マクシミリアン・テルミドール単語

マクシミリアンテルミドール
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

「そこで見ているがいい、ウィン・D・ファンションお前が何をめたのかを」

アーマード・コア フォーアンサーに登場するリンクス
CV:諏訪部順一

概要

ストーリー終盤に突如として現れる反体制勢ORCA旅団団長を務めるリンクスカーパルスを始めとするアルテリア施設に対して同時攻撃を仕掛けるとともに、クレイドルに住まう全ての人間に「To nobles Welcome to to the earth」というメッセージを伝える。
熱っぽい扇動ロマンチスト、諦観者、複雑な分裂した男など、プロフィールには彼の人物像に関する多数の事柄が記されている。
企業ルートラストミッションである「アルテリアクラニアム防衛」にて同じメンバーである真改と共に登場。少佐ことウィン・D・ファンションを伴った首輪付き闘を繰り広げることになる。その末に撃破されると今際の際に「心しておけ、お前たちの惰弱な発想が、人類を壊死させるのだと!」といった意味深な言葉を残す。また、こちらが撃破された場合は「悪いが譲れないな、だが覚えておこう、お前の答えも」と言い、自ら貫くべき信念があれど、敵対する首輪付きたちの考えを全く理解していない訳ではなかったということが見て取れる。

二週以降に辿り着けるようになる新たな答えであるORCAルートでは彼の誘いを受けて企業ルートとは逆に首輪付きORCA旅団に参加することとなり、彼と団の的―――衛星を埋め尽くすアサルトセルという兵器と、それを排除し宇宙へのを切り開くためにクレイドルを落とし、そのエネルギー衛星掃射へと注ぐという「クローズプラン」の存在を知ることになる。
前述した「惰弱な発想」というのも、クレイドルの維持の為にコジマ汚染の拡大が進み、アサルトセルによって宇宙にも出られない現状を続ければ人類はいずれ静かに滅びゆくだけということで、決起の際に発した「To nobles Welcome to to the earth(高なる者たちよ、地上へようこそ)」というメッセージも「安寧なで暮らすお前たちを、汚れた地上へ叩き落としてやる」痛な皮だったということなのである。
ORCAルートにおいても彼はクラニアムにおいてウィン・D・ファンションに敗れることになり、ただ1人残ったORCA戦士である首輪付きに全てを託して散っていく。

搭乗ネクストレイレナードの逆脚機アリシアベースにした「アンサング」武装はレイレナードアサルトライフル、試作レーザーバズーカ、PMミサイルプラズマキャノン
アサルトライフルは単発の攻撃が高く、レーザーバズーカプラズマキャノンの一撃の威も頭一つ抜けている高火力機であるが、ベースとなるアリシアの元々の積載が少ないことに加えて、ジェネレーターをハイエンドタイプに変更していることから大半のレギュで重量過多を起こしている。
しかし、戦場となるクラニアムが横に狭く縦に広いフィールドということもあり、逆脚機の特徴である垂直移動を活かすにはそれほど支障はかったりする。登場リンクスの中でも決して弱くはく、ミッションでは相方真改の存在もありストーリーラストを飾る相手としては十分なレベルであると言えよう。まあ大概の場合こっちが真改ドンパチやってる間に少佐に倒されてたりするのだが。

以下、重大なネタバレのためステルス

彼の正体はカラードランク1、オッツダルヴァと同一人物。ラインアークでの決選の際に没したと見せかけて姿をくらましORCA旅団に合流したというわけである。だが、企業ルート以外でも再びオッツダルヴァとして姿を現すことがあるなど彼の行動には多くのが残されている。
特にORCAルートラストミッションである「アルテリアクラニアム襲撃」のハードモードにおける裏切りは強い衝撃を与え、「プロフィールの分裂した男という一文からなる二重人格説」「この先ORCAを背負って立つ首輪付きに更なる箔をつけさせようとした説」「ジャック・Oと同様の憎まれ役の幕引きとして敵対した説」など、様々な議論がなされている。彼の本来の機体名もアンサング=称えられないとなっているが果たして・・・

名前の由来は恐らく、フランス革命期の政治家マクシミリアン・ロベスピエールと彼が失脚するきっかけとなったテルミドールの反乱を掛け合わせたものだと思われる。加えてロベスピエールの処刑日はORCA旅団起したのと同じ7月に行われている。更に言うと正確な処刑日は7月28日で、28という数字をグルジア語で表現すると、オッツダルヴァとなる。

ニコニコでのテルミドール

どういうわけだかや干と同じくゲイヴン仲間入りをさせられ、最強掘りYARCA旅団」の団長として数多くのゲイヴンンクスを率いていたりする。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マクシミリアン・テルミドール

2 ななしのよっしん
2014/02/14(金) 19:22:49 ID: QFFvlJEm8G
マクシミリアン・テルミドール……一体何ダルヴァなんだ……
3 ななしのよっしん
2014/03/31(月) 22:37:30 ID: rrvqlqqt6C
未来を切り開く、もしくは射ち開くのに
何故クローズプランなんだろうな

オープンじゃないのか
4 ななしのよっしん
2014/04/19(土) 11:32:45 ID: 1s9iEgvu2G
CloseではなくCrowsなのかもしれない
5 ななしのよっしん
2014/04/26(土) 06:04:55 ID: 4eciwGqX1+
レイドル体制を終わらせるって意味でクローズなんじゃない?
6 ななしのよっしん
2014/12/08(月) 13:55:02 ID: K191fPRa/o
メシ食いに行ったら「ロブスターテルミドール」って広告出ててビクッとしたわw
7 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 19:25:58 ID: LuejOwOptU
うたわれるものエロゲー
うたわれないもの:臆病者
8 ななしのよっしん
2016/08/14(日) 07:43:25 ID: 2sf51yWRco
最期に裏切ったのはほかのORCA旅団メンバーが斃れていくなか一人生き残り続ける主人公と全で戦ってみたいと言う「俗っぽい欲」が出たからと思ってる。

ボツ台詞だと爺が「エーレンベルクが陥落してももう止められない。 メルツェルの策は万全」
って言ってたし、テルミドールオッツダルヴァに戻る事も計画の何らかの一部。

だけど
企業ルートだとその前にウィン・D・ファンションの独断行動によって

ORCAルートだとノーマルではカラードに復帰するがハードだと前述の通りランク1の持を、強いと戦いたいという欲を押さえきれずに出てくる。

だから虐殺ルートでもテルミドールじゃなくてオッツダルヴァ名義なのかなと
9 ななしのよっしん
2017/11/19(日) 01:47:49 ID: dUc3eTpfu6
企業の重役もクレイドル体制の限界には気づいてたけどクレイドル降ろしたら民衆の反感買いまくるし
第一にアサルトセルを秘密裏に処分したいから衛星掃射の存在はにできない
アルテリア施設は掃射の使用を想定して作られ、アンサラーも最初から地上を捨てるつもりだったから作った

テルミドールは地上に残された者たちのガス抜きのために反体制組織を作って不満持ってる危険因子を扇動して
計画の要所で脱落して全滅するように仕向けつつ企業の代理としてクローズプランを実行するはずだった
宇宙船の建造と発射の安全確保のためにも危険因子はあらかじめ排除していないといけなかった

ORCAルートでは本当はアンサラー首輪付きには死んでもらうはずだったが予想に反して生き残ったから
最後の危険因子である首輪付き殺しようとオッツダルヴァとして自ら手を下さざるを得なくなった
「増長だったな、貴様ORCAを気取るなど」という台詞ORCA意に気づいてないことへの皮

とかいう妄想
10 ななしのよっしん
2018/01/26(金) 23:20:27 ID: SCB0gw43UN
最初のwelcome to the earthのtoが一つ多くなってるせいで古王思い出したじゃねーかwww
11 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 15:30:46 ID: n4q0ih57Tu
ファクシミリアン・TELミドー

急上昇ワード

2019/10/18(金)05時更新