珠世(鬼滅の刃)単語

タマヨ
2.8千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ですが
医者でもあり」

「あの男殺したいと思っている」

珠世(鬼滅の刃)とは、「鬼滅の刃」に登場するであr

ズ ン ッ(打撃)

ゲホッ。し、失礼いたしました。では、めて・・・・・・

珠世様とは、「鬼滅の刃」に登場する最も美しくもらしく、この世の何よりも尊く遍く修辞を以ってしても形容し難いほど清らかで、この上なく知性的な限りなく素晴らしいお方である。

??「よし」

CV:坂本真綾

概要<(珠世様の概要も美しい・・・・・・)

炭治郎浅草で出会った女性でありながら人間を食することはしないばかりか、無惨様もとい鬼舞辻無惨と対立している。温厚かつ穏やかな気質の楚々とした女性で、普段は医者として人のために尽くしている。とはいえ、であるために感付かれることがないよう、また無惨たちからも「逃れ者」として付け狙われているため、一ヶ所に留まることはない。
炭治郎無惨によってにされた人物を救おうとしたところに協を申し出てくれたこともあって、その清廉さから彼女を信用するようになる。また、「人間は守るべき家族」という暗示をかけられた状態の禰豆子彼女彼女に仕える愈史郎をそうした存在として見なしている。その愈史郎からは、余命幾許もない自身の命を救ってくれた恩もあって、美の化身の如く崇拝されている。

普段はたおやかだが、流石愈史郎の行き過ぎた行動には嗜めることも。場合によってはドン引きまた、ちょっぴりドジなところもあったり、に追い回されて泣きそうになる、など可らしい一面も。

ともあれ、禰豆子や他のにされた人々を元に戻す治療法を確立すべく、そのサンプルとなる禰豆子の血の調、そして十二鬼月の血の採取を炭治郎依頼鬼殺の剣士とという立場ではあるものの、両者の間に協関係が築かれた。
ちなみに、鎹の報にあった浅草に潜んでいたとは無惨・・・・・・ではなく、珠世たちのこと(無惨との遭遇はあくまで偶然の産物であり、追手の朱紗丸たちに至っては無惨に呼び寄せられたにすぎない)。無惨との遭遇がなければ彼女らと対峙していた、とも。初登場時点で利敵行為に走る無惨様もっとも、仮に対峙したとして、最終的には上記のような協関係になってもおかしくはない(そもそも炭治郎を以てすれば珠世らが悪意ある存在ではないことが判明するはず)が、その場合は別の意味で背筋が凍るわけだが・・・・・・。

そんな彼女だが、味方サイド大多数の例に漏れなく、無惨に対しては凄まじいまでの憎悪の念を抱いている。


ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレを多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!

 

 

 

 

 

 

 

「さぁ
お前の大嫌いな死がすぐ其処まで来たぞ」

無惨に「病気を治してやろう」と騙されになり、身内を喰い殺した過去がある。それ以来無惨を恨んでおり(無惨く「逆恨み」。無惨縁壱と対峙するまでに大勢を喰い殺してきた模様)、縁壱から無惨を倒す手助けを頼まれたこともあり復讐の機会をう。彼女としての衝動に耐えてこられたのも縁壱の存在が大きかったからである。

その後、潜しつつ研究を進める。炭治郎の奮戦もあって人間に戻すの作成も順調に進行。そんな中で産屋敷耀哉から協められ、そして最終決戦では無惨を倒すためにしのぶ愈史郎とのバチバチの果てにし、人間に戻る老化の分裂阻細胞破壊のなどを作り、結果として無惨に取り込まれてしまったものの、その弱体化に貢献。無惨にその種明かしをした際の形相はまさしく鬼女そのもの。
無惨が倒されたため、珠世の復讐は終わった。

余談だが、コミックス204話の扉絵にもキチンと彼女の姿もある。ただ、にいる上にちょうどページの折りのあたりにいるのでわかりにくいが。その上でよく見ると、隊士たちとは逆の方向を向いている。それが意味するものとは、敢えてるまい・・・。

死後は愈史郎の心の中にずっと生き続け、絵画という形で後世に伝わっている。

なお、彼女士郎共々に作者デビュー作「過狩り狩り」に登場している。

能力<(珠世様のお力も美しい・・・・・・)

高度な医療技術の持ち。そして同時に、に関する研究にも余念がない。無惨以外でを増やすことのできる人物ではあるが、本人はを増やすつもりなど毛頭なく、施すにしても不治の病や怪によって永くない命の人物に限り、なおかつ当人の意思を尊重している。とはいえ、その一の成功例が愈史郎であり、それまでに200年以上の年を要している。後に使役である茶々丸化にも成功している。

また、自身の体を弄ることで無惨呪いを外し、そして人を喰らうことなく生きられるようになった(それまでは人間動物死骸を喰らっていたらしく、またどんなに苦しくとも人を襲う衝動にも耐え続けていたようだ)。それでも、少量の人の血の摂取が必要であり、輸血と称して銭に余裕のない人々から血を買っている。ちなみに、本作における人間食事はできなくなっており、彼女も例外ではない。それでも、自身の体を作り変えた後は紅茶を飲めるようになった模様(仮にこれでようやっとだとすれば、化がどれだけ凄まじいものかを物語っていることになる。もっとも、見方によってはその“ようやっと”にまで至った珠世の技術の高さをも示している)。

鬼血術「惑血(わくち)」

催眠系の血術。味方を守るため、敵に自させるために使用。
以下は、彼女の用いた血術。

  • 視覚夢幻の香
    香りと共に宙に紋様を出現させ、相手を惑する。
  • 白日の魔香
    に用いる術。を低下させ、虚偽秘密保持が不可能になる。少なくとも、こちらは人体にがあるようだ。
  • 融通の香
    四面な人に良いと思われる術。おそらくは↑と似たような効果。
    失敗すると、こんな感じ。 

??「おいら今日大根みたいな」
  「ウンコが出た!!」

茶々丸

珠世の使役である使い炭治郎が採取した十二鬼月の血を受け取り、それを珠世の元へ届ける役割を担っている。愈史郎の術により鳴くまで姿が視えず、そして再び鳴くとその姿を消す。
珠世のことを好いており、そして炭治郎のことも段々とその身を案ずるほどになる。愈史郎ウザイ。
後に珠世によって化することとなる。これは愈史郎孤独に陥らないようにするためであり、同時に茶々丸自身の意志を問うことができなかったために申し訳なく思ってもいる(ただし茶々丸自身はそれを受け入れているが)。

関連動画<(珠世様の関連動画も美しい・・・・・・)

関連項目<(珠世様の関連項目も・・・・・・)「余計なものも交ぜるな無礼者!!」

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

結月ゆかり (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: ハサ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

珠世(鬼滅の刃)

1 ななしのよっしん
2022/05/31(火) 18:55:20 ID: yYXiJv7+0c
野々宮珠世 … 小説犬神家の一族』の登場人物。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 削除しました
削除しました ID: Gt6se9kU+v
削除しました
3 ななしのよっしん
2023/08/16(水) 11:28:18 ID: R9RT8CuxCO
鬼滅最大の馬鹿に付けるを作った才女
👍
高評価
2
👎
低評価
0