ダービー卿チャレンジトロフィー単語

26件
ダービーキョウチャレンジトロフィー
2.9千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ダービー卿チャレンジトロフィーとは、JRA(日本中央競馬会)が開催する中山競馬場・芝1600mの重賞競走である。格付けはGⅢ

概要

1969年に、イギリスから当時エプソムダービー(現・G1)を4勝していたL.ピゴット騎手ら3名を招待し英国騎手招待競走」を開催した際、その中の競走に第18代ダービー卿からトロフィーの寄贈を受けたことを記念し東京競馬場にて創設された。

創設当初は東京・芝1800mの別定重量で開催されたが、1981年の第13回開催から施行場所を中山競馬場に変更。1984年の第16回開催より1600mに変更されたが、1990年の第22回開催から1200mにさらに距離を短縮。しかし、1996年の第28回開催からは1600mに戻され、さらに2002年の第34回開催からは負担重量ハンデキャップに変更し現在に至る。

歴代の優勝の中では、1985年1986年と連覇を果たしたスズパレードは翌1987年宝塚記念勝利
1200mで行われていた1994年の第26回開催では、1993年スプリンターズステークス勝ちサクラバクシンオーが58kgの負担重量を背負いながらも2身差の圧勝を果たした。
1998年の第30回開催で優勝したブラックホーク1999年スプリンターズステークス2001年安田記念で勝ちを上げている。
2004年皐月賞覇者ダイワメジャーは、ハンデキャップに変更後の2005年第37回開催にてトップハンデを背負いながらも勝利し、その後マイルGI3連覇を果たしている。
その他2010年ショウモダン安田記念をのちに勝利し、2015年モーリスはこのあと海外を含むGⅠを6勝している。

このように、競走条件がハンデキャップ競走に変更されながらも、数々のGI/JpnIを輩出している競走である。

レース結果

優勝齢は新表記にえている。
なお、第1回〜第12回は東京競馬場・芝1800mにて、第43回は阪神競馬場にて、
第13回〜第15回は芝1800m、第22回〜第27回は芝1200mにて開催された。
それに伴いレコードタイム距離別に表示している。

回数 開催日 優勝 性齢 騎手 タイム 動画
第56回 2024年3月30日 パラレルヴィジョン 5 戸崎圭太 1:32.9 sm43603585exit_nicovideo
第55回 2023年4月1日 インダストリア 4 戸崎圭太 1:33.2
第54回 2022年4月2日 タイムトゥヘヴン 4 大野拓弥 1:32.3
第53回 2021年4月3日 テルツェット 4 M.デムーロ 1:32.6
第52回 2020年4月4日 クルーガー 8 石橋 1:32.8
第51回 2019年3月30日 フィアーノロマーノ 5 川田将雅 1:31.7
第50回 2018年3月31日 ヒーズインラブ 5 藤岡康太 1:32.2 sm32975844exit_nicovideo
第49回 2017年4月1日 ロジチャリ 5 内田博幸 1:34.7
第48回 2016年4月3日 マジックタイム 5 A.シュタル 1:32.8
第47回 2015年4月5日 モーリス 4 戸崎圭太 1:32.2 sm25965958exit_nicovideo
第46回 2014年4月6日 カレンブラックヒル 5 秋山一郎 1:34.6
第45回 2013年3月31日 トウケイヘイロー 4 松岡正海 1:32.6
第44回 2012年4月1日 ガルボ 5 石橋 1:33.5 sm17427739exit_nicovideo
第43回 2011年4月3日 ブリッツェン 5 柴田善臣 1:33.3 sm14054702exit_nicovideo
第42回 2010年4月4日 ショウモダン 6 後藤浩輝 1:34.3 sm10282056exit_nicovideo
第41回 2009年4月5日 タケミカヅチ 4 柴田善臣 1:33.7 sm8923649exit_nicovideo
第40回 2008年4月6日 サイレントプライド 5 横山典弘 1:34.2 sm10042042exit_nicovideo
第39回 2007年4月1日 ピカレスクコート 5 秋山一郎 1:33.1
第38回 2006年4月2日 グレートジャーニー 5 佐藤哲三 1:32.4
第37回 2005年4月3日 ダイワメジャー 4 柴田善臣 1:32.3
第36回 2004年4月4日 イネルモルゲン 4 後藤浩輝 1:33.4
第35回 2003年4月6日 ダンツジャッジ 4 和田竜二 1:33.9 sm3887332exit_nicovideo
第34回 2002年3月31日 ラスワールド 6 藤田伸二 1:32.4
第33回 2001年4月1日 チェックメイト 6 藤田伸二 1:35.2 sm8860930exit_nicovideo
第32回 2000年4月2日 サイエアデール 4 武豊 1:33.0 sm3733179exit_nicovideo
第31回 1999年4月10日 イワンバイキング セ6 横山賀一 1:33.4 sm3341126exit_nicovideo
第30回 1998年4月11日 ブラックホーク 4 岡部幸雄 1:34.3 sm6323672exit_nicovideo
第29回 1997年4月5日 ロイヤルスズ 5 南井克巳 1:35.5
第28回 1996年4月6日 フジノマケンオー 5 岡部幸雄 1:33.4
第27回 1995年4月2日 オギティファニー 4 坂本勝美 1:10.0
第26回 1994年4月3日 サクラバクシンオー 5 小島太 1:08.9
第25回 1993年4月4日 トモエリージェント 5 根本康広 1:08.8
第24回 1992年4月5日 トモエリージェント 4 根本康広 1:10.5
第23回 1991年3月17日 ナイスパーワー 4 江田照男 1:08.9
第22回 1990年3月18日 ヤマノタンポポ 4 柴田善臣 1:08.9
第21回 1989年12月3日 アイビートウコ 4 郷原洋行 1:33.7
第20回 1988年12月4日 ウインドストース 5 加藤和宏 1:33.6
第19回 1987年12月11日 ウインドストース 4 加藤和宏 1:34.1
第18回 1986年11月30日 スズパレード 5 蛯沢 1:33.6
第17回 1985年12月1日 スズパレード 4 蛯沢 1:33.8
第16回 1984年12月2日 ウショウペガサス 5 中島啓之 1:33.5
第15回 1983年12月4日 テュデナムキング 3 的場均 1:47.4
第14回 1982年12月5日 ウショウゴッド 5 中島啓之 1:48.6
第13回 1981年11月29日 タケノハッピー 4 伊藤正徳 1:49.0
第12回 1980年11月16日 ニチドウアラシ 4 村本善之 1:48.4
第11回 1979年11月18日 マークリュウ 3 郷原洋行 1:52.0
第10回 1978年11月19日 モデルスポート 3 西野 1:49.2
第9回 1977年11月20日 グレートイカ 5 郷原洋行 1:48.8
第8回 1976年11月21日 メルシーシャダイ 3 竹原啓二 1:51.2
第7回 1975年11月16日 ヤマブキオ 5 小林常泰 1:50.8
第6回 1974年11月17日 ザオーリュウジ 3 郷原洋行 1:48.9
第5回 1973年11月18日 ユウシオ 3 郷原洋行 1:48.8
第4回 1972年11月19日 トクザク 3 田村 1:49.6
第3回 1971年11月21日 ジョセツ 4 加賀武見 1:49.5
第2回 1970年11月22日 クリシバ 3 郷原洋行 1:50.6
第1回 1969年11月16日 スズツバサ 4 野平祐二 1:55.3

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダービー卿チャレンジトロフィー

1 ななしのよっしん
2022/04/02(土) 15:50:42 ID: hpO4xPLWX7
本日のダービー卿一着はタイムトゥヘブン
十二番人気で今回が初の重賞制覇、どころか13戦1勝の未勝利戦しか勝ってないという
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/04/02(土) 15:51:44 ID: hpO4xPLWX7
間違えた十一番人気だった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2022/06/10(金) 22:31:59 ID: HYPnFKv81x
まぁ良血だしキストゥヘヴンだしも晩成のカナロアだからさもありなん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4
◆rSBzQMOICI 2024/03/30(土) 17:56:36 ID: 8xTDhEFaxT
エエヤン、中山マイルミルコ・デムーロはめっちゃええやん!
ディオ様は間隔がいてて負担重量がもう0.5kg軽くて輸送の負担がなくてソウルラッシュ兄貴が勝ったことがある読売マイラーズカップ行くべきだったのでは・・・。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改