モンスターハンター:ワールド単語

モンスターハンターワールド
  • 25
  • 0pt
掲示板へ

新たな生命の地。

狩れ、本のままに!

モンスターハンター:ワールドとは、2018年1月26日発売のPlayStation 4/Xbox One/PCゲームソフトである日本ではPlayStation 4版のみ)2018年8月10日からSteamにて日本語版が配信された)。

略称は「MHW」もしくは「MH:W」。正式名称ではモンスターハンターワールドの間に「:」が付くのに注意したい

概要

モンスターハンター:ワールド
基本情報
ジャンル ハンティングアクション
対応機種 PlayStation4
Xbox One海外のみ)
PCSteam
発売元 カプコン
発売日 2018年1月26日
価格 パッケージ版:8,980円
ダウンロード版:8,315
デジタルデラックス:9,241
コレクターズ:15,980円
年齢 C
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

Electronic Entertainment Expo 2017. 6.13(日本時間)で発表されたモンスターハンター最新作。PlayStation系列ではモンスターハンターフロンティアを除けばモンスターハンターポータブル3rd以来のシリーズ作品。
据え置き機専用作品としてはモンスターハンター3以来の作品であり、グラフィック面の変化も非常に大きい。PS4版では特別なコンテンツが収録される。

また、今作ではエリア間の移動や各種アクションシーレスで可になり、自由度の高いハンティングを可にする「サバイバルツール」が実装されたり、クエストの途中参加機など、数々の新要素を組み込んだ作品となる。

ストーリー

達がおよそ10年ごと大海原を越えた先の“新大陸”に向かう『古渡り』と呼ばれる現の解明のためギルドは『新大陸調団』を結成。
“新大陸”と呼ばれる地に数度にわたって調団を派遣プレイヤーは5回となる今回の第5期調団の一員として今回渡りを行う古ゾラ・マグダラオス』の追跡を行いつつ新大陸の調へと向かうことになる。
なお、今回の“新大陸”は3の“新大陸”とは別の大陸である。

拠点・フィールド

拠点

今回の拠点は従来シリーズのような「村と」、「村と集会所」のような『オフライン拠点とオンライン拠点』の概念はなく、調団の拠点である『アステラ』が双方の役割を果たすこととなる。

  • アステラ
    今作の拠点で前述のとおりオフライン拠点であると同時にオンラインの拠点でもある。初代調団が“新大陸”にやってきてから拠点として設営をはじめ、後続の調団が来るたびにそれぞれが的に合わせた増築・拡を行ってきている。
    物資が限られているためか素材として使えるものは何でも使う方針らしく、船をそのまま陸揚げしたうえひっくり返して使っていたりする。

フィールド

今回のフィールドエリアの概念がなくシーレスでの移動が可になったほか、翼竜種のモンスターを使った移動・スキップトラベルなどが使えるようになっている。また、フィールド上の見える生き物ほぼ採取可となっており従来よりもいっそう自然を感じられるようになっている。

導蟲(しるべむし)

本作の変更点であるエリア間のシーレス化と、フィールド広大になったことから、プレイヤーが迷わないようにという意図で実装されたもの。

利用できるアイテムモンスター跡を教えてくれるガイドで、跡を集めていくと対モンスターへ案内してもらうことができる。タグを打つことでその場所に連れて行ってくれる。方向だけでなくも教えてくれる。

また、近くにアイテムがある場合その存在を教えてくれる。

この要素があるためペイントボールは今作では撤となる。

特殊装具

今作で新しく追加される装備品。

特殊なスキルを使うことが出来、身を隠したりする隠れ身の装衣やその逆の引き寄せたりする装備などがあり、受けるダメージを減少させてダメージリアクションを小さくする不動の装衣などが存在する。

アイテム欄から使用することが出来、一度使うと効果時間やクールダウンの時間がある。

防具やスキルシステムの変更

今作では、防具は士とガンナーで同じものを使用するように変更される。(ただし、武器種ボーナスがあり、士の武器を装備すると「物理ダメージ軽減」、ガンナーの武器を装備すると「属性ダメージ軽減」が発動するため、防御面に関しては士ガンナー共にほぼ今まで通りになる。)また、護石は生産・強化での入手となる。

また、今作では防具や護石に付随しているスキルの仕組みが一新される。

今までの仕組みをスキルポイントによって一定ポイントスキルが発動していたものが、今作ではスキルレベル制になっている。
装備には必ずスキルが付属しており、スキルを重ねていくごとにスキルレベルが上昇し、効果もより強いものになっていく仕組みに変更される。また、護石にも強化レベルが追加される。

そして装備の性に関係なく見たのみを変更する『重ね着装備』が導入された。
MHXXの防具合成と似たシステムだが、こちらは重ね着専用の特別な装備として用意されている。
そのため防具合成と違い、組み合わせを変える度に合成し直しと言うことはないが、
反面重ね着装備として用意されているデザインにしか変更できないとの事。
その口調から残念ながら全ての通常防具を重ね着装備化する予定はない模様。

探索

クエスト外でもフィールドに赴き、狩り採集を行える。MH3シリーズの「モガの森」に近いシステム
今作ではさらに、「異なるフィールド間の直接移動」「受付嬢からクエスト受注」なども探索中にできるようになっており、モガの森をさらに拡、遊びやすくしたシステムと言える。

その他システムの変更

使用可能武器

今作では武器種が減るということはなく、過去作にあった武器種は使用可

武器種の詳細は各武器記事を参照。

ガンナー

拡張DLC

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
基本情報
ジャンル ハンティングアクション
対応機種 PlayStation4
Xbox One海外のみ)
発売元 カプコン
発売日 2019年9月6日
価格 パッケージ版:6,990
ダウンロード版:6,472
デジタルデラックス:7,398円
コレクターズ:16,990
年齢 C
通信
その他
  • 不明
ゲームソフトテンプレート

2018年12月10日に『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラムにてDLCとして『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が発表され、2019年5月10日には同年9月6日にコンシューマ版の世界同時配信及び発売予定と発表された(Steam版は2020年1月10日予定)。

なお、従来のGシリーズに相当するコンテンツであるが、本編のみの既存ソフト用には拡DLC(単体価格4,444円+税)を購入し適用する形となる他、本編と同梱されたパッケージ版及びDL版が「マスターエディション」として発売されている。

ティザームービーでは寒冷地と思われる新たな大地が映し出されたほか、ナルガクルガの鳴きい双の軌跡が映っていた。

現在判明している情報は以下の通り。

その他に新モンスター、新武器防具が追加ほか、モンスターハンター:ワールドのエンディング後から始まる新たなるストーリーもあるとのこと。

拡張DLC時期の仕様変更情報

登場モンスター

表は2019/9/3現在までに種族と名前が判明しているモンスター。発売後の無料アップデートによってモンスターの追加もされている。
アイスボーンで追加されたモンスターゲームシステム組み・扱いが特殊なモンスター

なお、本作のメインモンスター本編が「ネルギガンテ」、アイスボーンは「イヴェルカーナ」が務める。

食種 獣人
飛竜
海竜
  • 未確認
甲殻種 両生種
  • 未確認
  • 未確認
古龍種
  • 未確認
  • 未確認
翼竜 遺存種
  • レーシェン[7] NEW!
  • エンシェント・レーシェン[7] NEW!

関連動画

PV

デモプレイ

ストーリー

アップデート関連

関連商品

関連項目

モンスターハンターシリーズ
メイン MH - MHG - MH2 - MH3 - MH3G - MH4 - MH4G - MHW
ポータブル MHP - MHP2 - MHP2G - MHP3
オンライン MHF - MHF-G - MHF-Z
スピンオフ MHX - MHXX - アイルー村 - パズルー - MHST - MHSP - MHXR
アニメ ぎりぎりアイルー村G) - MHST RO
関連項目 関連項目一覧 - モンスター一覧 - 楽曲一覧 - プレイヤー一覧生主声優

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 25
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%3A%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モンスターハンター:ワールド

