京都新聞杯単語

キョウトシンブンハイ
3.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

京都新聞杯とは、JRA(日本中央競馬会)が開催する京都競馬場の3歳限定重賞競走、芝2200mである。格付けはGⅡ

概要

1953年菊花賞の前戦として京都盃の名称で芝2400mで行われたのが始まり。
1967年菊花賞トライアルになり優先出走権の付与がされるようになり、1971年に京都新聞杯に名称変更、この間芝1800m2000mの設定もあったが1984年グレード制度導入時にGⅡ格付に定された時に芝2200mになった。

※第4回のみ3歳以上(旧4歳以上)の出走条件でヤサカが、このレース一の連覇の記録をしている。

菊花賞トライアルの時期は勝ちの中に、ニホンピロムーテー、タイテエムトウショウボーイカツラギエースミホシンザンミホノブルボンダンスインザダークスペシャルウィーク等々のたちがいた。

2000年になって菊花賞の時期が11月から10月まったことから、開催時期が大幅にまりそれまで行われていた京都4歳特別(GⅢ)芝2000mを吸収する形の5月に移動、日本ダービーの前戦になった。
(関西地区の菊花賞トライアルは、神戸新聞杯の1レースのみにまかせる事になった)

吸収した京都4歳特別の勝ちからはトウメイオグリキャップシルクジャスティス等がG1になっている。

吸収した事により移動した2000年は芝2200mから芝2000mと短縮GⅡからGⅢと格下げだったが、2001年からGⅡ2002年から2200mと戻り現在に至る。
5月に移動してからはアグネスフライトハーツクライキズナが、複勝圏内からはタップダンスシチースズカマンボロジャーバローズが後にG1になっている。

に移動した後、このレースをステップにして3頭が東京優駿勝利している。

レース結果

2000年の成績も現在年齢で表記
第1回~第3回芝2400m、第4回芝2000m、第5回~第13回芝1800m、
第14回~28回芝2000m(27回,中2000m、28回,阪神2000m)
第29回~47回芝2200m(42回,阪神2200m)、第48、49回芝2000m
第50回~芝2200m(69回中、芝2200m)

春に移設以降

回数 開催日 勝利 性齢 騎手 タイム 動画
第69回 2021年5月8日 レッドジェネシス 3 川田将雅 2:11.2
第68回 2020年5月9日 ディープボンド 3 和田竜二 2:11.7
第67回 2019年5月4日 レッドジェニア 3 酒井 2:11.9
第66回 2018年5月5日 ステイフーリッシュ 3 藤岡 2:11.0 sm33161289exit_nicovideo
第65回 2017年5月6日 プラチナバレット 3 浜中俊 2:15.2 sm31163860exit_nicovideo
第64回 2016年5月7日 スマートオーディン 3 戸崎圭太 2:12.6
第63回 2015年5月9日 サトノラーゼン 3 川田将雅 2:11.3
第62回 2014年5月10日 ハギノハイブリッド 3 秋山一郎 2:11.0
第61回 2013年5月4日 キズナ 3 武豊 2:12.3
第60回 2012年5月5日 トーセンホマレボシ 3 C.ウィリアムズ 2:10.0 sm17746363exit_nicovideo
第59回 2011年5月9日 クレスグランド 3 武豊 2:13.5 sm14385218exit_nicovideo
第58回 2010年5月8日 ゲシュタルト 3 池添謙一 2:12.8 sm10690947exit_nicovideo
第57回 2009年5月9日 ベストメンバー 3 四位洋文 2:13.0 sm10641500exit_nicovideo
第56回 2008年5月10日 メイショウクオリア 3 岩田康誠 2:18.4
第55回 2007年5月5日 スカータソル 3 岩田康誠 2:13.5
第54回 2006年5月6日 トーホウアラン 3 藤田伸二 2:14.8
第53回 2005年5月7日 インティライミ 3 佐藤哲三 2:13.0
第52回 2004年5月8日 ハーツクライ 3 安藤勝己 2:11.9
第51回 2003年5月10日 マーブルチーフ 3 池添謙一 2:15.4
第50回 2002年5月3日 ファストタテヤマ 3 安田 2:12.5
第49回 2001年5月4日 テンザンセイザ 3 幸英明 1:59.8
第48回 2000年5月6日 アグネスフライト 3 河内洋 1:59.8 sm3587867exit_nicovideo

秋の開催時

回数 開催日 勝利 性齢 騎手 タイム 動画
第47回 1999年10月17日 アドマイヤベガ 3 武豊 2:12.3
第46回 1998年10月18日 スペシャルウィーク 3 武豊 2:15.0 sm20876264exit_nicovideo
第45回 1997年10月12日 マチカネフクキタル 3 南井克巳 2:13.1
第44回 1996年10月13日 ダンスインザダーク 3 武豊 2:14.1
第43回 1995年10月15日 ナリタキングオー 3 藤田伸二 2:11.4
第42回 1994年10月16日 スターマン 3 藤田伸二 2:12.1 sm10634663exit_nicovideo
第41回 1993年10月17日 ウイニングチケット 3 柴田政人 2:13.3
第40回 1992年10月18日 ミホノブルボン 3 小島貞博 2:12.0
第39回 1991年10月13日 ナイスネイチャ 3 松永 2:15.6
第38回 1990年10月14日 メジロライアン 3 横山典弘 2:12.3
第37回 1989年10月15日 バンブービギン 3 南井克巳 2:13.4
第36回 1988年10月16日 ヤエノムテキ 3 西浦勝一 2:14.5 sm7002381exit_nicovideo
第35回 1987年10月18日 レオテンザン 3 武豊 2:16.3
第34回 1986年10月19日 タケノコヨシ 3 伊藤清章 2:14.3
第33回 1985年10月20日 ミホシンザン 3 柴田政人 2:14.5
第32回 1984年10月21日 ニシノライデン 3 伊藤清章 2:14.6
第31回 1983年10月23日 カツラギエース 3 西浦勝一 2:02.0 sm18026290exit_nicovideo
第30回 1982年10月24日 ハギノカムイオー 3 伊藤清章 2:02.8
第29回 1981年10月18日 サンエイソロ 3 小島太 2:00.8 sm31086483exit_nicovideo
第28回 1980年10月19日 オーバーレインボー 3 佐々木晶三 2:07.0
第27回 1979年10月21日 ファインドラゴン 3 南井克巳 2:00.0
第26回 1978年10月22日 メジロイーグル 3 河内洋 2:01.6
第25回 1977年10月23日 プレストウコウ 3 郷原洋行 2:01.1
第24回 1976年10月24日 トウショウボーイ 3 福永洋一 2:02.2
第23回 1975年10月19日 コクサイプリンス 3 井高 2:06.2
第22回 1974年10月20日 キタノカチドキ 3 武邦彦 2:03.7
第21回 1973年10月21日 トーヨーチカラ 3 田島良保 2:08.3
第20回 1972年10月22日 タイテエム 3 四郎 2:03.3
第19回 1971年10月24日 ニホンピロムーテー 3 福永洋一 2:02.8
第18回 1970年10月25日 タマホープ 3 清水久雄 2:04.5
第17回 1969年10月26日 キングスピード 3 武田 2:10.9
第16回 1968年10月27日 タニノハローモア 3 宮本 2:05.5
第15回 1967年10月29日 サトヒカル 3 栗田 2:04.0
第14回 1966年10月23日 ハードイツ 3 簗田善則 2:02.5
第13回 1965年10月31日 キーストン 3 山本 1:49.9
第12回 1964年11月1日 バリモスニセイ 3 諏訪 1:51.9
第11回 1963年11月3日 コウイオ 3 浅見 1.50.9
第10回 1962年11月11日 コレヒサ 3 安重勝 1:50.6
第9回 1961年11月5日 ミスケイコ 3 清田十一 1:52.7
第8回 1960年9月18日 ヘリオス 3 大久保正陽 1:49.9
第7回 1959年9月20日 インデイール 3 田明 1:51.2
第6回 1958年9月21日 ウシユウサクラ 3 上田三千夫 1:51.2
第5回 1957年9月23日 ヨドサクラ 3 伊藤修二 1:53.4
第4回※1 1956年9月23日 ヤサカ 4 浅見 2:04.8
第3回 1955年9月25日 ヤサカ 3 栗田 2:32.4
第2回 1954年10月3日 ミネマサ 3 斉藤義美 2:33.4
第1回 1953年10月11日 ダイサンホウシユウ 3 上田三千夫 2:32.4

※1,第4回のこの年のみ3歳以上(旧4歳以上)の出走条件で行われた。

関連動画(菊花賞トライアル時代の京都新聞杯)

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E8%81%9E%E6%9D%AF
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

京都新聞杯

1 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 07:48:55 ID: +YEJJIhYNr
記事作成お疲れ様です。タイテイムではなくて、正しくはタイテエムです。余裕があったら記載の修正をお願いします
2 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 19:25:58 ID: QiVY41h3XU
京都新聞杯 2000年G3に格下げ。2001年G2に昇格。
毎日放送京都4歳特別G3 止。毎日放送賞はスワンステークスG2に。
スワンステークス 1965年から関西テレビ賞。関西テレビ賞は1984年からローズステークスに。2000年から毎日放送賞。

社杯をくしたり、レースの格下げは難しい。重賞の格下げ自体、他に鳴尾記念しかなかったはずだが。
今のシステムだとどうなんだろ。レーティング低くて格下げされるレースも出てくるだろうし、京都新聞杯みたいに短期で元のグレードに戻せるとは限らないし。
3 ななしのよっしん
2020/03/05(木) 22:19:27 ID: Cb4VtS1fen
>>2 他に格下げになったのはCBC賞がある。(パート1になる前だけど)
サマースプリントシリーズができた時にG2 グレー勝利別定→G3ハンデになってる。
社杯は朝日杯FS阪神に移動の関係があるけど、朝日チャレンジカップが、チャレンジカップになったとかがあるかな?
4 ななしのよっしん
2020/03/05(木) 22:26:26 ID: qLiMuIBhXV
>>3
鳴尾記念「何で自分も格下げになったんだ…!」
5 ななしのよっしん
2021/05/08(土) 09:58:50 ID: nPvfhFQ/Qd
インティライミG1獲ってなくない?
6 ななし
2021/05/08(土) 16:25:26 ID: EbqffgWeqy
レッドジェネシスが初重賞取ったんだっけ
まぁ想定外のことは起こるか。大穴ではないにしても…とりあえずおめでとうだな
7 ななしのよっしん
2022/01/17(月) 02:13:25 ID: HbQgi6t7oJ
同じステップレースの青葉賞ダービー0なのに対しこちらは3頭。何が違うのか