愈史郎単語

42件
ユシロウ
2.5千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

女と二人で過ごす時を邪魔する者がは嫌いだ
大嫌いだ
「許せない!!」

愈史郎とは、鬼滅の刃に登場するである。

CV:山下大輝

概要

珠世に仕えるで、書生若者の姿をしている。炭治郎とは珠世と共に浅草にて邂逅を果たした。
珠世の手によりとなり、そして200年以上を費やした中で一の成功例でもある。本人は永くない命であったために、形はどうあれ珠代に救われたことに違いなく、そのことに恩義を感じている。
珠世共々に追われる身であるため、他者への警心が強い。そのせいか、禰豆子も当初はである彼を警していた。

珠世様は今日も美しい

彼について特筆すべきは、というか本題だが、彼の珠世に対する姿勢である。確かに、彼の珠世に対する態度はその命を救われたが故であることは理解できるのだが、その度合いが何というかもう、美の化身として崇め奉っているというか、至高の存在として崇拝の対として心酔しているというか、もはやそういった範疇を軽くスキップするが如く駕してしまっている。
具体的に言うと・・・・・・

  • 人がに話している横で(珠世様は今日美しい)(きっと明日美しいぞ)な顔で思っている。つまり、この欄の題の由来がこれ。なおかつ、これらは愈史郎の代名詞となっている。
  • もう珠世が怒っていようが何していようが、美しければOK
  • 珠世のためだったら自分の意見なんて清々しいほどにあっさり速でくるり
  • そもそもの趣味が珠世。
  • なのに「珠世さんのこと好きなんでしょ?」と聞くと、になって黙り込むんだとか。なお、本人はそんな自身の想いを珠世には伝えていない。これに関してはとなってしまったことで死なせてしまった家族のことを忘れられない珠世のことを慮っている側面もある。

もう、言葉になりません。
ともかく、ひたすらに珠世優先で行動していることが明々々。しかし、それは裏を返すならば自身にとって不でも珠世の意思を尊重できる柔軟さの持ちということでもある。
また、前述のような身の上と相まって珠世以外には心を許していない気難しい性格ではあるものの、一度信を寄せた相手に対しては素直な一面を見せるようになる。この点は、他の味方サイドの人物たちと同様である。そうして、追手たちとの戦いを通して、炭治郎禰豆子のことをぶっきらぼうながらも認めるようになる。ちなみに、そんな禰豆子による愈史郎の認識は六太=一番下の。愈史郎ェ・・・・・・。

であるので身体も高く、アニメ版では朱紗丸相手に徒手拳による近接戦闘を見せた。また、珠世によって生み出されたなので、その気配も無惨によって生み出されたたちとも異なっているという。

ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレを多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!

 

 

 

 

 

 

 


無惨お前は」
「この世で最も重い罪を犯した」「から珠世様を奪ったこと」
「後悔して跪け!!」


彼が再び物語に本格的に関わるようになるのは、無限での最終決戦において。
珠世の頼みにより、本人は嫌々ながらも行動を取ることとなる。殺隊に潜入し、自身の血術を用いて援護する。と同時に、別の場所にて揮を執っている利哉たちとの中継役も担っている。なお、自身がであることが発覚してもなお、殺隊士たちからは味方ないしは協者として扱われている。それどころか、その中の一人である竹内という剣士からは打倒無惨のために自身を食すよう促す形で協を申し出てくるほど。<「うるさい黙れ引っ込んでろ!!」
そうした中で、無惨復活により大決戦の火蓋が切られた。その一方で、最後の上弦の鬼となった鳴女を攻めあぐねている甘露寺蜜璃伊黒小芭内の前に姿を現す。二人を無惨と戦っている炭治郎冨岡の元へと向かわせ、自身は鳴女対決。なお、このマッチメイクは生前の産屋敷耀哉によって着手されたもの。これは、これまでに得たたちの不自然な出現の仕方などの情報を下に分析した結果、その相手には愈史郎が相応しいと判断したため。
結果、鳴女の撃破に成功。討伐者:鬼舞辻無惨※。無限も崩壊し、無惨を外へ引きずり出すことに成功する。その後、炭治郎らの援護を行いつつ、悪鬼滅殺の間を見届けた。

流石に「鬼滅の刃公式ファンブック 殺隊見聞録・弐」では討伐者は、蜜璃、愈史郎の三人となっている。

現代では珠世様のイラストもとい絵をひたすら描くインタビューに押し掛けた記者猟銃をぶっ放す暴な絵師山本愈史郎としてとなった茶々丸と共に後世まで頑っている。固定のファンが付くほど世界的に評価されているが、彼岸花絶滅した現代においては実質的な一のでもあるため、「年を取らないことがバレるとやばいという。また、産屋敷(特に利哉)との交流も続いている。

余談だが、珠世とは「生まれ変わったら夫婦になってほしい」と約束。それに対して微笑んで頷いてくれた珠世との再会を果たす頃には、の血も薄れていることだろう、とも。

なお、彼は珠世ともども作者デビュー作「過狩り狩り」に登場している。

鬼血術「紙眼」

を貼る血術。それにより視界が広がる効果がある。他にも、人や建物を視界から隠すくらましの術や不可視のものに対する可視化、そしてを貼った者同士による視覚の共有など、その用途は多岐に渡る。なお、血術によるなので、日光されてしまえば消滅してしまう。

また、直接相手の視覚を乗っ取ることも可。そのためには相手の懐にまで接近する必要性があるものの、に侵入して無惨呪いを外すこともできるという、ハッカー涙目な効果をも持つ。

へええーーー
そんなことできるんだ

いーなー
便利!

かっこよ!

ーーー恋柱

関連動画

関連項目

「本当によく頑ったな」
「えらいよお前は」

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

愈史郎

1 削除しました
削除しました ID: lHMJ1cxD4s
削除しました
2 ななしのよっしん
2024/02/05(月) 12:49:30 ID: tZRhCReMNj
珠世様、大好きの彼が好き
👍
高評価
0
👎
低評価
0