オリエント急行殺人事件単語

オリエントキュウコウサツジンジケン
2.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

『オリエント急行殺人事件』または『オリエント急行の殺人』(原題:Murder on the Orient Expressとは、アガサ・クリスティの長編推理小説である。1934年発表。

エルキュール・ポアロシリーズの長編第8作。

ストーリー

ポアロシリア仕事を終えイスタンブールからイギリスへの帰のためオリエント急行に乗っていた。
そこでサミュエルラチェットとという人物と知り合う。
彼は自分が脅迫を受けているということを伝えて事件解決を依頼する。しかしサミュエルは態度が悪くポアロ興味を持てず断るのだった。

それから列車の吹き溜まりにより立ち往生してしまう。
そんな中、サミュエルが個室内で12か所を刺されためった刺しの死体となって発見される。
サミュエルの近くには「デイジーアームストロング」と書かれたがあった。
ポアロ列車が動き出すまでの暇つぶしと称して事件の解決に挑む。

容疑者は、籍も人種も全く違う、同じ車両に乗り合わせた乗客たちだった。
しかし次第に事件との関係性、そして過去に起きた残酷な事件が浮かび上がってくる……

概要

そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』と並ぶ、クリスティの代表作。
そして『アクロイド殺し』やエドガーアラン・ポーの『モルグ殺人、『ポートピア連続殺人事件と並び、世界で最も犯人ネタバレされやすいミステリー作品のひとつである。

何しろ本作のミステリーとしての核心はたった一言で説明できてしまう。その極めてシンプルかつインパクト絶大のトリックはあまりにも有名で、ミステリー作品に多少でも興味があれば知らずにいる方が難しい。本作の犯人を知らずに読める人は非常に幸運なので、もしこの記事を見ている人にそんな人が居たら知ってしまう前に読むことを強く推奨する。

ミステリー小説オールタイムベストランキングなどでも昔から上位の常連であり、たとえば2012年の「東西ミステリーベスト100」では海外編の11位ランクインしている。

チャールズリンドバーグ息子が誘拐された事件が下敷きとなっていることでも知られる。

日本語訳は2021年現在早川書房クリスティー文庫山本やよい訳)、東京創元社創元推理文庫長沼毅訳)、KADOKAWA角川文庫(田内志文訳)、光文社光文社古典新訳文庫(安原和見訳)の4種類が入手可タイトルはハヤカワと創元が『オリエント急行の殺人』、角川光文社が『オリエント急行殺人事件』表記。書店で見べて、読みやすい訳を選ぶといいだろう。

また児童向けでも、偕成社文庫茅野美ど里訳)、講談社青い鳥文庫上かつみ訳)、ポプラポケット文庫統夫訳)、ハヤカワ・ジュニアミステリ山本やよい訳)の4種類が入手可(ハヤカワはクリスティー文庫と同一)。

列車というやかな舞台に加え、作品の性質上思いっきキャストえるのに向いているため、1974年2017年に2度にわたってアメリカ映画化されており、どちらもヒットしている。
また、日本でも2015年三谷幸喜脚本で、舞台昭和初期の日本に翻案したテレビドラマが放送された。

登場人物

名前の表記と記載順は早川書房クリスティー文庫版に準拠。

エルキュール・ポアロ
おなじみベルギー人の私立探偵灰色細胞
ブーク
ベルギー人。際寝台車会社の重役で、ポアロの知人。ポアロ1号室を譲り、事件解決を依頼する。
メアリデブナム
11号室の乗客。イギリス人。家庭教師をしていたという聡明そうな女性
アーバスノット大佐
15号室の乗客。イギリス人の軍人。
サミュエルラチェット
2号室の乗客。アメリカ人。ポアロに護衛を依頼するが態度の悪さで不を買って断られ、その後殺される。
クターマックィーン
6号室の乗客。アメリカ人。ラチェット秘書
エドワードマスターマン
4号室の乗客。イギリス人。ラチェットの召使い。
バード夫人
3号室の乗客。アメリカ人。おしゃべりな中年女性
コンスタンティン
医師ギリシャ人。ラチェットの検死を担当する。
ドラゴミロフ公爵夫人
14号室の乗客。ロシアからの亡命貴族の老婦人。
ヒルガルデ・シュミット
8号室の乗客。公爵夫人のメイド
アンドレ伯爵
13号室の乗客。ハンガリー人。
アンドレ伯爵夫人
12号室の乗客。ハンガリー人。伯爵の若く美人な妻。
サイラス・ハードマン
16号室の乗客。アメリカ人の私立探偵
グレタオールソン
10号室の乗客。スウェーデン人の婦人。
アントーニオ・フォスカレッリ
5号室の乗客。イタリア人のセールスマン
ピエールミシェル
フランス人。ラチェット死体の第一発見者。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E6%80%A5%E8%A1%8C%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オリエント急行殺人事件

16 削除しました
削除しました ID: 1dwsGU5XWx
削除しました
17 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 14:29:44 ID: dzSlN9XX2H
真犯人もそうなんだけど、その後のポアロの選択もシリーズでは異色なんだよな
後の作品でつっこまれてて「あれは違いますよ」とだけ返してた
18 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 14:37:31 ID: DHVJmrXDB6
ネタバレ:通りすがりの強盗犯人で名前もわからず行方不明
19 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 14:47:47 ID: 9jRD5HluuE
ポアロの「殺人は容認しない」は一貫してるけど、「『実はさいなむ』を防ぐ」と「『殺人は容易だ』は本人を腐らせるから止める」と理由はあるんだよね…自分すら例外でないほど。
20 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 15:16:29 ID: gCjO1zuegk
>>17
まぁ被害者が本来は「首をくくられるべき
卑劣であったこと(ここまでは推理小説でよくある話)」
犯人側がとある細心の配慮をしたからというのも
大きいだろうね今回は

ポワロの長編ではしくミスリードの事件もないし
21 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 15:55:34 ID: g/7Ll4f8jd
なんで急上昇ワードに入ったのかね。
22 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 11:02:30 ID: SJVGDt4dWZ
詳しい編集ありがとうございます
何となく記事を作っただけだったのですが。
23 ななしのよっしん
2021/07/31(土) 16:43:26 ID: ihOd9WoCzh
今日BSPで放送してるな
24 ななしのよっしん
2021/07/31(土) 16:48:21 ID: EgJjf3HloY
>>18
犯人の羽織ってた着物ガウンがポワロのトランクに鎮座してたシーン生え散らかしたわ
25 ななしのよっしん
2021/08/10(火) 03:40:38 ID: r8YWShOQZP
デビッドスーシェ版だと最後のポワロの反応が原作と大きく違ってるんよね

急上昇ワード改