683系単語

ロクハチサンケイ

683系とは、

もと683系2000番台の289系については289系の記事を参照。

概要

681系マイナーチェンである。681系と違い体がアルミダブルキン構造へ変更になった他、VVVFインバータスイッチング素子をGTOからIGBTへ変更するなどしている。

681系160km/h対応であったのに対し、683系では当面サンダーバード運用などがメインである為北越急行所有を除き160km/h対応は準備工事に留まり、最高速度は130km/hとなっている。この事もあってモーターは付随より1000の位が一つ大きい(が、9000番台の製造はない)。

4000番台がすべて出い683系は総数270両となり、JR特急車両では最多となったが2015年3月14日から運用離脱した2000番台S編成が289系番の上381系を置き換えると発表。そのため、683系は総数183両に減少し、JR特急車両の最多はE257系249両になる。また、4000番台投入に伴ない0番台金沢総合車両所金沢支社)から京都総合運転所(現:吹田総合車両所京都支所,京都支社)へ転属しており、京都転属後は基本編成はWを、付属編成はVを名乗る。

北陸新幹線開業後は最新番台4000番台を含めたサンダーバード編成で2015年から2018年度末にかけてリフレッシュ工事が行われ、9月26日にはリニューアルされたT51編成が運用に復帰した。

各番台概要

0番台

2001年2月より「サンダーバード」用に681系の後継として導入された。基本編成は6両(W31~36)、付属編成は3両(V31~36)である。
体側面には681系同様に「THUNDERBIRD」と表記したエンブレムがある。

サンダーバード」以外にも「おはようエクスプレス・おやすみエクスプレス」、「ダイナスター」(北陸本線七尾線)や「能登かがり火」(IRいしかわ鉄道線七尾線)、「びわこエクスプレス」(東海道本線)にも使用される。

現在は、京都所属の681系と共通運用で「サンダーバード」6往復、「ダイナスター」1往復、「能登かがり火」3往復などの運用に入る。

※余談だが、現在京都所属となっているW31編成のクロ683-1のみ新製日が異なる(2001年2月28日。他は同年1月9日)。これは試験中にブレーキ故障により止めに突撃してしまい急遽新造し直した為。
先行して他8両をJRに引き渡し不自然な編成で試運転するとユニットが故障して試験が中止となったり、営業運転に入ったら入ったで人身事故で先頭凹みが出来るなどしている。
なお、クロ683-1が突撃してしまった現場には「衝突試験」という看が掲げられたという・・・誤魔化せてませんよ

2000番台

4000番台

雷鳥」用485系を置き換える為に2009年6月1日デビュー681系先行試作現在1000番台)以来の9両固定編成で681系・683系では初めてシングルアームタイプパンタグラフを採用している。当面は「サンダーバード」運用に就き、2011年3月12日以降は大阪駅金沢駅2015年3月13日までは、富山駅魚津駅まで)を結ぶ「サンダーバード」に充当されている他、「しらさぎ」や在来線特急時代の「はくたか」の代走に入った事もある。
体側面のエンブレムは0番台と同じである。
某巨大掲示板では4000番台という事から「ヨンダー(バード)」と呼ばれ他編成と区別されている。

編成番号はT41-となっており、2000番台R編成・681系T編成と組んで12両で運転される姿は壮観である。

なお、山陰特急や「くろしお」に投入される事となった287系の客室設備はこの4000番台コンセプトを踏襲する。

※T48編成のクロ683-4508は2011年11月28日踏切事故により大破。籍のある金沢総合車両所任本所にて修復の上2012年4月10日に試運転の形で復帰した。

8000番台

北越急行JR東日本485系はくたか」を置き換える為に導入した。683系では一の160km/h運転を行っていた。
編成番号は681系2000番台から続く形でN03(基本編成)とN13(付属編成)となっている(※ちなみに、NはNorthのNである)。

在来線時代の「はくたか」運用時代、8000番台は1編成しか存在しないのだが、681系2000番台と共に北越急行HPに運用状況が掲載されている事から捕捉はしやすくなっていた。

北陸新幹線開業に伴い681系2000番台と共にJR西日本へ売却され、N13編成は「しらさぎ塗装に変更された。その後、N03編成も塗装変更され「しらさぎ塗装に変更された。
681系2000番台は既に全編成の塗装変更が行われた為、N03編成が最後のスノーラビット塗装となった。

在来線特急はくたか」最終日(2015年3月13日)の最終列車である「はくたか25号」・「はくたか26号」に使用されたのは8000番台統一9両であった。

配置状況(2016年4月1日時点)

もと683系2000番台の289系については289系の記事を参照。

金沢総合車両所

吹田総合車両所京都支所

関連動画


関連商品


関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/683%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

683系

16 ななしのよっしん
2015/04/10(金) 23:06:19 ID: 2wGqviCQon
その転用された2000番台が新系列「289系」に称されたんだそうな。
JR東日本651系とはまるで対照的。
17 ななしのよっしん
2015/05/02(土) 11:09:50 ID: 72MK3XhnaE
そもそも4連を何に使うんだ?
くろしおは6+3編成だから4連は運用に組めないはず
18 ななしのよっしん
2015/05/02(土) 11:24:52 ID: 72MK3XhnaE
くろしおだけじゃなくてこうのとりの方も置き換えるのか
そのための6連と4連って訳か。納得
でも6連の組成ってどうなってるんだ?
19 ななしのよっしん
2015/05/07(木) 07:53:04 ID: nbixJm+xq6
>>17
近畿方面特急(こうのとりなど)に転用。

>>18
おそらく2M4Tと思われ。
20 ななしのよっしん
2015/05/09(土) 14:49:18 ID: 72MK3XhnaE
>>19
いや2M4Tになるのは解ってるんだ。問題は既存の5両編成に1両のサハを加えるとどんな編成でどんな外見になるかって話

5両編成のMT配置は大阪方を先頭にTMTTMとなっていて集電装置は1両と3両に設置。もしこのままサハを突っ込むなら2両と3両の間に入れれば問題なし。でもそうするとTMTTTMになってモハの配置がかみ合わなくなる(他の683系MT配置はTTMTTM(4000番台を除く))
だから結局どこにサハを突っ込んで組成するか、それが解らないのさ。かなり気になるけど
21 ななしのよっしん
2015/05/14(木) 22:05:29 ID: 2wGqviCQon
サハ683はTp-Mユニットの間に挟むことも可。要するに編成中のどの位置にも挿入できる。
そもそもモハの配置がかみ合わないって、問題視される事ではないような・・・
22 ななしのよっしん
2016/06/13(月) 14:14:18 ID: 9/TL15AJqj
北陸新幹線でいらなくなったらサンダーバードのお古下さい。(山陰在住)
お願いします、もう381系は嫌なんです。(´;ω;`)
23 ななしのよっしん
2016/07/23(土) 20:36:51 ID: tjynynk/8u
>>22
振り子機構の有もだけど、乗り入れでトラブった事のある68x系で
を含む中国山地を上下する伯備線を越えられるのか・・・?
24 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 23:14:01 ID: UOy4odvKhi
>>24
温泉乗り入れでトラブったのは681系だけで、683系はその辺の対策も含めて
245kW/255kWの大出電動機積んでるから問題ない
それに伯備線683系より非力でしかも編成中5両がダブルデッカー重いのに
毎日気で登坂降坂してる化け物がいるから683系は余裕かと
25 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 23:16:02 ID: UOy4odvKhi
>>24じゃなくて>>23だった