竈門家(鬼滅の刃)単語

カマドケ
6.7千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

竈門家(鬼滅の刃)とは、「鬼滅の刃」に登場する家族ないしは一族である。

概要

本作の主人公である炭治郎禰豆子東京府奥多摩取山(現在の西多摩に位置している)の山中に居を構えている炭焼き一家で、先祖代々この業だという。麓の町の住民とも交流があり、慕われている模様。また、この一家に特筆すべき点としては、年の初めにヒノカミ神楽と呼ばれる舞をげる習わしがある。このヒノカミ神楽と共に花札のような飾りが代々継承されている。
貧しく慎ましい生活ながらも、家族全員で手を取り合って幸せに暮らしていた。しかし、その生活も突如として終わりを迎えてしまう。の襲撃によって一家が惨殺。生き残ったのは、たまたま不在だった炭治郎と化してしまった禰豆子のみ。
こうして殺された家族を弔うと、二人は数奇な運命の中に身を投じることとなる。過酷極まりないたちとの戦いの最中で、亡き家族との記憶、そして死してもなお今を生きている炭治郎禰豆子を想う家族の心が、時として二人の戦いの助となることも。

それとは別に、の首領である鬼舞辻無惨と因縁ある耳飾りの剣士と関りがあるようだが・・・・・・。

読みたい人のみ、ここをクリック

後に明らかになったことだが、一家を襲撃したのがよりにもよってその無惨本人。禰豆子視点によるものだが、ほとんど通り魔同然の所業だった模様。もっとも、この時点で場合によっては物語が始まる前に終わってしまっていた性があったことを考えると、かなり際どい状況だったと言える。

家族構成

かつて祖母がいたが、作品開始時点で故人。炭治郎彼女の作るおはぎが好きだったようで、またの話も聞かされていた。

竈門炭十郎

炭治郎この神楽飾りだけは必ず」
「途切れさせず継承していってくれ
 約束なんだ」

CV:三木眞一郎

作品開始時点で故人。炭治郎らの父親
柔らかな笑顔と落ち着いたが印に残る穏やかな男性炭治郎く「植物のような人」とのことで、病する直前でもそれは変わらなかったという。病弱だったらしく、作中でも床にせっている様子が多く描かれている。それでも、寒中の山中にて日から明けまでヒノカミ神楽を舞うことができる。

そればかりか透き通る世界も体得しており、一本での頸をり落とせるほど。病弱とは一体。

那田蜘蛛山をはじめとして、多くの局面で炭治郎らを導いている。
なお、彼の額には薄い痣があるが、炭治郎のものとは違い生まれつきのものだという。もっとも、それ以上の詳細は不明である(ちなみに、炭治郎の痣は火鉢を倒してしまったって出来たものとのこと。それから最終選別のケガによるで今の形となった)。

竈門葵枝

「置き去りにしてごめんね炭治郎
禰豆子を頼むわね」

CV:桑島法子

炭治郎らの母親
夫亡き後も六人の子供らを育ててきた心優しき女性。だが、そんな彼女の襲撃により下のを守るべくその身をとしながら亡くなってしまった。
ちなみに、炭治郎の石頭は母親譲り。実際、彼女もその自慢の石頭でを撃退したことがあるそうな。
よいこはマネしないように。

生前にて子供らに「小山の子うさぎ」という子守り歌を聞かせていたことから、おそらくは佐賀県出身。当然ながら、中の人中の人だけにその歌唱に期待されていたが、アニメ収録時においてあまりにも上手すぎたせいで逆にNGが出てしまい、お母さんが歌っているっぽく若干ヘタにしている炭治郎中の人談)んだとか。ヘタとは一体。

竈門炭治郎

「言うはずがいだろうそんなことを」「家族が!!」
家族を」
「侮辱するなァアアァアアア!!!」

CV:花江夏樹

竈門家長男。亡き後は一家の稼ぎ頭として家族を支えていた。
麓の町に炭を売りに出ていたことで一難を逃れたことで、家族を失った悲しみが癒えぬまま一生き残った禰豆子と共に悪鬼滅殺の戦いへと身を投じることとなる。

竈門禰豆子

「謝らないでお兄ちゃん
「どうしていつも謝るの?」

CV:鬼頭明里

竈門家長女。優しい心と芯の強さを持っている。
彼女も他の家族と同様、の魔手によってその命を落とすはずだったが、その家族の命を奪った忌むべきと化してしまう。こうして、彼女もまたと同様に数奇な運命の中へと誘われることとなる。

ちなみに、そろばん高速はじきが得意技で、過去七つほど破壊したという。それによって培われたから放たれるデコピンは頭突きに匹敵する威なんだとか。

なお、炭治郎及び禰豆子の詳細はそれぞれの個別記事を参照。

竈門竹雄

ちゃんとちゃんはよく似てるよな」
「優しいけど怒ると怖い

CV:大地葉

竈門次男。快活な性格で、業に勤しむ炭治郎の手助けをしている。
一緒に作業できず不貞腐れることもあるものの、本人はキチンととして慕っており、またそのから信頼されている。ただ、年頃ゆえにそれを表せないだけの話。
そんな頼れるであったが、彼もまたの手によってその命を奪われてしまう。その最後の間まで家族の身を案じていた。

竈門花子

お兄ちゃん息をして!!
お願い!!

CV:小原好美

竈門次女。甘えたい盛りながらもに負けず劣らずのしっかり者。
の襲撃の際はわれながら命を落としてしまう。

竈門茂

ちゃん!!」

CV:本渡楓

竈門三男。まだまだやんちゃな甘えん坊。
に襲われた際はわれたのか、その近くで亡くなっていた。

竈門六太

お兄ちゃん置いていかないで!!」

CV:古賀葵

竈門四男。素直な幼子。
作品開始時点でが亡くなってからあまり時間が経過していないせいか、寂しがりになってしまった。そのためか、炭治郎が出掛けようとすると大騒ぎをしてしまい、その前に寝かしつけられるのが日課
に襲われ、禰豆子の腕の中であまりにも短い生涯を終えてしまった。まだ年端もいかない子供までもが犠牲になったことは、この竈門を襲った悲劇の惨たらしさを物語っている。

ちなみに、寝ているだけだったためにが宛てられたのは何気に劇場版無限列車編」から。それだけならばまだしも舞台では人形で代用されるという悲しみを背負うことになってしまったが、是非もなし。

読みたい人のみ、ここをクリック
栗花落カナヲ
吾妻善逸

カナヲ
炭治郎だめだよ」
く戻ってきて」

善逸
「頼む
が死んだら妻の禰豆子愛してると伝えてくれ」←隠の人「妻じゃないだろ・・・」
「そしては勇敢だったと・・・
最後の最後まで禰豆子を・・・」←隠の人「ずっと喋ってるじゃんコイツ・・・」

炭治郎同期。何故この二人がこの項にいるかというと・・・・・・。


ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!

 

 

 

 

 

 

 

先祖

元々は継国縁壱と彼の亡き妻うたが暮らしていたに住み着くようになった炭焼きの夫婦。以降、このが竈門の住処となる。縁壱との関わりは彼が殺隊を追放され、かつて住んでいたに帰ってきたことがきっかけとなる。

炭吉

縁壱さん後に繋ぎます」
方に救われた命で・・・たちが」
方は価値のない人なんかじゃない!!」

CV:野島裕史

炭治郎たちの先祖。戦国時代人間炭治郎そっくりの外見。
に襲われていたところを縁壱に救われる。以降、彼と交を持つことに。縁壱の温厚かつ素な人柄を感じ取ったり、その彼の凄絶な過去を聞いてを流したりするなど、その善良さが伺える。それは同時に、何もかもを失って打ちのめされていた縁壱にとっては数少ない心の拠り所ともなっていた。
縁壱が二度と姿を見せないことを察すると、彼が見せてくれた日の呼吸と別れ際に渡してくれた飾りを後の世にまで伝えることを約束した。
その時、縁壱は作中でも稀な心からの笑顔を見せたのだった。

すやこ

「そんなに泣いてどうしたの?きっと大丈夫よぉ」

CV:福圓美里

炭治郎たちの先祖。
炭吉と共にに襲われた際は臨だった。そうして縁壱に救われ、なおかつ縁壱速で産婆さんを呼びに行って帰ってきたおかげで、事に出産することができた。
とにかく底抜けに明るく朗らかな笑顔が印的で、寝るのが好き。というかめちゃくちゃ寝る「まぁたばたで寝ちゃったあ(本人談)」とのこと。当時が戦国時代だということを考えたらすごいの者。旦那じゃなくても心配になる。ともかく、この特性が子々孫々に受け継がれることになる。
縁壱にせがんでは日の呼吸を見せてもらっていた。そうして子供共々喜んではしゃぐと、縁壱は照れくさそうにうつむいていたという。そういう意味も含めて、彼女もまた縁壱にとって救いとなっていた。

すみれ

「うんあたち」
「あげた!!」

炭治郎たちの先祖。炭吉とすやこの間に生まれた子。
縁壱が夫妻を救ったことでこの世に生を授かった。つまりは、炭治郎たちにとっても恩人である。それと同時に、これによって縁壱もかつて自分が成せなかったことを成せたために救われた。
物心がついていないながらも縁壱のことは慕っており、同様に彼が見せてくれる日の呼吸がお気に入り。一方の縁壱も、彼女をあやしたり寝かせつけたりなど世話をしていたことも。
ちなみに、彼女縁壱と鴇色=ピンクのニチニチソウあげたことがある。その言葉は「生涯の友情ピンク「優しい追憶」

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり閲覧できる
そういうふうにできている

そうですよね?縁壱さん

閲覧します
次のネタバレ全てを

 

 

 

 

 

 

 

子孫

竈門家

炭治郎カナヲ(つまりは竈門カナヲと名乗るようになったろう)の子孫。マンション暮らしで、少なくとも祖母母親がいる(祖母については同居していない模様)。
部屋には日本刀飾りが古びた写真と共に飾られている。

竈門カナタ

すぎてびっくりしてるよ寝汚いな」

長男涼し気な見た初恋ロボというあだ名がついている。ただし彼女はいないそうな。い話が、カナヲ男子にするとこうなった、といったところ。
なかなかに刺々しい物言いをするが、これは幼稚園の頃の出来事のため。の炭と共に祖母から炭治郎らの退治の話を聞かされた時に素直になれなかったせいで後悔したことがあるため、思ったことはすぐ伝えるようになったという。

竈門炭彦

は寝るのが好き
最近おばあちゃんを見るから
ずっと寝ていたいんだ

次男。炭治郎そっくりな見たで、のんびりとした心優しい少年。将来の動物園で働くことで、好きな動物スローロリス。先祖である炭治郎らを知っている人物のことを羨ましがっている。
寝るのも好きで、そのせいでよく遅刻ギリギリなことに。そうなったらパルクールの動き(後述する動作の数々から正確にはフリーランニングか)で登校しているのだが、それによって数々の問題を引き起こしている模様。
具体的には・・・・・・

よいこはマネしないでください。
↑そもそもできません。

・・・・・・と、殺隊でも通用するんじゃね?と思える程の驚異的な身体の持ち。そのためにスポーツ部からの勧誘を受けるが、本人は寝る時間が減るのが嫌なのでその気なし。とはいえ、考えようによってはその身体が血吹き荒ぶ戦いの中で発揮されないのは、炭治郎たちが命懸けの戦いの果てに掴み取ったもの、と解釈できないでもないか。
それはともかく、流石に作中での一件のために警察や両から4時間ほど叱られたという。

「とんでもなく怒られて泣いたよ」<「当たり前だろ」

流石に堪えたのか、帰りに公園泣いたとか。その時、同じく泣いていたキレイな人と出会い、バドミントンをして仲良くなったという。
その人物こそが、之助とアオイの子孫の嘴青葉研究員→無職 )である。

なお、現代においてもヒノカミ神楽が継承されており、カナタと炭の二人とも舞えるという。ただし、どちらもこれがかつて悪鬼滅殺に用いられていた技法だとは知らない模様。また、他の呼吸も現代においても伝わっている。これらは全て、産屋敷管轄の神社で舞として奉納されている。

我妻家

善逸禰豆子(つまりは、我妻禰豆子と名乗ることになったろう。また、善逸炭治郎義兄弟となった)の子孫。そのため、炭らのとは遠い戚同士の間柄。の物置には「善逸伝」が放置収められている。
禰豆子の子孫でもあるため、便宜上ここで扱うものとする。

我妻燈子

「あんな怖がりのひいおじいちゃんが一緒に戦ってるわけないでしょうが!!」

長女。見た禰豆子そっくりだが、普段の曾祖母とは似つかない勝ち気な性格。そして、年相応にミーハーの善照「うちの系みんな大人しい」のに突然変異」とのこと。もっとも、曾祖母が怒ると怖いと評されていることを考えると、割と納得できたりするかもしれない。
将来は検事をしているだけあって成績優秀。それどころか、適切な応急処置を行えたり、善照に勉強を教えて高校入学にまで漕ぎ着けるなど、こっちはこっちで別ベクトルハイスペック
への当たりはキツいものの、やればできる子であることをキチンと理解している。なので、ちゃんとしてほしいと思っている。
曽祖退治をしていたことは信じていない。

我妻善照

「凄ぇ!!みんなでボス倒したじゃん!!」
「やったじゃん!!」

長男黒髪善逸そっくり、というかあらゆる面で善逸そのものヘタレだったり、美人を見るとの下を伸ばしたり、ズルしたり・・・・・・。の口ぶりから察するに、学校の成績もあまり振るわないらしい。ちなみに、別の世界線における曽祖も成績は中の下ぐらいだったりする。
とはいえ、その善性も間違いなく受け継がれており、以前にトラックに轢かれそうになったのをったことがある。前述の燈子の応急処置はその時のもの。冷静に考えたら、こっちもこっちで何なの?
初恋山本愈史郎璃のと珠世」

そのは二人いて、また父親も善照と似たような性格らしい。

余談

  • 竈門だがよく見ると、縁壱とうたが暮らしていた時、そして炭吉らが暮らすようになってからでは少なくとも内装が大きく異なっている。これは、炭吉夫妻がとある子を助けた際にその礼として金子を受け取るのを断ったら、大勢の大工がやってきてが立になったとのこと。
    • 実は、その子はとある大名の妻と嫡男であり、その大名の不在中に跡争いが発生。その中で命からがら逃げてきたものの、山の中で死にかけていたという。
    • この子の詳細はそれ以上明かされてはいないが、まさか・・・・・・。
  • 縁壱の妻・うたが埋葬された場所に、何と無惨め続けて結局見つけることのできなかった彼岸花が咲いていたという。この点から彼岸花が何なのか、考察の余地があるというもの。
    • 特殊過ぎるその開条件のために作中にてこれを撃できたのは、少なくとも枝と幼い頃の炭治郎(このために本人も忘れてしまっていた)、そして青葉である。
    • 前述のように、あらゆる意味で物語事に開始できるかどうか、冒頭の時点で何もかもが薄氷の上であったことが突き付けられている。
    • 彼岸花は紆余曲折の果てに絶滅してしまったが、そういう意味では第二の鬼舞辻無惨の誕生の可性が潰えたと言える。これを成したのが、炭治郎の暮らしていた居候となっていた之助の子孫というのが何とも因縁めいている。

関連静画

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

チームゆっくり (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: ウェウェコヨトル
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

竈門家(鬼滅の刃)

1 黒魔
◆Csja.34YuI 2024/02/26(月) 02:07:05 ID: lCsqkiVkic
取り敢えず竈門の記事に全員まとめましたが、後でそれぞれ個別記事として独立させる予定です。
👍
高評価
0
👎
低評価
0