SF短編単語

86件
エスエフタンペン
2.9千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

SF短編とは、読んで字の如くSFジャンルの短編物語」のことである。
が、ここでは漫画家 藤子・F・不二雄氏(以下F氏)が手がけた漫画作品群である、「SF異色短編」(以下、「SF短編」)の事について解説する。

概要

F氏は元々「ドラえもん」「パーマン」「エスパー魔美」などに代表される児童向け漫画を多く発表し、世間一般のF氏に対する印・評価もほぼ同様のものとなっている。だが1960年代~1980年代にかけては、児童誌の連載と行して、青年誌『ビッグコミック』、SFジャンルの大手誌『SFマガジン』、マンガマニア向け雑誌『マンガ少年』、果ては『週刊少年サンデー』や『週刊少女コミック』(当時)など、多岐にわたる雑誌にSFものの読切短編漫画を多数掲載していた。

残念なことにそれらは世間的な知名度はほとんどいが、F氏漫画作品の読者SFファンからは絶大な支持を得ており、SFジャンル漫画としてはかなりの高クオリティを誇っていると言っても過言ではない。また、大人向けのSF短編には当時の世界政治的・軍事的要素が、子供向けのSF短編には従来の冒険活劇的・お茶の間ギャグ的要素が盛り込まれており、たまに子供向けSF短編にも大人向け顔負けのハードな展開が用意されていることもある。ただし本来のSFという概念に当てはまらない独創的な作品も多くあり、F氏自身はSF=スコシ・フシギ」と称し、独自のスタンスをとっている。

笑ゥせぇるすまん」や「魔太郎がくる!」など、ブラックな展開が売り(?)の元相方藤子不二雄A氏(以下A氏)の漫画としばしば較されることがあるが、ファンから見ると、「A氏の漫画は直接的でオーソドックスなドッキリ恐怖であるのに対し、F氏のSF短編は間接的で徐々に追いつめられるような精恐怖であると言える。ただし、これはあくまで項の筆者の独自的見解であり、「どちらの漫画が優れている」ということを決めるものではない。強いて言うならば「どっちも怖いんだよ!orzという所であろう。

SF短編の作品は総数で112作を数え、F氏逝去の前年となる1995年に発表された「異人アンドロ氏」が、氏の最後のSF短編作品となった。単行本も小学館中央公論社朝日ソノラマ双葉社等の様々な会社から刊行されていたが、いずれも全収録ではなかった。2000年刊行開始の「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」(小学館・全8巻)でようやく全部のSF短編作品が網羅されるに至った。

作品はいずれも年代・主人公・場所などバラバラであり、手塚治虫氏の漫画のようにシリーズを通して出てくる同名の人物はいない。一例外として、未来製のカメラを現代で売って生計を立てる未来人・ヨドバ氏(名前元ネタはもちろんヨドバシカメラ)が、数作に渡り登場するぐらいである。

また、SF短編のネタが「ドラえもん」に転用された例も存在する。
例えば、切が間近に迫った漫画家タイムスリップして自分同士で罵りあう「昨日オレ今日の敵」は「ドラえもんだらけ」に、さえない子供が偶然の裏に繋がった宇宙に入りヒーローとして異人と戦う「ベソとこたつ宇宙」は設定がそっくりそのまま「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」に、それぞれ活用されている。

作品の傾向(大人向け)

大人向けは大きく分けて近未来地球宇宙・異、あるいは異人が絡む正当SF路線と、日常生活に少しずつSF的要素が絡む路線があり、どちらも序盤中盤にコメディ要素が含まれることもあるが、ギャグのまま終わる作品はあまりい。中には落語のようなひねりの効いたオチもあるが、大抵は皮風刺ブラックな結末であるパラレルワールド不思議具をテーマにした作品が多い。また、「ドラえもん」などを生み出したF氏本人の作品でありながら、地球未来タイムマシンさえも否定する短編もあり、大人が見てもかなり見応えのある作品がっている。ただし、刻々と変化する世界情勢は今現在のものとかなり異なっており、ソの冷戦及び核戦争恐怖などに代表される当時の世界情勢を知っておかないと、作品全体のテーマがあまり理解できない事もあるので注意が必要である。

作品の傾向(子供向け)

少年(+少女)の元に異人(あるいは不思議生き物)が現れる」という漫画によくあるパターンも多く見受けられる。大人向けとは正反対で、爽やか未来に対して明るい結末が多い事が特徴。ただし、一見すると子供向けで、漫画でもよくありがちなシチュエーションの「ヒョンヒョロ」は、まさに超展開の結末を迎えるため子供向けかどうかは意見が分かれるところである。

ニコニコ動画では

アニメ化された「宇宙製造法」「ミノタウロスの皿」などがアップされているほか、漫画BGMを付けた動画もある。

大百科に記事がある作品

実写ドラマ化

2022年12月に、子・F・不二夫生誕90周年を記念して、2023年NHKでSF短編から10本を実写ドラマ化する事が発表された。2023年4月6月BSプレミアムで以下の10本が放送される。

2024年4月5月にはシーズン2の8作品が放送中である。

関連動画

BGM付き漫画シリーズ

アニメ

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SF短編

48 ななしのよっしん
2020/03/11(水) 19:48:16 ID: Gbp8tjLF+A
まあ刑事も「犯人が自分から誘拐しますなんていうはずがない!」って決めつけてたしね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
49 ななしのよっしん
2020/04/11(土) 03:26:33 ID: r6LqjiNnSD
今思えば、
「(物事の善し悪し問わず)もが一度は思い付くがあえて口にしないこと」
を描いた作品が多い気がする

いや、9割近くがその作品だろう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
50 ななしのよっしん
2021/12/02(木) 12:27:54 ID: Pi4eXuJOwk
ヒョンヒョロの人類はあくまで誘拐されただけだから、あの後マーちゃんがヒョンヒョロをうさぎに返せれば戻ってくるかも
👍
高評価
0
👎
低評価
0
51 ななしのよっしん
2021/12/19(日) 17:21:43 ID: s046+efsrN
老人を合法的に殺す社会実現してほしいなあ
必ずお前だって老人になるが沸くけど今の現実みたいに子供若者を殺す老人になって生きてたくなんかない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
52 ななしのよっしん
2022/12/09(金) 13:13:30 ID: xv4JjSUm6H
来年NHKで10作分ドラマ化ね…(BS冬休みアニメ特選でのアニメ放送を思い出して)。しかし塚地に体格似た漫画家主人公やらせるのはいいけど、リアルで縁が深い加藤茶井上順に『定年退食』、実写版がっこうぐらし!』に出てたって言う金子大地に『流血』は…。
後「アイ・アム・レジェンド」が元ネタな『流血』がコロナ禍合わせで説明されるのが、正しいけど令和だよなと。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
53 ななしのよっしん
2022/12/09(金) 15:50:20 ID: ML/JBQIKx5
定年退食は確かに怖い話なんだけど、一方で「日本のような少子高齢化社会において、老人を粗末に扱う法律なんて作れるだろうか?」という疑問はある
👍
高評価
0
👎
低評価
0
54 ななしのよっしん
2022/12/09(金) 16:03:00 ID: GV8Itu1lgF
遠回しな棄老政策は既に始まってる気がするけどな
高齢者の定義を変えようとしたり、年金の減額や受給開始年齢引上げたりと限界が近づいて来てる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
55 ななしのよっしん
2023/12/30(土) 18:46:09 ID: t1yCxxe5Mo
『間引き』ってすごいと思うわ
テーマ自体は人口爆発や技術進歩、それに伴う消失などでの個体数調整っていうすごくスケールが大きいものなんだけど、話そのものはコインロッカーや管理室というごく狭い範囲でしか進まないんだから
管理人記者が言ってる通り本当に全体と較すれば規模の小さい、氷山の一角だけを見せてこんなに説得を感じさせるなんて
巨大な氷山そのものを一度にドンって見せられるより絶望感がある
👍
高評価
0
👎
低評価
0
56 ななしのよっしん
2024/03/04(月) 22:47:34 ID: P4bMwafEVO
たまには超兵器一号のことも思い出してあげてください
👍
高評価
0
👎
低評価
0
57 ななしのよっしん
2024/05/13(月) 11:21:35 ID: 2OAHN6Z3eC
あずみきし先生は『じじぬき』を読んだとき、天国戸籍係(ドラマ版で今野浩喜がやった人)に対し「この人も元々死者ってこと…?」となり、「死役所」で働くシさんたちを思いついたのでは?という説

>>56
あの作品世界のその後を描いたスピンオフってなんかできそうですね
21~22世紀舞台
👍
高評価
0
👎
低評価
0