ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者単語

ヴァルキリープロファイルトガヲセオウモノ

4.6千文字の記事
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者とは、2008年11月1日に発売のニンテンドーDSソフトである。

予約特典として「VISUAL PROFILEPREMIUM EDITION-」が付属し、イラスト集や、登場するキャラクター達の過去について書かれた書き下ろしであるオリジナルアナザーストーリーthe Beginning」が収録されている。

ストーリー

7年前のとある戦争にて父親であるセオドールを失ったウィルレドは、戦乙女ヴァルキリーエイフェリアとして選定された、ということをと共に戦ったという兵士から知らされ、その拠となる遺体の傍に落ちていたという一枚のい羽を渡された。

乙女に選定されることは武人にとっての大変の名誉であり、遺されたものにとっても喜ぶべき名誉であるというが、いざ遺される立場になると、ウィルレドにとっては戦乙女家族から奪うという不吉を運ぶ死神でしかなかった。稼ぎ手であったを失ったことにより一家に貧窮が訪れ、は衰弱死し、は心を病み、ウィルレド庭は崩壊してしまうこととなった。

日を重ねることにを連れ去った戦乙女への憎悪は深まっていき、17歳になったウィルレドは自らがエイフェリアとして選定されることで戦乙女に近付き、復讐することを決断する。こうしてウィルレドは一枚のい羽を握り締め、エイフェリアとなるために武功をめて、友であるアンセルと共に戦場立つことになる。

概要

ヴァルキリープロファイルシリーズの第3作の作品。しかしナンバリングタイトルではなく、外伝的な作品である。
略称は「VP咎」または「VPDS」。ニコニコ動画ではタグとして、サブタイトルである「咎を背負う者」がよく使用されている。

本作は「ヴァルキリープロファイル1」(以下VP1)から数十年前の話である。VP1で68歳であったガノッサが軍師として登場し、24歳であったレザード・ヴァレスが生まれていない時代であるため、30〜45年前だと想定される。VP1と時期が近く、この時代のヴァルキリーVP1主人公であるレナスであるためか、VP1の曲である「なる死への叙事」「Confidence in the domination」などの多く楽曲がアレンジされて使用されている。

今作はマルチシナリオであり、主人公行動によって仲間になるキャラクターエンディングが変化する。例えば第2章では、Aルートでは「ダリウス」「ヴェンダル」が、Bルートでは「アーネスト」「ナタリア」が、Cルートでは「ヒューゴー」「ミレイユ」「ミシェル」が仲間になる。

シリーズ初の男性主人公であり、VP2と同様に視点からではなく、人間視点からストーリーが進んでいく。また「復讐」を軸にストーリーが進んでいき、後述の女神の羽を使用して仲間を犠牲にしていくようなストーリーであるため、過去シリーズよりもさらに暗い雰囲気のゲームである。(CERO:B)

今作のキーアイテムとして「女神の羽」が登場する。女神の羽を仲間に使用すると、使用した仲間の潜在が解放され、値が大幅に上昇するほか、固有のスキルが発動する。しかしその副作用として、戦闘終了後に使用した仲間が必ず死んでしまうといった欠点も存在する。このゲーム的は、女神の羽を使用して咎を集め、最終的に女神の羽を咎を重ねた者に贈られる「咎人の」に変化させ、ヴァルキリー復讐をするといったものである。

ゲームジャンルRPGであるが、実質はシミュレーションRPGである。戦闘は、キャラクターを動かすシミュレーションパートと、戦闘を仕掛けたときに行われるシリーズ染みの戦闘パートの2部構成で行われる。

今作もシリーズ染みの「セラフィックゲート」が登場する。しかし過去作とは異なり、本編からアイテムレベルなどの引継ぎは何もく、独立したものとなっている。

登場人物

神界

冥界(ニブルヘイム)

人間界

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/29(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/29(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP