今注目のニュース
遺体の女性の胸を揉みしだく警察官 変態ぶりをカメラが捉え休職処分に
「ボクも一緒にお出かけしたいにゃー!」 甘えんぼうの猫ちゃん バッグに無理やり入ろうとする姿がいじらしい
スチームパンクすぎるベルギーのメリーゴーラウンドにワクワク ペガサスや鳥人間やクワガタが回り続ける

MLRS単語

エムエルアールエス

  • 3
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

MLRS(Multiple launch rocket system:多連装ロケットシステム)とは、アメリカが開発した砲兵ロケットランチャーである。

概要

冷戦期、東側の優勢な機械化戦を制圧するために開発された長射程砲兵ロケットシステムの一種。アメリカ以外ではドイツなどのNATO日本韓国などでも運用されている。

ロケットは通常の砲兵べて精度に劣るため、多連装化して広い地域を制圧するための兵器として発展してきたが(WW2における”カチューシャ”や”ネーベルヴェルファー”等が著名である)、MLRSはその極致とも言える兵器である。クラスター弾頭を搭載した227ミリロケット標上で数発の子弾をばら撒き、100×200メートルほどの範囲の非装甲標を一度に制圧する。

まさに、リアル弾幕と言えよう。

このようなMLRSの一斉射撃による制圧は湾岸戦争において実際に行われ、イラク側は「鋼(スチール・レイン)」と呼んで大変恐れた。

しかし21世紀に入る頃には、クラスター弾頭の不発弾による付随被害際的に問題視されるようになり、オスロ・プロセスなどの組みで規制されるようになった。日本でもクラスター弾を全することを決定しており、自衛隊のMLRSが使用する旧ロケット弾頭は棄することが決定されている。

開発アメリカはオスロ・プロセスによる規制には参加していないが、クラスター弾の不発率をなかなか低減出来ないことに加えてクラスター弾が遮蔽物の多い地などでは威を発揮できないこと、大規模な野戦の機会が減ったことなどを受けて、MLRSで運用するロケット弾をクラスター弾頭から単弾頭に移行する方向を見せている。

日本では平成3~7年度の中期防衛整備計画(1990年12月閣議決定)で、130mm自走多連装ロケットの後継として導入が決定した。(130mm自走多連装ロケットは単弾頭のロケット30発連射できるが、射程距離155mm榴弾より短い14.5kmだった)。[1]平成4年度(1992)から調達に着手、平成6年度(1994)から18年度(2006)にかけて約100両を調達した。[2]

システム[3]

SPLL(自走ローダー/ランチャー)は体部分はFMC社によって生産されている。駆動・走行装置の大部分はM2/3ブラッドレーのコンポーネントを流用している。乗員は操縦手、射撃手、長の3名で射撃は3名が乗したままで可

SPLLの後部にボート社が製造したLLM(ランチ/ローダー・モジュール)が設置されており、2個のLP/C(ランチポッド/コンテナ)が装填されている。LP/Cは軽合構造で6本のロケット内蔵ランチャー/コンテナをまとめている。

再装填はLLM内のフレームを前進させ、フレームに付属しているホイストを使ってLP/Cを交換するだけで了する。(装填作業自体は3名で行えるが、予備のLP/Cの輸送は当然別の兵員が必要である)再装填に要する時間は3分で、斉射の間隔は8分。個々のロケットは4.5間隔で発射される。

HIMARS[4]

HIMARS(ハイマース High Mobility Artilleery Rocket System)はMLRSのシステム装軌車両から装輪車両に変え、発射機も12発(コンテナ×2)から6発(コンテナ×1)に変更した。戦闘重量が15.9tなのでC-130で輸送が行える。1両の単価は348万ドル。

以下のロケット弾を使用する他、ATACMSも発射できる。

MGM-140 ATACMS[5]

ATACMSに代わる新ミサイルの開発もLRPF(Long Range Precision Fires)の名称で始まっており、有効射程は60499kmを予定している(500km以上の射程はINFに抵触する)。ATACMSの半分のサイズとなっており、MLRSには4発、HIMARSには2発搭載できる。

関連動画

地におけるGMLRSによる支援撃の例。戦車機関では届かない度にいるスナイパーを、GPS誘導による支援撃で建物ごと排除している。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目・外部リンク

脚注

  1. *クラスター弾の軍事的有用性と問題点 国立国会図書館 福田毅 2007exit
  2. *ソ連やゴジラを相手にしてきた多連装ロケットシステム 次の相手は、やっぱりあの国? 2017.3exit
  3. *「MLRS多連装ロケットシステム吉田 直也 PANZER 1985年12月
  4. *2010年代海兵隊砲兵&射程70kmの狙撃ライフル軍事研究2012年12月
  5. *海外派遣されるミサイル砲兵団:THAADとMLRS」軍事研究 2017年6月

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/10(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/10(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP