今注目のニュース
性犯罪の刑法改正求め、4万5千人の署名提出 当事者団体「誰が見てもこの実態はおかしい」
夜中2時に鳴ったインターホン 「一人暮らしの女性宅への訪問者」にゾッとする
「家に大きな氷があると楽しい」という人生の裏ワザ 氷を使った遊び方を解説した漫画に「ワクワクする」

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生単語

バットマンヴァーサススーパーマンジャスティスノタンジョウ

掲示板をみる(390)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Tell me.
教えてくれ。

Do you bleed?
お前も血を流すのか?

God versus man,day versus night,
人間対闇、

Son of Krypton versus Bat of Gotham!
クリプトン息子対ゴッサムのコウモリ

She was my world.
彼女が全てだった。

And you took her from me.
それをお前が奪い去った。

Batman v Superman: Dawn of Justice

 

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)とは、2016年開のヒーロー映画である。配給はワーナー・ブラザーズ日本では2016年3月開。

タグは「バットマンvスーパーマンexit_nicovideo」「バットマンvsスーパーマンexit_nicovideo」「ジャスティスの誕生exit_nicovideo」など

概要

スーパーマンのリブート作品『マン・オブ・スティール』の続編。
バットマンスーパーマンの対決を描く作品となる。

監督は引き続きザック・スナイダークリストファー・ノーランも同様に製作揮として参加しており、『ダークナイト ライジング』以来4年ぶりに、再びバットマンに携わることになった。

ダークナイト3部作」と呼ばれる、クリスチャン・ベールバットマンを演じたシリーズとはつながりがなく、新たなバットマンが描かれることになる。
バットマンスーパーマンの対決を描いた最も有名かつ人気の作品と言えば『バットマン:ダークナイト・リターンズ』だが、監督によれば、同作へのオマージュを随所に盛り込んでこそいるものの、同じ物語にはならないとのこと。

「ジャスティスの誕生」というサブタイトルは、DCコミックスヒーローチームである「ジャスティス・リーグ」の誕生をす意味合いを持つと思われる。既に今作の続編として、ジャスティス・リーグの活躍を描く作品の製作が決定している。

予告編では『マン・オブ・スティール』での大破壊活躍の後、民衆にバッシングされるスーパーマンや、特殊装甲車のような外見のバットモービルの爆走、の中対峙するスーパーマンバットマンが描かれた。

あらすじ

 ゾッド将軍率いる反乱軍が引き起こしたメトロポリスでの大破壊は、『スーパーマン』ことクラークケントによる決死の行動により収束した。

 しかし、は深刻な被害を被り人的を持つスーパーマンを問題視するも高まってきていた。

 新聞社デイリー・プラネット記者として働いているクラークは、取材に来たパーティ会場で世界折りの大富豪ブルースウェインと出会う。

 実はこのブルースこそ、犯罪が蔓延するゴッサム・シティな出現するクライファイターバットマン』であった。

 やがてスーパーマンバットマンとして対峙するふたり。何故、彼らは戦うのか?

 その影には更なる悪の気配が蠢いていた――。

キャスト・キャラクター

ついでに……

バットマンスーパーマンが対決するに当たり、よく「『バットマンスーパーマン』なんてバットマンフルボッコじゃん」、「バットマンスーパーマンと違って超能力とか持ってないから弱くね?」という発言が飛び出す。

かしこれらは典的なにわかファンの発言とみなされる。
人であるスーパーマンには実は結構弱点があり、幾度となく苦戦を強いられているのである。

代表的な弱点としては、緑色隕石クリプトナイト」がある。今作の予告編にもそれらしきものが登場している。
これは、スーパーマンの故郷である惑星クリプトンの地殻を形成していた鉱物で、彼を含むクリプトン人の特殊効化してしまう特殊な放射線を発している。スーパーマンがほぼ只の人間になってしまうほど劇的な効果がある上、長時間当て続けていると、最悪死に至る。
ダークナイト・リターンズ』でもバットマンはこれを利用してスーパーマンを追い詰めている。

また、バットマンが相手の弱点を執拗に狙う賢い(=下衆な)戦法を気で使うのに対して、スーパーマンはどこまでも高潔な姿勢を崩さない。

このため、バットマンスーパーマンの対決は、アメコミファンから見れば、どちらが勝つかわからないシビアなビッグイベントなのである。

続編(DCエクステンデッド・ユニバース)

DCコミックスは今作以降、マーベルMCUに相当する、自社のヒーローキャラクターが総登場する、世界観を共有する映画シリーズDCエクステンデッド・ユニバース』を制作していく。

今作に次ぐ第1作は、ジョーカーやハーレイ・クインなど、ヴィランで結成された秘密機関の活躍を描く『スーサイド・スクワッド』で、今作の開から約半年後の2016年9月開。

2017年には、今作から登場する単独タイトルワンダーウーマン』、そしてDCヒーローが結集する『ジャスティス・リーグ』がそれぞれ開される(たく言えばDCアベンジャーズだが、むしろこちらの方が元祖と言うか元ネタである)。
ジャスティス・リーグの続編(タイトル未定、1作とは独立した作品とのこと)が2019年開予定で、それまでに、DCコミックスヒーローであるザ・フラッシュアクアマン、シャザムの単独タイトルがそれぞれ製作されることになっている。

また、今作に登場するベン・アフレックバットマンの単独タイトルザ・バットマン』も製作が決定しており、アフレック自らが脚本と監督を担当することが発表されていたが、多忙により監督は「猿の惑星:新世紀」のマット・リーヴスに交代となった。これに従い当初の脚本は書き直しとなり、2018年に予定されていた開時期は未定となった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP