島大介単語

シマダイスケ

 島大介とは、宇宙戦艦ヤマトシリーズレギュラーにして、準主人公とも言えるキャラクターである。
 航班長、航長と作品によって職名は異なるが、ヤマトを常に握り続け、長距離戦闘時の緊急回避を成し遂げてきた、ヤマトという戦艦に欠かせない逸材で主人公古代進の親友でもある。

 初代から完結篇まで担当声優仲村秀生パイロット版相原役の野村信次が担当していた。
 その後、古代とのキャラクター差を明確化するため、落ち着いた雰囲気のを持つ仲村氏に変更になった。同氏の体調不良、ならびに半ば引退状態だった完結篇、平成ゲーム版ではささきいさお田中秀幸が担当。

 初代のリメイクといえる、宇宙戦艦ヤマト2199では鈴村健一が担当している。 

概要(初代~完結篇)

 古代進同期宇宙戦士訓練学校補生であり、火星古代と共にサーシア邂逅し通信カプセルを回収した。  その後、宇宙戦艦ヤマトには航班長として乗艦、慣れない操艦やワープ作業に戸惑いつつも、往復29万6000光年イスカンダルへの航を成し遂げた。

 個人的な復讐心や闘争心に走る古代を諌め、礼儀正しい温厚な優等生に近いキャラというスタンスである。
 しかし自分の職である航には、非常に高い自負を持っている分、頑固な面もあり、また若さゆえに古代と衝突したり徳機関長に暴言を放つなどトラブルも少なからずあった。

 島大介不在ではヤマトは出港も出来ない、それほどの技量を持っていることは「さらば」の名場面の一つである。
 また、「さらば「2」では元ヤマトクルー古代に煽られて、一様に防衛軍への反乱を決心する中、一、ヤマトへの情と自らの的立場の挟みになり、葛する一面を見せてもいた。

 「さらば宇宙戦艦ヤマト」では退艦する生き残った乗組員をまとめ、救命艇を操縦。
 超巨大戦艦に挑むヤマトに対し、涙ながら最後の敬礼を行い古代達を見送った。この描写・演出は、初代から完結篇を多数オマージュした、実写版でも継承されている。

 「2」では通信ごしにテレザートのテレサを育むなど、異人同士の恋愛が描かれるが(それが災いしてヤマトが遭難しかけたり)彗星帝国との戦いは熾をきわめ二人のを実らせることはできなかった。デスラー総統との兵戦で暴走気味な森雪って爆発に巻き込まれ宇宙に放り投げだされ行方不明に。が、生きていたテレサの救助と献身的な輸血で命をとりとめ、彼を想う彼女の犠牲で地球は救われた。

 それ以降の「新たなる」「」では、真田さんと並んで実質的なヤマト副長の立場にあった。
 時には齬を起こしつつも、古代ブレーキ役、北野哲を始めとする新乗員の教育を担当。そして常に集中火にされるヤマトを、致命傷から引き離すべく、高い操技量を発揮し続けている。

 だが完結篇では理不尽とも思える形で、シリーズメインキャラとは思えない、あえない戦死を遂げる。

 確かにディンギル都市要塞ウルク戦ではロボットホースなどの襲撃を受け、ヤマト兵戦状態にはあった。
 しかし戦闘班でない艦要員が不用意に甲へ飛び出し流れ弾を浴び、コスモタイガー発進からヤマト脱出に至るまで、周りがの負傷に気づかないという、余りにも杜撰で理不尽な最期を強いられたのである。

 しかもテレサとの交流が全くなかったことにされ、への心を古代に明かしている。
 この段階で西崎Pは古代ヤマト以外、何も見えていなかったのかもしれない。完結篇が「3」より時代が前後したのも「30近い古代など見たくない」という、破綻した理由によるものであった。

概要(2199)

 沖縄県出身と出生地が明らかになり、旧作よりも浅い肌、現代アニメキャラらしくスッキリした顔立ちとなっている。
 年齢は20歳、新見さんが持っていたの軍歴によれば、2194年には国連宇宙軍士官学校に入港。2198年に三等宙尉として任官、それ以降は巡洋艦の航士や第101宙挺団(挺?)運用科など、相応の軍歴を経験。

 イズモ計画、後のヤマト計画メンバーに選抜され、メ号作戦では古代進共々、イスカンダル火星で使者を待つ。
  旧作較すると、若干「軽い」性格となっており、監督古代の性格を逆転させた」と説明している。但し2199リメイク全般と同様、常識は弁えており、口論となっても暴力には訴えず、命にも基本的に忠実である。

 ヤマト計画の幹部要員が戦死したことから、一尉へ特進の上でヤマト長を拝命。
 若く未熟でもヤマト計画に選ばれるライトスタッフなだけに、旧作のような連動スイッチ未確認による発進ミスなど起こさず一発ヤマトを見事に抜錨、発進させるなど、見事な操艦技量は2199でも健在である。

 古代進とは旧作よりももう少し打ち解けた、互いの立場を理解し合った、やや大人びた形で親友である。
 メ号作戦古代守が戦死した際は、それとない気遣いを見せており、他の乗員に対しても概ね航長という士官にふさわしい、落ち着いた態度で接する。ただに対しさりげなくアプローチするなど「軽い」性格も垣間見える。

 物語中盤でのメルダ・ディッツとの接触、そこでられた「テロン人は宣戦布告もなく攻撃する好戦的種族」という言葉。 そしての艦、巡洋艦ムラサメ」の生き残りである山崎奨応急長か、地球側からの先制攻撃というこの戦争の戦端の事実の最期を知らされることとなり昂。

 メルダ解放後も苛立ちを抑えきれず、普段の冷静さを全に失い、作戦会議中に古代と口論になってしまう。

 その後は古代とともに南部へ八つ当たりまで行い、沖田艦長により強く叱責され、艦内罰清掃を受けることに。
 しかしこの過程で同じく家族地球に残す徳機関長、そしてメルダとの私的な決闘の末に懲罰となった山本玲との交流で、島大の言葉を思いだし、ようやく気持ちに一区切りをつけ、古代とも事に和解を果たした。

 

 物語後半に入るヤマトは数多くの不測の事態戦により大きく航日程(約一ヵ)を遅延させてしまう。
 航責任者のにとって、この遅延は大きな悩みであった。 ビーメラ4が居住可惑星と判明した時、イズモ計画新見薫情報長に悩みを見ぬかれ、計画への賛同を呼びかけられ、の末、一度は賛同してしまう。

 しかし艦内での反乱行為への加担も出来ず、そこへ接触してきた保安部名と相談。
 表面上は反乱に同調していると芝居を打ちつつ、イズモ計画の内偵として送り込まれた名が事態を沈静化するまで、反乱首謀者の伊東安部長にを突きつけれても、クルー・見殺しに反対して時間を稼いでいる。

 名が一枚上手だったとはいえ、命がけの狂言芝居であり、非常に男気のある。
 何よりも「船乗りは同じ船乗りを見捨てない」という、自負に忠実な気のある一面を発揮した。また、新見情報長がい、それに昂した伊東が新見さんを射殺しようとした時は、なくを抜き、制止しようともしている。

家族構成(初代~復活篇)

 ヤマトシリーズおいて乗組員の家族が描かれるシーンは少ないが、ヤマトという作品において彼の家族は大きくクローズアップされている。

 初代での家族構成は、そして年の離れたである次郎である。
 太陽系お別れパーティーでは、次郎がヤマトプラモデル友達を励ましているなど、通信越しにヤマトへの期待を大介に呼びかけたりしている。

 続編の2でも次郎は登場し、離反して出撃するか悩む大介に発破をかける。
 あるいは彗星帝国接近で都市部が混乱する中、女の子を助けたりとに恥じない行動をしている。完結篇で出撃前に二人でサッカーをするなど、地球を守る使命として、を含む家族をことを強く思ってる描写が数多くみられる。

 復活篇では次郎はによく似た貌の青年に成長、移民本部長として真田と共に地球移民計画の責任者となった。

家族構成(2199) 

 家族構成は変わっておらず、の沙織との次郎(CV.小松未可子)がいる。
 設定がかわったのは彼のが、一般人から国連宇宙軍の正規の士官、艦長となったことである。

 島大国連宇宙軍の二佐であり、村雨宇宙巡洋艦ネームシップの艦長を務めていた。
 彼の宇宙人とも友達になれる」「船乗りは同じ船乗りを消して見捨てない」という言葉は、後の島大介という船乗りの、精的根幹となっている。それほどにとって大きく敬すべき父親で、部下からも慕われる船乗りだった。

 そして2191年、ガミラスとのファーストコンタクトに伴う防衛出動で、の艦「ムラサメ」も出撃。
 この際に「ムラサメ」はガミラスに撃沈された最初の艦となり、艦と運命を共にした島大一佐(恐らく殉職後特進)は、対ガミラス戦争での最初の戦没者となった。ガミラスへ個人的な憎悪を抱くのは、この経緯故である。  

 ガミラスとは、宇宙人と敵対するはずのない一方的に殺した、にとっては悪魔のような存在だった。
 それゆえにメルダ・ディッツ、そして山崎奨応急長から告げられた事実に対しては、憤りを隠せなかった。階級が下でも先任には敬語が、暴言を多数吐いたことからして、怒りのしさと混乱が伺える。

 旧作の初期古代にあったガミラスへの復讐心と憎悪は、2199ではが担当していたといっても過言ではない。
 そしてそれを受け入れて乗り越え、彼を人間として成長させたのも、徳機関長や山本三尉との会話を通じ、思い出したの教えであった。2199においても家族を強く描写されていることは、の特徴の一つである。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

島大介に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E4%BB%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島大介

1 ななしのよっしん
2013/07/04(木) 20:54:52 ID: sBeJc0jhBL
やっと…やっとの記事が!
2 ななしのよっしん
2013/09/02(月) 02:05:41 ID: 8zBEyaT2Zm
元々旧作でもそんなに多くはなかったけど、2199ではとの絡みがすごい少ない気がする。
3 ななしのよっしん
2014/08/06(水) 14:05:49 ID: T8OaNb+7DY
仲村秀生氏のご冥福をお祈りいたします
リメイクが行われたのを見届けるように、
初代クルーの方々の訃報が相次いでいるな・・・
4 ななしのよっしん
2014/08/07(木) 07:58:44 ID: 5JGarKmdWj
古代あぁぁぁぁぁっ!!」
第一艦組も五人しか残ってないのか・・・