今注目のニュース
美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気
生前は人を笑わせることが大好きだった男性、遺言通りに葬儀中のサプライズ。追悼者らを笑顔に(アイルランド)
教員間暴行問題で“給食のカレー中止”に野口健「やめるのはカレーではなく…」

Papyrus単語

パピルス

  • 4
  • 0
掲示板をみる(143)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

※本記事ではゲームUndertale』の登場キャラクター「Papyrus」について説明しています。その他の「papyrus」については「パピルス」の記事を参照してください。


Papyrus(パピルス)とは、Toby Fox(トビー・フォックス)氏が開発したインディーズゲームUndertale』に登場するキャラクターである。骸のようなモンスターで、本作のボスキャラクターの一人。

名前の由来は同名の文字フォントから。Papyrusの台詞は全てそのフォントで記入されている。

英語では「papyrus」という単は一般的には「パパイラス」と発音される。そのため英語圏の『Undertaleファンに出して呼ぶときには「パパイラス」と呼ばれる事が多いようだ。しかし日本語では単「papyrus」が意味する古代のことを普通パピルス」と呼ぶためか、『Undertale』の公式日本語版でも本キャラクターの名は「パピルス」と表記されている。

ネタバレ注意Undertaleプレイかつこれからプレイしようと考えている人は引き返す事を推奨する。

概要

Snowdin Forest(スノウディン)にて出会う事になる骸モンスターSansで、Asgore直属の近衛騎士団であるRoyal Guardになる事を夢見ており、そのために地下世界に落ちて来た人間である主人公を捕まえようと意気込んでいる。

口癖(というか笑い方)はNyeh Heh Heh Heh Heh・・・(ニェーッヘッヘッヘッヘッ)。最後にヘッ!と強く笑う時もある。

Snowdinの町にある二階建てのSansと二人で暮らしている。二人が来てからSnowdinも賑やかになったらしい。

外見

であるSansべて長身で細身(骸だが)。手足が長い。常ににやけているような表情をしている。

いつもは胸囲のみの白色い肩当・黒色アンダーシャツ・ブリーフ状のパンツマフラーブーツ手袋という装で、本人はこれを「Battle Body」と呼んでいる。元々は数か前の仮装パーティ時に着ていった装だが、本人がコレを気に入って、以降着続けている(シャワーを浴びる時も来たまま浴びるらしい)。また、Papyrusデート時に着てくる胸に「Cool Dude」という文字が入ったデートAlphysデートイベントで着てくる「Jog Boy」という文字が入ったと、やけに装の種類が豊富。

性格

極度の自信かつ子供っぽいが、とても優しく友好的。Sansく「クールだろ?」。どこまでもお人好しで底なしに明るくお気楽で超絶プラス思考の持ち。どんな暴言だろうと戦う決心を付けさせるためにワザと言ったと受け取ったり、挙句の果てには言った本人の自虐台詞だと思い込んで立ち直ってしまう。また、捕らえようとした相手に情が移って、最終的に友達関係になったりと、殺戮オーラ漂う悪党であろうと根は善人であると信じ続け心させようと試みる。

駄に自信たっぷりだがとても抜けた性格なため、やる事は大抵失敗する。しかしめげる事は決してない。極度のナルシストでもあるが戦闘は本物であり、ロイヤルガード隊長アンダインも「どっちかっつうとかなり強い方だよ!」と評している。しかしその優しさゆえ本気で戦う事が出来ない為、実を発揮する機会は基本的にはい。

サボリ癖でズボラな性格であるSansと対になるようにかなりの帳面。自宅のポストと部屋は常に整理整頓されている。またアンダインとの待ち合わせには毎回遅れずに必ず来てるとの事。

自分とは違って怠惰Sansに、よく口うるさく噛み付いている。ただし、大抵はのらりくらりと交わされて終わる。また、自室に飾られているモノの内容やSansに本を読んでもらわないと寝られないなどから、精年齢が幼いようにも思える。

決心が強く、Royal Guardになるべく同隊長であるUndyneに直談判した時もある。その際はまともに相手にされずに入れてもらえなかったが、翌になるまでの前で待ち続けており、結果これを見たUndyneが根負けした事で直接導を受けるようになった。しかし、戦士になるにはあまりにも人が好過ぎる性格であったため(Undyneく「笑顔のまま殺されるのがオチ」)Undyneからは訓練と称して料理の手ほどきを教えられている。

そのため料理をするのが好きで、特にスパゲッティを作るのが得意(というかコレしか出てこない)しかし、教える側が料理と称した破壊活動を行っちゃう人であったため、料理の腕前は壊滅的であり、口を付けたネズミは食べるのを放棄し、ゲーム中常に無表情主人公も思わず渋い顔になってしまうほどのひどい味。Sansも酷いと認めるが、それでもマシになったようで、「今年中には食えるものができるようになる」とのこと。

地下世界SNSに登録・使用しており、ここでもカオスな様子。戦闘で使うはたまにに食われる。ルートの進行によっては地下世界の王になる事もある。労働者へ直接呼びかける、貧しいモンスタースパゲティを振舞うなど、アズゴアと同じく民と交流を図るタイプ政治を行っており、成果も出ている為、政治家としての才がある事が伺える。しかしアズゴアには流石に及ばないようで、実限界を感じて弱音を吐いてしまっている。

会話では大で話しているのを表現するためか、全文が大文字で表示される。

戦闘

深いが漂うにおいて、主人公はついにPapyrusと直接対決する事になる。初戦闘では途中からSOUL重力によって落ちるようになる青色にしてくる、ここからが本番である。なお、二回以降は前振りはカットされ最初からSOULにしてくる。

大小さまざまなを流して攻撃してくる。また、同士の隙間をジャンプして通過しなければならなかったり、動いているとダメージを受ける(く「ブルーアタック」)で攻撃してくる。

あくまでも捕まえるのが的だからか本人がお人好しなのか、この戦闘HPが0になる事はく、HPが1になった時点で戦闘は中断され、Papyrusお手製の屋送りになる。ここの木製格子は間隔が広すぎるため簡単に脱獄出来る。屋の中には主人公を気遣うメッセージや食事(ただし用)が用意されており、papyrusのお人好し感がよく分かる。三回脱獄すると見逃してくれるようになり、戦闘そのものが発生しない。

和解だけでなく倒す事も可だが、非常に罪悪感溢れる結末なうえにUndyneSansからしい恨みを買う事になり憎悪の言葉をぶつけられる。

その後

和解もしくは見逃された場合、選択肢に関係なく友達関係を結ぶ事になり携帯電話にPapyrusのアドレスが追加され中で電話を掛けられるようになり、電話を掛けた場所毎の会話を楽しめる。Papyrusが帰宅する際の文字通りの浮かれっぷりからどれだけ嬉しいかが分かる。その後、自宅前にいるPapyrusに話しかければデートイベント(戦闘中ナンパするとデート・しなければ遊ぶ、となる)が発生し終始カオスと笑いたっぷりなイベントを楽しめる。

関連静画

関連立体

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP