ミノタウロスの皿単語

ミノタウロスノサラ
1.5千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ミノタウロスの皿

ミノタウロスの皿とは、藤子・F・不二雄SF短編漫画である。

概要

藤子・F・不二雄SF短編処女作であり、代表作の一つ。1990年に「藤子・F・不二雄SF短編シアター」でアニメ化された。文化、倫理、そして価値観の違いを描いた一作。
ショッキングな展開がを引くが、その後に読み返すことで物語の解釈に深みを与える。

この漫画が描かれた当時、劇画ブームコミック読者年齢層が広がる一方、従来の生活ギャグ漫画斜陽になりつつある時代だった。藤子・F・不二雄も例外ではなく、気合を入れて描いていた『21エモン』『ウメデンカ』が思うようにヒットせず、本人も落ち込んでいた時期だとっている。そんな中、ビッグコミックの編集長・小西湧之助から一本描いてみないかと誘われ、描かれたのがこの作品である[1]。今作の好評を皮切りに、藤子・F・不二雄は「SF異色短編」と呼ばれる数多くの傑作短編を生み出していくこととなる。

なお、今作を描くにあたり、民話特有の残酷な小話「」に触発されたとっているが、「」は落語の一噺であり、正確には「婿入り」ではないかと言われている。

登場人物

ネタバレ

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

イノックスでは、地球におけるヒト(作中では「ズン類」)とウシ(作中では「ウス」)の立場が逆転しており、ウシヒト畜にし、食用として飼っていた。ミノアも血統の優れた用種であり、大祭の祝宴でウシたちに食べられることが決まったのである。ヒトは産まれた時からおいしくなるように努しており、ミノタウロスの皿にのせられることは最大の名誉なのだとミノアは誇らしげにる。大勢の人の舌を楽しませ、特別に美味しければ大祭史に永久に名前が刻まれるのだ。発育の悪いヒトの末路はみじめなもので、「でだめならハムソーセージ。もっと悪けりゃの肥料」なのだという。

主人公は納得できず、二日かけてウシたちを説得し、残虐な習をやめさせようとするが、全く話が通じない。ウシたちはヒトを食べることを疑問に思ったことがなく、「食物連鎖の一環に過ぎない」「両者は深い友情で結ばれている」「食べてやることで魂を救う」など様々な意見で丸め込まれてしまう。

ことばは通じるのに話が通じないという……、これは奇妙な恐ろしさだった。

ドロ沼を歩きまわるようなもどかしさとでもいうか……。

説得が通用しないと思い知った主人公は、実行使でミノアを奪取するためにレーザーガン片手に祝宴に乗り込む。しかし、ミノアは既に大皿の山の上で運ばれていた。主人公は「たすけてといってくれえ!!」と叫ぶが、そのがミノアに届くことはなく、そもそもミノア主人公を祝宴に参加して自分をおいしく食べに来てくれたのだと思っていた。そして主人公レーザーガンを手放し祝宴会場へ入っていく笑顔のミノアを見守ることしかできなかった。

最後のコマでは、迎えのロケットで救出された主人公が待望のステーキをほおばりながら泣くという皮の効いた結末が描かれている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *蔵版 藤子不二雄 SF全短編 第1巻カンビュセスの籤』、中央公論社1987年、4p

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%9A%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミノタウロスの皿

198 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 04:15:27 ID: ajQXlcLJA/
についてってる人がいるけどそれは単なる喩であって大して重要ではなくて、要は「幸せ」って人それぞれだよねって話だと思う。
199 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 23:53:17 ID: zjG6ZE73lr
今までのログを通した限りではも気付いていない様だが、本来この話は読者に対し概要が示す様な大それたテーマを示しかつ思索を促す代物ではない。
経済的な奴隷は、代価を提示しての交渉が成立すれば購入りも解き放ちも出来る」という程度の事だ。
主人公(以下立花)がズン族の権者に対してそう出来れば、ミノア立花がどう要したにせよ彼の護なくして生きていけないだろう。
本編同様に彼女人生観が問題となるにせよ、権者が両足の裏に傷でも刻んだ上で立花に従う様に命じれば、少なくとも表面的には転向せざるを得ない。
特に、権者は彼が地球先進文明の申し子だと認識した上でウス族でもズン族と対等の存在として礼遇しているのだから、文化風俗を蔑ろにするにせよ「イノックスと地球の友好の為に」等という口実の元に迎合しても不思議はない。
立花としても、希少種の畜といった地球ズン生物1体を代償に要された所で畜に対する価値観々する必要はない事になる。(続く)
200 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 23:56:14 ID: zjG6ZE73lr
>>199
(続き)ウス族に対する傍観的態度を地球市民が知れば非難するかも知れないが、立花としてはウス族自体の処遇等どうでも良いのだから批判への憂慮は偽善的な杞憂に過ぎない。
とは言えメタ的には、身も蓋もない基本設定を韜して概要が示す様な本来縁な事を盛り込み思索を促す辺りに、子F先生量が発揮されている事になる。
立花にせよ、ミノア奴隷階級だと認め解放または購入した上で地球文明を嵩に来てズン族の権者をも動かし転向を強いる様な人柄であれば、読者が感情移入するにせよ全く別の形を取っていただろう。
現代的な観点としては、異世界転生してナーロッパで生活する主人公奴隷を購入し従関係に基いて使役しようが世界観としては問題ないだが、制度自体にせよ奴隷自身にせよ人アプローチに及ばないと、読者が不快感を覚える様な物だろう。
立花の場合は、そういう態度が結果的に読者トラウマ物の不快感をもたらしたばかりか、本来ならミノアにも勧めながら舌鼓を打てたかも知れないステーキと共に飲み下した位で、嫌悪や笑を被るに至った訳だ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
201 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 00:09:54 ID: zjG6ZE73lr
>>199
×購入りも解き放ちも→〇解放も購入も
×ズン族→ズン類(各所)

>>200
ウス族は奴隷階級には間違いないが、ズン類による支配を伴う経済システムの実情は不明確な様に思う。
特に殿奴隷や官衙奴隷であれば外部者が交換条件により交渉しての開放や購入は困難だろうから、子F先生としては読者にそういった印を与えて褄合わせの足しにしている様にも思う。
地球及び文明の威が通用するという設定が、その綻びとして機しているだが…
202 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 00:51:17 ID: eClxyYjnk/
一言で言うと
も気付いていないようだが自分だけは気付いた」という時点で大概は妄想である
「自分」はそれほど優れた特別な存在じゃないんだわこれが
203 ななしのよっしん
2021/06/22(火) 13:08:43 ID: uLJFcyloR9
ノアの命を断つのは残ぎゃくだと思うくせに
ノアの心を断つのは残ぎゃくだと思っていないあたりが
残ぎゃくだと思ったな。
畜の気持ちなんざどうでもいいってな行動だったよ。

両方大切だと思うなら両立案ぐらい言うだけでも言えたろうに。
を死なないだけ取り分けて食べられないか、など。
その方が残ぎゃくだろうって? 話にならないな。
204 ななしのよっしん
2021/07/03(土) 06:44:39 ID: eS4x1My1lG
生きてりゃ何とかなると思ってたんじゃないのか?
最終的にミノアを見送ったならそれでいいだろ流石に
205     
2021/08/04(水) 01:27:12 ID: pSvEFu9Rn+
因みに、同音異曲の作品ではウェルズの
「盲人(盲人の)」
ってのがあります。
美しいと出会う、って所は似てるけど……
ある意味更に残酷だったりする
206 ななしのよっしん
2021/08/23(月) 11:45:55 ID: RuJa52YoqT
これ、ガキの頃いっぺん読んだっきりなのよな。
なんでいっぺんだけだったかというと、その……勃起しちゃいましてね?ついでに人生初の自慰行為ですよ!ガキなんでとっても不純に思っちゃったわけですよ。で、怖くなってそのままおさらば
だが今思うと、性癖コイツで決まったんだなぁ、と。
207 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 03:14:55 ID: /Tg+Yj3I7C
人間畜にする、そして人はが出荷されることを心から喜んでるという
そんな考えから人間畜にして人間が出荷されることを喜ぶとどうだろうかってアンチテーゼから来てる作品

ちょっと前に無料だったんでよんだがほとんど主人公一人称で進んでるんだなこの作品

おすすめトレンド