今注目のニュース
上沼恵美子が賞賛「すごいな、松本人志さんて」
許せない、、幕張メッセで行われた「ジャンプ」のイベントで撮影された少年達のひどすぎる行為が拡散され炎上!
京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える

gypsy単語

ジプシー

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジプシー(gypsy,gipsy)とは、

  1. ヨーロッパ中東地域に住む少数民族ロマ(Romaす古い言葉。
  2. 1.に例えられる、各地を転々としながら生活する人。

本項では1.について記述する。

概要

祖を遡ると北インドのロマニ系に至る、古い歴史を持つ民族である。
定住せずに自動車で移動しながら生活している印が強いが、現代においては定住を選ぶ者も多い。
欧州委員間によると、欧州で暮らすロマの人口は推計で1000万~1200万とされている。最も数が多いのはルーマニアで、推計185万人。

ジプシーという名称は「エジプトからやって来た」と見なされていた事に由来している。
他にもごとに様々な名で呼ばれるが、蔑称であったりそうでなかったりと多様である。
東欧圏ではに「ツィガニ」、ロシアでは「ツィガーン」、ドイツでは「ツィゴイナー」、イタリアでは「ズィンガロ」、スペインでは「ヒターノ」など。

「ジプシー」という名称は差別的であるとされ、また上記の言葉も乞食犯罪者の代名詞として使われる事から、徐々に用法は減りつつある。
代わってロマニ系に由来する「ロマ」という自称をもって表す事が、現在では一般的である。なおこの名称を用いない者も多く、コソボおよび周辺アッシュカリ」、自らをエジプト人の末裔であるとするエジシャンなども存在する。

においてはロマに使うが、研究によると13の言グループに分かれている。また、各土地の言やクレオール言(異なる言合体して生まれた言)を使う者もいる。
人種的な分類については、実は定説が存在しない。しかしロマの12種族が数えられており、それぞれに異なる言を話している。そのルーツ職業集団であるとされ、傭兵・商人・飼いなどに由来していると言われている。
際ロマ連盟において標準のロマとして制定されているのは、マケドニアにおいて用いられるエリーである。

宗教についても土地により多様。定住者は基本的にその地における宗教宗している。
ロマのイメージとして占い・まじないなどの義が挙げられているが、これは信仰とは別ものと考えられている。

歴史

ロマが各地を移動しながら生活するようになったのは、諸説あるが8世紀頃とされている。異民族の侵攻、為政者の圧政など様々な要因で彼らはインド北部からアラブに移住、更にヨーロッパへと足を運んだ。

1422年にはイタリアボローニャでロマの集団が確認されている。ここでは貴族詐称して堂々と詐欺を働き、自分達はローマへの巡礼を行っているとして寄付を強要している。
1447年にはスペイン1505年にはイギリスにまで到達。しかし神聖ローマ皇帝のお付きを得ているとして様々な犯罪を繰り返していた彼らは蔑視されるようになり、ついに1500年、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世は彼らが訴える権利は効であると宣言。土地の法に照らして罪を犯したロマは処罰され、たとえ彼らを殺しても罪に問われない事になった。

かくしてロマは訪れる先々で警され、や村に入ることを拒否された。人々は彼らのを見つけると鐘を鳴らして合図し、攻撃して追い返すようになった。捕らえられて重労働を課せられたり、打ち刑や追放の他、死刑とされることもしくなかったという。

17世紀に入り、近代化が始まると、為政者たちは悩みの種であるロマの定住および同化策を推進してゆく。しかしロマにとっては自分達の文化を否定するものとして受け入れられず、定着は難しかった。

ナチス政権下のドイツではロマは「劣等民族」と見なされ、既に同地に定住していた者の選挙権の剥奪に始まり、あらゆる自由が制限され、禁止された。
更に第二次世界大戦がはじまると、ニュルンベルク法により「人種に基づく国家の敵」と定義され、絶滅政策が取られる。これを「ポライモス(ロマで『絶滅』の意)」と呼び、ユダヤ人に対する「ホロコースト」同様、ロマは強制収容された上で重労働を課せられ、人体実験に使われ、優生学を踏襲して断種手術さえ行われた。結果、ドイツ内でも10~25万人ものロマが殺されている。

またドイツだけではなく、同様の絶滅政策はクロアチアハンガリーなどの東欧、更にはソ連でも行われた。全体の死者数は推定で2250万人とされている。
更にユダヤ人と異なり、戦後補償についてもロマは当初対外とされるなど、長らく不利な扱いを受けていた。それでも80年代に入ると徐々に流れは変わり、西ドイツ東ドイツ(当時)共にポライモスの存在を認めて補償を開始するなど、少しずつ事態は変わっている。

現在

戦後から現在に至るまで、ロマの苦難は続いている。

その最たるものがスイスで、ロマの子供を誘拐して施設に収容したり、スイス人の庭に養子として引き渡す「少年のために(プロ・ユーベンテューテ)」という民間団体が活動していた。
被害者の数は1000人近くに及び、活動には自治体警察が協スイス政府も資援助していた。これが1972年まで続いていたと表され、スイス際的な非難を浴びる事となった。
表された情報によると子供に対する暴力洗脳、性的虐待日常的に行われていたとあり、団体は「何れスイスにおけるロマはただの思い出になる」として民族の殲滅を宣言していた。
90年代になってようやく政府は誤りを認め、被害者への賠償が少しずつ進んでいるという。

1999年コソボ紛争でも、ロマやアッシュカリーはセルビア人・アルバニア人の双方から迫され、双方の利敵行為を行ったとして報復の為に虐殺された。
これにより多数のロマ・アッシュカリーがコソボからの脱出と難民化を余儀なくされている。

2013年にはアイルランドで住民の通報を受けた警察当局が、ダブリン在住のロマの夫婦子供二人を「保護」。連れ去りに抵抗する夫婦逮捕した。
特徴的なロマの貌(黒髪に浅い肌)とは異なり、金髪眼・い肌をしていた為に「誘拐されて来た子供だ」と決めつけられたのが原因だった。しかし後にDNAで実子と判明。子供達は事に釈放された親の元に返されている。しかしロマの人権団体は人種差別だとして強く抗議通報した住民を巻き込んで裁判沙汰になってしまった。
このようなケースは他でも多数起きており、責任報道評、偏見によってロマが危険にされていると論じられた。

とは言え、ロマに罪がないという訳では決してない。
彼らの居住地がスラム化して犯罪の温床となっている事実は否めず、貧困ゆえに犯罪に手を染めざるを得ないのが現状である。現にスペインでは麻薬密売の70はロマが関与しているとされる。
更に付け加えるならば、ロマ特有の考えとして「全ての財産は共有物」という認識があり、盗難として認識していないが故のトラブルが伝統的な悪感情をもたらしているとされている。

文化

このように欧州におけるロマに対する悪感情は今なお根深いが、一方で芸人や鋳物屋としての商いが行われ、独自の音楽や踊りに魅了される者もいる。

特に踊りはフラメンコの原になったとされており、祝い事に際してロマが呼ばれて音楽演奏する伝統がある。これらロマの音楽は現地の文化と融合し、これに触発されて作曲された作品も多い。
リストの「ハンガリー曲」、サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」、モンティの「チャールダーシュ」などは広く知られている。

またメリメの小説、及びビゼー歌劇カルメン」に登場する魔性の女・カルメンタバコ工場で働くロマの女で、その美貌と情熱、悪魔的な性格で男を破滅させるファム・ファタルとして描かれた。
ロマの女は占いをよくし、諸説ある中でもタロットカードの発祥であるともされている。

様々な"ジプシー"

音楽

名称・愛称・通称

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP