今注目のニュース
秋田犬の仔犬が雪の上で初お散歩! 動画ツイートに「シロクマちゃんみたい」「なんという可愛さ!」の声
お母さんが何度もクシャミをするのにツボって、笑いが止まらなくなった赤ちゃんが可愛すぎると話題に!
「みんデキ2020」から協力要請!「ワールドウィッチーズ」シリーズで好きなシーンとセリフをアンケートで受付中

ストームソーダー単語

ストームソーダー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ゾイド > ストームソーダー

ストームソーダーとは、『ZOIDSシリーズに登場する翼竜飛行戦闘ゾイドである。

機体解説

ストームソーダー
STORM SWORDER
基本情報
RZ-029
所属 ヘリック共和国
モチーフ 翼竜テラノドン
スペック
全長 10.1 m
全高 12.9 m
全幅 不明
重量 47.0 t
最高速 MACH 3.2
武装
ゾイドテンプレート

ヘリック共和国が開発した翼竜戦闘機ゾイドで、RZ-28ブレードライガーに次ぐ2機オーガノイドシステムOS)搭載機でもある。

航空には既に旧式化著しいRZ-10プテラスしか持たず、EZ-5レドラーに苦しめられていた共和軍であったが、そこに共和諜報部が帝国内で開発予定だった新戦闘機ゾイドデータを奪取し、それを元にして制作した機体にOSを組み込む事で完成させた。
(つまり元はと言えばレドラーの後継機になるはずだったかも知れないゾイドである)

そのため、開発思想は帝国のものに近くコクピット全に装甲で覆われているのが特徴。
また中ゾイドでは機体内にシステムが収まり切らないと言う事でエンジンポットなどが外部に取り付ける形となっているが、これにより拡性も向上しており、将来におけるさらなるバリエーション機の開発も見込まれていた。
そして新のマグネッサーウイングエンジンポッドによりターボブースト発動時の最高速マッハ3以上のものを叩き出せるようになっている。

頭部と両レーザーブレードですれ違い様に敵機をり裂くというレドラーと全く同じ戦法を得意とし、それでいてOSにより強化された運動と機動性によりその航空格闘レドラーの10倍という圧倒的なレベルに達しているが、その反面、射撃武器は小口径のパルスレーザーガンのみと非常に乏しく、ある意味レドラーと似たような欠点を抱えているため対地攻撃にはプテラスとの連携が必要と思われる。

二次大陸戦争においてはこのストームソーダーが参戦するやく間にレドラーから制権を奪い取って帝国補給線を分断させ、これにより追いつめられた共和軍が体制を整える時間を得るに至る。

その後も共和軍の切り札となったRZ-37ウルトラザウルスから護衛したりと西方大陸戦争においては全局的に活躍したが、OSを搭載した結果量産性が悪化しており、数で攻めるようになった帝国航空に対抗するため共和軍はRZ-39レイノスやRZ-45サラマンダーといった旧式機に頼らざるを得なくなってしまった。

を見れば間違いなく現行機の中でも最強クラス航空戦闘ゾイドであったが、暗黒大陸戦争期や第二次中央大戦争期ではほとんど使われなくなった。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2100年ロールアウト。ブレードライガーガンスナイパーと共に西エウロペ大陸へ初派遣され、遺跡から逃げようとするジェノザウラーを追跡しようとしたが、を破壊されたため断念した。

その後、ストームソーダーはある程度量産されて正式に戦争に参戦し、レドラーく間に駆逐して制権の奪取に成功。共和軍は帝国軍の補給線を底的にく事で帝国軍を慢性的な物資不足に陥らせた。

二次大会戦では悪により防網に開いたレドラーに突かれるという事もあったが、共和軍の決戦部隊デストロイヤー兵団の進撃の際には同兵団のとなるウルトラザウルスを最後まで守りきって見せた。

しかし、戦争後期では軍の補強においてストームソーダーのこれ以上の配備は困難としてレイノスの方にお鉢を回されたり、対ザバット戦では数で勝り、さらにか高から攻撃してくる相手にストームソーダーでは対応仕切れないと言う事でサラマンダーが登用されたりと出番がどんどん減って行き、暗黒大陸での戦争ではあまり使われず、さらにネオゼネバス帝国との戦いでは元より数が少なかった所為かほとんど失われてしまったらしい。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』に登場。
キットの武装設定では火器をほとんど装備していないが、アニメではミサイルを搭載している場合が多い。


ゾイド -ZOIDS-』では共和軍の実験機として初登場。

男爵を名乗る謎の男女2人組“アーラ・バローネ”の乗機として2機編成で現れ、陰ながらバン・フライハイトルドルフを狙う帝国軍を打ち払い終戦まで両者を支援し続けた。

第2部では共和軍に正式採用されたようで一般機が多数量産、使用されていた。
機や護衛機として働く共和所属機だけでなく、中には敵側が乗り込んで主人公勢と戦う事もあった。他にも帝国軍に譲渡する予定だったストームソーダーステルスタイプデススティンガー迎撃用の大気圏離脱用改造機などが登場。前者は途中で帝国軍の強硬残党に奪われてあわやテロに使われそうになった所をバン達やアーラ・バローネに討伐される。後者アーバイントーマが乗り込み、彼らの活躍により見事デススティンガーを載せた敵母艦の撃沈を成功させた。


/ZERO』ではバックドラフト団の所属機。

ダークバトルに使用され、ジェミーレイノスビット・クラウドライガーゼロイエーガー戦を繰り広げるが、ホバーカーゴに戻ったリノンのガンスナイパーに撃墜された。


フューザーズ』では一般に普及した通常ゾイド扱いになっている。

劇中ではファイヤーフェニックスの捕獲を狙う悪質ハンターが使ったり、他にもバリエーション機であるストームソーダージェットが客船ホエールキングハイジャックのためにギャング団に使われていた。

主な機体バリエーション

ストームソーダー・ステルスタイプ

ゾイド -ZOIDS-』に登場したストームソーダーの機体色をに変えて視認性とレーダー捕捉性を抑えたステルス機。
その名を縮めて“SSS(スリーエス)”と呼称され、第一次ロット帝国軍に和として譲渡される予定だった。
しかし、途中で帝国過激派ヒルツの配下となったラルフ中佐ミューラー中尉に奪われてしまったため最終的には、ヘリック共和国側で迎撃する。カタパルトで噴射されたバン・フライハイトブレードライガーフィーネ・エレシーヌ・リネ応援で駆け付けたアーラバローネに撃墜された。
終盤ではバンとブレードライガーを追うために起用されたが、レアヘルツのから発せられる電波の影で不時着した。

ストームソーダージェット

ストームソーダーを黒玉色(ジェット)に塗り変えた機体。
こちらもステルス性を高めていると同時に、動機関にも良を加えて最高速度も向上させてある。

ストームソーダー フレイムスラッシュver

ゾイドオリジナル』という独自のシリーズに登場したストームソーダー。
共和軍が帝国より奪取した新機をドッグファイト用に装した機体で、真紅色のボディに特殊なクリスタル素材で構成されたを装備し、兵戦時や突撃時の攻撃を飛躍的に高めている。

ストームソーダーFX

初登場は『ZOIDS SAGA2』。以降SAGAシリーズに登場したストームソーダーの次世代技術試験機。
機体下部にフリーラウンドシールドに似たウェポンバインダーが増設されEシールドも装備、最高速度も向上している。
電撃ホビーマガジン2001年1月号「SMACK ZOIDS!」にデザイン画が掲載、理由は不明だが構想の段階でプラン凍結されたと説明されている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/19(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/19(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP