東西ミステリーベスト100単語

トウザイミステリーベストヒャク
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

東西ミステリーベスト100とは、雑誌「週刊文春」が過去に2回行った、内および海外ミステリー小説オールタイムベストランキング企画

日本におけるミステリーオールタイムベストランキング企画の中では最も知名度が高い企画1985年版と2012年版が存在し、以下、両方について記述する。

【各ランキングへのリンク1985年版国内編 1985年版海外編 2012年版国内編 2012年版海外編

1985年版

週刊文春1985年8月29日号(海外編)、および9月5日号(内編)にて「図書館特集 保存版 史上最大のアンケート 海外ミステリーベスト100」および「日本ミステリーベスト100」との記事名で、海外および内のベスト100が発表された(内編は、98位に同点で5作品が並んだためランクインしたのは102作品)。対投票当時までに刊行された内外のミステリー小説全て文字通りのオールタイムベスト企画である。

記事によると、アンケートの文言は「①発表年代を問わず、御自身のベスト10作品を順位を付してリストアップ願います。長篇、短篇の別なく、また本格、サスペンス冒険小説など、ミステリーの範囲をできるだけ広義に解釈していただいて結構です。②お好きなミステリー作家を一人、お書き下さい」とのこと。

投票したのは、日本推理作家協会および日本冒険小説協会の会員、各大学ミステリー研究会、SRの会などのミステリーファンクラブ会員など総勢508名。各自が1位~10位までランキングをつけて投票し、1位10点、2位9点……10位1点として集計された。また、アンケート②の「好きな作家」は内・海外ともベスト20が誌面に掲載された。

誌面にはランキングだけでなく、結果を受けた権田治×瀬戸猛資×郷原×内藤陳による座談会が掲載。その後、1986年ランクイン全作品の紹介を追加し、『東西ミステリーベスト100』のタイトルで文文庫から刊行された。文庫版は現在は入手難で電子書籍化もされていないが、古書を探せば手に入らなくはない。また週刊文春掲載時には、海外とも座談会参加者4人の投票内容に加え、海外編では藤沢周平鮎川哲也中村一郎、塚本邦雄、野坂昭如、静子、勝西村京太郎沢永一の投票内容と、女性投票者だけのベスト10が掲載。内編では学生投票者のみのベスト10が掲載されている。

文庫版には作家ランキング女性投票者ベスト10・学生投票者ベスト10は再録されていないので、参考資料として本記事内に記載する。

それまでにも内外のミステリーオールタイムベストを選出する企画は様々な雑誌などで行われてきたが、個人や少人数のセレクトによるベスト選出が多く、また基本的に雑誌に載ったきりであった。内と海外の両方を対に、古典から最新作までを網羅して、本格や社会ハードボイルド冒険小説などを区別することなく、これだけ大規模にアンケートを集めて集計したランキングはほぼかったといえる。そのため、1985年当時のミステリー界の約数的なオールタイムベストとして、文庫の形で出版され入手が容易であったこともあり、当時の若い読者にとっては重な手引き書となった。以後もミステリー評価のひとつの大きな針、基準点として多大な役割を為したランキングである。

また、これは偶然だが、内では2年後の1987年綾辻行人デビューして「新本格」ムーブメントが始まり、日本ミステリー界の勢図が大きく変わっていくことになるため、結果として新本格直前の日本ミステリー界における作家・作品の評価や位置づけ」を端的に示したランキングとして、現在から見ると歴史的な価値も有している。

なお、投票当時がいわゆる冒険小説ブームの時代であった(しかも投票者の1/4が日本冒険小説協会会員であった)ためか、内・海外とも冒険小説が非常に強いランキングになっている。また、内では最上位はともかく50位以降では、江戸川乱歩賞日本推理作家協会賞直木賞などの受賞作が多く、当時の「週刊文春ミステリーベスト10」における「賞モノが強い」というやや権威義的な傾向がこちらでも見られる(特に乱歩賞受賞作が多いあたり……)。

現代のから見るとランクインしている作品は全て古典と言っていいが、内では9位の連城三紀彦『戻り心中』(1980年)、11位船戸与一山猫』(1984年)など、投票時点ではまだ新作と呼んでもいいような新しい作品も上位に入っており、102作品の中には刊行から10年以内の作品が30作以上入っている。2012年版の内編にランクインした21世紀の作品が10作品であることを考えると、分の違いが大きいとはいえ意外と新作が強いランキングであったと言える。まあ、冒険小説ファンが多く投票した結果、流行の冒険小説に票が集まったので近作が増えた、という側面は大きいだろうが……。

文庫版での作品紹介あらすじ」と「うんちく」は署名だが、一部はデビュー前の北村薫折原一が執筆していたことが2012年版で明らかにされている(北村薫の担当分は、のちにエッセイ集『読まずにはいられない 北村薫エッセイ』に収録)。なお85年版の小泉美子『弁護側の人』(内編40位)の「あらすじ」では、執筆担当者が作品の仕掛けを全く理解しておらず、最大の大ネタバラしてしまっているので未読の人は要注意。この「あらすじ」を見てから『弁護側の人』を読んだため、なぜ評価が高いのか解らなかったという被害者は結構いる。

何にせよ、1985年版のランキングは今の読者読書の参考にするには向かない。評価軸が古いのもあるし、そもそも内・海外ともとっくに新品では入手できなくなってる作品が非常に多い(特に2012年版では圏外に消えた作品群)。もちろん圏外に消えた中でも、オールタイム投票には入らなくなっただけで今読んでも面白い作品はいろいろあるが、読書の参考にするのは2012年版にして、こっちは「昔はこういう評価だったんだなあ」ぐらいのつもりで眺めるとよい。

国内編(1985年版)

順位 タイトル 作者 初刊/発表 得点 2012年 備考
1 横溝正史 1949年 895 1位(―)
2 虚無への供物  中井英夫 1964年 839 2位(―)
3 点と線 松本清張 1958年 797 6位(▼)
4 不連続殺人事件 坂口安吾 1948年 638 19位(▼) 第2回探偵作家クラブ賞
5 黒死館殺人事件  小栗太郎 1935年 630 14位(▼)
6 ドグラ・マグラ  夢野久作 1935年 548 4位(
7 殺人事件 横溝正史 1947年 532 10位(▼) 第1回探偵作家クラブ賞
8 トランク 鮎川哲也 1956年 505 11位(▼)
9 戻り心中 連城三紀彦 1980年 471 12位(▼) 34日本推理作家協会賞
10 刺青殺人事件 高木彬光 1948年 455 32位(▼)
11 山猫 船戸与一 1984年 421 46位(▼)
12 大誘拐 天藤真 1978年 398 7位( 32日本推理作家協会賞
13 二銭 江戸川乱歩 1923年 366 24位(▼)
14 江戸川乱歩 1928年 356 35位(▼)
15 ゼロ焦点 松本清張 1959年 309 37位(▼)
16 11枚のとらんぷ 泡坂妻夫 1976年 284 38位(▼)
17 亜愛一郎の狼狽  泡坂妻夫 1978年 274 16位(
18 飢餓 水上 1963年 265 31位(▼)
ゴメスの名はゴメス 結城 1962年 265 圏外
20 危険な童話 土屋 1961年 262 79位(▼)
21 占星術殺人事件  島田荘司 1981年 261 3位(
22 乱れからくり 泡坂妻夫 1977年 258 34位(▼) 31日本推理作家協会賞
23 事件 1977年 242 圏外 31日本推理作家協会賞
24 北方謙三 1983年 235 圏外 第2回日本冒険小説協会大賞
25 心理試験 江戸川乱歩 1925 212 圏外
26 匣の中の失楽  竹本健治 1978年 197 40位(▼)
27 飢えて 1981年 191 圏外
28 の死 高木彬光 1960年 187 88位(▼)
29 土の奔流 治郎 1965年 185 圏外
逃がれの 北方謙三 1982年 185 圏外
31 野獣死すべし 大藪 1958年 193 圏外
32 人形はなぜ殺される 高木彬光 1955年 177 28位(
33 なめくじ長屋捕物さわぎ 都筑 1969年 176 圏外 (※1)
34 追いつめる 治郎 1967年 163 圏外 57直木賞
35 は知っていた 仁木悦子 1957年 157 77位(▼) 第3回江戸川乱歩賞
36 サマー・アポカリプス 笠井 1981年 154 55位(▼)
37 江戸川乱歩 1930年 151 27位(
白鳥 鮎川哲也 1960年 151 100位(▼) 第13回日本探偵作家クラブ賞
39 燃える波濤 1982年 146 圏外 (※2)
40 弁護側の 小泉美子 1963年 140 59位(▼)
41 の告発 土屋 1963年 130 圏外 第16回日本推理作家協会賞
42 悪魔の手毬唄  横溝正史 1959年 129 75位(▼)
斜め屋敷の犯罪 島田荘司 1982年 129 21位(
44 八つ墓村 横溝正史 1951年 128 57位(▼)
45 紳士同盟 小林 1980年 123 圏外
46 成吉思汗秘密 高木彬光 1958年 118 圏外
47 裂けて 1983年 117 圏外
48 りら荘事件 鮎川哲也 1960年 115 33位(
49 押絵とする男 江戸川乱歩 1929年 108 圏外
50 の根 1961年 106 圏外 第7回江戸川乱歩賞
51 オデッセイ 船戸与一 1981年 104 圏外
52 高層の死 1969年 103 圏外 第15回江戸川乱歩賞
53 砂の器  松本清張 1961年 102 25位(
54 バイバイエンジェル 笠井 1979年 97 圏外
55 半七捕物帳 岡本綺堂 1917年 94 42位 (※1)
パノラマ奇談 江戸川乱歩 1926年 94 87位(▼)
一本の 佐野 1959年 94 圏外
58 丸幻視行 井沢元彦 1980年 91 圏外 第26回江戸川乱歩賞
59 の舌に釘をうて 都筑 1961年 89 圏外
60 招かれざる客 沢左保 1960年 88 圏外
61 色のパステル 岡嶋二人 1982年 84 圏外 28江戸川乱歩賞
人生阿呆 木々高太郎 1936年 84 圏外 第4回直木賞
63 背徳のメス 黒岩 1960年 78 圏外 44直木賞
64 蒸発 あるの終わり 静子 1972年 76 圏外 第26回日本推理作家協会賞
65 ナポレオン 田高 1979年 75 圏外 第81回直木賞
66 富豪刑事  筒井康隆 1978年 73 圏外
写楽殺人事件 高橋 1983年 73 圏外 第29回江戸川乱歩賞
68 眠りなき 北方謙三 1982年 71 圏外 第1回日本冒険小説協会大賞
第4回吉川英治文学新人賞
69 蝶々殺人事件 横溝正史 1948年 70 圏外
70 死のある風景 鮎川哲也 1965年 69 圏外
殺人鬼 尾四郎 1932年 69 圏外
72 炎に絵を 1966年 68 圏外
73 い画集 松本清張 1959年 66 圏外
74 十郎捕物帳 久生十 1940年 65 圏外
75 Wの悲劇 静子 1982年 64 圏外
76 伯林一八八八年 渡英 1967年 63 圏外 第13回江戸川乱歩賞
77 さらばアフリカ女王 1979年 62 圏外
十郎切腹事件 康二 1960年 62 圏外 第42回直木賞
大いなる幻 1962年 62 圏外 第8回江戸川乱歩賞
80 マリオネット 赤川次郎 1977年 61 圏外
81 犯罪 小栗太郎 1933年 60 圏外
あした天気にしておくれ 岡嶋二人 1983年 60 圏外
83 三重露出 都筑 1964年 56 圏外
84 える 大藪 1964年 51 圏外
85 暗い落日 結城 1965年 50 圏外
人間 1976年 50 圏外
幽霊列車 赤川次郎 1978年 50 圏外 第15回オール推理小説新人賞
88 轢き逃げ 佐野 1970年 49 圏外
89 誘拐作戦 都筑 1962年 47 圏外
非合法員 船戸与一 1979年 47 圏外
薔薇の女 笠井 1983年 47 圏外
92 スターリン暗殺計画 檜山良昭 1978年 45 圏外 32日本推理作家協会賞
友よ、静かに瞑れ 北方謙三 1983年 45 圏外
94 石の下の記録 大下 1951年 44 圏外 第4回探偵作家クラブ賞
落ちる 多岐 1958年 44 圏外 40直木賞
ぼくらの時代 栗本薫 1978年 44 圏外 第24回江戸川乱歩賞
ホック氏の異郷の冒険 加納一朗 1983年 44 圏外 37日本推理作家協会賞
98 北の夕2/3の殺人 島田荘司 1985年 43 圏外
五十万年の死 伴野朗 1976年 43 圏外 22江戸川乱歩賞
殺しへの招待 天藤真 1973年 43 圏外
ひげのある男たち 結城 1959年 43 圏外
異郷の帆 多岐 1961年 43 圏外

※1…シリーズ全体に対しての投票
※2…全6巻だが、投票時点で刊行されていたのは3巻まで。

海外編(1985年版)

順位 タイトル 作者 初刊/発表 得点 2012年
1 Yの悲劇 エラリー・クイーン 1932年 1073 2位(▼)
2 幻の女 ウイリアムアイリッシュ 1942年 891 4位(▼)
3 長いお別れ レイモンドチャンドラー 1953年 660 6位(▼)
4 そして誰もいなくなった  アガサ・クリスティ 1939年 618 1位
5 鷲は舞い降りた ジャック・ヒギン 1975年 537 19位(▼)
6 深夜プラス1 ギャビン・ライアル 1965年 523 25位(▼)
7 F・W・クロフ 1920年 516 33位(▼)
8 アクロイド殺し アガサ・クリスティ 1926年 505 5位(
9 僧正殺人事件 S・S・ヴァン=ダイ 1929年 394 18位(▼)
10 シャーロック・ホームズの冒険 アーサーコナン・ドイル 1892年 383 3位(
11 女王陛下ユリシーズ アリステア・マリクーン 1955年 367 70位(▼)
12 ジャッカルの日 フレデリックフォーサイス 1971年 361 17位(▼)
13 さらば愛しき女よ レイモンドチャンドラー 1940年 360 79位(▼)
14 刑法 ジョン・ディクスン・カー 1937年 341 10位(
15 シャドー81 ルシアン・ネイハム 1975年 332 32位(▼)
16 黄色部屋 ガストン・ルルー 1907年 325 28位(▼)
17 死の接吻 アイラレヴィン 1953年 322 13位(
18 赤毛レドメイン イーデン・フィルポッツ 1922年 297 48位(▼)
19 ディック・フランシス 1965年 283 35位(▼)
マルタ シール・ハメット 1930年 283 36位(▼)
21 高い砦 デズモンドバグリイ 1965年 260 91位(▼)
22 グリーン殺人事件 S・S・ヴァン=ダイ 1928年 253 圏外
23 わらの女 カトリーヌ・アルレー 1956年 252 53位(▼)
24 さむけ ロス・マクドナルド 1964年 247 15位(
ブラウン神父の童心 G・K・チェスタト 1911年 247 8位(
26 三つの ジョン・ディクスン・カー 1935年 242 16位(
27 Xの悲劇 エラリー・クイーン 1932年 240 14位(
28 ロバート・B・パーカー 1981年 239 93位(▼)
29 血の収穫 シール・ハメット 1929年 235 38位(▼)
30 笑う警官 ペール・ヴァールー
&マイ・シューヴァル
1968年 232 30位(―)
31 エジプト十字架 エラリー・クイーン 1932年 201 42位(▼)
32 暗殺者  ロバート・ラドラム 1980年 196 圏外
33 寒いから帰ってきたスパイ ジョン・ル・カレ 1963年 195 圏外
34 オリエント急行殺人 アガサ・クリスティ 1934年 180 11位
35 ユダ カーター・ディクスン 1938年 172 44位(▼)
36 モルグ殺人 エドガーアラン・ポー 1841年 165 34位(
37 あなたに似た人 ロアルド・ダール 1953年 151 64位(▼)
38 はなれわざ クリスチアナ・ブランド 1955年 148 圏外
39 キドリントンから消えた リンデクスター 1976年 140 80位(▼)
40 黄金虫 エドガーアラン・ポー 1843年 139 圏外
41 813 モーリス・ルブラン 1910年 126 圏外
消されかけた男 ブライアンフリーマント 1977年 126 圏外
43 大いなる眠り レイモンドチャンドラー 1939年 124 圏外
44 時の ジョセフィン・テイ 1951年 119 39位(
45 バスヴィル アーサーコナン・ドイル 1902年 116 47位(▼)
46 入りチョコレート事件 アンニイバークリ 1929年 111 20位(
喪服のランデヴー コーネルウールリッチ 1948年 111 圏外
48 利腕 ディック・フランシス 1979年 110 46位(
49 スイートホーム殺人事件 レイグ・ライス 1944年 109 89位(▼)
ドーヴァー4/切断 ジョイス・ポーター 1967年 109 圏外
51 長石 ウィルキーコリンズ 1868年 108 67位(▼)
52 ドルをとり返せ! ジェフリー・アーチャー 1976年 107 95位(▼)
53 災厄の町 エラリー・クイーン 1942年 106 90位(▼)
54 ウィチャリの女 ロス・マクドナルド 1961年 101 57位(▼)
ギリシア エラリー・クイーン 1932年 101 23位(
56 郵便配達は二度ベルを鳴らす ジェイムズ・M・ケイン 1934年 99 圏外
脱出航路 ジャック・ヒギン 1976年 99 圏外
58 野獣死すべし ニコラス・ブレイク 1938年 98 圏外
59 もっとも危険なゲーム ギャビン・ライアル 1963年 95 圏外
60 死にゆく者への祈り ジャック・ヒギン 1973年 94 圏外
61 黒後家蜘蛛の会   アイザック・アシモフ 1974年 91 66位(▼)
トライアル&エラー(試行錯誤) アンニイバークリ 1937年 91 31位(
63 ヒューマンファクター グレアム・グリーン 1978年 90 圏外
64 ホッグ連続殺人 ウィリアム・L・デアンドリア 1979年 87 63位(
警官嫌い エド・マクベイン 1956年 87 圏外
盗まれた手紙 エドガーアラン・ポー 1845年 87 圏外
67 シンデレラ セバスアン・ジャプリゾ 1962年 84 41位(
68 レベッカ ダフネ・デュ・モーリア 1938年 83 圏外
69 皇帝のかぎ煙草入れ ジョン・ディクスン・カー 1942年 80 37位(
70 悪魔の選択 フレデリックフォーサイス 1979年 79 圏外
71 タイタニックを引き揚げろ クライブカッスラー 1976年 78 圏外
ディミトリオスの エリックアンブラー 1939年 78 圏外
73 大穴 ディック・フランシス 1965年 77 圏外
74 摩天楼の身代 リチャード・ジェサップ 1981年 76 圏外
トレント最後の事件 E・C・ベントリー 1913 76 圏外
闇からの イーデン・フィルポッツ 1925 76 圏外
77 復讐法廷 ヘンリー・デンカー 1982年 72 圏外
78 別れを告げに来た男 ブライアンフリーマント 1973年 71 圏外
79 見えないグリーン ジョン・スラデック 1977年 70 50位(
80 ナヴァロンの要塞 アリステア・マリクーン 1957年 69 圏外
81 A-10奪還チーム出動せよ S・L・トンプスン 1980年 68 圏外
82 酔いどれ探偵を行く カートキャノン 1958年 66 圏外
83 男の首 ジョルジュ・シムノン 1930年 63 圏外
84 アシェンデン サマセット・モーム 1928年 62 圏外
85 針の眼 ケンフォレット 1978年 60 圏外
86 マイルは遠すぎる ハリイ・ケメルマン 1967年 59 68位(
い館の秘密 A・A・ミル 1921年 59 圏外
88 ガラスの鍵 シール・ハメット 1931年 57 圏外
89 リリアンと悪党ども トニーケンリック 1975年 56 圏外
90 オランダ靴の エラリー・クイーン 1931年 55 圏外
ジェゼベルの死 クリスチアナ・ブランド 1948年 55 24位(
92 ビル・S・バリンジャー 1955年 54 圏外
93 燃える男 A・J・クィネル 1980年 53 圏外
94 血の A・J・クィネル 1984年 52 圏外
中途の エラリー・クイーン 1936年 52 圏外
お楽しみの埋葬 エドマンド・クリスピン 1948年 52 圏外
97 ロイドン発12時30 F・W・クロフ 1934年 51 圏外
オデッサ・ファイル フレデリックフォーサイス 1972年 51 圏外
99 魔性の殺人 ローレンスサンダー 1973年 50 圏外
酔いどれの誇り ジェイムズクラムリー 1975年 50 圏外

 

好きな作家・ベスト20(1985年版)

内編 海外
順位 作家 票数 順位 作家 票数
1 鮎川哲也 33 1 エラリー・クイーン 41
2 松本清張 29 2 ジョン・ディクスン・カー 40
3 江戸川乱歩 26 3 レイモンドチャンドラー 30
泡坂妻夫 26 4 アガサ・クリスティー 22
5 横溝正史 23 5 ジャック・ヒギン 19
6 連城三紀彦 19 6 ディック・フランシス 17
船戸与一 19 7 ウイリアムアイリッシュ 16
8 都筑 17 8 ロス・マクドナルド 11
9 島田荘司 16 G・K・チェスタト 11
10 15 10 F・W・クロフ 10
11 結城 11 11 ロバート・B・パーカー 9
北方謙三 11 フレデリックフォーサイス 9
13 土屋 10 S・S・ヴァン=ダイ 9
高木彬光 10 エドガーアラン・ポー 9
天藤真 10 15 ジョルジュ・シムノン 8
16 山田風太郎 9 ギャビン・ライアル 8
久生十 9 デズモンドバグリイ 8
18 中井英夫 7 リンデクスター 8
小栗太郎 7 アーサーコナン・ドイル 8
20 夢野久作 6 20 シール・ハメット 7
ジェイムズクラムリー 7

 

女性投票者ベスト10(海外)・学生投票者ベスト10(国内)(1985年版)

女性投票ベスト10(海外 学生投票ベスト10(内)
順位 作品名 作家 順位 作品名 作家
1 幻の女 ウイリアムアイリッシュ 1 横溝正史
2 長いお別れ レイモンドチャンドラー 2 戻り心中 連城三紀彦
3 深夜プラス1 ギャビン・ライアル 3 ドグラ・マグラ 夢野久作
4 アクロイド殺し アガサ・クリスティ 4 占星術殺人事件 島田荘司
5 鷲は舞い降りた ジャック・ヒギン 5 黒死館殺人事件 小栗太郎
6 笑う警官 ヴァルー&シュヴァー 6 虚無への供物 中井英夫
7 女王陛下ユリシーズ アリステア・マリクーン 7 亜愛一郎の狼狽 泡坂妻夫
8 Yの悲劇 エラリー・クイーン 8 人形はなぜ殺される 高木彬光
9 シャーロック・ホームズの冒険 アーサーコナン・ドイル 9 乱れからくり 泡坂妻夫
10 ディック・フランシス 10 サマー・アポカリプス 笠井
次点 わらの女 カトリーヌ・アルレー 次点 不連続殺人事件 坂口安吾

 

2012年版

2012年末、27年ぶりに再アンケートが行われた。「週刊文春2013年1月4日臨時増刊号として週刊文春 臨時増刊 東西ミステリーベスト100 死ぬまで使えるブックガイド。』タイトルムックに近い形で発行され、2013年に内容を絞って文文庫で刊行されている。

文庫版は現在電子書籍で入手可だが、文庫版は増刊号版からランキングと作品紹介座談会のみを収録。各種コラムやインタビューなどの内容が削られているので、そっちに興味のある人は古書で増刊号版を探そう。ちなみにこちらの座談会メンバー大森望×大矢博子××千晶之。4人とも、1985年版の時点では10代~20代の「若い読者」だった世代である。

このタイミング投票が行われた理由は不明だが、前述の通り1985年版は「新本格」以前のものなので、「新本格」以後のミステリー界の勢図の大きな変化を反映したオールタイムベストとして意義の大きなランキング企画であったと言える。

投票したのは日本推理作家協会会員、SRの会、各大学ミステリー研究会など総勢387名。集計方式は1985年版と同様。また1985年版では同点は同順位としていたが、2012年版では同点の場合は、高得点票の多かった作品を上位にしている。ちなみに偶然ながらこのときも内編では99位から102位までが同点だったため、1985年版と同じく内編は102作品が紹介されている。また、内・海外とも順位表記だけだが200位内までのランキングも掲載されている。

ランキングの変化を見ると、内では最上位の顔ぶれこそあまり変化がないように見えるが、40位以下はかなりドラスティックに入れ替わっている。1985年版の58位以下は全て圏外に消え、102作品中、約2/3にあたる66作品が新規ランクイン圏外に消えた作品で1985年版の最上位は18位の結城治『ゴメスの名はゴメス』)。特に1985年版に多くランクインしていた5080年代社会ミステリー冒険小説ハードボイルドスパイ小説が軒並み姿を消しており、代わって「新本格」の代表的な作品が多数ランクインした。そのため、相対的に本格が強くなっており、ミステリー評価・需要の変化を感じさせる。また、4作がランクインした山田風太郎など、1985年版では圏外だった作品の再評価もちらほら。

海外はそれにべるとやや変化が少ないが(新規ランクインは半分弱の47作、うち85年以降に出た新作(古典の初訳含む)は32作)、冒険小説ハードボイルドスパイ小説が総じて順位を落としているのは内と同様。また、古典でも80年代ぐらいまでは定番だったヴァン=ダイン、F・W・クロフツ、イーデン・フィルポッツなどが順位を落とした。その一方、新本格以降に本格として再評価が広まった作品(アガサ・クリスティの諸作や、ロス・マクドナルド『さむけ』など)や、新本格作家が強くを受けたり高く評価したりした作家・作品(ジョン・ディクスン・カー、G・K・チェスタトン、アンニイバークリーなど)の順位が全般的に上がっており、古典ミステリの評価や位置づけの変化もい知れる。一般的にはSFとして扱われるジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』が26位と高順位にランクインしているのも、本格ミステリとしての評価が広まったから。

ほぼ現代の評価基準で選ばれたランキングなので、読書の参考にするならこっちがオススメ。まあ、こっちでもランクインしているのに新品では入手不可能な作品はちらほらあるが……。

国内編(2012年版)

順位 タイトル 作者 初刊/発表 得点 1985年 備考
1 横溝正史 1949年 675 1位(―)
2 虚無への供物  中井英夫 1964年 538 2位(―)
3 占星術殺人事件  島田荘司 1981年 417 21位(
4 ドグラ・マグラ  夢野久作 1935年 382 6位(
5 火車 宮部みゆき 1992年 332 NEW 第6回山本周五郎賞
6 点と線 松本清張 1958年 323 3位(▼)
7 大誘拐 天藤真 1978年 312 12位 32日本推理作家協会賞
8 十角館の殺人  綾辻行人 1987年 290 NEW
9 魍魎の匣  京極夏彦 1995年 261 NEW 49日本推理作家協会賞
10 殺人事件 横溝正史 1947年 244 7位(▼) 第1回探偵作家クラブ賞
11 トランク 鮎川哲也 1956年 236 8位(▼)
12 戻り心中 連城三紀彦 1980年 225 9位(▼) 34日本推理作家協会賞
13 容疑者Xの献身  東野圭吾 2005年 213 NEW 第6回本格ミステリ大賞
134直木賞
14 黒死館殺人事件  小栗太郎 1935年 213 5位(▼)
15 生ける屍の死 山口 1989年 202 NEW
16 亜愛一郎の狼狽  泡坂妻夫 1978年 191 17位(
17 飛ぶ 北村薫 1989年 163 NEW
18 白夜 東野圭吾 1999年 162 NEW
19 不連続殺人事件 坂口安吾 1948年 161 4位(▼) 第2回探偵作家クラブ賞
20 時計館の殺人 綾辻行人 1991年 152 NEW 45日本推理作家協会賞
21 斜め屋敷の犯罪 島田荘司 1982年 149 42位
22 双頭の悪魔 有栖川有栖 1992年 148 NEW
23 姑獲鳥の夏  京極夏彦 1994年 139 NEW
24 二銭 江戸川乱歩 1923年 138 13位(▼)
25 砂の器  松本清張 1961年 131 53位(
26 私が殺した少女 1982年 130 NEW 102直木賞
27 江戸川乱歩 1930年 128 37位(
28 人形はなぜ殺される 高木彬光 1955年 119 32位(
29 レディジョーカー 高村薫 1963年 117 NEW 52毎日出版文化賞
30 妖異 山田風太郎 1954年 115 圏外
31 飢餓 水上 1963年 112 18位(▼)
32 刺青殺人事件 高木彬光 1948年 103 10位(▼)
33 りら荘事件 鮎川哲也 1960年 101 48位(
34 乱れからくり 泡坂妻夫 1977年 99 22位(▼) 31日本推理作家協会賞
35 江戸川乱歩 1928年 93 14位(▼)
36 葉桜の季節に君を想うということ  歌野晶午 2003年 93 NEW 57日本推理作家協会賞
第4回本格ミステリ大賞
37 ゼロ焦点 松本清張 1959年 88 15位(▼)
38 11枚のとらんぷ 泡坂妻夫 1976年 88 16位(▼)
39 犬神家の一族  横溝正史 1951年 86 圏外
40 匣の中の失楽  竹本健治 1978年 84 26位(▼)
41 模倣犯 宮部みゆき 2001年 82 NEW 55毎日出版文化賞特別賞
52芸術選奨文部科学大臣賞
42 半七捕物帳 岡本綺堂 1917年 80 55位( (※1)
43 OUT 桐野夏生 1997年 80 NEW 51日本推理作家協会賞
44 死の 皆川博子 1997年 80 NEW 32吉川英治文学賞
45 新宿 大沢在昌 1991年 79 NEW
46 山猫 船戸与一 1984年 76 11位(▼)
47 テロリストのパラソル 藤原伊織 1995年 73 NEW 41江戸川乱歩賞
114直木賞
48 太陽黒点 山田風太郎 1963年 72 圏外
49 絡新婦の理 京極夏彦 1996年 72 NEW
50 1996年 70 NEW 第18回吉川英治文学新人賞
51 奇想、を動かす 島田荘司 1989年 70 NEW
52 第三の時効 横山秀夫 2003年 70 NEW
53 マークスの山 高村薫 1993年 68 NEW 109直木賞
第12回日本冒険小説協会大賞
54 半落ち 横山秀夫 2002年 67 NEW
55 サマー・アポカリプス 笠井 1981年 67 36位(▼)
56 異邦の騎士 島田荘司 1988年 64 NEW
57 八つ墓村 横溝正史 1951年 62 44位(▼)
58 猛き 船戸与一 1987年 61 NEW 第6回日本冒険小説協会大賞
59 弁護側の 小泉美子 1963年 60 40位(▼)
60 理由 宮部みゆき 1998年 60 NEW 120直木賞
61 奪取 真保裕一 1996年 60 NEW 第10回山本周五郎賞
50日本推理作家協会賞
62 の如き祟るもの 三津田信三 2007年 59 NEW
63 夏と冬の奏鳴曲 麻耶雄嵩 1993年 57 NEW
64 すべてがFになる 森博嗣 1996年 57 NEW 第1回メフィスト賞
65 新宿 大沢在昌 1990年 57 NEW 44日本推理作家協会賞
第12回吉川英治文学新人賞
66 黒い家 貴志祐介 1997年 55 NEW 第4回日本ホラー小説大賞
67 警視庁 山田風太郎 1975年 54 圏外
68 しあわせの書
探偵ヨギ ガンジー心霊
泡坂妻夫 1987年 53 NEW
69 魔都 久生十 1937年 50 圏外
70 七回死んだ男 西澤保彦 1995年 50 NEW
71 哲学者の密室 笠井 1992年 49 NEW
72 煙か土か食い物 舞城王太郎 2001年 48 NEW 第19回メフィスト賞
73 アヒルコインロッカ 伊坂幸太郎 2003年 47 NEW 25吉川英治文学新人賞
74 イニシエーション・ラブ 乾くるみ 2004年 47 NEW
75 悪魔の手毬唄  横溝正史 1959年 46 42位(▼)
76 ある闇 メルカトル最後の事件 麻耶雄嵩 1991年 45 NEW
77 は知っていた 仁木悦子 1957年 45 35位(▼) 第3回江戸川乱歩賞
78 鉄鼠の檻  京極夏彦 1996年 45 NEW
79 危険な童話 土屋 1961年 44 20位(▼)
80 殺戮にいたる病 我孫子武丸 1992年 44 NEW
81 ダックコール 稲見一良 1991年 44 NEW 第4回山本周五郎賞
82 越邸殺人事件 綾辻行人 1990年 44 NEW
83 ガダラの 中島らも 1993年 43 NEW 第47回日本推理作家協会賞
84 ハサミ男 殊能将之 1999年 43 NEW 第13回メフィスト賞
85 カディスの 逢坂 1986年 42 NEW 96直木賞
40日本推理作家協会賞
第5回日本冒険小説協会大賞
86 たちのために 連城三紀彦 1983年 40 圏外
87 パノラマ奇談 江戸川乱歩 1926年 39 55位(▼)
88 の死 高木彬光 1960年 39 28位(▼)
89 背いて故郷 1985年 39 NEW 39日本推理作家協会賞
第4回日本冒険小説協会大賞
90 明治断頭台 山田風太郎 1979年 38 圏外
91 ベルリン飛行 佐々木譲 1988年 38 NEW
92 オイディプスの 赤江 1974年 37 圏外 第1回角川小説
93 貫井徳郎 1993年 37 NEW
94 ジェノサイド 高野和明 2011年 37 NEW 65日本推理作家協会賞
第2回山田風太郎賞
95 パズル 有栖川有栖 1989年 36 NEW
96 なめくじに聞いてみろ 都筑 1962年 34 圏外
97 百舌の叫ぶ 逢坂 1986年 34 NEW
98 99%の誘拐 岡嶋二人 1988年 34 NEW 第10回吉川英治文学新人賞
99 は眠る 宮部みゆき 1991年 33 NEW 45日本推理作家協会賞
100 白鳥 鮎川哲也 1960年 33 37位(▼) 第13回日本探偵作家クラブ賞
101 永遠の 童荒太 1999年 33 NEW 53日本推理作家協会賞
102 トロフ発緊急電 佐々木譲 1989年 33 NEW 第43回日本推理作家協会賞
第3回山本周五郎賞
第8回日本冒険小説協会大賞

※1…シリーズ全体に対しての投票

海外編(2012年版)

順位 タイトル 作者 初刊/発表 得点 2012年
1 そして誰もいなくなった  アガサ・クリスティ 1939年 656 4位(
2 Yの悲劇 エラリー・クイーン 1932年 484 1位(▼)
3 シャーロック・ホームズの冒険 アーサーコナン・ドイル 1892年 416 10位(
4 幻の女 ウイリアムアイリッシュ 1942年 372 2位(▼)
5 アクロイド殺し アガサ・クリスティ 1926年 350 8位(
6 長いお別れ/ロング・グッドバイ レイモンドチャンドラー 1953年 333 3位(▼)
7 薔薇名前 ウンベルト・エーコ 1980年 322 NEW
8 ブラウン神父の童心 G・K・チェスタト 1911年 306 24位(
9 羊たちの沈黙  トマスハリ 1988年 265 NEW
10 刑法 ジョン・ディクスン・カー 1937年 239 14位(
11 オリエント急行殺人 アガサ・クリスティ 1934年 196 34位(
12 ミレニアム〉三部作 ティーグ・ラーソン 2005年 175 NEW
13 死の接吻 アイラレヴィン 1953年 173 17位(
14 Xの悲劇 エラリー・クイーン 1932年 171 27位(
15 さむけ ロス・マクドナルド 1964年 167 24位(
16 三つの ジョン・ディクスン・カー 1935年 162 26位(
17 ジャッカルの日 フレデリックフォーサイス 1971年 150 12位(▼)
18 僧正殺人事件 S・S・ヴァン=ダイ 1929年 142 9位(▼)
19 鷲は舞い降りた ジャック・ヒギン 1975年 142 5位(▼)
20 入りチョコレート事件 アンニイバークリ 1929年 136 46位(
21 八百万の死にざま ローレンスブロック 1982年 133 圏外
22 ボーン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー 1997年 129 NEW
23 ギリシア エラリー・クイーン 1932年 123 54位(
24 ジェゼベルの死 クリスチアナ・ブランド 1948年 122 90位(
25 深夜プラス1 ギャビン・ライアル 1965年 120 6位(▼)
26 星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン 1977年 109 圏外
27 ホワイトジャズ ジェイムズ・エルロイ 1992年 108 NEW
28 黄色部屋 ガストン・ルルー 1907年 107 16位(▼)
29 推定無罪  スコット・トゥロー 1987年 106 NEW
30 笑う警官 ペール・ヴァールー
&マイ・シューヴァル
1968年 104 30位(―)
31 試行錯誤 アンニイバークリ 1937年 104 61位(
32 シャドー81 ルシアン・ネイハム 1975年 99 15位(▼)
33 F・W・クロフ 1920年 98 7位(▼)
34 モルグ殺人 エドガーアラン・ポー 1841年 97 36位(
35 ディック・フランシス 1965年 97 19位(▼)
36 マルタ シール・ハメット 1930年 95 19位(▼)
37 皇帝のかぎ煙草入れ ジョン・ディクスン・カー 1942年 93 69位(
38 血の収穫/い収穫 シール・ハメット 1929年 92 29位(▼)
39 時の ジョセフィン・テイ 1951年 85 44位(
40 警察署長 スチュアート・ウッズ 1981年 82 NEW
41 シンデレラ セバスアン・ジャプリゾ 1962年 80 67位(
42 エジプト十字架 エラリー・クイーン 1932年 80 31位(▼)
43 クリスマスフロスト R・D・ウィングフィールド 1984年 80 NEW
44 ユダ カーター・ディクスン 1938年 77 35位(▼)
45 ナインテイラー ドロシー・L・セイヤーズ 1934年 76 圏外
46 利腕 ディック・フランシス 1979年 76 48位(
47 バスヴィル アーサーコナン・ドイル 1902年 74 45位(▼)
48 赤毛レドメイン イーデン・フィルポッツ 1922年 73 18位(▼)
49 ジャンピング・ジェニイ アンニイバークリ 1933年 73 NEW
50 見えないグリーン ジョン・スラデック 1977年 69 79位(
51 ロウフィールド館の惨劇 ルース・レンデル 1977年 68 圏外
52 犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ 2009年 68 NEW
53 わらの女 カトリーヌ・アルレー 1956年 68 23位(▼)
54 極大射程 スティーヴン・ハンター 1993年 68 NEW
55 ブラックダリア ジェイムズ・エルロイ 1987年 66 NEW
56 チャイルド44 トム・ロブ・スミス 2008年 66 NEW
57 ウィチャリの女 ロス・マクドナルド 1961年 64 54位(▼)
58 クリスマス少女は還る キャロル・オコンネル 1998年 64 NEW
59 第二の アンニイバークリ 1930年 63 NEW
60 ビッグノーウェア ジェイムズ・エルロイ 1988年 63 NEW
61 ミザリー スティーヴン・キング 1987年 59 NEW
62 ABC殺人事件 アガサ・クリスティ 1935年 59 圏外
63 ホッグ連続殺人 ウィリアム・L・デアンドリア 1979年 58 64位(
64 あなたに似た人 ロアルド・ダール 1953年 57 37位(▼)
65 フロスト日和 R・D・ウィングフィールド 1987年 57 NEW
66 黒後家蜘蛛の会 アイザック・アシモフ 1974年 56 61位(▼)
67 長石 ウィルキーコリンズ 1868年 55 51位(▼)
68 マイルは遠すぎる ハリイ・ケメルマン 1967年 55 86位(
69 ダ・ヴィンチコード ダンブラウン 2003年 55 NEW
70 女王陛下ユリシーズ アリステア・マリクーン 1955年 53 11位(▼)
71 シブミ トレヴニア 1979年 53 圏外
72 千尋の闇 ロバート・ゴダード 1986年 52 NEW
73 ウォッチメイカ ジェフリー・ディーヴァー 2006年 52 NEW
74 わたしを離さないで カズオ・イシグロ 2005年 51 NEW
75 少年時代 ロバート・R・マキャモン 1991年 50 NEW
76 毒薬の小壜 シャーロットアームストロン 1956年 50 圏外
77 ストリートキッズ ドンウィンロウ 1991年 50 NEW
78 九尾の エラリー・クイーン 1949年 49 圏外
79 さらば愛しき女よ/さよなら愛しい人 レイモンドチャンドラー 1940年 49 13位(▼)
80 キドリントンから消えた リンデクスター 1976年 49 39位(▼)
81 リッカー、あるいは映画の魔 セオドアローザック 1991年 49 NEW
82 荊の サラウォーター 2002年 48 NEW
83 たちの日 ジョージ・P・ペレケーノス 1996年 47 NEW
84 シンプルプラン スコットスミス 1993年 47 NEW
85 レッドドラゴン トマスハリ 1981年 47 NEW
86 詩人狂人たち G・K・チェスタト 1929年 45 圏外
87 ドンウィンロウ 2005年 45 NEW
88 半身 サラウォーター 1999年 45 NEW
89 スイートホーム殺人事件 レイグ・ライス 1944年 45 49位(▼)
90 災厄の町 エラリー・クイーン 1942年 44 53位(▼)
91 高い砦 デズモンドバグリイ 1965年 44 21位(▼)
92 岩城 モーリス・ルブラン 1909年 43 圏外
93 ロバート・B・パーカー 1981年 42 28位(▼)
94 緋色の記憶 トマス・H・クック 1996年 42 NEW
95 ドルをとり返せ! ジェフリー・アーチャー 1976年 42 52位(▼)
96 緋色の研究 アーサーコナン・ドイル 1887年 40 圏外
97 ホット・ロック ドナルド・E・ウェストレイク 1970年 40 圏外
98 心ひき裂かれて リチャード・ニーリィ 1976年 39 圏外
99 イルに死す アガサ・クリスティ 1937年 38 圏外
100 都市 アイザック・アシモフ 1954年 38 圏外

 

ランキングの見方・使い方など

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E8%A5%BF%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88100

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東西ミステリーベスト100

1 ななしのよっしん
2020/09/19(土) 10:51:42 ID: UF6RxtGdJd
記事作成お疲れ様です。
懐かしいタイトルが多いです。

ところで、妖異作者山田風太郎になっていないようですが(2020/09/19 10:40時点です)
2 ななしのよっしん
2020/09/19(土) 17:02:31 ID: cAlyJZKUKu
>>1
ありがとうございます。修正しました
3 ななしのよっしん
2020/09/22(火) 21:55:40 ID: d0hHTuFF+I
海外1985年版・2012年版ともにランクインしている『オリエント急行殺人』は
2017年映画オリエント急行殺人事件』として開されましたが、10月3日地上波初放送です。
https://news.yahoo.co.jp/articles/98503f04487f1df975bfb8ed18e9821a07b120ddexit

ふだん小説を読まない方も、映画ならとっつきやすいかと思うので一応紹介しておきます。

急上昇ワード改

おすすめトレンド