ルーフェリア(国名)単語

ルーフェリア

ルーフェリア(国名)とは、TRPGシステムソード・ワールド2.0」に登場する架名。
システムに登場する同名の女神については水の神ルーフェリアを参照のこと。

概要

女神の涙”ルーフェリア
首都 ナリ
国王 カウヌスヴァンデ・アエル
(実質的なトップ大司教バトエルデン・エラー)
人口 (公式の記述なし)(※)

テラスティア大陸南部フェイダン地方に存在する小国。周囲を山脈に囲まれ、その内側のかなりの面積エルリュートと呼ばれるが占めており、「」「女神の涙」と呼称される。
政治制度的には王ではあるが、歴史的経緯により政治の実権はルーフェリア殿がほぼ握っている。王宮のあるアエドンが「王都」と呼ばれる一方、首都大神殿のあるカナリスであることはその実体を如実に現していると言えよう。
周囲には蛮族の脅威が多く潜んでおり、特に近傍のゼルブリスからは今もなお執拗な攻撃を受けている。そのため大陸250年台までは周辺の々からも既に滅んだものと考えられていたが、<石の学び舎>カインガラからの調隊によって発見されてからは諸外との交易も始まっている。
の要所要所にはルーフェリア殿が建てられているがこれは前線基地を兼ねており、常時戦士が詰めている。緊急の際には魔法オラクル」で全土に危機を通達、民をカナリスへ避難させ、避難民の収容が済んだところで特殊魔法アイスドーム」によって籠、準備を整え反撃という手はずになっている。
教はルーフェリアと定められており、実際民の9割はルーフェリア信者と言われているが他のが排されているわけではなく(とはいえ第二の々は流石に例外であろうが)ライフォスザイア殿が存在するほか、旧王時代には多くの信徒を擁したキルヒア、またエルフの住民が多いお柄のためアステリアの信仰も時折見られる。

(※)参考として、カナリスの人口は6000人、アエドンの人口は3000人。

歴史

古くはこの地には"宝石"イズマル王というが栄えていたが、<大破局>の際の蛮族の侵攻に遭い、王蛮族少女を生贄にげることで事態を打開しようとした。その少女騎士神ザイアに引き上げられたことで人々は救われ、女神となった少女ルーフェリア」の名が新たな名となった。

……と一般には言われているが……

真相

イズマル王が行ったのは、少女を生贄にげた魔神召喚の儀式であった。召喚された魔神は確かに押し寄せる蛮族を苦もく蹴散らしたものの、召喚の束縛から解き放たれるやその破壊の手を人々に向け、カナリスをはじめ数々の町村を燼に帰した。 ザイアルーフェリアの故郷を思う気持ちに打たれ、彼女に引き上げたのはこの時であり、ルーフェリアザイアから賜った魔神の底深く封印し、人々は救われた。
結果オーライとはいえ民に多数の犠牲を出し、おまけにその手段が生贄で召喚した魔神ということもあって生き残った民は王に反発。王族を放逐し、決起軍に加わっていたルーフェリアを新たな王としていただくことになった。
蛮族の脅威がなお残る状態で、封印されたといえども魔神の底で生き続けているという事実は徒に人心を乱す、と考えた新王殿はこれを秘とし、上述の歴史を流布したのであった。

なお、政治に携わらない王は何やってんのかというと、アエドンはゼルブリスとほど近い地勢でもあり、軍を率いて北方の防衛を担っている。

人物

バトエルデン・エラー(エルフ)

ルーフェリア殿大司教。実はルーフェリア格を得る前の幼馴染み。元はザイアを奉じる戦士であった。今でも女神が儘を時折聞いているとも言われ、時々中間管理職じみた愚痴が聞こえることも。
内政に加え諸との交が開けてからは外交も担当するなど多忙を極め、そろそろ俗事は後進にゆだねて官職に専念したがっているともいうが、いざというときには戦士団の先頭に立つほか、気がつくと殿を抜け出してとんでもないところで暴れていたりする。公式リプレイで「大司教ぶらり一人旅」などと化されるほど。的な「部下に任せるのが下手な上」とか言っちゃだめです
公式リプレイ「滅びのサーペント」において若干過去の時点のPCデータが作られ、「元は体の弱い操霊術師(コンジャラー)だったが体を鍛え上げ、不沈艦とも言うべき偉丈夫となった」というエピソードが付いてしまった。
また公式ノベル「堕女神ユリス」シリーズにはザイア信仰を貫きを分かった彼のと思われるキャラクター、ジャリルデン・エラーが登場する。

リア(?)

ルーフェリアの各地で時折見かける少女。危険にされたり難事に遭っている人々をそっと導くという。彼女に会った者は女神像の顔を見て一様に「?」な表情になるというが、あんまり追求してはいけない。ほんとは神様だってえたい願いがあるかもしれないのだから(マテ)

関連商品

公式リプレイ新米女神勇者たち」の始まりの地……なのだが、舞台は隣アイヤールに移ってしまい、登場率は決して高いとは言えない。
なお、今のところ単位で詳細な解説書(ツアー本)が出ているのはこことリオスくらいである。大陸全土における位置を確認したり、周辺諸との位置関係を把握したい場合はフェイダン博物誌が便利。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A2%28%E5%9B%BD%E5%90%8D%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルーフェリア(国名)

1 ななしのよっしん
2013/10/01(火) 00:51:11 ID: ikC/ku3FC7
記事作成乙です
ルーフェリアは初めて読んだリプレイ舞台だったこともあって、感慨深いものが。

あと、リプレイにも言及してあるのはとても良いと思います。
公式リプレイについての記事も作られるといいなぁ……
2 ななしのよっしん
2015/08/08(土) 12:16:15 ID: rOnveajHEM
生贄になった少女ルーフェリアって同一人物なのか
同一人物だとしたら何故生贄にされて生きてるのか
死後に界でになったとかなのかよく判らんから
調べたがかなりややこしい話?らしいな…
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1383914700/900-exit
3 ななしのよっしん
2015/08/08(土) 12:25:03 ID: JSFK0sWv0D
>>2
シンプルに考えれば、生贄にされたときにになり、騒動の後に現世を離れたんだろ
ただ公式設定として色々歴史が隠されてるらしいから
個人的には生贄ではなく苗床にされてたんじゃないかと思ってる。
ルーフェリア大司教の実でも未だに魔神を封印しているだけというあたり
単なる召喚とは思えない
4 ななしのよっしん
2016/10/07(金) 02:56:09 ID: sgmUWv1w3E
封印しか手がなかった系だと一番ありそうなのは一部が全に融合しちゃってて魔神を殺すと自分も死ぬ的なかね
にもぐって封印を探したらリアそっくりの見た女の子が封印されてたりしたら胸熱
5 ななしのよっしん
2016/10/07(金) 08:37:37 ID: 9BBBoIPwmW
>>4
うっかり魔神王を呼んでしまっている可性もある。
魔神将まではともかく、魔神王はSW2.0で一度もデータ化された事がいからね~ FC四天王たちも魔神将どまりだし。魔神王は大神以上に匹敵するから、バトヤンでも勝てるかどうかは怪しいと思うし。
生贄にされていたルーフェリアとは何らかのラインがあって、逆にそのおかげで封印できたとか?

旧版の設定が生きてるなら、魔神王も複数体存在するし、かなり面倒な魔物だしね。判明してる個体だけでも「物理攻撃効(通常攻撃ではなく、物理)」「血を流すたびに魔神が生まれる」と厄介を持っていたし。
6 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 02:34:47 ID: wceIktl4ym
魔神クラスの存在だと大神コールゴッドでも滅ぼせそうにないし
滅ぼしたとしても魔界に帰るだけで再び召喚される危険もあるし
いっそ封印した方が安全なのかもしれんな

…こんな化け物クラス魔神少女人生贄にげれば召喚できるって
そりゃデーモンルーラーが忌避にされるよなと思った。
7 ななしのよっしん
2017/06/27(火) 11:24:27 ID: IkurYaooTY
ルーフェリアの人口の推計、あまりにも少なくないか?
手元にツアールーフェリアないから正確にはわからんが、オルミの人口も足したら一万人は普通えてると思うぞ。
そして都市部の人口を支える農村地帯の人口は、都市部の数倍はいるはずじゃないかね。
8 ななしのよっしん
2017/06/28(水) 08:05:43 ID: 7Xc4LqSdqZ
>>7
確かに。正直かなり適当に書いてしまってますorz
その辺推計する統計手法とかありますかね?
(現実の現代国家じゃないんでパラメータどうするかが難しそうですが)
とりあえず国家人口については公式の記載がないんで、
「(公式記載なし)」にめて、脚注でカナリスとアエドンの人口のみ記載、としましょうか?
9 ななしのよっしん
2017/07/18(火) 22:46:43 ID: l4tvxaF9pf
>>6
ルーフェリアは数多くの生贄の中の一人じゃなかったかな

急上昇ワード