今注目のニュース
土日と「水曜」は休日! ベンチャー企業が「週休3日制」を導入してよかったコト
熊の母子に接近しすぎた男性に、子熊を守ろうとした母熊が突進!男性の挑発的行為が物議をかもす!
鎌倉で問題視される食べ歩き 一茂・ちさ子は「徹底的に禁止すべき」と大反対

ガンダムウォー単語

ガンダムウォー

掲示板をみる(250)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ガンダムウォーとは、バンダイから発売されているトレーディングカードゲームの一種である。

概要

ガンダムシリーズを題材とする、バンダイ得意のガンダムゲー。
キャラクターゲームではあるが、発売から15年以上が経過した現在でも多くのプレイヤーを獲得している。

このゲームを基に、サンライズクルセイドや、マクロスクルセイドといったTCGも生み出された。
ガンダムウォー自体がキャラクターゲームであるためか、他媒体での展開(アニメゲームなど)は一切行っていない。

特徴

長い歴史を誇るガンダムシリーズを題材としているだけあって、幅広い年代から支持を得ている。
また、ゲーム内の用ガンダムシリーズの劇中用と一致させることで、より感情移入ができるようになっている。
例)デッキを「本」と呼ぶ。特殊効果「マルチプル」、「プリベント」など。

ゲームシステム上の特徴として、デッキの残り枚数=残りライフポイントである事が挙げられる。
前述の通りデッキ=自軍の本であり、敵の攻撃を直接受けると減少し、0になると敗北となってしまう。
さらにMSやMAを生産する際にも減少し、戦の強化もライフポイントを削って行うこととなる。

このシステムがガンダムウォーの根幹であり、敵軍本への攻撃、自軍本の防衛、毎ターン手札にカードを引くだけで何もしなくても残り本が減ってしまうなど、限りある資をいかに有効に使うかを吟味することで、
プレイヤー指揮官としてガンダム世界に没頭させる大きな要因となっている。

また、ゲームフィールド内のエリアカードを置く場所)が細分化されているのも大きな特徴の一つ。
特に、戦闘を行うためだけにカードを移動させるエリアがあるTCGしい。

カードの種類

カードの分類

ユニットカード 劇中に登場するMSやMA、建造物など。
格闘、射撃、防御からなる戦闘力が設定されており、
それによって戦闘を行うガンダムウォーの形。
複数のユニットスタックして戦闘力を向上させることが出来る。
キャラクターカード 劇中の登場人物。
戦闘力が設定されており、ユニットカードを強化する。基本的にユニットカードセットして(パイロットとして搭乗させて)使う。
コマンドカード 劇中のイベント、出来事など。
一1ターン中に複数枚使用可カードで、様々な効果を発揮する。
カード毎に使用可タイミングが設定されている、1回きりの使い捨てカード
ペレーションカード 劇中の作戦行動など。
コマンドカードと似ているがこちらは1ターンに1枚しか使えない。
効果は若干マイルドだが、使い捨てではなく永続的に効果を発揮する。
ジェネレーションカード
(Gカード
ガンダムウォーにおける最重要カード
カードを使用するために必要なコストである「」を発生させるカード
カード以外のカードは各カード毎に設定されたを満たせていないと使用できない。
なお、は消費などはしないと言う特徴がある。5あれば、必要5までのカードは何枚でも使えると言う事。(ただし以外のコスト支払いが必要なケースが多い)
ACEカード 劇中のモビルスーツと、そのエースパイロットセットになったカード
新たに追加されたカテゴリーカードで、ACEの名に恥じない効果とレアリティを持つ。
 

勢力の分類

  ガンダムウォーのカードは劇中の勢によって、ガンダムウォー内でも7種類に分類されている。
 
GW内の勢(色) の特徴 劇中での勢
幅広いユニット層と、本の回復、
敵軍オペレーションの破壊が得意。
UCガンダム地球連邦軍、A.E.U.G、    リガ・ミリティア、など。
コストパフォーマンスの高いユニットや、
ユニットダメージを与える効果が多い。
ジオン公国軍、デラーズフリート
ガンダム00の各国家アロウズ、など。
敵軍カードの破壊が得意。
コストカード(特にユニット)が強い。
ティターンズ、ザンスカール帝国
ガンダム00外伝シリーズのフェレシュテ、
など。
相手の行動の妨が得意。
自分の手札を入れ替える効果が多い。
アクシズネオジオン、木星帝国
クロスボーンバンガード、など。
以外からのドローや展開が得意。
ペレーションカードが豊富。
∀ガンダムガンダムXGガンダム全て。
各色の特徴を再現できるが、器用貧乏
ユニット戦闘力が高い。高コストユニットが多い。(=展開が遅い)
ガンダムWシリーズ全て、
ガンダムSEEDシリーズ全て、など。
特定の組織に属していないため、
どの色とも親和性が高い。
CBガンダムは他の色を圧倒する。
民間企業民間組織、民間人、
ソレスタルビーイング、など。
 

関連動画

 

GUNDAM WAR NEX-A (ガンダムウォーネグザ:GWN)

ガンダムウォーの次なる世代(NEXTAGE)として、2011年から始まった新ルール
GWとは別物であるため、従来のカードは通常では使用できない。

全てのカードがGカードに

「Gサイン」を持つカードをGとして場に置くことができる(サンライズクルセイドとほぼ同じルール)。
また、「ジェネレーションカード」が撤され、替わりに特殊な機を持つ「グラフィックカード」が登場した。

ロールコストの導入

を同色Gカードをロールすることでコストの支払いを行う。
ロール状態のGカードを発生しなくなる。
コストの撤

プレイ制限の撤廃

ターン中のユニットキャラクター、オペレーションのプレイ枚数の制限が撤
コストの支払いが可な限りプレイ

自動:A~Dの整理

GWにおいてあまりにも煩雑であった自動:A~Dのテキストが3種類に整理された。

  • 〇常駐 / 場にある場合に限り効果を発揮し続ける(→自動:A)。
  • 恒常 / 場以外の場所にあっても効果を発揮する(→自動:B)。
  • >起動 / 特定タイミングで起動する効果(→自動:C+D)。

新たなデッキ構築

ガンダムウォーネグザとしての遊び方以外に、「ガンダムウォーフォーマット」「ラピッドルール」という2種類のデッキ構築ルールが設けられた。
さらに2013年からは「作品対抗フォーマット」も登場。 

サイクルコードの導入

増え続けるカードプールへの対策として導入されるルール
キスパンションを年単位で「サイクル」として区切り、最新+2サイクル(約3年分のカード)を選んでデッキを構築する。
マジック:ザ・ギャザリングに非常に近くなった。

勢力の再配置

GWにおいてデュアルカードであったソレスタルビーイングは、固有の色を持つデュアルカードとしてに再配置された。それに伴い、められていたライバルキャラクター達も追従する形で再配置された。

※左側の色が所属する勢になる。

さらに、いたには機動戦士ガンダムAGEが収まった。
3弾より、ガンダム00の一部の勢に配置された。

4弾より「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」が参戦したが、シャア率いるネオジオンに配置された。
このためZZネオジオンCCAネオジオン→その残党の袖付きは、というややこしい事態になった。 

5弾より「機動戦士ガンダム0083」が参戦。アルオン隊及びアナハイムエレクトロニクスはに配置された。

参戦作品

1弾~1弾EX (サイクルA)

2弾~2弾EX (サイクルA)

ベースドブースターパック「サイクルA」 (サイクルA)

3弾~3弾EX (サイクルB)

4弾~4弾EX (サイクルB)

5弾~5弾EX (サイクルC)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP