今注目のニュース
モンブランとか期待しかない。ファミマ限定のルマンドアイスが発売するよ~。
ベルギーの巨人祭り、黒塗り「野蛮人」役に人種差別との批判
劇場版『名探偵コナン』シリーズ、7年連続の興行収入記録更新 

デアデビル単語

デアデビル

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デアデビル(Daredevil)とは、マーベルコミックス社のアメコミに登場する盲目ヒーローである。

概要

デアデビルの本名はマシュー・マードックといい、称はマットヒーロー活動をしていないときの、表の顔は弁護士

マットニューヨークのスラムヘルズキッチンで、ボクサーであるジャックマードックとの庭で育った。
二人は貧困の中にあり、とても一流とは言えない腕のボクサーだったジャックは、マットには学識を身に着けてもらって弁護士のような仕事に就かせようと考え勉強をするようにと普段から教育し、マットのほうはというとのようなボクサーに憧れていた。
二人とも将来への展望は違っていたが親子関係が悪いということはなくむしろ良好なくらいで、マットの教えを守り、小さな頃から日々勉学に励んでいた。ただ、の眼を盗んでこっそりトレーニングもしたりしていた。

あるとき、マット事故によって放射性物質(あるいは工業廃棄物)を眼に浴びてしまう。
そんな劇薬と呼ぶのも生易しいモノを眼に浴びて事に済むはずもなく、マットは全盲となってしまい、この時点で的にボクサーとなるは絶たれてしまった。
ただ、視覚を代償にレーダーセンスという、後にヒーロー活動をする上で強な武器になる感覚を身に付けることになった。詳細は後述。

事故から時は経ち、ジャックマットの進学費用を稼ぐ必要に迫られ、八百長試合を組むことを持ち掛けられた。
息子のためにと了承したものの、その八百長試合をマットが‘見ている’と感じたジャックは、ボクサーとしての誇りととしての想いに抗えず、意向に逆らい真剣勝負を仕掛けて試合に勝つこととなる。
勝利マットは大いに勇気づけられ、より一層への想いを篤くしたものの、八百長試合を台しにした報復と見せしめにジャックは殺されてしまう。
この勝利と、悪によってもたらされた理不尽な死が、マットヒーロー活動を行うきっかけになった。

更に時は経ち、マットの遺志をえて弁護士となる。
弁護士マットマードックとして日々弱者のためにニューヨークの法廷で舌戦を繰り広げてはいるが、
の殺を行った犯人を捕らえるため、弁護士だからこそ判ってしまう法をすりぬける悪党を裁くため、になるとマットコスチュームを身にい、鍛えた体と感覚を持つヒーロー”デアデビル”として、を問わず悪へと立ち向かっている。

能力と特徴

デアデビルの最も特徴的なが、レーダーセンスという感覚。
簡単に言うと視覚以外の全ての感覚が強化されたようなもので、

  • 音の反三次元的な構造物や距離感を正確に感じ取り、視覚に頼らないため背後からの不意打ちも、当然のことながら暗闇からの攻撃も効かない。
  • 心臓鼓動を聴けばその人物がをついているかどうか、心臓疾患を患っているかすらも見分けがつく。
  • 皮膚感覚も周囲の温度や気圧の変化を感じられるほどに敏感で、嗅覚は人物の識別ができるほどに鋭く、同様に味覚も口に含んだだけで、それが如何なる成分で構成されているかまですら鑑定ができる、ソムリエもな鋭敏な感覚を持つ。

このトンデモ感覚を頼りにデアデビルは戦い、時には弁護士マットマードックが法廷でのを見抜く際の武器として使われる。
ナイフは使わず、棍棒や盲人が持つ改造した仕込み棍棒ビリークラブ’で武装し犯罪者と戦う。
マット自身の格闘も非常に高いレベルで、ボクシングを始め柔術マーシャルアーツなどを棒術と共に、師匠スティック(同じくレーダーセンスを持つ盲人)という人物から教わった。
補助系の持ちとはいえ、盲人だからとナメてかかったチンピラを、作品によっては幼少期の頃から軽くひねることが出来るくらに頑強で、その強さは推して知るべし。

ただ、もちろんデアデビルとレーダーセンスにも弱点はある。

レーダーセンス人的な感覚を得たといっても盲人であることには変わりなく、色彩を”見分ける”ことは不可能だし、インクで印刷されているに過ぎない文字を”読む”ときは、普通の視覚障者と同じく点字で読む必要がある。液晶画面の内容も”見えない、判らない”ため、ドラマ版ではマットの持つスマートフォンの着信音は「かけてきた人の名前」が鳴るように設定がされている。

また、レーダーセンスも極端に大きすぎる騒音の状況下では感覚を乱され、健常者でいうところの目眩を起こすような、感覚の飽和状態に陥ってしまう。加えて、レーダーセンスを持っている以外では、非常に高レベル武術を習得している”鍛え上げられたただの人間”でしかない。
キャプテン・アメリカのような人間限界値ギリギリまでのスペックは持っていないし、X-MENミュータントたちのようなトンデモ超能力は発揮できない。

ゆえに、デアデビルがに戦う相手は自然的なモノが立つ悪役ではなく、ギャングや犯罪者出身の悪役貧困差別麻薬などを食い物にする悪役を相手に戦うことが多い。
いわゆるクライファイター

同じくニューヨークを活動拠点とするスパイダーマンとは協することが多い。
パニッシャーの活動拠点もニューヨークなのだが、デアデビルは「法で裁けぬ」(逆に言えば法で裁けるならマットマードックの出番)悪党を退治するヒーローのため、見敵必殺を信条とするパニッシャーとはやはり相性が悪い

作品

映像

デアデビルが映像化として、映画化された初めての作品。開当時評判はあまりよろしくなかったが、アメコミを知らない・普段は見ない日本人が気軽にかつ容易くデアデビルというキャラクターを知るには恐らくこれが最適。

購入・レンタルの際には是非ディレクターカット版を。合わせてスピンオフ作品の「エレクトラ」も要チェック

書籍

マットマードックが、如何にしてデアデビルとなったかを描いた作品。会社違いではあるが『バットマン:ダークナイト・リターンズ』という、近年のシリアス路線バットマン確立した大ヒットアメリカン・コミックの著者が、デアデビルの始まりの物語を描いた作品。

映像作品配信サイトNetflixにおいて配信され、アベンジャーズ関連作品でもある下記ドラマ版の原案にもなったコミック

暗い作なので、アメリカンコミック染みがありダークナイト三部作が好きな方にオススメ。

共演作

映画などでアメコミヒーローを知った人々が、原作コミックではこんなに他のヒーローと共演しているのだという入門作に一番オススメかもしれない。

ただ、メインスパイダーマンでデアデビルは客演に近い。

ドラマ版『DAREDEVIL』

映像作品配信サイトNetflixexitにおいて独占配信されている、ドラマ版。マーベル・シネマティック・ユニバース世界観に属する、つまりアイアンマンキャプテン・アメリカなどの映画群と同じ世界線物語は進む。さらに同時期のエピソードとして「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」も配信。3作とも同一の舞台ドラマが展開される。

アベンジャーズ』でのニューヨーク決戦後、ロキの手引きで侵攻してきた宇宙人アベンジャーズの活躍により撃退したものの、当然のことながら戦いの余波でニューヨークは半壊状態へと陥った。
は進んだものの、それと同時にニューヨークの裏をる土建マフィアや、マフィアに協する犯罪者も裏社会で増大することになってしまった。

原因はともかく起きていることそれ自体はごくありふれた闇が蔓延るニューヨークにおいて、盲人の弁護士マットマードックは友人と共に、正義と弱者の味方になるべく弁護士事務所を開く。は、”を覆い”暗闇の中から悪党を退治する、「マスクの男」として活動しながら……。

クライアクションとしても、ヒーローものの映像作品としても珠玉の一作。現在シーズン2まで配信中。2017年にはその後Netflixで配信された2作品に「アイアンフィスト」を加えた同一上の世界観に入る面々でチームを結成した「ディフェンダーズ」にも登場する。

関連動画

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP