錆兎と真菰単語

サビトトマコモ
2.3千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「どんな苦しみにも黙って耐えろ」
お前が男なら」
「男に生まれたなら」

「死ぬほど鍛える」
「結局それ以外にできることないと思うよ」

錆兎と真菰とは、「鬼滅の刃」に登場する二人の人物である。

なお、本記事ではこの両者を二人一組として扱うものとする。

CV:梶裕貴加隈亜衣

概要

ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!

山にて鱗滝左近次から課された“岩をる“という最後の試練を乗り越えられずにいる炭治郎の前に突如として姿を現した面の少年少女の二人組。炭治郎を以ってしても、匂いを感じ取ることはできなかった。両者ともに孤児ではあったが(少なくとも錆兎はに身内を殺されたらしい)、育てのでもある鱗に師事すると共に敬と思慕の念を向ける剣士。つまりは炭治郎兄弟子に当たる。
色のに口元の傷が特徴的な少年錆兎正義感が強く実直な性格の持ちで、鱗の教え子たちの中では一番の使い手の模様。柄の着物った小柄の可らしい少女真菰。穏やかな性格で、炭治郎く「言うことがふわふわしている」という不思議な雰囲気の持ち。「私たち鱗滝さんが大好きなんだ」というのが口。その体格ゆえか非力ではあるものの、素さを信条としているようだ。おそらくは禰豆子と同年代と思われるため「キメツ学園」などでは一緒に描かれることが多い。

炭治郎が体得していない「全集中の呼吸」を叩き込むべく、彼に稽古をつける。役割としては、錆兎が実戦形式でひたすらに鍛え上げる。反対に真菰は、炭治郎の動きの悪いところを摘し、助言を与えることで修正を図ってくれる。この特訓は半年間続き、最後の挑戦にて互いに真剣を持った上での勝負となった。二人のおかげで、炭治郎は錆兎の面に一撃を与えたわけだが、どういうわけかいつの間にか課題であった岩をっていた。

このようにして、炭治郎晴れて鱗から最終選別を受ける許しを得たわけだが、去り際に炭治郎が二人の名を口にしたことで鱗驚愕に包まれる。それもそのはず。二人はすでに最終選別で命を落としていたからだ(炭治郎が二人の匂いを嗅ぎ取れなかったのもこのため)。炭治郎自身がこのことを知るのは二人の命を奪った下手人である手の口から。それも、わざわざ惨たらしく殺した様まで伝えて。ともあれ、戦の果てに炭治郎はその仇討ちを果たすが、それはまた別の話。いずれにしても、これによって二人をはじめとする鱗子たちのは故郷の狭山へと帰っていった。

頼もしい兄弟子に可らしいサブヒロイン的存在の登場と思いきや、すでに亡き者という衝撃は連載当時及び初見読者ないしは視聴者にとっては計り知れないものだっただろう。実際、この二人は手の印に残るほどの実者であった。それにも関わらず命を落としてしまった事実は、翻すならば「鬼滅の刃」という作品の世界観が如何に非情なものであるかを印付ける形となったことだろう。

ところで、錆兎が身にっている甲紋の着物。どこかで見覚えがあるような・・・・・・。

貴様の下らぬネタバレ閲覧を至上のものとして他人に強要するな
この項も、ネタバレ成分を多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進をこの胸に!!














実は、錆兎には鱗の下で兄弟同然に育った仲の良い同年代の少年がおり、しかも彼もまた錆兎同様に身内、それもに殺されたという。その少年の名は冨岡義勇。後に柱となる男である。つまりは村田さんとも同期
そもそも、錆兎が最終選別にて手に敗れてしまったのも、手の頸が頑丈だったというのもあるが、それまでに他の同期を助けるべく山にいるたちの多くを討ち取っており、それによって同期たちの命を救った。その中には当然、義勇も含まれており、彼はの襲撃により深手を負っていた。しかし、そのせいで自身の日輪が著しく摩耗してしまい、手との戦いにてその頸を落とすことなく、逆に折れてしまった。
その年の選別で命を落としたのは錆兎一人。反対に、冨岡も含めたそれ以外の全員は選別に受かった。特に冨岡は柱となるまでの剣士に成長したものの、錆兎の死によって彼の心には深い傷が残ってしまっている。これが癒えるのは、柱稽古直前に炭治郎と言葉を交わすまで待たねばならない。
なお、錆兎の着物は形見として義勇の羽織に用いられることになる。子の着物と合わせて半々羽織、すなわち形見ならぬ片身代わりとなった。

余談、というか全に私見で恐縮だが、かつて手炭治郎の前でこういた。

アイツ子はみんな殺してやるって決めてるんだ」

だが、実際はそのうちの一人である冨岡は生き延びている。結果として、手の知らぬ形で鱗子の皆殺しという的は泡に帰したことになる。それを踏まえて、炭治郎のとあるセリフをパクるならば、こう言ってもいいだろう。

「錆兎の方がずっと凄いんだ!!強いんだ!!」「錆兎は負けてない!!」
も死なせなかった!!」
「戦い抜いた!!」
「守り抜いた!!」
お前の負けだ!!」「錆兎の」
「勝ちだ!!」

詭弁と言われてしまえばそれまでだ。しかし、錆兎が冨岡を生かしたことによって、残酷な運命中に投げ出されてしまった竈門兄妹との出会いをもたらし、二人を殺隊へと導いた。そして、それが巡り巡って討伐の宿願を果たすこととなった。
錆兎は間違いなく、未来へと繋げたのだ。

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

初音ミク (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: わんころ助
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錆兎と真菰

1 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 17:52:57 ID: TYH4ASYj1p
最序盤に出てくるけど、重要だが忘れやすいキャラよね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 17:56:22 ID: TYH4ASYj1p
あ、ちなみに自分はアニメから入ったニワカですので、まだ甲紋のネタバレは見ないことにします
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2023/02/06(月) 14:05:57 ID: mEWOa5VX2n
最初は2人とも一緒に選別受けて錆兎は自分以外全員守ったはずなのに真菰はなんで死んでるの?と思ってたけど、
2人一緒に選別受けたなんてどこにも書かれてないよな
ただ2人とも鱗滝さん子ってだけで
👍
高評価
1
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2023/04/22(土) 06:45:39 ID: v9CTdwGxRY
「しょせん最終選別を生き残れかったんだからその程度なんだろWWWWW
「お、丁度いいくらいのがいるじゃねぇか」
「こんなガキでもやれるぜ」
お前は引っ込んでろ。は安全に出世したいんだよ」
「出世すりゃぁ上から支給されるも多くなるからな」
の隊はほとんど全滅状態だが、取りあえず」
スーッ」
はそこそこの一匹倒して下山するぜ」
「オラァァァァ」


ロロロロ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 削除しました
削除しました ID: rLkNYqwK5q
削除しました