宇宙戦艦ヤマト完結編単語

ウチュウセンカンヤマトカンケツヘン

宇宙戦艦ヤマト完結編とは、1983年開されたアニメ映画である。

全国の皆さんに、坊主になって概要を話さなきゃならんのう

1974年以来続いてきた宇宙戦艦ヤマトシリーズの(一旦の)締めくくりとなった作品である。
宇宙戦艦ヤマトⅢの続編。完結編なのに宇宙戦艦ヤマト復活篇へと続いた。

本作ではそれまでピアニストとしてのみ参加していた羽田健太郎作曲として一部参加を果たした。音楽関連のクオリティとボリュームが尋常ではなく、未使用曲も非常に多い。
登場人物・キャストで特筆すべき部分としては、劇中世界で逝去したと思われていた初代艦長・沖田十三がまさかの再登板島大介役を仲村秀生ささきいさおダブルキャストで担当(仲村の体調不良のため)という点が挙げられる。

巨大な宇宙構造物などはまるでCGかと見間違うほどの迫で登場するが、驚くべきことにすべて手書きである。(この時代のCG技術は未発達であり、コンソールネルに一部使用されただけで終わった。)

わしの誤診でな、ストーリーはこうなっとるんじゃ

時に西暦2203年。劇中世界の地球ではバビニア神話上の存在にすぎないと思われていた「惑星アクエリアス」が姿を現し、ゆるやかな楕円軌を描いて地球に接近しつつあった。アクエリアスがもたらした被害によって宇宙の放浪者となったディンギル帝国の残党は、移住先を地球とさだめ、アクエリアスをも利用して地球への戦いを開始する。

艦隊も避難船も失い地球人類が追い込まれていくその絶望のとき、傷ついた宇宙戦艦ヤマト修理も成らぬまま地球を飛び立つ。ヤマト最後の戦いがいま始まった!

ディンギル帝国

以下、ネタバレに絡む記述が含まれるため黒字反転にて記述します。

彼らの祖先は一万年の昔(劇中の時間でいうところの紀元前7800年ごろ)、地球に最初の文明を築いた人類であった(このため皮膚の色以外は地球人類とまったく同じ体の構造を持っている)。しかしあるとき、惑星アクエリアスの回遊によって1年にわたってが降り続き、あらゆる物がの底に沈む大異変に見舞われる。

その絶望の時、の彼方から異人の乗った円盤によって救われた限られた数の人々が存在し、彼らは自らをによって祝福された選ばれし者と認識するようになった。

その後彼らは移住共生を許された砂漠惑星ディンギルで、「その強きを行使して」、つまり助けてくれた恩人である始原ディンギル人を駆逐し、宇宙へ進出できる科学をも同時に簒奪し、新たなる国家を築いて生き延びてきたのである。こうした彼らの帝国創設のいきさつから、「らの前に現れる異人は全て敵だ」「自分の幸せのためには何をしても良い」「この世は強いもののみが栄えるためにある」「同情や施しは要らぬ」といった、ヤマト世界地球連邦などから見れば極端に思えるような思考が支配する人々のとなっている。

この世は強い関連動画のみが生き残るためにある

関連商品は、かつて我らの祖先が買っていた品である!

ただちにキャストを率いて発進せよ!

レギュラーキャストではない本作特有のメインキャストを中心に記す

真田さん、関連項目のテストは?→そんな暇あるか!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%AE%8C%E7%B5%90%E7%B7%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙戦艦ヤマト完結編

8 ななしのよっしん
2013/07/04(木) 23:08:55 ID: 7oXTUpbRAT
作画とか楽曲とかも良かったじゃないか
見直しても80年代アニメだとは思えないくらいの出来
映画だからというのもあるけどそれを差し引いても十分凄い
9 ななしのよっしん
2013/07/11(木) 08:50:26 ID: p4xwdrTgDm
完結篇は作画音楽懸ってた。自沈するときのあの柱が手書きとかスタッフを殺すような勢いやったぞ。
今もうあんなん描けるアニメーターなんてほんの一握りしかおらんのんとちゃうんか
ただ……残念なのがストーリーやなぁ。それさえ何とかなったら完結篇は名作になったと思う。地球艦隊のメカデザもメッチャカッコよかったし。
10 ななしのよっしん
2013/07/19(金) 22:26:13 ID: qif3Snq3ac
ついつい「ルガールでどざーる」とか言いたくなるのはだけでいい
11 ななしのよっしん
2013/12/28(土) 21:04:31 ID: vl0qPFrTFI
アクエリアスからび立ったヤマト真田さんの開発した新兵器
ハイパー放射ミサイルを次々撃ち破っていくところはBGMも相まって
日本アニメ史上に残る燃えシーンだと思う。子どもの時あそこばっかり繰り返し見てた。

大人になってから思い返すと全体のストーリーとか
残念なところ多いかもしんないけど、個々のシーンがかってたと思うよ。
絶対絶命ピンチに救援に来てくれたデスラー総統とか、思わず拍手したもの。
(沖田艦長とは何も会話しないのかよっ!という突っ込みどころは論あるけどww)
12 ななしのよっしん
2014/06/19(木) 06:32:18 ID: VqUYwgIBqr
>>11
そりゃ、沖田は2から3までの間、ずっと地球で静養してたって設定だし(もっとも、暗黒星帝国地球を占領された時はどうしてたのか?という疑問は残るがwww)、古代デスラーが親友だなんて知らないから、本音は「何でアイツが?」みたいなもんだったんじゃないか?
おそらく、呆気にとられて言葉もなかったってのが本当のところでは?
13 ななしのよっしん
2014/12/25(木) 12:48:06 ID: UNbbRa+LTg
>>11
>>12
古代デスラーの会話の後に、一コマだけ礼をするように顔を伏せる描写があるよ>沖田艦長

ただ、なんとも複雑そうな顔をしていたようにも個人的には思えるね。

静養中に古代デスラーの関係は知っていただろうけど、好敵手となった息子に対して、自分に対してはあくまでも宿敵でしかなかった相手だし、武人としての最低限の礼を尽くすしかなかったんじゃないかな?
14 ななしのよっしん
2015/06/02(火) 03:32:33 ID: wa0xpiwjZT
設定グダグダだし唐突な自己犠牲は正直冷めたけど、音楽はいいし作画に関してはアニメ史でも最高峰だと思う
15 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 14:08:42 ID: UNbbRa+LTg
デスラー古代にとっては友人であり、好敵手。地球にとっても頼れる盟友になったわけだけど、沖田にとっては息子の敵であり、尊敬すべき雄敵。でしかないんだよね。

ラストの自沈は本当にヤマトが終わるんだなって印が強かったな。さらばは、「本当に終わるのか?」って思える描写だったからよけいに。


あと、「ドラえもんのび太と雲の王国」と並んで、の恐ろしさがトラウマになる映画だな。
16 ななしのよっしん
2017/01/17(火) 01:05:36 ID: Rm0D9/IK/T
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト 個人移植 パート1
https://www.youtube.com/watch?v=mWDtNxfToJEexit

この映画を題材にしたゲーム
17 ななしのよっしん
2017/01/19(木) 04:19:11 ID: ZxLjgm1LxI
>>16
お、昔藤沢屋上ゲーセンで一度見たことはあるな

急上昇ワード