モンスターハンター:ワールド単語

モンスターハンターワールド

新たな生命の地。

狩れ、本のままに!

モンスターハンター:ワールドとは、2018年1月26日発売のPlayStation 4/Xbox One/PCゲームソフトである日本ではPlayStation 4版のみ)2018年8月10日からSteamにて日本語版が配信された)。

略称は「MHW」もしくは「MH:W」。正式名称ではモンスターハンターワールドの間に「:」が付くのに注意したい

概要

モンスターハンター:ワールド
基本情報
ジャンル ハンティングアクション
対応機種 PlayStation4
Xbox One海外のみ)
PCSteam
発売元 カプコン
発売日 2018年1月26日
価格 パッケージ版:8,980円
ダウンロード版:8,315
デジタルデラックス:9,241
コレクターズ:15,980円
年齢 C
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

Electronic Entertainment Expo 2017. 6.13(日本時間)で発表されたモンスターハンター最新作。PlayStation系列ではモンスターハンターフロンティアを除けばモンスターハンターポータブル3rd以来のシリーズ作品。
据え置き機専用作品としてはモンスターハンター3以来の作品であり、グラフィック面の変化も非常に大きい。PS4版では特別なコンテンツが収録される。

また、今作ではエリア間の移動や各種アクションシーレスで可になり、自由度の高いハンティングを可にする「サバイバルツール」が実装されたり、クエストの途中参加機など、数々の新要素を組み込んだ作品となる。

ストーリー

達がおよそ10年ごと大海原を越えた先の“新大陸”に向かう『古渡り』と呼ばれる現の解明のためギルドは『新大陸調団』を結成。
“新大陸”と呼ばれる地に数度にわたって調団を派遣プレイヤーは5回となる今回の第5期調団の一員として今回渡りを行う古ゾラ・マグダラオス』の追跡を行いつつ新大陸の調へと向かうことになる。
なお、今回の“新大陸”は3の“新大陸”とは別の大陸である。

拠点・フィールド

拠点

今回の拠点は従来シリーズのような「村と」、「村と集会所」のような『オフライン拠点とオンライン拠点』の概念はなく、調団の拠点である『アステラ』が双方の役割を果たすこととなる。

  • アステラ
    今作の拠点で前述のとおりオフライン拠点であると同時にオンラインの拠点でもある。初代調団が“新大陸”にやってきてから拠点として設営をはじめ、後続の調団が来るたびにそれぞれが的に合わせた増築・拡を行ってきている。
    物資が限られているためか素材として使えるものは何でも使う方針らしく、船をそのまま陸揚げしたうえひっくり返して使っていたりする。

フィールド

今回のフィールドエリアの概念がなくシーレスでの移動が可になったほか、翼竜種のモンスターを使った移動・スキップトラベルなどが使えるようになっている。また、フィールド上の見える生き物ほぼ採取可となっており従来よりもいっそう自然を感じられるようになっている。

導蟲(しるべむし)

本作の変更点であるエリア間のシーレス化と、フィールド広大になったことから、プレイヤーが迷わないようにという意図で実装されたもの。

利用できるアイテムモンスター跡を教えてくれるガイドで、跡を集めていくと対モンスターへ案内してもらうことができる。タグを打つことでその場所に連れて行ってくれる。方向だけでなくも教えてくれる。

また、近くにアイテムがある場合その存在を教えてくれる。

この要素があるためペイントボールは今作では撤となる。

特殊装具

今作で新しく追加される装備品。

特殊なスキルを使うことが出来、身を隠したりする隠れ身の装衣やその逆の引き寄せたりする装備などがあり、受けるダメージを減少させてダメージリアクションを小さくする不動の装衣などが存在する。

アイテム欄から使用することが出来、一度使うと効果時間やクールダウンの時間がある。

防具やスキルシステムの変更

今作では、防具は士とガンナーで同じものを使用するように変更される。(ただし、武器種ボーナスがあり、士の武器を装備すると「物理ダメージ軽減」、ガンナーの武器を装備すると「属性ダメージ軽減」が発動するため、防御面に関しては士ガンナー共にほぼ今まで通りになる。)また、護石は生産・強化での入手となる。

また、今作では防具や護石に付随しているスキルの仕組みが一新される。

今までの仕組みをスキルポイントによって一定ポイントスキルが発動していたものが、今作ではスキルレベル制になっている。
装備には必ずスキルが付属しており、スキルを重ねていくごとにスキルレベルが上昇し、効果もより強いものになっていく仕組みに変更される。また、護石にも強化レベルが追加される。

そして装備の性に関係なく見たのみを変更する『重ね着装備』が導入された。
MHXXの防具合成と似たシステムだが、こちらは重ね着専用の特別な装備として用意されている。
そのため防具合成と違い、組み合わせを変える度に合成し直しと言うことはないが、
反面重ね着装備として用意されているデザインにしか変更できないとの事。
その口調から残念ながら全ての通常防具を重ね着装備化する予定はない模様。

探索

クエスト外でもフィールドに赴き、狩り採集を行える。MH3シリーズの「モガの森」に近いシステム
今作ではさらに、「異なるフィールド間の直接移動」「受付嬢からクエスト受注」なども探索中にできるようになっており、モガの森をさらに拡、遊びやすくしたシステムと言える。

その他システムの変更

使用可能武器

今作では武器種が減るということはなく、過去作にあった武器種は使用可

武器種の詳細は各武器記事を参照。

ガンナー

拡張DLC

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
基本情報
ジャンル ハンティングアクション
対応機種 PlayStation4
Xbox One海外のみ)
発売元 カプコン
発売日 2019年9月6日
価格 パッケージ版:6,990
ダウンロード版:6,472
デジタルデラックス:7,398円
コレクターズ:16,990
年齢 C
通信
その他
  • 不明
ゲームソフトテンプレート

2018年12月10日に『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラムにてDLCとして『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が発表され、2019年5月10日には同年9月6日にコンシューマ版の世界同時配信及び発売予定と発表された(Steam版は今予定)。

なお、従来のGシリーズに相当するコンテンツであるが、本編のみの既存ソフト用には拡DLC(単体価格4,444円+税)を購入し適用する形となる他、本編と同梱されたパッケージ版及びDL版が「マスターエディション」として発売予定となっている。

ティザームービーでは寒冷地と思われる新たな大地が映し出されたほか、ナルガクルガの鳴きい双の軌跡が映っていた。

現在判明している情報は以下の通り。

その他に新モンスター、新武器防具が追加ほか、モンスターハンター:ワールドのエンディング後から始まる新たなるストーリーもあるとのこと。

拡張DLC時期の仕様変更情報

登場モンスター

表は2019/7/11現在までに種族と名前が判明しているモンスター。発売後の無料アップデートによってモンスターの追加もされている。
アイスボーンで追加されたモンスター

なお、本作のメインモンスター本編が「ネルギガンテ」、アイスボーンは「イヴルカーナ」が務める。

食種 獣人
飛竜
海竜
  • 未確認
甲殻種 両生種
  • 未確認
  • 未確認
  • 未確認
古龍種
  • 未確認
  • 未確認
翼竜 遺存種
  • レーシェン[5] NEW!

関連動画

PV

デモプレイ

ストーリー

アップデート関連

関連商品

関連項目

モンスターハンターシリーズ
メイン MH - MHG - MH2 - MH3 - MH3G - MH4 - MH4G - MHW
ポータブル MHP - MHP2 - MHP2G - MHP3
オンライン MHF - MHF-G - MHF-Z
スピンオフ MHX - MHXX - アイルー村 - パズルー - MHST - MHSP - MHXR
アニメ ぎりぎりアイルー村G) - MHST RO
関連項目 関連項目一覧 - モンスター一覧 - 楽曲一覧 - プレイヤー一覧生主声優

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%3A%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モンスターハンター:ワールド

7878 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 22:18:15 ID: tzWLk2Idu2
レーシェンって、よく考えたら「ハンター格」じゃない?
新規格じゃなくて格自体は既存というか
「元々モンス用じゃない格を使った」というか
7879 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 23:57:17 ID: ZVeL3uXgBC
>>7876
ジャンルが全然違うけど、鉄拳のPがった情報からすると
格ゲー背景ステージ最低価格が5000万からって次元で、キャラなんかはもっと高いって話だからなぁ

モンハンモンスターも重要度的には格ゲーの操作キャラと同等だろうし
開発費はヤバそう
7880 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 08:04:32 ID: Y/39GpOtnp
せっかくの温泉なんだしロード挟んでも良いからマイルームみたいに武器置いてくれ
大剣背負って湯舟に入るな
7881 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 12:01:30 ID: Z2Bx7dD+uG
武器だって温泉浸かりたいかもしれないだろ!
まあ色々作り込まれるようになったからそこも拘ってほしいのはわかる
7882 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 21:58:30 ID: +FwdBH8DF0
度々ベヒーモスはオウガ格って言われるけど、ベヒーモスって元のモーションはネギが基本になってるんだよな
まぁネギ格の元である所謂マガラ格はオウガ格にを付けた物だからあながち間違いでもないんだけど、でもオウガはもっとネギべて上半身がより発達してるから似て非なるものだと思う
まぁ言ってもクシャ系古アルバ程度の差だけど
7883 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 22:06:36 ID: 8e2TftAVs6
ワールドでオウガの格に近いのは塊をっている状態のマム・タロトじゃない?
7884 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 00:58:08 ID: v+NpzXlqRA
大元のベースさえあれば、チョコチョコっと弄れば大丈夫なんじゃないかな?
ジンオウガと言えば、リークでイヴェルとジンオウガアイコンが見つかったらしいけど、この情報が本当かどうか…。
7885 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 14:33:31 ID: 44gqZlo4IM
公式が売ったクッキーにあのアイコンが使われてたから少なくとも非公式かが釣りのために作った偽アイコンでないのは確定。
もう8~9割はジンオウガ出ると思っていいんじゃね。
7886 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 20:47:16 ID: JOwc/gjUq3
1.オドガロン
2.オリ
3.ネギ

1だと思うに1票 やっぱ
他の種族の格では作らないと思うんだよね
7887 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 16:31:19 ID: TgtIdQ+6Mp
累計1300万本突破

http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/world/ps4/sp/?referrer=http%3A%2F%2Fwww.capcom.co.jp%2Fmonsterhunter%2Fworld%2Fexit


だいたい4、4G,MHX足したくらいの売り上げ

急上昇ワード