9552 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 03:30:26 ID: V19HBdaT/2
マルチ必須なうえ期間限定というマムでの嫌な点が見事にそのままなのがもうね
後出しで露に既存武器より良さげなもの出してくるのもそのまんま
悪いとこばっか継承しないでほしかったなあ
9553 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 05:56:06 ID: +oP3FgYJcv
フロンティアでもシステム面でここまで嫌がらせしてくるのはなかったぞ…
9554 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 08:00:08 ID: zOqjjE+pSF
マムと違って武器ドロでダレることはさそうだけど、ガチャがどうなるかだなぁ。蓄積システムがあるとはいえ、仮に炎王の武技を始め強スキルの出る確率レア珠並みだと変わらず大量に回さなきゃいけなくなる。
そうじゃなくても完成させるに当たってそこそこの周回が予想できるから、結局はゼノ成体がどの程度までの連戦に堪えうるモンスターなのか次第だろう。
その戦闘に関しての言及はあまりなかったけど、要はテンポプレイヤー任せのラヴィエンテって認識でいいのかな。
9555 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 08:13:26 ID: +LjQtfzBbv
一応これ据え置きのオフゲーなんよね
それなのに期間限定イベントを連発する時点で相当ゴミカスクソなのにマルチ強要という
マルチ強要でも極ベヒとか古レーシェンは「強すぎるからマルチ」なだけで1トライで終わるからいいけど
16人進行度共有撃退ほぼ必須ってのが事前メンバー決めてないと横入りへの対応もあるし最高にダル
「やらなきゃいいじゃん」も出る武器が生産とどっこいだったら納得するけど露に強いしさぁ・・・今まで生産武器作ってカスタムしたのはなんだったんだ
懐古したいわけじゃねぇけどMHXXみたいなモンハンに戻してくんねぇかな(MH4Gは論外)
9556 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 09:14:04 ID: unC0KlEnL1
理想は、覚醒武器は完成形の性は生産武器を上回るけど回復カスタムを付けれないだったら生産武器の存在意義が守られて凄く良いと思うけどどうだろう?

まぁマムで問題だった点、例えば太刀使いなのに太刀が出ない、出ても火太刀じゃないとか、ダル跡集めとかは(今の所ではあるが)解消されてるし、まだ蓋を開けてみないとわからない部分も多いから今は楽しみに待ちます

でもやっぱりマム要素しのベヒーモスタイプがゃ
9557 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 09:18:31 ID: unC0KlEnL1
>>9556
途中送信すみません

やっぱベヒーモスタイプが良かったなぁゼノ成体は
9558 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 09:20:06 ID: dxElrPPeRS
敵視とかエクリプスって元々他作品のシステム再現として導入されたものなのに
自作品のオリジナルモンスターに何のいもなく搭載させるってプライドいのか?
敵視に関しては確かフロンティアに似たような仕様を持ったモンスターがいたっちゃいたけどさあ
9559 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 09:24:20 ID: P750hU/Orb
必死になって武器のカスタムの為にやった導きとかいう要素を期間限定武器スキルガチャで殺してるの分かってるのか...?
生産武器も新要素もぶっ壊して結局ガチャ最強ですwってさあ

買い切りのゲームですよね?これ。雑な延命してるソシャゲかよ
9560 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 10:24:02 ID: +NHoa5nO2O
これガチャよりもMR24とやたら低い参加条件の方がやばい気がしてきた、MR300代、400代でも拡散ぶっぱマン絶対回復しないマン歴戦古ギルドワーク一式2即抜けマンとか頭抱えるレベル地雷がわんさかいるのにストーリークリアしたてでも参加できるのはそもそもクリア出来なくてガチャすらやらせてもらえない可性があるから野良はマムベヒ以上に魔と化すぞこれ
9561 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 10:34:55 ID: Ol88+erX/R
アプデして放置してたけどやっぱゼノ酷いのかマム方式って事はまず集会所探すのがとんでもなくハードル高いなそれでなくても過疎なのに⋯何のための救援なのか