劉璋単語

リュウショウ

りゅうしょう、? - 214)とは、中国後漢末期(三時代)にいた群雄の101ひとり。字は季玉。

益州(中国西部)を焉から引き継いで治めていたが、後に劉備に領土を奪われた。

生涯

益州を継ぐ

焉は皇室に連なる血統にあり、地方に独自勢を作る野心を秘めて益州に出向した人物であった。中央の政局混乱を予期して、地方に地盤を移そうとしていた焉であったが、都には範・誕・息子らを残していた。案の定、霊帝が亡くなった直後から朝廷は大混乱に陥る。

焉は張魯宗教を使って中を封鎖し、中央との連絡網を遮っていた。このため、朝廷よりの使者として益州に赴くが、そのまま焉に留め置かれ、以後長安に戻ることはなかった。また、この頃に焉の親戚であった羲(ホウ羲)もまた益州に身を寄せている。

192年、中央政権をっていた董卓が暗殺され、紆余曲折あって董卓配下であった李傕李カク)が長安の支配者になると、焉はその政権転覆を狙って長安にいる息子らに示を出した。しかしこれが露見してしまい、範・誕は処刑されてしまう。これにより、焉の子はだけになってしまった。

194年に焉が病没する。焉は半ば中央政権から独立するような形ではあったが、仮にも朝廷から益州牧の役職を拝命して益州を治めていた。つまり名上、かが益州牧を継いでこの地を治める必要があったのだ。ここで焉配下の閣僚であったイ(イは是+)という人物が、焉の跡継ぎであるに益州牧も引き継がせるよう、朝廷に上奏していた。これは焉の政権を温和なに引き継がせることによって、自身の既得権益を守りつつ、また先代の頃よりも動きやすくなることを狙ったものだという。

獅子身中の虫

かくして朝廷の命を受けて、は益州牧を継承、焉の基盤をそのまま引き継ぐことができた。しかし、先代の焉が有者の粛清をするなどの恐怖政治を行っていたのに対して、気弱で優柔不断では増長する配下を抑えることが難しかった。

初めに不従の態度を示したのは張魯であった。張魯はもとより宗教団体・五斗米道教祖であり、焉の密命で中を制圧、裏で焉と通じながら独自の基盤を中に築き上げていた。への代替わりで、もはや従う必要はないと感じたのだろう。対するも報復のために、張魯を処刑している。羲に命じて張魯を攻めさせたが、いずれも失敗に終わった。その後、張魯への警のために羲を西太守に任命した。しかし、この頃から羲とも仲違いするようになる。

次に動いたのは、を擁立したはずのイであった。の軍には「東州兵」という、焉時代に結成された軍団が存在した。イはその東州兵を手懐けて、に不満を持つ民衆・族らを巻き込んで反乱を起こした。この挙兵に多方面で呼応があり、は成都に籠ってひたすら防戦を続けていた。しかししばらく後、東州兵の間にイに対する疑心が沸くようになり、東州兵は側に寝返ってしまう。これにより一転してイは敗走、その後殺された。

しばらく後、のもとにも曹操が荊州制圧に入ったという情報が伝わる。これを聞いたは陰溥を使者として送り、曹操への敬意を示した。これに対して、曹操将軍の位を贈った。この曹操のお返しに相当気をよくしてしまったのか、なぜかはその後も特に意味のない使者を、粛、張松と二度も出している。張松が来た頃にはすでに劉備を荊州から追い出した頃で、曹操にも「使者とかさすがにもういいよ」と適当にあしらわれてしまった。これにより、張松は恨みを抱いたという。

劉備の入蜀

赤壁の戦いによって曹操が破れたという情報が益州にも伝わると、張松に「曹操はダメですよ、絶交したほうがいいです」と曹操の悪口を述べた。また、「それよりも劉備殿と誼を交わすべきです。あの方は様と同じ血族です。信用できます」と劉備を取り込むことを進言した。

この頃、の治める益州の北には敵対する張魯がおり、一方の内も羲をはじめとした、にいつ反旗を翻すかわからない族が少なくなかった。味方がほしかったであろうは、この張松の提言に賛同し、法正孟達に数千人の兵をつけて劉備の護衛をさせた。この張松法正孟達こそが本当の敵であったのだが…

一方でこの案に反対する臣下もおり、簿の黄権はその利を述べて諫言し、また従事の王累門に逆さりになるという決死のアピールで諫めようとしたが、結局の意は変わらなかった。

211年、は3万の兵を率いて涪(フ)に赴き、そこで劉備と会談した。そして劉備に物資を与えて、張魯を攻撃させる約束をさせた。劉備は最初は約束通りに張魯と交戦したが、212年に突如南に転進、との戦端を開いた。各所で打ち破られたは成都に籠劉備軍も214年に成都の包囲を完成させた。

当時、成都には3万の精兵をえており、また食料も1年分確保されていた。しかし簡雍の説得によってついに諦め、

子で州を治めること20余り百姓に恩徳を与えることはなかった。その百姓らが交戦すること3年、草野を血糊に塗れさせたのは(この)の責任だ。どうして心を安んじていられようか。

と言って開した。この言に涙せぬものはいなかった。

その後

を降した劉備は、を荊州南に移し、またその財産と振威将軍の印綬をに返した。

その後、荊州は関羽が討たれたことにより孫権の支配下になり、孫権に従った。孫権を益州牧に任じたが、まもなく亡くなったという。

の子には循・闡がいる。荊州陥落後も循はに残り、とともに荊州にいた闡はに降っている。

評価

無能

同じくの地に降り立った2代目ボンクラ劉禅としばしば対されるが、劉禅には少なからず擁護する論調があるのに対して、にはあんまり肯定的見解がないのが哀れである。まぁ、無能だから扱いやすかろうと擁立されたんだけどね…

ニコニコ動画における劉璋

101匹くらいいる。単位は「匹」である。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%89%E7%92%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

劉璋

16 ななしのよっしん
2018/04/03(火) 17:50:53 ID: S/YuPGBMKR
としてのカリスマもなかったのはほぼ間違いないだろう
ただ一般人の感性で視点になるとやっぱ気のだな
内外から反乱されまくりの挙げ句に忠臣と信じた張松らが乗っ取り団引き入れてくるとか…
経緯を考えれば自業自得だが凡将の悲哀を感じるわぁ
17 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 12:13:18 ID: MC+tOYHJ6x
「もし彼が一般人ならのべつ騙されては潰しただろうが、その正直さで人からされただろう」
「しかし君としては失格も良いところ」
っていう吉川三国志の評が実にしっくりくる
18 ななしのよっしん
2018/08/12(日) 12:56:03 ID: loth8+axZU
内部に多数敵を作り
外でも曹操劉備孫権の3勢と相対しながら
殺されることなく寿を全うしたのは評価されてもいいかもしれない
単に殺す価値もなかったとも言えるが
19 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 16:43:36 ID: gs4SPv+TPb
蒼天航路の人物評はわりと好きなんだが。確かに在位中は内乱や領民の一とかはかっただし。
20 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 07:49:56 ID: 1w2X3Q2+o0
>>19
こういう人見てると劉備が来る前の益州の情勢をまともに描写する作品なんてないからから得だよねw
21 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 10:57:54 ID: ZaoutogOlP
>>20
まあ、陳寿もガン視してる部分だし…
注まで見れば内乱がかったとか言う世迷言は出ないだろうけど
22 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 10:34:50 ID: lKQrMbupB/
・荊州の流れ者たちが領内で略奪するもは放置
韙の諫言視して謀反起こされる
甘寧李異に謀反起こされる
張魯との関係をしくじり敵対関係に
張魯対策として派遣した羲を疑い一触即発

劉備がやって来るまでのの事績
一応張魯以外の内患は潰してるが法の緩さや領民からまれていたことは書かれてる
とても好人物とは思えん
23 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 21:16:59 ID: nn72SXa1o1
>>22
親父の代から内乱続き、かつ他所者だった親父のさらに後に来たのがという立場は一応考慮しないとね
外部から支持勢を引き込み頼るしかなく、それが益州の地元士民を脅かしたってところかね
反乱勢張魯を除いてほぼ叩き潰しており、その点では最低限度のことは出来たのだろう
地元の連中からすると災厄レベルだが、まあ曹操も似たことはしてるしな…
また親父に抑留されて理矢理跡を継がされるまでは献帝の傍で仕えていて、その為か献帝を擁する曹操に従属していた節がある
曹操が荊州を制圧した際は協してるしね
劉備を招いたのも、考えようによっては劉備を自勢圏内に引き留めて、曹操への援護をしたつもりだったのかも
そういうからすると、張魯というか張魯母親親父を誑かして献帝に背かせた婦に見えたのかもしれない
24 ななしのよっしん
2019/05/30(木) 23:43:09 ID: v2t+dEbEct
なるほど益州のクソ田舎がイヤで都に帰りたかったんだな
25 ななしのよっしん
2019/06/25(火) 14:42:33 ID: Wc6pM4e+35
益州牧に推された経緯からして益州の族にとって都合のいい傀儡扱いが見え見えだったから
本心はそうでも何ら不思議ではないな

からしちゃ領土が荒れても自分の利権が確保できりゃそれでいいし
鎮圧に労割かなくて済むから余計な出費がない
ついでに法律ガバガバだから好き勝手振舞える
それでいて大衆の恨みや不満はが引き受けてくれるんだから
そりゃいろいろ好都合だったろうね