートっている。
 言動は万事控えめであり、ぶっ飛んだセリフを持つわけでもない。「なかなか入手できず、入手した後は夜戦連呼している」と、「逆に出すぎて数多の提督からウザがられる艦隊のアイドル」と個性的過ぎる姉妹に挟まれていることもあいまって、苦労人に見える提督も少なくないだろう。

 ただし、史実では後述の通り世界最強とも呼ばれた第二水雷戦隊(通称「二戦」)の旗艦として長きに渡り活躍している。ゲーム内では楚々とした大人しい雰囲気をかもし出してはいるが切り込み隊長である。改二にしていない時点でも、被弾時の「狙い撃ちされました。これじゃあ戦いにくいです。」や夜戦攻撃時の「来ないでって言ったのにぃ!」といったセリフから、ただの気弱な艦娘ではないことが伺えるであろう。 

私でよろしければ、改二に改造いたします!

『探照照射…突撃します!私に続いて!』

 コロンバンガラでの奮戦をはじめとする軽巡の武勲艦であるところから、くから改二が望まれていたが、ついに2014年2月26日メンテナンス後に、神通改二実装された。軽巡では4人川内ではネームシップ夜戦バカを差し置いて2人改二である。装に必要なレベル軽巡装では以前は最も高い60だったが、現在75装設計図を要する阿武隈改二トップの座を明け渡している。
 新たなグラフィックでの衣装カラーリングは従来に近く、デザイン那珂改二に似通っているが、パフスリーブとフリルを重ねたスカートのコーディネートで可らしさを押し出した那珂ちゃんに対し、神通ノーリーブとボックスプリーツスカートのコーディネートで、額には鉢をきりりと締め、には魚雷発射管を日本刀のように二本差しにしている。以前の気弱げな雰囲気はどこへやらの々しい出で立ちはを彷彿とさせる。
港の画面では確認できないが、その左足にはトレードマークとも言える探照が装備され、中破時には史実さながらに煌々とく。魚雷を装備している艦娘の中には中破時に魚雷発射管が破壊されているものも少なくないが、「戦いにく」くなった神通のそれは健在、次発装填済みである。

  改二でのステータスはその武勲にふさわしい。軽巡最大の耐久50を引くが、同時に火力もそれまでの最高値である球磨長良那珂改二(69)を上回る70装も98巡を除く軽巡トップ、装甲も川内と同等の69と総合的に見ても軽巡最強とする提督が多いであろう。もちろん、最の艦を最強であるとすることに不都合は全くないが。

神通改二の特徴の一つが、彼女の改二実装された「探照である。この装備は夜戦時に味方のカットイン率を引き上げ、相手のカットイン率を下げる、正に夜戦の切り札である。但し、装備した艦娘に攻撃が集中してしまうことは史実同様であり(デメリットについては史実ほどではないと告知されている)、使いどころと搭載する艦を考慮する必要があるだろう。

なお、神通改二実装された際のアップデートには『二戦の航跡』及び『次発装填、再突入!』という、神通モチーフにした曲名を冠された新BGM2曲が新規に追加されている。

提督に、史実を持って参りました…

美保関事件 

 「神通」は川内軽巡洋艦の一隻として神戸川崎造船所にて1922年7月に起工される。 
 当初は川内3番艦として就役する予定であったが、本来2番艦であった「那珂」が1923年の関東大震災で大破し、解体・再起工と大幅に建造スケジュールが狂ったため、本艦が繰り上げで2番艦として19257月に就役した。 
 艦名は、富山県岐阜県を流れる「神通」に由来する[1]。ただし、の名前は「じんづうがわ」と「通」が濁るが、艦名は「じんつう」と読む。

 1927年8月島根県美保関での訓練中、「神通」は視界不良の中でニ等駆逐艦「蕨」の右舷艦付近に衝突。 「蕨」は衝突箇所から艦体が二つに折れ、沈没。艦長以下119名が死亡神通艦首部分の衝突箇所が大きく抉られる損傷を負った。 
 さらに運の悪いことに、この2隻を避けようとした「那珂」が同じく回避中の駆逐艦」と衝突。双方大破する被を出す。 
 事件当時の神通艦長であった大佐は軍法会議にかけられることになり、危険を軽視した訓練を強いた負いから軍内でも同情的な意見もあったものの、責任を強く感じていた艦長は判決前日に自決するという痛ましい結末となった。一方、猛訓練を命じた側は特に責任追及されるでもなく、事件はそのままうやむやになってしまう。
 この事件は後に「美保関事件」と呼称され、現在では軍縮条約下の猛訓練(しかも、いわゆる体育会系根性論による理論的ではいもの)の産んだ犠牲として見られている。

「華の二水戦」旗艦

 「神通」は衝突事故の修理の際、艦首波性に優れたダブルカーブド・バウ装している。 
 1931年には第二艦隊第二水雷戦隊の旗艦を継承。 この第二水雷戦隊(通称「二戦」)は力部隊として常に前線で戦う任務を帯び、最新鋭の艦と装備が優先して配備される屋にとっての形だった。
 以後、「神通」 は戦没までの間、修理や装などで離れた時期を除き、10年以上にわたり二戦の旗艦を務め、まさに戦隊徴する艦とも言える存在だった。
 その後も何度か近代化装を受け、1941年の装では正式な航空兵装の搭載と、前部発射管を撤去しウェルデッキを兵員室に充て、後部の魚雷発射管を従来の連装発射管から酸素魚雷を発射可な四連装発射管に交換している。 「こんな素敵な近代化修、私うれしいです」

 開戦後は二戦としてダバオ上陸作戦、セレベスメナド攻略戦などを支援し、印方面で活躍。
 1942年2月のスラバヤ戦では第四戦隊の「那珂」と共に参戦。この戦いで「神通」は偵察機により敵部隊の行動を補足し続け、英駆逐艦エレクトラ」を撃で沈黙させ撃沈に貢献するなど活躍。
 しかし戦隊としての働きは、射程距離の長い酸素魚雷を活かしたアウトレンジ戦法に拘った結果、艦隊全艦で188本の魚雷発射のうち命中したものは僅か4本という惨憺たるものだった。「当たってください!」
 これは信管が鋭敏すぎた、元より命中率の悪い魚雷の射程を伸ばしてもメリットが薄いなどの酸素魚雷の欠点を露呈するものでもあるのだが、勝利したにも関わらず二令の田中頼三少将らは「敢闘精が足りない」などの批判を浴びた。これが後の田中少将の左遷に繋がるのだが、それについては「長波」の記事を参照して頂きたい。

 ミッドウェー海戦にも護衛隊として参加するが、交戦の機会はかった。
 第二次ソロモン戦には「陽炎」らと参加するが、米軍襲で爆弾を受けて中破。旗艦を一時「陽炎」に譲渡しトラック地に帰投。その後本土で修理を行うべく前線から一旦外れる(その間の二戦旗艦は「五十鈴」が務めた)。 

コロンバンガラ島沖に散る

 修理を終えた「神通」は1943年に二戦に復帰、ガダルカナル撤退作戦支援に参加する。 そして二戦旗艦として「神通」が最期の活躍をしたのが、この年10月コロンバンガラ戦である。

 コロンバンガラへの兵輸送を的とする日本軍、「東京急行」と呼ばれる日本の輸送作戦阻止しようとするアメリカ側とが突したこの戦いは、夜戦となった。
 二戦は「三日月」を先頭に立てて「神通」「雪風」「浜風」「清波」「夕暮」と続く単従。対するアメリカ第36.1任務群の戦軽巡3隻、駆逐艦10隻といった容だった。
 二戦は水上偵察機の報告と「雪風」の逆探により敵船団を発見。ほぼ同時に第36.1任務群もレーダーにより二戦の存在を察知。お互いに相手の存在を確認した上での戦闘開始となる。神通、いきます」

 レーダーが未発達(そもそも積んでないとか、積んでても敵か味方か判断できないとか)の当時の夜戦は、相手がで見えなければ戦いにならない。そのため、先導艦として「神通」は、後続駆逐艦のために探照照射を敢行。
 日本戦隊では伝統として「旗艦は先頭に出て後続の艦を守る」「そのため旗艦には駆逐艦より装甲の硬い軽巡を使う」という決まりがあった。
 「神通」の行動は教科書通りの動きであったが、それは自分の位置をあからさまに相手に教えることにもなるわけであり、当然のごとくアメリカ軽巡3隻から多数の撃、撃を浴びせられ、「神通」の船体はく間に炎上する。
「来ないでって言ったのにぃ!」

 二令・崎俊二少将、艦長・佐藤治郎大佐令部は艦への撃で戦死。航行不となり落し、燃え盛る建造物が「雪風」の乗員から確認されながら、それでも「神通」は探照照射と撃をやめず、魚雷7本を発射するなど奮戦(更にこの魚雷が敵軽巡リアンダー」に命中して大破させたとも)。「狙い撃ちされました。これじゃあ、戦いにくいです」
 やがて再度魚雷を受けた「神通」は大爆発を起こしっ二つになり沈没。しかし船体の前半分はが明けてもなお沈まず、鉢巻姿の員が残った第一しく敵駆逐艦に反撃を続ける姿が日両方の偵察機から確認されている。

 そして、「神通」へのいじめ集中攻撃が意味することは、他の駆逐艦への攻撃がほぼなかったということになる。駆逐艦部隊は最大戦速で敵艦隊に薄、魚雷の一斉射でまず軽巡リアンダー」を大破させ戦闘不能に陥らせると。そのまま反転離脱に移ることに成功。
 その後、次発装填装置の睦月の「三日月」を除く船は魚雷装填を行い戦線に復帰。もう日本軍撃はいと油断し突撃してきたアメリカ艦隊に対し再度の魚雷斉射を行い、軽巡「セントルイス」「ホノルル」を大破。駆逐艦グウィン」を大破のち沈没に追い込む。さらに駆逐艦ブキャナン」と「ウッドワース」が衝突事故を起こして大破。鮮やかに大打撃を与えると、再び戦場から離脱していった。「油断しましたね。次発、装填済みです」
 また大破した「リアンダー」は損傷が酷く二度と前線に戻ることが出来ず、第36.1任務群は事実上戦外に追い込まれた。でもすぐお代わりが来るのがクオリティ

 駆逐艦部隊は「雪風」に弾が直撃するも不発だった幸運が起こった以外は全くの傷、コロンバンガラへの輸送も事遂行され、日本軍勝だったが、「神通」の救助を行う余裕はく、輸送了後「皐月」と「水無月」が捜索に向かったが、何も発見できなかったという。「こんな私でも、提督のお役に立てて…本当に嬉しいです」
 二令部を含む482名が死亡、生き残ったのはアメリカ艦隊に救助された2名。また、21名が潜水艦185」に救助されたともいう。

 「華の二水戦」の名に恥じぬ執念を見せ、「ホノルル」1110発、「リアンダー」160発、「セントルイス1360発。合計にして2630発弾を一手に引き受け、旗下の駆逐艦に全く被を与えず、勝利と引き換えに壮絶な最期を遂げた「神通」。
 この艦をアメリカの戦史研究サミュエル・E・モリソンは神通こそ太平洋戦争中、最もしく戦った日本軍艦である」と評した。

その名を受け継ぐもの

 海上自衛隊の艦艇は往々にして旧軍のそれから、名前を引き継いでいるものが多い。「神通」も例外ではなく、警備艦(地方隊向けの小護衛艦)の最終世代である、あぶくま護衛艦2番艦「じんつう」に引き継がれた。

 である甲警備艦(汎用護衛艦)の技術進展のため、当面は最後の警備艦クラスの1隻として、長らく地方隊付護衛隊。艦隊再編後は護衛艦隊直轄の護衛隊にて、に沿警備活動に活躍している。

 このクラスは「シースパローとヘリがないことを除けば、はつゆきあさぎりと同等」と言われるほど高性[2]で、居住性や航続距離も良好である[3]第二水雷戦隊旗艦として々しく散した先代に較すると地味だが、艦これ神通さんの控えめだが仕事はきっちりこなす性格に、少し似ているかもしれない。

 因みに最近色々とアレな隣の軍拡、そして護衛艦総数の減少傾向から延命措置工事が予定されており、二代「じんつう」はこれからも長く日本の防衛に貢献することになるそうである。因みにての姉妹艦「川内」も、同じあぶくまの4番艦として名前を引き継いでいる。

こんな素敵な関連動画…私、嬉しいです…


神通」を含む川内三姉妹の史実での物語。特に後編は彼女の壮絶な最期を伝えてくれる。ハンカチ必須。

油断しましたね、関連静画装填済みです

史実漫画


改装前

改装後

提督に、関連商品を持ってまいりました

どういうことでしょう…関連コミュニティが、火照ってきてしまいました…

やられちゃいました…しばらく関連項目に専念します、すみません…

脚注

  1. *大正時代から昭和40年代にかけて、下流域の現・富山市にて四大公病であるイタイタイ病が問題化したことで有名な河川である。義務教育社会の教科書等で学んだのを憶えている方も多いであろう。
  2. *相互データリンクハープーンSSM8発、統合化された対潜情報処理装置、限定的だがステルス化された船体構造を持ち、ESM/ECMC4Iも汎用護衛艦と同レベルという鬼畜仕様である。地味に怖いところは変わってないのか…
  3. *海自護衛艦として最初に二段ベッドを採用して、一人あたりの居住間を大きく拡。航続距離や巡航速度も18ktで5500里以上といわれ、欧州軍ならば大フリゲート駆逐艦並みの長距離選手である。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A5%9E%E9%80%9A%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29
ページ番号: 5127654 リビジョン番号: 2418481
読み:ジンツウ
初版作成日: 13/08/11 04:54 ◆ 最終更新日: 16/10/19 03:13
編集内容についての説明/コメント: コロンバンガラ島沖海戦・輸送隊にある「水無月」→「水無月(艦これ)」に
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神通(艦これ)について語るスレ

789 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 11:07:33 ID: VgkeGKeQ4Z
大佐の軍法会議での特別弁護人には、兵学校同期だった嶋田太郎大佐(開戦時の軍大臣)が名乗り出たんだよね。

が不自由な(大佐はかつて砲術長や砲術学校教官を歴任しており、撃の大音を聞きすぎた所為で難聴になってしまった)を艦長にした上層部にも責任あるだろと大激怒したとか
790 : ななしのよっしん :2016/11/03(木) 07:16:17 ID: V8L6K0AngS
なんか、神通に対するネガキャンコメ見て思うんだけど、
なんで日本人って軽巡に戦果めてるんだろ。
軽巡は、指揮官の役割であって、軽巡自身が駆逐艦以上の戦闘力を持つ大艦ってわけじゃないんだがな。
まあ、おそらく酸素魚雷への過剰評価に対する勘違いとかが原因だろうけど。

そういった意味合いで、アメリカモリソン教授は、最も危険な部隊に最も長く旗艦やってた軽巡ってことで、賞賛してたんだがなあ。

本来なら軽巡は、大淀みたいな駆逐隊であり指揮官か、空母や戦闘艦を補助する艦艇なんだがな。
配下の駆逐艦のほうが、戦果あげるのは当たり前なんだが。
やっぱ、世界的に日本の戦術理論って大きくずれてたんだな。
791 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 17:28:03 ID: UXzOo50zbg
そのモリソン氏の賞賛のソースってどこ?神通の話になると必ず出て来るけど、そんなことが書いてある文書も書籍も今まで見た事がない。ハッキリ言って艦これが流行りだしたと同時に、帝国海軍を持ち上げるようなデマや否定された古い説が大量に流れてるから、その一つだと思うんだけど。

か知ってる人いる?「~って聞いたことある」とか「~らしい」みたいな曖昧な伝聞じゃなくって、ハッキリとした情報ソースなり出所なり
792 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 14:55:08 ID: Wg+m+kvrE4
>>791
の調べた限りだと、木俣滋郎の『撃沈戦記 海原に果てた日本艦船25隻の航跡』の中に、モリソンさんがそんなこと書いてるんだってさ、みたいに書いてあるらしい。
ちなみにこの本は2013年発行だが、1988年発行の本を出版社を変えて出し直したものなんで、艦これが出たからどうこう、ってことじゃないと思うぞ?
>>az4769827865

実際にこの本を読んだことないんで、"らしい"なんだが。すまんな。
793 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 23:50:22 ID: UXzOo50zbg
>>792
それ多分『日本戦史』の方だよ。モリソン氏が神通を「最もしく戦った巡洋艦」と著書で評したって書いてあるんだけど、肝心の出典が全くく、それどころかモリソン氏の著書には神通についての直接の記述が、「集中火を受けてっ二つになって沈んだ」くらいしかないんだよ(もしかしたら見落としがあるかもしれないけど)。

それ以外に何か手がかりはないかと思ったんだけど、ここまで何も無いとなると、神通の評価自体根拠のい噂だったんじゃないの、って思った次第で。
>>az4809901084


それと、少し弊があったから訂正しておく。艦これが流行り始めたと同時に、艦これプレイヤーたちがこのテの噂やカビの生えた説を引っり出したり、みにして拡散してるのは事実だと思うよ。他にも、クロスロード作戦長門関連とか、ソロモン戦の夕立の戦果とか、アイオワ級の振動や建造的についてとか。ここの過去の書き込み見れば分かると思うけど、この神通評だって相当深く根付いちゃってるよ。

まぁ、とにかく情
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
794 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 03:09:22 ID: t929OcuV5Z
回繰り返せば真実だってそれ1番言われてるから

まあな話ピクシプ百科事典なんかでは「あまり信憑性が高くない」と書かれてるし、ここでもそういう文言を入れてもいいのかも。
そんなもので神通さんの魅を幾ばくかでも損なう訳じゃないと思ってるしねw
795 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 04:04:42 ID: w7vakADGJx
歴史系の談議ならあるある的な事だよ。
>>793みたくもっともらしい言い方をわざわざしてる書き込みをすれば
単純な人はそれが真実だと思ってしまうしだますのも容易い。
実際に彼が摘する書籍やモリソンの英語で書かれた文献を調べたりするような一般人はいないし
この時点で彼が本当のことを言ってるかどうかを確する暇人なんかいないわけだ。
796 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 00:57:58 ID: UXzOo50zbg
>>795
まるで無知な人を騙そうとしているなんて言い方は、正直心外だな。
別に神通の活躍やモリソン氏の記述について何か情報があったら、どうぞ書き込むなりしてください?こちらも興味がありますので是非ともご教授いただきたい。その時はこちらも神通の活躍を噂だって疑ったことを謝るし、考えもめるよ。

歴史系談義あるあるとか言って誤魔化そうとしてるけど、どこであろうと誤った情報デマを広めるのは、わざとであろうとなかろうと決して褒められることじゃないし、もし自分が実際にそれをやった、もしくは加担したら、悪いなと思ったり情報を訂正したりするのが人として当然だよ。

最後に、艦船やミリタリーについて知識を深めるのを暇人の所業みたいに言ってるけど、だったら何故その暇人同士の話題に突然割って入ってきたの?
恐らくあなたは、その書き込みの中で言う一般人に分類される人種なんだろうけど、だったら尚更この類の話題に興味なんてさらさらないんじゃないの?

何か情報を書くでもなく、趣味の領域の話で暇人なんて
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
797 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 16:50:06 ID: t929OcuV5Z
>>796
すまんのだけど、>>795の言う歴史談義あるあるは自分の言った「回繰り返せば~」に対して言ったのでは?
これ確かナチスの宣伝相の台詞と記憶してるけど、歴史談義あるあると言われたらまんま納得するからねw
あなたがデマを広げようとしてるとは自分は思ってないよ。

ただ、ここ艦船の記事じゃなくてあくまでキャラとしての神通さんの記事だからそっち系の話題はあまり引きづらない様にお願いしたいです。
平和に行こうぜ。
798 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 20:25:38 ID: UXzOo50zbg
>>795がそう言ってる様には自分は思えないけど、最後に関しては同意する。

この手のフワフワした話が当然の常識みたいにられてて、少しモヤモヤしてたんだ。
でも、少し熱くなり過ぎた。気を付けるよ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015