今注目のニュース
「先生を辞めさせないで」生徒9割が署名、雇い止めされた教員らが撤回求め学校を提訴
スパコン「京」後継機、名称は「富岳」に決定
ごはんはお茶碗に「よそう」「つける」? ネットで議論勃発

魔法少女育成計画 queens単語

マホウショウジョイクセイケイカククイーンズ

掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

魔法少女育成計画 QUEENSとは、著:遠藤浅蜊、絵:マルイノライトノベルで、魔法少女育成計画シリーズ第6作(8巻。短編込みでは11巻)にあたる。2016年12月刊行。

注意 ファルからのお願い
この記事や個別記事、それらの掲示板には、
重大なネタバレが含まれるんだぽん

閲覧は自己責任でおねがいするぽん人間の記憶は簡単には消せないぽん
え?おまえ誰だファヴじゃないのか、って?
……悪いこと言わないから今すぐ引き返すぽん

概要

プク・プックの依頼を受けてプレミアム幸子の捜索と保護に乗り出したスノーホワイト的を達成し、戦の末に何とかプク邸にたどり着く。そこで待ち構えていたリップルプレミアム幸子は殺され、スノーホワイト自身も拘留されることになる。屋敷にはシャドウゲールをはじめ、大勢の魔法少女が囚われていた。

ソラミ、幸子と二人のを失い意気消沈するうるるは、それまで心に強く存在していたプク・プックへの忠心が薄らいでいるのを感じていた。魔法による影から脱した彼女は、スノーホワイトに脱出するための協を持ちかける。狙いはリップルを操っていた魔法少女ピティ・フレデリカ。しかし、スノーホワイトの装備を取りに出たうるると入れ違いに、プク・プック本人がスノーホワイトの元を訪れる。彼女の強魔法の前にスノーホワイトは……。

一方、プクに出し抜かれたオスクでは、プク・プックの動向を探り続けていた。屋敷を監視する魔法少女レーテCQ天使ハムエルの元に、思わぬ人物が訪れる。それは三賢人の現身最後の一人、カスを率いるラツムカナホノメノカミとそのお付きだった。

そしてシャドウゲール奪還に望みを賭けるプフレは、監部門の門をく。出迎えたマナに、プフレは『自分は自首しにきた』と告げるのだった。

登場人物(CV:ドラマCD版/アニメ版)

プク派

オスク派

カスパ派

  • ラツムカナホノメノカミ

監査部チーム

人事部門チーム

マスコット

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

まほいく関連

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 39ななしのよっしん

    2017/01/29(日) 15:51:28 ID: NKTNxRdc9n

    >>30
    むしろスノホワは長生きしてることが悲惨っていうか…
    過去を清算したリップルと違って無印の後悔を引きずって強くなるを選んで、ペチカプリズムチェリーのように清く正しいまま々しく死ぬことも出来ずに邪を進み続けて、なのにインフェルノといいリップルといい本当に守りたい存在はろくに守れないってのは惨い

  • 40ななしのよっしん

    2017/02/12(日) 06:55:36 ID: oJbpMNI/OB

    >>38
    ただ、あと1、2冊で完結つう可性もあるんだよなあ
    1、2冊でスノホワの登場は終了ってだけの可性もある
    ファンブックは読んだ
    いろんな可性があるからなんとも言えないな

  • 41ななしのよっしん

    2017/02/12(日) 07:45:05 ID: oJbpMNI/OB

    つうのもまほいくシリーズはスノホワが軸になって進んでいる
    limited以外は全て登場している
    limitedではスノホワ終了でキャラ入れ替え?と思ったら次作から出てきやがった
    まほいく=スノホワの物語として構想が練られている可性が高い状況とするとスノホワの物語が終わるタイミング完結という線はありえる
    物語が終わって完結しなかったとしても物語役が交代するだけで生き残る可性もある
    要するにいろんな可性があるってこった

急上昇ワード

最終更新:2019/05/24(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/24(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP