産屋敷耀哉単語

ウブヤシキカガヤ
4.0千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

永遠というのは人の想いだ」
「人の想いこそが永遠であり
不滅なんだよ」

産屋敷耀哉とは、「鬼滅の刃」の登場人物である。

森川智之

概要

殺隊を統率する立場にある人物。二十三歳。
殺隊当の座は代々産屋敷の当が務めており、彼はその九十七代である。同時に、柱を含む殺隊員たちからは「お館様」と呼ばれ尊敬と共に慕われている。なお、作中では明言されていないが、おそらく族階級に属しているものと思われる。

その敬の念を向けられるに足る人物らしく、物柔らかで穏やかな雰囲気とり口の男性。そして自身もそんな隊員たちを子供たち」と呼び慈しんでおり(大体は「剣士」に「こども」あるいは「子供」のルビがふられている)、その一人一人の名前記憶している。また、志半ばにして念の最期を遂げてしまった隊員たちの墓参りを欠かさず行っている。
だが、それ以上にを引くのはその容貌であり顔半分がただれてしまっている。その外見通りの病弱な体をしており、はじめて炭治郎の前に姿を見せた時点で視もほとんど失われている様子であった。そればかりか、気力体力共に充実しているはずの若いころでさえの素振りを行っただけで脈が狂ってしまうほどで、しかも作中における時間経過と共に病状も悪化する一方。そして、とうとう起きることさえままならなくなってしまい、病による侵蝕が全身にまで及んでしまった。

そんな彼は単なる病弱ながらも慈悲深い統率者というわけではなく、むしろカリスマ怪物と言っても過言ではない人物でもある。繰り返すが、隊員たちから敬意を向けられており、の強い柱たちですら心酔している。そのうちの一人である悲鳴嶼「その時人が欲しくてやまない言葉をかけてくださる」とのこと。これを成しているのはに二つの要因による。一つは彼のが現代で言うところの「1/fゆらぎ」によるもの。これにより、その音や動作の動によって話す相手を心地良くさせている。これはたちの首である鬼舞辻無惨とて例外ではない。隊員に向ける慈しみの念は本物だが、これにより人心握を可としていることもまた事実であり、それは同時にそうした崇敬の念を勝ち取ったものと言ってもいい。
そしてもう一つが一族代々に備わっている「先見の明」と呼ばれる勘。しかし、勘と呼ぶにはあまりにも凄まじくもはや未来予知と言ってもいいレベルであり、これによって財を成してきた。つまりはそれが産屋敷、ひいては殺隊の財となっており、過去に幾度も危機を回避してきたという。また、かつて死刑になるはずだった悲鳴嶼の助命を可としたことから、おそらくは政財界へのも有しているものと思われる。

余談だが、産屋敷邸の位置は底的に秘匿されており、容易には発見できないようになっている。その反面、当代を含めた歴代当一人として護衛をつけることはなかったという。これはそうすることによって殺隊の戦低下を嫌ったためだという。

これらに加えて、その組織も特筆すべき事柄であろう。一種の私兵団組織と言ってもいいであろう殺隊を抱えていることもそうだが、そんな彼らが存分に活動できるように隠たちによる事後処理などが行われている。また、鎹たちによる情報収集にも余念がない。それが如何に優れているかは、日の呼吸の使い手の末裔と目されている幼い双子を見つけ出したことや、ある人物と接触を取ることに成功していることから明されている。
そして、その精性も尋常なものではなく、柔和な顔の裏には無惨への敵意と憎悪、そしてその打倒への執念が渦巻いている。その凄まじさを前に、遂には無惨本人ですら戦慄するほど。それ故に、己の命ですらもそのための手駒の一つとして認識している。同時に、その本懐を遂げるためには悪鬼滅殺だけに拘ることなく、仮にであったとしても利用できるのならばそれを最大限に活用する強かさを有している。

ところで、まだ病によって蝕まれていない状態の顔立ちはどこか無惨に似ていなくもないが・・・・・・?


ネタバレ注意 ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレを多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!

 

 

 

 

 

 

 

産屋敷の先祖は無惨と同じ血筋の者であり、ある意味においては無惨の子孫と言ってもいい。とは言え、当の本人たちにはそんな感慨などなく、無惨「何の感情も湧かない」と言い放ち、対する産屋敷もが一族の汚点」とまで言い切っているばかりか、史上初の上弦撃破の報が届いた際は普段の彼からは考えられないほどに歓喜を露にしていた。
それもそのはず。無惨と化したことで、その一族から生まれてくる子供らは病弱ゆえにすぐに死んでしまう呪いに侵されてしまった。このまま断絶も前に迫る中にあって、とある神主から無惨打倒に心血を注ぐよう助言を受ける。また、子孫を絶やさぬよう代々神職から妻をもらうことで、生まれてくる子供らはどうにか三十前後まで生きられるようになった。
しかし、言い換えればそうした上ですら三十前後までしか生きられないことと同義である。それも、仮に兄弟がいたとしても男子であれば一人を残す形で、女子であれば十三歳までに結婚して名字を変えなければ何らかの形で亡くなってしまうという理不尽が待ち構えている(なお、無惨はこれを「迷言」「そんな事柄には何の因果関係もなし」と一蹴)。
耀哉の幼少期は過酷なもので自分以外の兄弟全員男子だったために死去。先代当であるはその繊細な心の持ちであったが故に殺隊員たちが次々と傷つき斃れていくことに耐えられなくなり十九歳で自ら命を絶つ。これにより、わずか四歳で産屋敷になるという、過酷な幼少期を送った。

ともあれ、竈門禰豆子太陽したことを皮切りに状況が大きく動く。
密かに接触を図った珠世との協関係を築くまでに漕ぎ着ける。
そうして、とうとう無惨が産屋敷邸の場所を突き止め、病気で動けなくなった耀哉の前に現れる。彼といくらか言葉を交わすと、妻や子供二人もろとも自爆。屋敷そのものを吹き飛ばしたその爆によって、無惨に一の隙が生じることとなった。

それは同時に、最終決戦の火蓋が切られたことをも意味する。

家族構成

妻。二十七歳。旧姓、(ひもろぎ)。
代々神職系の出身。秘的な雰囲気にとした佇まいの女性で、生まれつきのの持ち
耀哉の相手の立場を思いやる姿勢から結婚を決める。この時、耀十三歳。そしてあまね十七歳。以降は病に侵されていく夫を支え続ける。
実は断片的な予知を見れるらしい。また夫や子供たちの息災を願っての日でも禊祓を欠かさず行っていた。

  • 五つ子の童子

実子。全員母親似で白髪が四人に黒髪が一人。
から厳しく育てられたため、全員が八歳という年齢を感じさせない落ち着いた雰囲気を有している。これにより、の世話だけでなく最終選別の進行に柱合会議への参加などの殺隊に関わる務めにも加わっている。

長子、次子ひなCV:花守ゆみり)とにちかCV:小澤亜李)で、二人とも紐の形をした飾りをしている(右につけているのがひなきで、左がにちか)。二人とも上の子だけあって頭明晰で強な精の持ちだという。作中では、の側仕えとして顔を見せている。
一の黒髪である利哉CV:悠木碧)が第三子でおだやかな気性の持ち。最終選別にてその進行を務める。
四子のくいなは菊の飾りをつけており、気が強く素手で倒せるぐらいには気だとか。
飾りをしているのが末子のかなたCV:井澤詩織)。利哉と共に最終選別の進行役を務める中で玄弥に乱暴なに遭わされた子、と言えばわかるだろう(後に彼から謝罪を受けており、特に悪感情は抱いていない様子)。琴が得意ではあるがのくいなとは反対に気が弱く、運動神経イマイチおまけに、蜘蛛に手の甲を這われて気絶してしまったという悲劇にも見舞われてしまったらしい。

なお、本記事作成時点においては五人ともアニメではまだ名前が出ていない(くいなにいたっては未登場)。


ネタバレ注意

貴様の下らぬネタバレ閲覧を至上のものとして他人に強要するな
この項も、ネタバレ成分を多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進をこの胸に!!

 

 

 

 

 

 

 

この中で利哉のみが一の男子であり跡継ぎ(単行本第一巻の時点でかなたと共に描かれる形で「どちらかが男の子」と記述されていた)。前述のように産屋敷、特に男として生まれた者は例外なく病弱かつ短命であるため、独自の習わしによって十三歳になるまで女児として育てられることになっている。

と二人のの死後、産屋敷九十八代となる。この時、当に相応しい装いとなっている。
無惨によって殺隊が無限に取り込まれると、愈史郎の協により『眼』を用いた状況把握を実行。そうした上で二人のと共に殺隊の揮を執る。また、自身や禰豆子の護衛として鱗滝左近次や煉槇寿郎、そして宇髄天元とその妻たちが控えていた。年端もないが故の未熟さはあるものの、死闘の果てに一族ないしは殺隊の悲願であるの根絶を達成。文字通り、最後の当としての役割を全うした。

なお「キメツ学園」時においても一家は健在。特に五つ子に関して、おだやか利哉を中心として「かしこ(上)」「わんぱく(右)」「くいしんぼう(下)」「しとやか(左)」という形で紹介されていた。ゴメン・・・・・・。正直、誰?いや、二人である程度推理はできるけどさ。

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

産屋敷耀哉

4 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 11:40:38 ID: UtEoXnrIg3
この人の先代のお館様は部下を戦場に送り出すことに良心が耐えられなかったそうだしねぇ
この人ぐらいメンタル強くなきゃ殺隊のトップなんてできないのだろう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 11:44:33 ID: uxYU6lFlKu
無惨の一族で森川智之だからそりゃあ
しかも「パパと一緒に死ねるなんて本望」と本人に思わせる一種の催眠持ちやぞ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2022/10/04(火) 05:30:01 ID: TJdDY4maJa
邪悪っちゃ邪魔だけど私欲のために未成年子供も殺しまくってきたであろう無惨黒死牟よりはまだマシでしょ
👍
高評価
0
👎
低評価
1
7 削除しました
削除しました ID: DHhKgXxaYI
削除しました
8 削除しました
削除しました ID: PdAuRgoht5
削除しました
9 削除しました
削除しました ID: stucAguB0/
削除しました
10 削除しました
削除しました ID: yBs77ognbc
削除しました
11 ななしのよっしん
2023/03/01(水) 16:52:56 ID: ldgAwJ2JyU
世知辛いこと言うと産屋敷の資産だって有限だしな…
死なない選抜で闇に隊士増やしてサイコロ先輩みたいなのが増えてもも当てられんし、
どう言い繕っても私兵組織だからお上にをつけられるリスクも増える
👍
高評価
1
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2023/05/04(木) 10:04:35 ID: l1SCrYMFYw
人の上に立つ者の在り方としては、まだ無惨の方が正しい。無惨は上弦は代えの利かない存在だということを自覚し、実績を上げれば特別扱いを認めている。
お館様がやっていることは人間洗脳して使い潰すことだけで、導者としての責務を果しているシーンが作中では一つもない。やっていることは、のべつ幕洗脳の算段をしているだけで、残りの時間は墓場散歩して時間を駄にしている。
お館様が心の正しい人間なら、隊士の死傷率を下げることに時間をげるはずで、墓参りなどという駄なことに時間を使ったりしない。
👍
高評価
0
👎
低評価
6
13 ななしのよっしん
2023/08/10(木) 19:50:23 ID: eU3r2KxL+v
牙狼のメンドーサの台詞だけど、継承による永遠を皮ってる感じ


「子を成す事が永遠? 戯言だ。子を成す前に死んでしまえば、すぐに途切れる。これほど脆いものを永遠と呼べようか?」
貴様らはただ血を残し、増えるためだけに生きる下等動物と同じだ。ドブネズミは永遠か? そうではあるまい」
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス