帰ろう、帰ればまた来られるから単語

カエロウカエレバマタコラレルカラ

「帰ろう、帰ればまた来られるから」とは、日本海軍の軍人木村昌福きむまさとみ)少将の発言である。

キスカ島撤退作戦

ケ号作戦発令 

太平洋戦争の中盤、連合軍の反攻作戦が始まる1943年の

前年にミッドウェー海戦の陽動として日本が占領していたアリューシャンだったが、アメリカ軍襲により日本軍と補給部隊は損を受け、アリューシャンは孤立化していた。そして19435月アメリカ軍が奪還をして攻撃をかけてきた。 ここで日本軍は一つの判断ミスを犯す。アメリカは本土に近い順に攻撃をかけてくると思い、より本土に近いキスに兵6000人余りを集めたが、アメリカ日本アリューシャンの連絡口となるアッツに先に猛攻撃をかけ、2500人余りしかいなかった兵5月30日に玉砕、アッツアメリカ軍に占領され、キス全に孤立援となってしまった。

一方、大本営は5月20日アリューシャンの放棄を決定。軍にキス守備隊の撤退(というか救出)が依頼された(ちなみに、守備隊はほとんどが陸軍である)。

作戦名は「ケ号作戦」と名付けられた。(ケとは乾坤一擲を意味している。)

7月7日の出撃と撤退

最初は潜水艦による救出作戦が行われるが失敗、おまけ重な潜水艦を3隻も失う羽になった。

これにより軍は作戦変更。高速の戦隊で隙を突いて一気に接近、守備隊を収容して脱出するという作戦に切り替えられる。
その指揮官となったのが、第一水雷戦隊一水戦)の官に着任したばかりの木村少将だった。

まず木村は、敵がすでにキスを包囲しており、さらに近くに敵の飛行場があるため、すぐに敵の攻撃機が飛んでくる間合いにあることを知り、この地域特有の濃霧に紛れて素く決行するしかないと決める。更に、作戦遂には、最新鋭の電探(要はレーダー)を持つ船が必要だと上申し、最新鋭の高速駆逐艦島風」を配備してもらった。また、の中でアメリカの艦と誤認させることを狙って、一水戦旗艦の軽巡阿武隈」の煙突1本を塗りつぶしたり、駆逐艦」には偽装の煙突を付けたりと工作もして、作戦に取り掛かった。

しかし、作戦決行日の7月12日になって、運悪く晴れてしまう。その後、上で作戦決行日を3日過ぎるまでったが、とうとうは出ず、最終的に木村は、一旦帰投を決断する。
このときに彼が、の前にあるキスへ突入をする部下に向かって告げたのが、この言葉だった。

「帰ろう。帰れば、また来られるからな」

こうして作戦の本拠地だった(パラムシル千島列島の一つで、当時軍基地があった)に戻った木村は、直属の上官や参謀のみならず、連合艦隊部や大本営からもしい批難を浴びた。だが彼は一見飄々とそれを受け流しつつ、じっと機をうかがっていた。
(なお、この批難もわれのないものばかりではなく、1か以内には確実に作戦の前提条件になる濃霧晴れてしまいアメリカ軍が総攻撃をかけてくるであろうこと、さらに基地の重油も残り少なくあと一度しかやり直せない、という状況だったことも考慮すべきである)

7月22日の再出撃と奇跡の撤退戦

そして、1週間後、再び濃霧発生の予報を受けて、木村は再度出撃する。ただ、このとき上にあたる第5艦隊部も軽巡多摩」で督戦のため(要するに「てめえ逃げるなよ、見ってるからな」)付いてきた。余談だが、本当は部は重巡那智」で来るつもりだったが、燃料不足のために「那智」が動かせず、「多摩」になったというオチがある。

7月29日。先行して情報収集をしていた潜水艦からの連絡を受け、木村は「多摩」の部に電文を送る。
「本日ノニアリト信ズ適宜反転サレタシ」(今日の運勢はラッキーのようだ。後は任せて適当にお帰りください)

濃霧の中、部隊はキスに一気に接近。途中で旗艦の軽巡阿武隈」と駆逐艦島風」が敵艦を発見して魚雷を打ったが、実はそれはだった、というくらいには深かった。
しかし、そのが、部隊がにたどり着いた一だけなぜかきれいに晴れる。
この機を逃さず、に残っていた守備隊5200名をわずか55分のピストン輸送で収容し、部隊はそのままから全で離脱。再び立ち込めた深いに助けられ、全艦欠けることなく脱出に成功した。

ちなみに、日本軍は知る由もなく、戦後明らかになったことだったが、アメリカ軍はこの前日、濃霧の中でレーダーで艦影を発見して猛撃を加えた(600発以上を発射した)。そして、「これでジャップは全滅だぜHAHAHA」と部隊を一度撤退させて補給を行い、2日後再び域の封鎖を再開した。つまり、その日だけぽっかりと、アメリカ軍がいない状況だったのだ。当然ながら、前日「猛攻撃」を受けた日本の艦は実在しない(この誤認はレーダーの不具合によるものと考えられている)

こうして、守備隊全員傷で収容し、調のために先行していた潜水艦も含め参加した全艦船が事に帰投と、「キス撤退作戦」は、戦史上まれにみる大成功をおさめ 「奇跡作戦と謳われるとともに、木村も、その慎重な判断が成功を招いたとして一転して高く評価されることとなる。

この撤退の二週間後、米軍は艦船100隻、兵員34000名を投入して、置き去りにされた3匹と「ペスト患者施設」のニセ看が置かれた人のキスを占領することとなる。(戦史モリソンく『最も実戦的な上陸演習』と皮られた。)

関連動画

東宝円谷特撮が手がけた1965年開の三船敏郎演の邦画。完成度の高い中の艦隊行動の特撮映像は、記録映像を流用してるのではないかと言われたほどの評価をうけた。一見の価値有り。

「艦これ」において

ブラウザゲーム艦隊これくしょん ~艦これ~」(2013)が流行すると、プレイヤーモチーフとなった幾つかの太平洋戦争史にめて興味を持った。その内の一つが「帰ろう、帰ればまた来られるから」であった。

戦闘で残存体ゼロとなると永久に失われるユニット艦娘)を守るためには、作戦を強行してはならない。という戦術シミュレーションセオリーをも言い表した懐の深いこの言葉と、キス奇跡作戦は、艦娘達を失いたくない「提督」達のめと共に、また広範に知られる事となったのだった。

また、ゲーム中には「キス島撤退作戦」というステージが存在し、キス撤退作戦モチーフとなっているとされている。駆逐艦のみで編成された艦隊でないと攻略不可能である等、難所として認知されている。2015年7月メンテ以降は、駆逐艦隊に軽巡洋艦が1隻のみ編入できるようになったがそれでも難しい。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%B0%E3%82%8D%E3%81%86%E3%80%81%E5%B8%B0%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%BE%E3%81%9F%E6%9D%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帰ろう、帰ればまた来られるから

246 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 00:10:06 ID: E35HW7mKNT
類義に「山は逃げない」があるが、が最初に言い出したんだろう?
247 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 11:27:40 ID: 9/+QHFgRew
木村氏も栗田氏も突撃するしないの大一番で突撃をしない選択をして前者は割とすぐに結果を出し
後者は逃げたと非難されたが後者は実際の所突撃していたら兵を駄死にさせていたわけで
小沢艦隊や西村艦隊は詳細が栗田艦隊に伝わらなかったから
栗田艦隊が彼等を駄死にさせたというのは謂れのい謗りでしかないな

もし仮にレイテの官が木村氏で史実の栗田氏と同じ選択をとったなら(もしくは栗田氏がキス奇跡の当事者だったなら)レイテのターンキスの下の泥鰌とか言われてかれていたかもしれないが
突撃したら艦隊全滅だったと判明したらキスの時とは違い犠牲が出たもののキスの時に退いた判断と併せてレイテで退いたのを英断とされて名誉回復もかったかもしれない
248 ななしのよっしん
2018/01/22(月) 16:49:16 ID: t61DJ2M4rW
辞めよう、辞めればまた選べるから
ってなればなぁ…
249 ななしのよっしん
2018/02/01(木) 23:29:44 ID: f4nFXGp3gM
審神者だけど最近になってこの意味が痛く分かった
池田屋で堀川が重傷になってあと少しで念願のボスマスって思って進軍押しそうになったけどこの言葉思い出して留まった
あそこで進軍押してたらきっと堀川折ってた・・・
250 ななしのよっしん
2018/02/24(土) 09:09:29 ID: qJIrc0yErF
部下「帰ろう、帰ればまたk」
隊長「どいつもこいつも!貴様らに次などあるものか!役立たずのクズ共が!!」(自爆スイッチON)

なお、隊長は次が命日だった模様
251 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 22:24:56 ID: apeUWSlgj2
3-2のボスマス手前でこの台詞が出て泣いた・・・
252 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 19:30:25 ID: E35HW7mKNT
関空連絡に小タンカー衝突か~
あれだけ台風で荒れに荒れてるのを知りつつも何としてでも届けておきたい燃料だったんだろうか?
253 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 23:42:36 ID: BjLBIDN9Od
木村少将のミッドウェイの話て、栗田潜水艦が居たから一斉回頭二回させたが鈴谷艦長の木村大佐があんな至近で二回もさせるかと視した話か。結局信号通りに回頭した最上三隈が衝突し、襲圏に置いたまま栗田はさっさと線封止して戦場離脱してる。
木村少将エピソードインド洋で救命ボートで避難している敵兵に機向けようとした部下に艦から撃つなよと顔だした話や、輸送船が全滅した日本には戦名がないビスマルク戦で官負傷の旗流信号を陸さんが心配するやろと降ろさせた話、キスカ、礼号と多いがどれも部下になるならこんな人につきたいてなる凄い話だね。
254 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 19:07:19 ID: r+NZvlphwN
ミラージュに出てくる島風はこの台詞を言うことがあるね。
キス撤退作戦濃霧に紛れて決行するから電探を装備した艦(である島風)が必要不可欠だったからなぁ
255 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 21:52:25 ID: 9/+QHFgRew
この言葉が生まれた戦争がもう引き返せないからと起こってしまったものと考えたら皮なものだが歴史戦争なんてそんなものか

今日日刊ゲンダイ
「あくどいことして招致した東京オリンピックなんてやめてしまえ。やろうものなら『もう引き返せない』と言って起こした先の大戦と全く一緒だ」
って感じの記事を見てこれを思い出した