ナナ・テスカトリ単語

ナナテスカトリ
4.8千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ナナ・テスカトリ

ナナ・テスカトリとは、モンスターハンターシリーズに登場する古龍種である。漢字表記は「炎妃」。同じ古龍テオ・テスカトルとはつがいの関係である。海外版の名称は「Lunastra」。

名前の由来はアステカ神話の「ナナワツィン(Nanāhuātzin, 「腫物に満ちた」という名を持つ太陽)」+「テスカトリポカ(Tezcatlipōca, 「曇った」という名を持つにして最ものある格であり、アステカの人々に生贄をげることを命じた。また、ケツァルコアトルライバルでもある)」から。
また、ナワトル語(アステカ人の言葉)で「キノコ(=マジックマッシュルーム)」と言う意味の「テオナナカトル」も両種の名前に入っている(アステカ神話ナワトル語関連については「テオ・テスカトル」の項も参照のこと)。

ライオンのように見えるが実際のモデルジャガー。これはアステカの5つの太陽の時代の中の、一番初めの時代「四のジャガー太陽(四の土の太陽)」が由来かもしれない。ちなみにテスカトリポカのナワル(変身した後の姿)はジャガーであった。

概要

モンスターハンター2より登場。テオ・テスカトルと違い、外見はを基調としており、またの形状も大きく異なる。

行動パターンは基本的にはテオ・テスカトルと同じ。ただ、作品によってはテオよりも低飛行をする頻度が高かったりする。低飛行中はクシャルダオラと同じようにブレスをはいたり尻尾で攻撃したりしてくるが、流石に地を砕いたり急旋回をしたりはせず、滞時間もクシャルダオラべるとだいぶ短く、1、2回行動しただけで降りてくることが多い。

MHP2Gでは怒り時のみ尻尾での攻撃に爆発が追加される。この爆発は、尻尾を切れば起こらない。
また、上位が存在するのは現在MHP2Gのみとなっている。

オンラインゲームであるMHFにも登場しており、ソロ専用クエストとして配信されている。
ソロ専用ということもあり、モノブロス同様体は他のモンスターべて低く設定されている。

MHW

モンスターハンター:ワールドにて、10年以上の長い年が経ての復活となる。ベーステオ・テスカトルとしているのは変わらないが、大きく変化が起きている。また、今作からはソロ専用ではなくなった。

テオ・テスカトルが爆破を中心に扱うが、こちらは熱やスリップダメージを扱うようになった。また、一部のモーションが新しくなっていたり尻尾攻撃の種類が増えたりして、今までとは別モンスターのような変化をし、よりテオ・テスカトルとの差別化がしくなっている。
細かい判定で、テオよりも内側に判定が効くようになっているため、テオの癖が抜けないと内側で攻撃を食らうことがしばしばある上、全体的な行動スピードもテオより速くなっている。

ナナ・テスカトリの攻撃によりい炎が燃え上がるようになり、他の火属性攻撃で引火し、属性攻撃で消化が出来る。このい炎が燃えている間は常の気温のフィールドでも、熱ダメージが発生してしまうため、このモンスターを討伐する場合はどこにいても耐熱の装衣やクーラドリンクを所持しておくのが望ましい。またこのい炎は弾や矢を弾く性質がある。

メインシリーズでは初となる「待ち受けカウンター」を習得しており、見たは大きく隙をしているが、攻撃すると反撃モーションが発生し、放置しておくと哮をし、1段階形態が進行する。この行動エリア定位置で行うようになっている。

今作では、ナナ専用のスーパーノヴァのような技「ヘルフレア」を使うようになり、い炎からはしいスリップダメージと、爆発圧が発生し、テオとは異なり一発で仕留めるよりも複数のダメージで物量的に仕留めにくる攻撃となっている。また、これが終わるとテオのように爆発する。怒り状態の時に閃光弾を当てると強制的に発動してしまい、ヘルフレア使っている状態に閃光弾当てても発動を遅らせることが出来ても結局ヘルフレアが発動してしまう。
この技はテオ・テスカトルが同じエリアにいる場合、合体技を用いてくる。縄り争いが発生した場合は問答用でヘルフレアを発生させる。

今作のナナは、中で閃光弾を当てても墜落しないようになっているため要注意である。このような閃光対策をするのもメインシリーズとしては初である。また、状態によっては閃光弾でヘルフレアを誘発することがあることに注意が必要。
撃での弱点判定は尻尾になっている。打撃は頭、弾は頭と尻尾に割り当てられているため変わらないが、属性武器で挑む場合は注意が必要である。

クエスト仕様

特別任務やフリークエストにて出現するナナ・テスカトリは歴戦個体のナナとそう強さが変わらないどころか歴戦個体のが楽とも言われることがあるレベルである。(どうしてこうなった

実際にフリークエストの個体は体が1.5倍になる補正がかけられていることが「狩王決定戦2018札幌大会の発言」にて判明している。体の高いフリークエスト個体と火力の高い歴戦個体ということになる。

プレイヤーは初めてナナと戦う場合苦戦を強いられる上に、旦那であるはずのテオ・テスカトルがまるで守ってもらう側のような絵図になってしまう。

後に追加された歴戦王個体では、ヘルフレア強化されている。

MHW:I(マスターランク個体)

基本的にMHW仕様が変わらないが、閃光耐性の仕様が他と統一されて閃光撃墜が可になっているため、この側面に関しては弱体化している。ただし、ヘルフレアを誘発してしまう場合があることについては変わらないので注意が必要。

ヘルフレアダメージが歴戦個体と同様で、転身の装衣が仕様変更されて自動回避が発動すると転身の装衣の効果時間が短くなるためこれまで以上に注意が必要。

また、新技として小ヘルフレアを前方に放つ技「フレア」を習得している。一時期この技を導きの地の個体のみ使用してこない不具合があったが、12月5日アップデートで修正された。

MHF

MH2続投組。

MHF-G6(2014/11/19)で特異個体実装と同時にG級対応。難易度7。G9.1現在ドス古龍では一となるG級進出。
剛種が基準となっており現役時代の剛種同様とても手強い。
ハンターの頭上に移動した後旋回ブレス→着地して自身の中心からやや右後ろを粉爆破してくるという新技がある。
連撃が怖いが防御は機する相手であり、
適正防御でのGナナ≒凄腕装備でG9.1より前の剛ナナらしい。
G渇と呼べるG級武器片手剣も存在。G50の属性値は2300(+200)だが切れ味や物理攻撃G級に相応しくなっているほか、シジルによってリーチ属性値を強化できるため強なことに変わりはない。
また、剛種特有の属性マイナス質がくなっているものの頭と尻尾以外の質の大半は10、15しかないため攻撃があたってもカスダメにしかならない。この質を他のモンスターで例えると「頭と尻尾以外は硬化中ミラルーツと変わらない」なのである。
ここまでガチガチになってしまった理由は定かではないが、実装当時強すぎて一強状態となっていた穿龍棍への対策が原因だと言われている。

余談だが、G5.2のモノブロス同様長い間空気化していたためソロ専用であることを知らずにクエスト募集したハンターがちらほらいた。
その上公式PVG級ナナシーンに複数のハンターが映っている(動画は発覚後削除され修正された)ということまであったため、運営も忘れているんじゃないかとまで言われた。

剛種

MHF特有の「剛種」カテゴリの中にもナナは存在する。シーズン6.0(2009年10月7日)に実装された。
他の剛種と同様の仕様変更(質や攻撃の変化)に関して渇愛し、特徴的な部分のみを箇条書きで紹介する。

ソロ専用だけあってテオ・テスカトル剛種の三分の一強だが、剛テオにはない上記3点の特徴とソロ専用という条件のせいで一度被弾すると突進の連続でサッカーボール状態となってしまい難易度は夫を余裕でえていると言われることが多い。
G9.1で攻撃などに調整が入って多くの剛種が弱体化したが、ナナに関しては大きさやターボなどがそのままなので連撃を受ければ攻撃低下など関係なく死ねる。

作れる剛種武器も高性旦那片手剣属性値が火700(代りに強化生が存在し物理ダメージと併せればこちらも優秀)なのに対し、ナナリーチ片手剣である「炎妃【渇】」の属性値はなんと火2100である。
多くのミラルーツミラバルカンが怯み続けながら焼き殺され、グレンゼブルの足に火が通らないのは渇のせいと言われていた。
剛種武器止まりながら火が通る相手なら話は別であり、再び属性が有用になったG級序盤でも一部で活躍した。

また、かつては悪な性素材の需要から煙玉や距離を使ったスナイプが存在した。
しかしながら、煙玉の効果や麻痺弾の仕様などが変更されてれており、
現在残っているのはエリアイン排熱噴射機構3回で倒しきるという方法のみ(頂上の手前に戻るために2回デスルーラするので3の危険がある)。

このことから剛種のつがいはおそらくカカ下じゃないのだろうかと言われている。
夫は夫で覇種への進出を果たしているが(その生息地は普段現れない+剛ナナ戦闘エリアであるの頂上)。

特異個体

長らく忘れられていたナナだがMHF-G62014/11/19)に登場した。
しいことにランクによって特性が変わっており、剛種までは不評点を善したもの、G級では剛種を更に悪にしたものとなっている(インタビューによると意図的な調整らしい)。

新技の3連突進やサマーソルトに、火炎放射やピンポイント爆破など強化されたモーションもあるが、
通常個体にあった怒りキャンセル突進が削除されたり、突進頻度が大きく抑えられて前述の通り剛種までは戦いやすくなっている。
しかしあくまでこれは剛種、つまり数年前のエンドコンテンツ現在ではMHFスタート地点とされているランクであり、この時点ではまだナナは本気を出していない。

彼女が強さを発揮するのはG級である。G級特異個体ナナは剛種までにあった威嚇がオミットされており、更に突進頻度の上昇や怒り移行時に周囲に粉塵爆発が起こる仕様となっており、通常個体にあった隙を潰すことによって攻撃に特化している。

一番厄介なのはこれがナナ・テスカトリ、つまり一人で挑まなくてはならないということ。必然的に必ずヘイトがこちらに向かってくることになるし回復の隙を誤まると大ダメージを食らってしまう。

そのため基本低打点の頭を狙うことになるが、正面に立つということは突進などの攻撃を喰らい易いということで危険も伴ってくる。そのため一撃離脱が得意な大剣ハンマーが相性がいい。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナナ・テスカトリ

261 ななしのよっしん
2021/05/09(日) 17:24:46 ID: qeTL5HgWSZ
ライズレウスやクシャを見るにマトモな方の開発ならナナもあんな惨状にはなってなかったんだろうなと思う
262 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 17:10:01 ID: vWaTMlCW+w
P2Gのナナ装備キレイで好きだったんだけどな・・・
レウスが丸っと生まれ変わったんだからナナも生まれ変わってライズに来てくれることを願ってます。
263 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 17:12:42 ID: HgmMLgK6RS
無能なナナ・テスカトリ
>>261
ライズのもヌルゲー仕様になっただけで調整下手だよ
264 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 17:48:38 ID: aQ0ggHlb53
レウスの動きは前より強いと思うわ
265 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 13:07:16 ID: fSdkQ5NTM7
レウスもモーション自体はところどころ強化されてるし、クシャもそう。特にブレスとかの口補正が強化されてる&フレーム回避弱体化で雑には戦えない
近接でまともに戦える仕様になったのをヌルゲーというのは何かしらされた考えか単なる逆張りオナだと思うわ
ワールド並みの滞時間でライズのモーションとか考えたくもないな
266 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 21:51:41 ID: 3oa+laT4Ou
ワールドクシャナナ(もっと言えばアイスボーンという作品そのもの)を崇めてるって
概して高難易度と理不尽の区別が付いてないから>>263もそういう類いのだろう
なんか漫画タイトルと掛けて予防線ってるけど
267 削除しました
削除しました ID: 9nXJpzqPSj
削除しました
268 ななしのよっしん
2021/06/05(土) 17:58:10 ID: +G3mnVAvV5
モンスターを判決地獄行きにするテオ
ハンターを判決地獄行きにするナナ
269 ななしのよっしん
2021/07/20(火) 21:38:46 ID: t06TvJVx3r
ヒステリババアイメージしか湧かない・・・
あと、方々で散々り尽くされてるみたいだけど。
ゲーム的な意味でバランス欠いた調整だと思った。
270 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 15:34:34 ID: Thggiab/OR
今頃mhwi遊んでるけどナナクソすぎないか…
上位個体からマスター歴戦個体まで全部微も面くないしただただイラつく
(負け惜しみとかではなく、勝てたうえでどこにも面さを見いだせない)

急上昇ワード改

大百科GPチャンピオンシップ