SF短編単語

エスエフタンペン

SF短編とは、読んで字の如くSFジャンルの短編物語」のことである。
が、ここでは漫画家 藤子・F・不二雄氏(以下F氏)が手がけた漫画作品群である、SF異色短編」(以下、「SF短編」)の事について解説する。

概要

F氏は元々「ドラえもん」「パーマン」「エスパー魔美」などに代表される児童向け漫画を多く発表し、世間一般のF氏に対する印・評価もほぼ同様のものとなっている。だが1960年代~1980年代にかけては、児童誌の連載と行して、青年誌『ビッグコミック』、SFジャンルの大手誌『SFマガジン』、マンガマニア向け雑誌『マンガ少年』、果ては『週刊少年サンデー』や『週刊少女コミック』(当時)など、多岐にわたる雑誌にSFものの読切短編漫画を多数掲載していた。

残念なことにそれらは世間的な知名度はほとんどいが、F氏の漫画作品の読者SFファンからは絶大な支持を得ており、SFジャンル漫画としてはかなりの高クオリティを誇っていると言っても過言ではない。また、大人向けのSF短編には当時の世界政治的・軍事的要素が、子供向けのSF短編には従来の冒険活劇的・お茶の間ギャグ的要素が盛り込まれており、たまに子供向けSF短編にも大人向け顔負けのハードな展開が用意されていることもある。ただし本来のSFという概念に当てはまらない独創的な作品も多くあり、F氏自身はSF=スコシ・フシギ」と称し、独自のスタンスをとっている。

笑ゥせぇるすまん」や「魔太郎がくる!」など、ブラックな展開が売り(?)の元相方藤子不二雄A氏(以下A氏)の漫画としばしば較されることがあるが、ファンから見ると、「A氏の漫画は直接的でオーソドックスなドッキリ的恐怖」であるのに対し、「F氏のSF短編は間接的で徐々に追いつめられるような精的恐怖」であると言える。ただし、これはあくまで項の筆者の独自的見解であり、「どちらの漫画が優れている」ということを決めるものではない。強いて言うならば「どっちも怖いんだよ!orzという所であろう。

SF短編の作品は総数で112作を数え、F氏逝去の前年となる1995年に発表された「異人アンドロ氏」が、氏の最後のSF短編作品となった。単行本も小学館・中央論社・朝日ソノラマ双葉社等の様々な会社から刊行されていたが、いずれも全収録ではなかった。2000年刊行開始の「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」(小学館・全8巻)でようやく全部のSF短編作品が網羅されるに至った。

作品はいずれも年代・主人公・場所などバラバラであり、手塚治虫氏の漫画のようにシリーズを通して出てくる同名の人物はいない。一例外として、未来製のカメラを現代で売って生計を立てる未来人・ヨドバ氏(名前の元ネタはもちろんヨドバシカメラ)が、数作に渡り登場するぐらいである。

また、SF短編のネタが「ドラえもん」に転用された例も存在する。
例えば、切が間近に迫った漫画家タイムスリップして自分同士で罵りあう「昨日のオレは今日の敵」は「ドラえもんだらけ」に、さえない子供が偶然畳の裏に繋がった宇宙船に入りヒーローとして異人と戦う「ベソとこたつ宇宙船」は設定がそっくりそのまま「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」に、それぞれ活用されている。

作品の傾向(大人向け)

大人向けは大きく分けて近未来地球宇宙・異、あるいは異人が絡む正当SF路線と、日常生活に少しずつSF的要素が絡む路線があり、どちらも序盤中盤にコメディ要素が含まれることもあるが、ギャグのまま終わる作品はあまりい。中には落語のようなひねりの効いたオチもあるが、大抵は皮風刺ブラックな結末であるパラレルワールドや不思議な具をテーマにした作品が多い。また、「ドラえもん」などを生み出したF氏本人の作品でありながら、地球未来タイムマシンさえも否定する短編もあり、大人が見てもかなり見応えのある作品がっている。ただし、刻々と変化する世界情勢は今現在のものとかなり異なっており、ソの冷戦及び核戦争の恐怖などに代表される当時の世界情勢を知っておかないと、作品全体のテーマがあまり理解できない事もあるので注意が必要である。

作品の傾向(子供向け)

少年(+少女)の元に異人(あるいは不思議な生き物)が現れる」という漫画によくあるパターンも多く見受けられる。大人向けとは正反対で、爽やか未来に対して明るい結末が多い事が特徴。ただし、一見すると子供向けで、漫画でもよくありがちなシチュエーションの「ヒョンヒョロ」は、まさに超展開の結末を迎えるため子供向けかどうかは意見が分かれるところである。

ニコニコ動画では

アニメ化された「宇宙船製造法」「ミノタウロスの皿」などがアップされているほか、漫画BGMを付けた動画もある。

関連動画

BGM付き漫画シリーズ

アニメ

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sf%E7%9F%AD%E7%B7%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SF短編

37 ななしのよっしん
2016/05/03(火) 12:41:06 ID: LHFucpfc1/
昨今アニメ原作不足で古い作品のアニメ化の流れがきてるし、SF短編アニメまた作って欲しいなあ
アニメ関係者の人見てたらF先生○周年とか適当に理由つけたりして企画頼むで
38 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 02:18:06 ID: UvvAkLo8im
>>36
気楽に殺ろうよは一回実写化の話が出たけどプロが「人殺しが合法的になる話は今の時世に合わない」って理由でNGだしたからなあ…まあ自分も見たいけど

気楽に殺ろうよがダメなら間引き、コロリ転げた木の根っ子、アチタが見える辺りを世にも奇妙な物語とかでやってほしい
実写化された未来ロボウはっ気が薄くて物足りなかったし
39 ななしのよっしん
2017/03/26(日) 14:18:20 ID: 2UTeyNUum1
不安を煽る話が多い。説教臭くなるギリギリ手前で留まってるのが良い。
40 ななしのよっしん
2017/12/11(月) 11:43:27 ID: YJ7s9GQxgY
今年Jアラートが鳴って「ある日…」を連想した人が多かったよな。知らなかったからググったら実際にそんな「ある日」が起きてもおかしくなさ過ぎて怖かったわ。
デスノートよりも前に「ウルトラスーパーデラックスマン」で正義暴走テーマにした作品があったなんてな。
41 ななしのよっしん
2017/12/11(月) 13:05:40 ID: B4JhEKOJJS
短編見てて思うのが、F先生は「思いついたアイデアをおもしろく表現する天才」なんだなってこと。
どの短編もどういうアイデアを元にして作ったかは一言で表せるくらいシンプルだけど、それをここまでおもしろくできるのはすごいとしか言いようがない。
42 削除しました
削除しました ID: PcRFOgVxg5
削除しました
43 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 22:56:21 ID: Mpzos6b+Yl
「ある日…」に関しては読者のその時その時の不安や恐怖が反映されるよな
F先生冷戦の頃を描いているが東日本大震災や福一の時もこの漫画を想起した人もいるしな
あと、後から口での説明を要するあの青年映像作品づくりとしてはマナーから外れるものだが、
それを言ったら前の3人も映像次元はたいして違わないのに青年に脈絡とか伏線とかめるのも滑稽なことでもあるよな
44 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 22:23:39 ID: Jhlu0zm4+u
ヒョンヒョロの誘拐された人達はあくまで誘拐されただけだから殺されたわけではないのだろうが、戻ってこられるのだろうか
45 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 21:54:38 ID: XdQeSYAb+r
オチが読める話が多いが、
オチが読めるのが逆に凄いし怖い。
言い換えれば、こうなったらこう動くしかいよねというのを描ききっている。
F先生ほど人間の業、本本質というものをあれほどまでに描いた漫画家はいない。
46 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 22:01:43 ID: XdQeSYAb+r
>>43
あれは青年が他のメンバーをひどく批判したからああ言われても仕方ないし、
そもそもあの作品は最後の作者の説明がいと作品として成り立ってないから、他メンバーの作品よりも下というか反則。

急上昇ワード

2019/08/21(水)13時更新